現在地

伊藤 眞(イトウ マコト; Ito, Makoto)

所属
人文社会系
職名
教授
研究分野
言語学
言語学
言語学
研究キーワード
ドイツ語造語論
ドイツ語慣用句論
ドイツ語語彙論
対照言語学
日独対照研究
研究課題
ドイツ語語彙論 -- (現在)/
ドイツ語造語論 -- (現在)/
日・独慣用句の対照研究 -- (現在)/
身体部位を構成要素にもつ日独慣用句の研究2003 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)2,900,000円
対照言語学的視点からの日独慣用句の総合的・実証的研究2000 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)900,000円
新しい視点からの日独慣用句の対照言語学的研究1996 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)1,900,000円
職歴
1984-04 -- 1987-09福岡大学 人文学部 専任講師
1987-10 -- 1991-03福岡大学 人文学部 助教授
1991-04 -- 1997-12筑波大学 現代語・現代文化学系 講師
1997-04 -- 1998-03ドイツ語研究所(ドイツ・マンハイム市) 客員研究員(Alexander von Humboldt財団給費生)
1998-01 -- 2004-03筑波大学 現代語・現代文化学系 助教授
2004-04 -- 2005-03筑波大学 人文社会科学研究科 助教授
2005-04 -- (現在)筑波大学 人文社会科学研究科 教授
学歴
-- 1979-03学習院大学 文学部 ドイツ文学科
-- 1984-03学習院大学 人文科学研究科 ドイツ文学単位取得満期退学
取得学位
1981-03文学修士学習院大学
2003-07博士(ドイツ文学)学習院大学
所属学協会
-- (現在)ドイツ語学文学振興会
1998 -- (現在)東日本フンボルト協会
-- (現在)日本独文学会
受賞
1989ドイツ語学文学振興会奨励賞
論文
  • 日独慣用句の対応関係についての一考察
    Ito Makoto
    Peter Kapitza, unser Freund, unser Lehrer/pp.84-88, 2016-6
  • 日独慣用句の対応関係について
    伊藤 眞
    日独文化論考/ASPEKT 別巻(1)/pp.419-434, 2014-12
  • 現代ドイツ語の-bar,-sam,-lichにおわる派生形容詞について
    伊藤 眞
    学習院大学大学院ドイツ文学語学研究会/(4)/p.66-88, 1980-01
  • 形容詞を形成する接尾辞について--ig,-lich,-haftを中心に-
    伊藤 眞
    学習院大学大学院ドイツ文学語学研究会/(6)/p.29-46, 1982-01
  • Halbsuffixについて--frei,-leer,-losを中心に-
    伊藤 眞
    国立音楽大学研究紀要/(17)/p.9-23, 1982-01
  • 造語の生産力について
    伊藤 眞
    ドイツ語教育部会会報/(23)/p.16-19, 1983-01
  • 新しい造語記述の提案
    伊藤 眞
    福岡大学人文論叢/16(3)/p.1233-1258, 1984-01
  • ルートヴィヒの歌とその歴史的背景
    伊藤 眞
    福岡大学総合研究所報/(88)/p.1-14, 1986-01
  • Produktivitaet in Wortbildung und Phraseologie
    伊藤 眞
    Beitraege zur Erforschung der deutschen Sprache/p.226-235, 1988-01
  • 慣用句とそのVariation
    伊藤 眞
    福岡大学人文論叢/22(2)/p.331-348, 1990-01
  • 慣用句の意味構造
    伊藤 眞
    言語文化論集/(35)/p.93-108, 1992-01
  • ドイツ語文法授業についての提案
    伊藤 眞
    外国語教育論集/(15)/p.89-100, 1993-01
  • ドイツ言語学辞典(編集委員)
    伊藤 眞
    紀伊國屋書店, 1994-01
  • 擬似接辞についての一考察
    伊藤 眞
    言語文化論集/(38)/p.209-222, 1994-01
  • 慣用句とドイツ語教育-語学研究とその外国語教育への応用について-
    伊藤 眞
    言語研究と言語教育-相互活性化に向むけて-/p.23-37, 1995-01
  • Bemerkungen zum phraseologischen Woerterbuch fuer Auslaender
    伊藤 眞
    Studies in Language and Cultures/(40)/p.109-202, 1995-01
  • キリスト教用語独和小辞典
    伊藤 眞
    *EMPTY*/p.176, 1996-01
  • 慣用句の具象性と比喩性-日・独慣用句の類型論的研究の試み-
    伊藤 眞
    文法と言語理論/p.87-98, 1996-01
  • ドイツ語検定試験とドイツ語教育-ドイツ語検定試験のドイツ語授業における位置づけ-(共著)
    伊藤 眞
    ドイツ語検定開発プロジェクト中間報告書/p.34-42, 1996-01
  • Interkulturelle Beziehungen zwischen deutschen und japanischen Phraseologismen und ihre Anwendung auf Deutsch als Fremdsprachenunterricht
    伊藤 眞
    Rhodus Zeitschrift f(]E88DB[)r Germanistik/p.57-69, 1996-01
  • Phraseologieforschung-Bildliche Entsprechung zwischen deutschen und japanischen Phraseolgismen-
    伊藤 眞
    Die Deutsche Literatur/(96)/p.57-65, 1996-01
  • 独和大辞典第二版(執筆協力)
    伊藤 眞
    *EMPTY*, 1997-01
  • 日独慣用句の具象性と意味機能
    伊藤 眞
    Rhodus Zeitschrift f(]E88DB[)r Germanistik/(13)/p.118-130, 1997-01
  • 慣用句と受動変形-受動化についての一考察-
    伊藤 眞
    文法と言語理論Rart2/p.51-66, 1997-01
  • 慣用句の辞書記述のための一考察
    伊藤 眞
    東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究報告書/1/p.463-474, 1998-01
著書
  • ベーシッククラウン独和・和独辞典
    伊藤 眞
    三省堂, 2018-04
  • 親切なドイツ文法 改訂版
    伊藤 眞
    1991
  • 中級ドイツ語の世界
    伊藤 眞
    1992
  • テュービンゲンの暮らし方
    伊藤 眞
    1997
  • 読んでわかるドイツ語
    伊藤 眞
    1998
  • ドイツ語との出会い
    伊藤 眞
    2001
  • ドイツ語を読んでみましょう
    伊藤 眞
    2004
  • 2冊目 ドイツ語を読んでみましょう
    伊藤 眞
    2007-04
  • 新訂版・ドイツ語との出会い
    伊藤 眞
    2008-02
  • 言語の具象性・比喩性・受動性 -日・独慣用句をめぐって-
    伊藤 眞
    ヴォイスに関する比較言語学的研究第7章三修社, 1997-01
  • 読んでわかるドイツ語
    橋本郁雄; 伊藤 眞
    同学社, 1998-10
  • Funktion der Paarformeln -ein Modellierungsversuch-
    伊藤 眞
    Die deutsche Syntax in Kreuzfeuer Die deutsche Syntax in Kreuzfeuer, 1999-01
  • 対照言語学的視点からの日独慣用句の総合的・実証的研究
    伊藤 眞
    平成11年度~平成12年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書, 2001-01
  • 慣用句の使役表現に関する一考察
    伊藤 眞
    事象と言語形式(三修社) 事象と言語形式(三修社) 三修社, 2002-01
  • 基本動詞の多言語比較研究「きる」
    伊藤 眞
    筑波大学東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究成果報告書, 2002-01
  • 日独慣用表現に関する一考察.
    伊藤 眞
    言語間の差異に関する記述的・理論的総合研究 ~日中韓独仏英瑞の比較に基づく「差異の類型化」の試み~ 筑波大学現代語・現代文化学系, 2004-01
  • Phraseologie aus kontrastiver Sicht. Entsprechungen und pragmatische Einschraenkungen der deuschen und der japanischen Phraseologismen
    伊藤 眞
    Ueber die Grenzen hinweg Ueber die Grenzen hinweg iudicium, 2004-01
  • Deutsche und japanische Phraseologismen im Vergleich
    伊藤 眞
    Stauffenburg, 2005-01
  • デイリーコンサイス独和・和独辞典 第二版
    早川東三; ヴィルフリート・シュルテ; 岡村三郎; 伏見厚次郎;...
    三省堂, 2009-05
  • 身につく独和・和独辞典 第二刷
    伊藤 眞
    三省堂, 2010-01
  • 初級者に優しい独和辞典 第二刷
    早川東三; 伊藤 眞; Wilfried Schulte
    朝日出版社, 2011-06
会議発表等
  • ことわざにみられる日本とドイツの文化比較
    伊藤 眞
    日本国際医学協会/2017-07
  • 日独成句表現の比較研究をめぐる諸問題
    伊藤 眞
    オール学習院の集い/2018-04-15--2018-04-15
  • 慣用句研究の現状と課題について
    伊藤 眞
    日本独文学会第50回春季研究発表会(明治大学)____/1996
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02ドイツ語意味論(3B)筑波大学
2018-10 -- 2019-02ドイツ語史研究(3B)筑波大学
2018-10 -- 2019-02ヨーロッパ文化圏の言語と文化IBC(ドイツ語)筑波大学
2018-10 -- 2019-02ドイツ語基礎AII筑波大学
2018-10 -- 2019-02ドイツ語学講義IIb筑波大学
2018-10 -- 2019-02ドイツ語学研究b筑波大学
2018-10 -- 2019-02卒業論文(独語学)筑波大学
2018-04 -- 2018-08ドイツ語文献研究II筑波大学
2018-04 -- 2018-08ドイツ語意味論(3A)筑波大学
2018-04 -- 2018-08ドイツ語史研究(3A)筑波大学
学協会等委員
2018-05 -- (現在)ドイツ語学文学振興会協議委員
2017-07 -- (現在)日本フンボルト協会副理事長日本フンボルト協会
2017-04 -- (現在)日本フンボルト協会関東・甲信越支部支部長日本フンボルト協会関東・甲信越支部
2013-09 -- 2017-03日本フンボルト協会関東・甲信越支部副支部長日本フンボルト協会関東・甲信越支部
2013-09 -- (現在)日本フンボルト協会常務理事日本フンボルト協会
2011 -- 2011ドイツ語学文学振興会懸賞論文審査委員長
2011 -- 2013-09東日本フンボルト協会副理事長
2009-04 -- 2011-03大学基準協会大学評価委員
2003 -- 2004日本独文学会データベース委員会
2001 -- 2013-09東日本フンボルト協会総務担当常務理事
学内管理運営業績
2018-05 -- (現在)ドイツ語学文学振興会協議委員
2015-04 -- 2017-03副学長(教育担当)
2015-04 -- 2017-03グローバル教育院長
2015-04 -- 2017-03教養教育機構長
2013-04 -- 2015-03GHRD運営委員長
2013-04 -- 2015-03グローバル・コモンズ機構 グローバル教育部門長
2012-04 -- 2015-03人文・文化学群長
2012-04 -- 2015-03全学教育課程委員会委員長
2009-04 -- 2011-03英語プログラム等推進小委員会委員
2007-04 -- 2012-03人文・文化学群人文学類長

(最終更新日: 2018-05-16)