現在地

研究分野別一覧(スポーツ科学)

件/ページ
名前降順で並び替える所属職名研究分野 - キーワード
白木 仁(シラキ ヒトシ)体育系教授スポーツ科学 - スポーツ, アスレティックトレーナー, アスレティックトレーニング, アスレティックリハビリテーション, テーピング, マッサージ, PNF, コンディショニング, 股関節, ゴルフ, 相撲
仙石 泰雄(センゴク ヤスオ)体育系助教スポーツ科学 - トレーニング科学, コーチング学, 教材開発
征矢 英昭(ソヤ ヒデアキ)体育系教授スポーツ科学, スポーツ科学 - 脳フィットネス, 脳機能, 視床下部, 海馬, 脳幹, 下垂体, 副腎, グルココルチコイド, タイプI受容体, タイプII, 受容体, AVP, orexin, PrRP, 海馬歯状回, 神経新生, 軽運動
高木 英樹(タカギ ヒデキ)体育系教授スポーツ科学 - バイオメカニクス, 生物流体力学, 水泳
髙橋 義雄(タカハシ ヨシオ)体育系准教授身体教育学, スポーツ科学, 経営学, 社会学 - スポーツ文化, スポーツクラブ, 経営, 国際移動
竹越 一博(タケコシ カズヒロ)医学医療系教授スポーツ科学, 内分泌学, スポーツ科学, 病態検査学, 人類遺伝学 - 臨床遺伝医学(特に褐色細胞腫の遺伝子診断、遺伝カウンセリング) , 遺伝医学教育, カテコ-ルアミン合成・分泌の基礎研究, 分子標的薬の基礎研究(autophagyを含む), 生活習慣病の運動療法(遺伝医学を応用してのオーダーメイド化), アンチドーピング(特に遺伝子ドーピング検出法), 検査医学を応用した各種マーカー:ストレスマ-カ-(クロモグラニンA)など, 褐色細胞腫の生化学的診断法(血中遊離メタネフリン、3-メトキシチラミン), カテスタチンの多型を指標としたメタボリック症候群の分子診断法と新規治療法開発, ナノテクを用いたPOCT構築
武政 徹(タケマサ トオル)体育系教授スポーツ科学, 分子生物学, 細胞生物学 - 骨格筋の肥大, 骨格筋の遅筋化, 骨格筋の萎縮, 運動, 有酸素代謝, 遺伝子, マイクロアレイ
竹村 雅裕(タケムラ マサヒロ)体育系准教授スポーツ科学 - スポーツ理学療法, スポーツ傷害予防, アスレティックリハビリテーション
辰村 正紀(タツムラ マサキ)医学医療系講師スポーツ科学, 整形外科学 - 腰椎, 椎間板, スポーツ医学
椿本 昇三(ツバキモト シヨウゾウ)体育系教授スポーツ科学, 身体教育学 - 水泳, 水中安全教育, 着衣泳, 学校体育水泳, 水泳指導法の開発, 競泳コーチング, 競泳トレーニング

ページ数