現在地

面 和成(オモテ カズマサ; Omote, Kazumasa)

所属
システム情報系
職名
准教授
URL
研究分野
情報セキュリティ
研究キーワード
ネットワークセキュリティ: マルウェア対策,サイバー攻撃に対するリスク評価,クラウドセキュリティ,IoTセキュリティ
研究課題
サイバーセキュリティおよびクラウドコンピューティングに関する研究2016-12 -- 2019-03面和成株式会社KDDI/
多彩な機能を有する準同型認証子およびデータ軽量認証手法に関する研究2016-04 -- 2019-03面和成日本学術振興会/基盤研究(C)
遠隔操作ウイルスの早期検知手法に関する研究2016-04 -- 2017-03面和成公益財団法人 大川情報通信基金/通信・インターネット分野
所属学協会
2011-09 -- (現在)電気情報通信学会
2008-08 -- (現在)情報処理学会
論文
  • ダークネット観測情報を用いた仮想通貨市場におけるリスクの考察 -仮想通貨市場におけるオルタナティブ・データの活用-
    中川慧; 今村光良; 面 和成
    第20回 人工知能学会 金融情報学研究会 (SIG-FIN), 2018-03
  • Drive-by Download攻撃対策に向けたRIG Exploit Kitの決定木分析
    金子慧海; トラン フンタオ; 山田明; 面 和成
    暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS), 2018-01
  • ダークネット観測情報を用いたビットコインネットワークの分析
    今村光良; 面 和成
    暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS), 2018-01
  • API仕様書の説明文を用いたマルウェア動的解析手法
    長田元気; 面 和成; 西出隆志
    暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS), 2018-01
  • API呼び出しとそれに伴う経過時間とシステム負荷を用いたマルウェア検知手法
    佐藤順子; 花田真樹; 面 和成; 山口崇志; 鈴木英男; 布広永示...
    コンピュータセキュリティシンポジウム(CCS), 2017-10
  • Network Intrusion Detection based on Semi-Supervised Variational Auto-Encoder
    Osada Genki; Omote Kazumasa; Nishide Takashi
    The 22nd European Symposium on Research in Computer Security (ESORICS), 2017-09
  • 軽量なセキュアクラウドストレージのためのProof Of Retrievability
    トランフンタオ; 面 和成
    情報セキュリティ研究会(ISEC), 2017-07
  • ソフトウェアの通信挙動に基づく Remote Access Trojan の早期検知手法
    大家 政胤; 面 和成
    暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS), 2017-01
  • Malware Function Estimation using API in Initial Behavior
    Kawaguchi Naoto; Omote Kazumasa
    IEICE Transactions on Fundamentals/E100-A(1)/pp.167-175, 2017-01
  • Variational Auto-Encoderを用いた半教師あり学習によるネットワーク侵入検知
    長田元気; 面和成; 西出 隆志
    暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS), 2017-01
  • 閾値を設けた秘匿マッチングプロトコルに関する考察(2)
    権田 陽彦; 面 和成
    暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS), 2017-01
  • ELAR: Extremely Lightweight Auditing and Repairing for Cloud Security
    Tran Phuong Thao; Omote Kazumasa
    31st Annual Computer Security Applications Conference (ACSAC), 2016-12
  • A Host-Based Detection Method of Remote Access Trojan in the Early Stage
    Adachi Daichi; Omote Kazumasa
    The 12th International Conference on Information Security Practice and Experience (ISPEC), 2016-11
  • Privacy-Preserving Profile Matching Protocol Considering Conditions
    Ishikuro Yosuke; Omote Kazumasa
    10th International Conference on Network and System Security (NSS), 2016-10
会議発表等
  • ダークネット観測情報を用いた仮想通貨市場におけるリスクの考察 -仮想通貨市場におけるオルタナティブ・データの活用-
    中川慧; 今村光良; 面 和成
    第20回 人工知能学会 金融情報学研究会(SIG-FIN)/2018-03-20--2018-03-20
  • API仕様書の説明文を用いたマルウェア動的解析手法
    長田元気; 面 和成; 西出隆志
    暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS)/2018-01-23--2018-01-26
  • ダークネット観測情報を用いたビットコインネットワークの分析
    今村光良; 面 和成
    暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS)/2018-01-23--2018-01-26
  • Drive-by Download攻撃対策に向けたRIG Exploit Kitの決定木分析
    金子慧海; トラン フンタオ; 山田明; 面 和成
    暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS)/2018-01-23--2018-01-26
  • Towards Highly-Dependable Cloud Storage (Invited talk)
    Omote Kazumasa
    The 2nd International Conference on Information Technology (InCIT2017)/2017-11-02--2017-11-03
  • API呼び出しとそれに伴う経過時間とシステム負荷を用いたマルウェア検知手法
    佐藤順子; 花田真樹; 面 和成; 山口崇志; 鈴木英男; 布広永示...
    コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)/2017-10-23--2017-10-25
  • Network Intrusion Detection based on Semi-Supervised Variational Auto-Encoder
    Osada Genki; Omote Kazumasa; Nishide Takashi
    The 22nd European Symposium on Research in Computer Security (ESORICS)/2017-09-11--2017-09-15
  • 軽量なセキュアクラウドストレージのためのProof Of Retrievability
    トランフンタオ; 面 和成
    情報セキュリティ研究会(ISEC)/2017-07-14--2017-07-15
  • Methods to Detect Advanced Cyber Attacks (Invited talk)
    Omote Kazumasa
    Invited talk at China University of Geosciences/2017-02-23--2017-02-23
  • Detection of Remote Access Trojan in Cyber Attacks (Invited talk)
    Omote Kazumasa
    Invited talk at Central China Normal University/2017-02-23--2017-02-23
  • Towards Detection of Cyber Attacks (Invited talk)
    Omote Kazumasa
    Invited talk at Guilin University of Electronic Technology/2017-02-21--2017-02-21
  • 閾値を設けた秘匿マッチングプロトコルに関する考察(2)
    権田 陽彦; 面 和成
    暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS)/2017-01-24--2017-01-27
  • Variational Auto-Encoderを用いた半教師あり学習によるネットワーク侵入検知
    長田元気; 面和成; 西出 隆志
    暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS)/2017-01-24--2017-01-27
  • ソフトウェアの通信挙動に基づく Remote Access Trojan の早期検知手法
    大家 政胤; 面 和成
    暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS)/2017-01-24--2017-01-27
  • ELAR: Extremely Lightweight Auditing and Repairing for Cloud Security
    Tran Phuong Thao; Omote Kazumasa
    31st Annual Computer Security Applications Conference (ACSAC)/2016-12-05--2016-12-09
  • A Host-Based Detection Method of Remote Access Trojan in the Early Stage
    Adachi Daichi; Omote Kazumasa
    12th International Conference on Information Security Practice and Experience (ISPEC)/2016-11-16--2016-11-18
  • Privacy-Preserving Profile Matching Protocol Considering Conditions
    Ishikuro Yosuke; Omote Kazumasa
    The 10th International Conference on Network and System Security (NSS)/2016-09-28--2016-09-30
担当授業科目
2018-04 -- 2018-06情報セキュリティ筑波大学
2018-10 -- 2018-12認証処理特論筑波大学
2018-04 -- 2018-06フレッシュマン・セミナー筑波大学
2018-04 -- 2018-06情報(実習)筑波大学
2018-10 -- 2019-02リスク工学前期特別演習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02リスク工学前期特別演習II筑波大学
2018-10 -- 2019-02リスク工学前期特別研究I筑波大学
2018-10 -- 2019-02リスク工学前期特別研究II筑波大学
2018-10 -- 2019-02リスク工学グループ演習筑波大学
2018-10 -- 2018-12リスク工学基礎筑波大学
授業以外の教育活動
2017-09 -- 2017-09enPiT2-Securityにおける非常勤講師北陸先端科学技術大学院大学
学協会等委員
2016-03 -- 2016-0910th int. conf. NSS2016 Program Committee/Member
2016-05 -- 2016-114th int. sympo. CANDAR2016 Program Committee/Member
2017-02 -- 2017-0811th int. conf. NSS2017 Program Committee/Member
2017-02 -- 2017-0820th int. conf. NBiS2017 Program Committee/Member
2016-12 -- 2017-063rd int. conf. CYBCONF2017 Program Committee/Member
2017-02 -- 2017-0812th int. conf. AsiaJCIS2017 Program Committee/Member
2017-05 -- 2017-112nd int. conf. InCIT2017 Program Committee/Member
2017-05 -- 2017-115th int. sympo. CANDAR2017 Program Committee/Member
2017-12 -- 2018-1122nd int. workshop ECC2018 Local Organizing Committee/Member
2017-10 -- 2018-0914th int. conf. ISPEC2018 General Chair
学内管理運営業績
2017-10 -- (現在)人工知能科学センターメンバー
2017-04 -- 2018-03入試委員会委員
2017-04 -- 2018-03就職委員会委員
2017-04 -- 2018-03表彰選考委員会委員
2017-04 -- 2018-03達成度評価実施委員会委員
2017-04 -- 2018-03学位プログラム準備WGメンバー
2017-04 -- 2018-03リスク工学専攻学年担当M1学年副担当
2017-04 -- 2018-03リスク工学専攻広報委員会委員長
2017-04 -- 2018-03システム情報工学研究科広報委員会委員
2017-04 -- (現在)情報科学類広報企画委員会委員
その他の活動
2017-02 -- 2017-02報道:新聞 仮想通貨のセキュリティに関する研究内容が産経新聞で紹介された.
2017-02 -- 2017-02報道:新聞 仮想通貨のセキュリティに関する研究内容が読売新聞で紹介された.
2017-01 -- 2017-01報道:TV 仮想通貨のセキュリティに関する解説が報道ステーションで放送された.
2017-01 -- 2017-01報道:TV 仮想通貨のセキュリティに関する研究内容がNHKのニュース7で紹介された.

(最終更新日: 2018-06-28)