現在地

面 和成(オモテ カズマサ; Omote, Kazumasa)

所属
システム情報系
職名
准教授
URL
研究分野
情報セキュリティ
研究キーワード
ネットワークセキュリティ: マルウェア対策,サイバー攻撃に対するリスク評価,クラウドセキュリティ,センサネットワークのセキュリティ
研究課題
サイバーセキュリティおよびクラウドコンピューティングに関する研究2016-12 -- 2018-03面和成株式会社KDDI/
多彩な機能を有する準同型認証子およびデータ軽量認証手法に関する研究2016-04 -- 2019-03面和成日本学術振興会/基盤研究(C)
遠隔操作ウイルスの早期検知手法に関する研究2016-04 -- 2017-03面和成公益財団法人 大川情報通信基金/通信・インターネット分野
所属学協会
2011-09 -- (現在)電気情報通信学会
2008-08 -- (現在)情報処理学会
論文
  • Variational Auto-Encoderを用いた半教師あり学習によるネットワーク侵入検知
    長田元気; 面和成; 西出 隆志
    暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS), 2017-01
  • 閾値を設けた秘匿マッチングプロトコルに関する考察(2)
    権田 陽彦; 面 和成
    暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS), 2017-01
  • ソフトウェアの通信挙動に基づく Remote Access Trojan の早期検知手法
    大家 政胤; 面 和成
    暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS), 2017-01
  • Malware Function Estimation using API in Initial Behavior
    Kawaguchi Naoto; Omote Kazumasa
    IEICE Transactions on Fundamentals/E100-A(1)/pp.167-175, 2017-01
  • ELAR: Extremely Lightweight Auditing and Repairing for Cloud Security
    Tran Phuong Thao; Omote Kazumasa
    31st Annual Computer Security Applications Conference (ACSAC), 2016-12
  • A Host-Based Detection Method of Remote Access Trojan in the Early Stage
    Adachi Daichi; Omote Kazumasa
    The 12th International Conference on Information Security Practice and Experience (ISPEC), 2016-11
  • Privacy-Preserving Profile Matching Protocol Considering Conditions
    Ishikuro Yosuke; Omote Kazumasa
    10th International Conference on Network and System Security (NSS), 2016-10
会議発表等
  • Variational Auto-Encoderを用いた半教師あり学習によるネットワーク侵入検知
    長田元気; 面和成; 西出 隆志
    暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS)/2017-01-24--2017-01-27
  • 閾値を設けた秘匿マッチングプロトコルに関する考察(2)
    権田 陽彦; 面 和成
    暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS)/2017-01-24--2017-01-27
  • ソフトウェアの通信挙動に基づく Remote Access Trojan の早期検知手法
    大家 政胤; 面 和成
    暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS)/2017-01-24--2017-01-27
  • Detection of Remote Access Trojan in Cyber Attacks
    Omote Kazumasa
    Invited talk at Central China Normal University/2017-02-23--2017-02-23
  • Methods to Detect Advanced Cyber Attacks
    Omote Kazumasa
    Invited talk at China University of Geosciences/2017-02-23--2017-02-23
  • Towards Detection of Cyber Attacks
    Omote Kazumasa
    Invited talk at Guilin University of Electronic Technology/2017-02-21--2017-02-21
  • ELAR: Extremely Lightweight Auditing and Repairing for Cloud Security
    Tran Phuong Thao; Omote Kazumasa
    31st Annual Computer Security Applications Conference (ACSAC)/2016-12-05--2016-12-09
  • A Host-Based Detection Method of Remote Access Trojan in the Early Stage
    Adachi Daichi; Omote Kazumasa
    12th International Conference on Information Security Practice and Experience (ISPEC)/2016-11-16--2016-11-18
  • Privacy-Preserving Profile Matching Protocol Considering Conditions
    Ishikuro Yosuke; Omote Kazumasa
    The 10th International Conference on Network and System Security (NSS)/2016-09-28--2016-09-30
担当授業科目
2017-04 -- 2017-08リスク工学インターンシップ筑波大学
2017-10 -- 2018-02リスク工学インターンシップ筑波大学
2017-10 -- 2018-02リスク・ケーススタディ研究筑波大学
2017-04 -- 2017-08リスク・ケーススタディ研究筑波大学
2017-10 -- 2017-12リスク工学基礎筑波大学
2017-04 -- 2017-07リスク工学概論筑波大学
2017-10 -- 2018-02リスク工学後期特別研究筑波大学
2017-04 -- 2017-08リスク工学後期特別研究筑波大学
2017-10 -- 2017-12情報(実習)筑波大学
2017-10 -- 2018-02リスク工学前期特別演習I筑波大学
学協会等委員
2017-04 -- 2018-03電子情報通信学会英文誌「Special Section on Security, Privacy and Anonymity in Computation, Communication and Storage Systems」編集委員
2016-10 -- (現在)15th int. conf. ACNS2017 Local Organizing Committee/Member
2014-04 -- (現在)電子情報通信学会和文論文誌A編集委員会常任査読委員
2014-04 -- (現在)電子情報通信学会英文誌「暗号と情報セキュリティ小特集」編集委員
2015-06 -- (現在)電子情報通信学会英文論文誌D編集委員
2016-04 -- (現在)電子情報通信学会ISEC研究専門委員会専門委員
学内管理運営業績
2016-10 -- (現在)enPiT2 筑波大学学内実施委員会広報WGメンバー
2016-10 -- 2017-03リスク工学専攻サブネットワーク管理委員会委員
2016-10 -- 2017-03リスク工学専攻広報委員会紀要担当

(最終更新日: 2017-09-05)