現在地

武井 陽介(タケイ ヨウスケ; Takei , Yosuke)

face
所属
医学医療系
職名
教授
性別
男性
生年月
1964-08
科研費番号
20272487
URL
eメール
 
研究室
解剖学・神経科学研究室
電話
029-853-3100
研究分野
解剖学一般(含組織学・発生学)
精神神経科学
細胞生物学
研究課題
スパイン内NMDA受容体輸送機構の解明2016-04 -- 2017-03武井陽介公益財団法人 上原記念生命科学財団/助成金5000000
モデル動物の分子モーター解析2016-04 -- 2017-03笠井 清登国立研究開発法人日本医療研究開発機構/脳科学研究戦略推進プログラム10400000
モデル動物の分子モーター解析2015-04 -- 2016-03笠井 清登国立研究開発法人日本医療研究開発機構/脳科学研究戦略推進プログラム10000000
職歴
1990-06 -- 1992-03東京大学医学部附属病院  精神神経科  研修医
1995-04 -- 1997-03東京大学 薬学部 機能病態学教室 助手相当(寄付講座教員)
1997-04 -- 2003-03東京大学 大学院医学系研究科 細胞生物・解剖学講座 助手
2003-04 -- 2007-03東京大学 大学院医学系研究科 細胞生物・解剖学講座 助教授
2007-04 -- 2015-06東京大学 大学院医学系研究科 細胞生物・解剖学講座 准教授
2015-07 -- (現在)筑波大学 医学医療系 教授
学歴
1984-04 -- 1990-03東京大学 医学部 医学科卒業
1992-04 -- 1995-04東京大学 大学院医学系研究科 解剖学中退
取得学位
1998-05博士(医学)東京大学
免許資格等
1990-05医師免許
所属学協会
2016-09 -- (現在)日本生物学的精神医学会
1996 -- (現在)日本解剖学会
1996 -- (現在)日本神経科学学会
論文
  • Components of RNA granules affect their localization and dynamics in neuronal dendrites
    Mitsumori Kazuhiko; Takei Yosuke; Hirokawa Nobutaka
    Molecular biology of the cell/28(11)/pp.1412-1417, 2017-04
  • Transforming growth factor-β1 in the cerebrospinal fluid of patients with distinct neurodegenerative diseases.
    Masuda T; Itoh J; Koide T; Tomidokoro Y; Takei Y; Ishii K...
    J Clin Neurosci/35/pp.35-47, 2017-01
  • MafB is required for development of the hindbrain choroid plexus.
    Koshida Ryusuke (Corresponding author); Hisashi Oishi; Mi...
    Biochem Biophys Res Commun./483(1)/pp.288-293, 2017-01
  • 微小管結合蛋白によるNMDA 受容体輸送調節と神経可塑性
    武井 陽介; 廣川 信隆
    日本顕微鏡学会誌『顕微鏡』/51(1)/pp.9-12, 2016-04
  • 筑波大学教授就任にあたってー自己紹介と研究ー
    武井 陽介
    解剖学雑誌/91/pp.19-20, 2016-03
  • Defects in Synaptic Plasticity, Reduced NMDA-Receptor Transport, and Instability of Postsynaptic Density Proteins in Mice Lacking Microtubule-Associated Protein 1A
    Takei Yosuke; Kikkawa Yayoi S.; Atapour Nafiseh; Hensch T...
    JOURNAL OF NEUROSCIENCE/35(47)/pp.15539-15554, 2015-11
  • Characterizing KIF16B in neurons reveals a novel intramolecular "stalk inhibition" mechanism that regulates its capacity to potentiate the selective somatodendritic localization of early endosomes.
    Farkhondeh A; Niwa S; Takei Y; Hirokawa N
    The Journal of neuroscience/35(12)/pp.5067-5086, 2015-03
  • Molecular motor KIF5A is essential for GABA(A) receptor transport, and KIF5A deletion causes epilepsy.
    Nakajima K; Yin X; Takei Y; Seog DH; Homma N; Hirokawa N
    Neuron/76(5)/pp.945 -961, 2012-12
  • Regulation of NMDA receptor transport: a KIF17-cargo binding/releasing underlies synaptic plasticity and memory in vivo.
    Yin X; Feng X; Takei Y; Hirokawa N
    The Journal of neuroscience/32(16)/pp.5486-5499, 2012-04
  • Motor protein KIF1A is essential for hippocampal synaptogenesis and learning enhancement in an enriched environment.
    Kondo M; Takei Y; Hirokawa N
    Neuron/ 73 (4)/pp.743-757, 2012-02
  • Molecular motor KIF17 is fundamental for memory and learning via differential support of synaptic NR2A/2B levels.
    Yin X; Takei Y; Kido MA; Hirokawa N
    Neuron/70(2)/pp.310-325, 2011-04
  • Kinesin-1/Hsc70-dependent mechanism of slow axonal transport and its relation to fast axonal transport.
    Terada S; Kinjo M; Aihara M; Takei Y; Hirokawa N
    The EMBO journal/29(4)/pp.843-854, 2010-02
  • KIF26A is an unconventional kinesin and regulates GDNF-Ret signaling in enteric neuronal development.
    Zhou R; Niwa S; Homma N; Takei Y; Hirokawa N
    Cell/139(4)/pp.802-813, 2009-11
  • KIF4 motor regulates activity-dependent neuronal survival by suppressing PARP-1 enzymatic activity.
    Midorikawa R; Takei Y; Hirokawa N
    Cell/125(2)/pp.371-383, 2006-04
  • Kinesin superfamily protein 2A (KIF2A) functions in suppression of collateral branch extension.
    Homma N; Takei Y; Tanaka Y; Nakata T; Terada S; Kikkawa M...
    Cell/114(2)/pp.229-239, 2003-07
会議発表等
  • MafBは後脳脈絡叢の正常な形成に必須である
    越田 隆介; 大石 久史; 濱田 理人; 武井 陽介; 高橋 智
    第122回 日本解剖学会総会・学術集会/2017-03-28--2017-03-30
  • Staufen-1がPurαを含むmRNA複合体の樹状突起内輸送とシナプス局在に与える影響
    武井 陽介; 三守 和彦; 廣川 信隆
    第122回 日本解剖学会総会・学術集会/2017-03-28--2017-03-30
  • 左右心房壁と冠状静脈洞壁とが一体化した外観を呈す左上大静脈遺存の所見.
    首藤 文洋; 増田 知之; 武井 陽介
    第122回日本解剖学会全国学術集会/2017--2017
  • 5型セマフォリンのマウス成体脳での発現および末梢神経系での機能
    増田 知之; 谷口 雅彦; 佐久間 千恵; Ishii Kazuhiro; 上田 ...
    第122回日本解剖学会総会/2017-3-28
  • 神経変性疾患患者の髄液におけるTGF-beta1濃度と臨床マーカーとしての可能性
    石井 一弘; 増田 知之; 伊藤 順子; 小出 拓也; 冨所 康志...
    第35回日本認知症学会学術集会/2016-12-1--2016-12-3
  • 精神医学と形態学
    武井 陽介
    第38回日本生物学的精神医学会、第59回日本神経化学大会合同年会/2016-09-08--2016-09-10
  • 微小管関連蛋白によるNMDA受容体輸送サポートと神経可塑性への影響
    武井 陽介
    第39回日本神経科学大会/2016-07-20--2016-07-22
  • Role of Microtubule-associated Proteins in Regulation of Synaptic plasticity
    Yosuke Takei; Yayoi S. Kikkawa; Takao K. Hensch; Nobutaka...
    7th Asia Pacific International Congress of Anatomists/2016-03-17--2016-03-20
  • A novel intramolecular “stalk inhibition” mechanism of KIF16B mediates the selective somatodendritic localization of early endosomes in neurons
    Atena Farkhondeh; Shinsuke Niwa; Yosuke Takei; Nobutaka H...
    The 55th Annual Meeting of the American Society for Cell Biology/2015-12-12--2015-12-16
  • Characterizing KIF16B in neurons reveals a novel intramolecular “stalk inhibition” mechanism that mediates the selective somatodendritic localization of early endosomes
    Atena Farkhondeh; Shinsuke Niwa; Yosuke Takei; Nobutaka H...
    第67回日本細胞生物学会大会/2015-07-02
担当授業科目
2017-04 -- 2017-07基礎医学総論医学群医療科学類
2016-10 -- 2017-02人間生物学Ⅱ生物学類
2016-10 -- 2016-12総合科目Ⅱ『神経回路研究の最前線』筑波大学
2016-04 -- 2016-06肉眼解剖学実習―機能・構造と病態I医学群医学類
2016-04 -- 2016-07医科学専門語学I筑波大学
2016-04 -- 2017-06人体構造学概論フロンティア医科学専攻
2016-04 -- 2016-06基礎医学研究の最前線筑波大学
2016-04 -- 2016-07基礎医学総論医学群医療科学類
2016-04 -- 2016-07感性認知脳科学基礎論1A人間総合科学研究科 感性認知脳科学専攻
2016-04 -- 2016-07感性認知脳科学基礎論1B人間総合科学研究科 感性認知脳科学専攻
授業以外の教育活動
2017-08 -- (現在)茨城県立盲学校 非常勤講師
2011 -- (現在)東京医科歯科大学非常勤講師 (神経解剖学特別講義)
2016 -- 2016東京大学医学系研究科非常勤講師
一般講演
  • 細胞内輸送と統合失調症モデル動物
    武井 陽介
    医学医療系研究発表会/2016-10-27
  • 神経伝達と可塑性の基盤となる細胞内輸送メカニズム
    武井 陽介
    つくばブレインサイエンス・セミナー/2015-10-27
  • 神経細胞における微小管系細胞骨格蛋白の機能
    武井 陽介
    筑波大学解剖学特別講演会/2015-2-13
学協会等委員
2017-04 -- (現在)日本解剖学会賞・研究費候補者選考委員
2015-09 -- (現在)日本解剖学会代議員
2006 -- 2010日本細胞生物学会評議員
学内管理運営業績
2017-04 -- (現在)M2 総コーディネータ―
2016-04 -- (現在)医学類 教育推進委員会副委員長
2016-04 -- (現在)医学類 OSCE委員会副委員長
2016-04 -- (現在)医学類 解剖学コースコーディネータ
2016-04 -- (現在)医学類 神経系コースコーディネータ
2016-04 -- (現在)医学類 障害支援委員会委員
2016-04 -- (現在)医学類 CBT委員会副委員長
2016-04 -- (現在)医学類 学生委員会委員長
2016-04 -- (現在)医学類 国際交流委員会副委員長
2016-04 -- (現在)医学類 医学教育企画評価室委員
その他の活動
2017-08 -- 2017-08平成29年度第6回筑波大学FD研修会『自殺防止のための連携・対応について』参加
2017-07 -- 2017-07平成29年度医学・歯学教育指導者のためのワークショップ(文部科学省主宰)に参加
2016-11 -- 2016-11河合塾麹町校『全国国公立大学医学部医学科入試相談会』にて講演
2016-07 -- 2016-07平成28年度医学・歯学教育指導者のためのワークショップ(文部科学省主宰)に参加
2015-07 -- (現在)筑波白菊会 理事
2015-07 -- (現在)篤志解剖全国連合会 代議員

(最終更新日: 2017-08-10)