現在地

久保田 茂希(クボタ シゲキ; Kubota, Shigeki)

所属
医学医療系
職名
助教
性別
男性
eメール
 
研究課題
腕神経叢損傷患者に対する上肢ロボットを用いた新たなバイオフィードバック療法2017-03 -- 2019-03久保田茂希整形災害外科学研究助成財団 /研究助成金(アルケア奨励賞受賞)1,000,000円
腕神経叢損傷に対する新開発上肢ロボットを用いた画期的リハビリテーション2017 -- 2019久保田 茂希日本学術振興会/若手研究(B)4,160,000円
取得学位
2015-03博士(医学)筑波大学
論文
会議発表等
  • 重度歩行障害を呈する胸椎後縦靱帯骨化症に対するロボットスーツHALを用いた機能回復治療
    久保田 茂希
    三大学交流セミナー/2018-02--2018-02
  • 重度歩行障害を呈する頚・胸椎後縦靱帯骨化症術後急性期におけるロボットスーツHALを用いた治療
    久保田 茂希
    第91回日本整形外科学会学術総会/2018-05--2018-05
  • 術後長期が経過した慢性期脊髄障害患者に対する両脚型HALを用いた機能回復治療
    久保田 茂希
    第33回日本整形外科学会基礎学術集会/2018-10--2018-10
  • Effectiveness of electromyography (EMG) of biofeedback therapy using upper limb HAL-SJ in patients with elbow flexion reconstruction after traumatic brachial plexus injury
    Kubota Shigeki
    The XXVI Congress of the International Society of Biomechanics (ISB)/2017-07--2017-07
  • Robotic rehabilitation training with a newly developed upper limb single-joint Hybrid Assistive Limb (HAL-SJ) for an adult with birth palsy
    Kubota Shigeki
    12th International society of physical and rehabilitation medicine (ISPRM) world congress/2018-07--2018-07
  • Robotic rehabilitation training with a newly developed upper limb single-joint Hybrid Assistive Limb (HAL-SJ) for elbow flexor reconstruction after brachial plexus injury
    Kubota Shigeki
    12th International society of physical and rehabilitation medicine (ISPRM) world congress/2018-07--2018-07
  • Hybrid assistive limb (HAL) treatment for patients with severe thoracic myelopathy caused by ossification of the posterior longitudinal ligament (OPLL) in postoperative acute phase
    Kubota Shigeki
    12th International society of physical and rehabilitation medicine (ISPRM) world congress/2018-07--2018-07
  • 圧迫性脊髄症の術後急性期及び慢性期におけるHALを用いた機能回復治療-医師主導型自主臨床試験
    久保田 茂希
    第51回日本脊髄障害医学会/2016-11
  • 圧迫性脊髄症に対する両脚型HALを用いたリハビリテーション―術後急性期及び慢性期症例について
    久保田 茂希
    第41回総合リハビリテーション研究大会/2018-10
  • Robotic intervention reshapes gait coordination in myelopathy patients with residual motor disturbances after surgery
    Puentes Sandra; Kadone Hideki; Kubota Shigeki; Abe Tetsuy...
    12th International Society of Physical and Rehabilitation MedicineWorld Congress ISPRM 2018/2018-07-08--2018-07-12
  • Reshaping of gait coordination by robotic therapy in myelopathy patients after surgery
    Puentes Sandra; kadone Hideki; Kubota Shigeki; Abe Tetsuy...
    第91回日本整形外科学会学術総会/2018-05-24--2018-05-27
  • Gait coordination in acute myelopathy patients before and after Hybrid Assistive Limb (HAL) robot suit treatment.
    S Puentes; H Kadone; A Marushima; S Kubota; K Suzuki; M Y...
    第54回 日本リハビリテーション医学会学術集会/2017-6-8--2017-6-10
  • 重度脊髄障害例に対してロボットスーツHALを用いた機能改善治療効果の解 析—介入期間前後の歩行時下肢協調制御に着目して.
    Puentes S; Kadone K; Kubota S; Abe T; Shimizu Y; Marushim...
    第32回日本整形外科学会基礎学術総会./2017-10-26--2017-10-27
  • Gait Coordination in Acute Myelopathy Patients Before and After Gait Treatment Using a Powered Exoskeleton.
    S Puentes; H Kadone; A Marushima; S Kubota; Y Shimizu; H ...
    International Society for Posture and Gait Research (ISPGR) World Congress./2017-6-25--2017-6-29
  • 急性期脳卒中片麻痺者に対するHAL歩行機能改善治療.
    渡邉大貴; 丸島愛樹; 上野友之; 門根秀樹; 清水如代; 羽田康...
    第6回日本脳神経HAL®研究会/2017-12-16
  • 立位移動型モビリティQoloによる起立着座動作補助効果の検討 健常者および下肢麻痺患者における評価実験.
    門根 秀樹; 清水 如代; 久保田 茂希; 中山 敬太; 安部 哲哉; ...
    第32回日本整形外科基礎学会/2017-10-26--2017-10-27
  • 下肢麻痺患者を対象とする立位移動型モビリティQoloによる起立着座動作補助効果の評価
    門根 秀樹; 清水 如代; 久保田 茂希; 上野 友之; 羽田 康司; ...
    第54回日本リハビリテーション医学会学術集会/2017-06-08--2017-06-10
  • 慢性期脊髄損傷に伴う完全四肢・対麻痺患者に対するT-HAL法 (Heterotopic Triggered HAL method)による随意的麻痺肢運動
    清水 如代; 門根 秀樹; 久保田 茂希; 安部 哲哉; 上野 友之; ...
    第6回日本脳神経HAL研究会/2017-12-16--2017-12-16
  • 頚髄損傷に伴う四肢完全麻痺患者に対する上肢単関節HALを用いた肘関節機能回復治療
    清水 如代; 門根 秀樹; 久保田 茂希; 安部 哲哉; 上野 友之; ...
    第32回日本整形外科基礎学会/2017-10-26--2017-10-27
  • 四肢および両下肢完全麻痺症例に対するHALおよび上肢筋活動を使用した随意歩行の実施可能性
    清水 如代; 門根 秀樹; 久保田 茂希; 上野 友之; 丸島 愛樹; ...
    第54回日本リハビリテーション医学会学術集会/2017-06-08--2017-06-10
  • 頚髄損傷に伴う四肢完全麻痺患者に対する上肢単関節HALを用いた肘関節機能回復治療
    清水 如代; 門根 秀樹; 久保田 茂希; 安部 哲哉; 上野 友之; ...
    第32回日本整形外科学会基礎学術集会/2017-10-26--2017-10-27
  • 完全下肢麻痺症例における対側上肢筋活動を利用した随意的HAL歩行の実施可能性
    清水 如代; 門根 秀樹; 久保田 茂希; 羽田 康司; 山崎 正志
    第52回日本脊髄障害医学会/2017-11-16--2017-11-17
  • Voluntary elbow flexion is possible in patients with complete quadriplegia due to C4 cervical cord injury using Hybrid Assistive Limb (HAL®) technology.
    Y Shimizu; H Kadone; S Kubota; T Abe; T Funayama; A Marus...
    The 18th Conference of the Japanese-German orthopedic society,/2017-06-16--2017-06-16
  • Possibility of voluntary elbow flexion in patients with complete quadriplegia with C4 cervical cord injury using Hybrido Assistive Limb (HAL®) technology.
    Shimizu Y; Kadone H; Kubota S; Abe T; Funayama T; Marushi...
    The 16th Congress of the International Society of Biomechanics (ISB)/2017-07-23--2017-07-27
  • A new rehabilitation technique using the robot suit HAL for patients with severe myelopathy due to thoracic ossification of posterior longitudinal ligament (OPLL).
    Kubota Shigeki
    The 62th annual meeting, Orthopaedics Research Sociaty
学協会等委員
2019-06 -- 2019-06第56回日本リハビリテーション医学会学術集会プログラム委員
2018-06 -- 2018-06第55回日本リハビリテーション医学会学術集会プログラム委員
2018-04 -- 2020-03日本作業療法学会第5期演題審査委員
その他の活動
2016-04 -- 2017-03労災疾病臨床研究事業費補助金 研究分担者 (研究代表者:山崎正志、研究課題名:脳脊髄損傷による中枢性運動機能障害に対するロボットスーツHALを用いた機能回復治療法の有効性試験と地域連携機能回復治療プログラムの構築に関する研究)
2016-04 -- 2019-04労災疾病臨床研究事業費補助金 研究分担者 (研究代表者:安部哲哉、研究課題名:腰痛予防対策指針策定に向けた重量物取り扱い,介護・看護作業における装着型ロボットの腰部負担軽減効果および作業省力化に関する研究)

(最終更新日: 2018-12-20)