現在地

山田 実(ヤマダ ミノル; Yamada, Minoru)

所属
人間系
職名
准教授
研究分野
応用健康科学
研究キーワード
虚弱(フレイル)
サルコペニア
転倒予防
介護予防
リハビリテーション
老年学
研究課題
身体活動とソマトポーズ・アドレノポーズに関する包括的研究2016 -- 2018山田 実日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3770000
高齢期の身体機能レベル別の骨格筋機能特性の解明と対応する介入プログラムの開発2016 -- 2018山田 実日本学術振興会/若手研究(A)20800000
サルコペニアの予防を目的とした総合的研究2013 -- 2014山田実厚生労働省 長寿科学総合研究事業/
スピルリナによるサルコペニア肥満改善効果の検証2013 -- 2013荒井秀典科学技術振興機構 A-STEP/
サルコペニアの疫学と予防2013 -- 2013山田実公益社団法人長寿科学振興財団 長寿科学総合研究事業/
介護予防を推進する地域づくりを戦略的に進めるための研究2013 -- (現在)近藤克則厚生労働省 長寿科学総合研究事業/
身体に根ざした認知の生涯発達と神経可塑性2013 -- (現在)積山薫文部科学省 基盤研究A/
サルコペニアをターゲットとしたバイオマーカーの作成とテーラーメード介入の開発2012 -- 2013山田実文部科学省 挑戦的萌芽研究/
脳MRIと身体活動量に基づくアルツハイマー病移行を推定するアルゴリズムの作成2014 -- (現在)山田実公益財団法人 島津科学技術振興財団 研究開発助成/
腰部脊柱管狭窄症の重症度予測式開発による新たな生体医療情報統合技術の創出2012 -- 2013青山朋樹文部科学省 挑戦的萌芽研究/
職歴
2014 -- (現在)筑波大学 准教授
2010 -- 2014京都大学 助教
2008 -- 2010京都大学 助手
学歴
2007 -- 2010神戸大学 医学系研究科 博士後期課程修了
2005 -- 2007神戸大学 医学系研究科 博士前期課程修了
取得学位
2010保健学博士
所属学協会
-- (現在)日本老年医学会
-- (現在)日本認知症学会
-- (現在)日本疫学会
-- (現在)日本静脈経腸栄養学会
-- (現在)運動疫学研究会
-- (現在)日本健康支援学会
-- (現在)日本公衆衛生学会
-- (現在)日本体力医学会
-- (現在)理学療法士協会
受賞
The 1st Asian Congress of Medical and Care Facilities Best Poster Award
The 2nd Scientific Meeting of the Asian Federation of Osteoporosis Societies Award
長寿科学賞
The Geriatrics & Gerontology International Best Article Award 2012
The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics Best Poster Award 2013
第46回日本理学療法学術大会 優秀賞
第41回日本理学療法学術大会 大会奨励賞
第25回健康医科学 優秀賞
第42回日本理学療法学術大会 最優秀賞
論文
  • 高齢入院患者における要介護認定の新規申請に影響を与える身体・環境要因の検討
    小山 真吾; 堅田 紘頌; 石山 大介; 藤茂登 順子; 木村 鷹介; ...
    理学療法学Supplement/2016/p.1332, 2017
  • 肺癌開胸肺切除症例における術後運動耐容能と年代の影響
    齋藤 洋; 池田 一樹; 大寺 祥佑; 田浦 智子; 小原 成美; 山田...
    理学療法学Supplement/2014/p.289, 2015
担当授業科目
2017-08 -- 2017-08統計学II筑波大学
2017-12 -- 2018-02健康障害学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-08リハビリテーション科学特論III筑波大学
2017-10 -- 2018-02リハビリテーション科学特論III筑波大学
2017-12 -- 2018-02高齢障害学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-08リハビリテーション科学特論I筑波大学
2017-10 -- 2018-02リハビリテーション科学特論I筑波大学
2018-01 -- 2018-01介護技術筑波大学
2017-04 -- 2017-08リハビリテーション科学特別演習II筑波大学
2017-10 -- 2018-02リハビリテーション科学特別演習II筑波大学
学協会等委員
-- (現在)日本健康支援学会編集委員
-- (現在)日本転倒予防学会理事/編集委員
-- (現在)予防理学療法学会運営幹事

(最終更新日: 2016-06-15)