現在地

増田 知之(マスダ トモユキ; Masuda, Tomoyuki)

所属
医学医療系
職名
准教授
科研費番号
70372828
URL
eメール
 
研究分野
解剖学一般(含組織学・発生学)
神経解剖学・神経病理学
神経内科学
基盤・社会脳科学
感性情報学
研究キーワード
神経発生
神経再生
神経変性疾患
毒性学
感性工学
研究課題
従来型解析にバイオインフォマティクスデータを取り入れた新規長鎖遺伝子の機能解析2015 -- 2019増田知之日本学術振興会/基盤研究(C)/4,810,000円
網羅的スクリーニングから得られた新規軸索誘導候補分子の機能解析2012 -- 2015増田知之日本学術振興会/基盤研究(C)/5,200,000円
脊髄特異的な新規遺伝子群の感覚神経ネットワーク形成における機能の解析2009 -- 2012増田知之日本学術振興会/基盤研究(C)/4,420,000円
脊髄一次求心性線維の標的認識機構に関与する新規軸索誘引因子の検索2007 -- 2009増田知之日本学術振興会/基盤研究(C)/4,420,000円
脊髄神経節軸索の投射パターンを規定する軸索誘引メカニズムとその分子基盤の解明2005 -- 2007増田知之日本学術振興会/基盤研究(C)/3,200,000円
平成30年度「ジフェニルアルシン酸等に係る健康影響に関する調査研究」モデル動物を用いたジフェニルアルシン酸(DPAA)の生体影響2018 -- 2019玉岡晃環境省/受託研究11,160,000円
平成29年度「ジフェニルアルシン酸等に係る健康影響に関する調査研究」モデル動物を用いたジフェニルアルシン酸(DPAA)の生体影響2017 -- 2018玉岡晃環境省/受託研究/11,160,000円
平成28年度「ジフェニルアルシン酸等に係る健康影響に関する調査研究」モデル動物を用いたジフェニルアルシン酸(DPAA)の生体影響2016 -- 2017玉岡晃環境省/受託研究/12,386,696円
平成27年度 「ジフェニルアルシン酸等に係る健康影響に関する調査研究」 モデル動物を用いたジフェニルアルシン酸(DPAA)の生体影響2015 -- 2016玉岡晃環境省/受託研究/15,522,840円
感性を通して直感的に「惹かれる」物に対する行動選択思考メカニズムの脳機能的解明2015 -- 2018首藤文洋日本学術振興会/基盤研究(B)/16,120,000円
職歴
2018-09 -- (現在)筑波大学 医学医療系 准教授(テニュア・終身雇用資格)
2013-09 -- 2018-08筑波大学 医学医療系 准教授(テニュアトラック教員)
2012-03 -- 2013-08獨協医科大学医学部 解剖学(組織)講座 准教授
2008-12 -- 2012-02福島県立医科大学医学部 神経解剖・発生学講座 学内講師
受賞
2018-09日本感性工学会 楽天研究賞(未来の購買体験を豊かにする感性工学技術の提案)
2015-12筑波大学医学医療系 平成27年度 若手優秀教員賞
2012-12獨協医科大学 第13回関湊賞
2009-01福島医学会 平成20年度 学術奨励賞
2004-03筑波大学大学院博士課程医学研究科 優秀英論文賞
論文
著書
  • TAG-1
    増田 知之
    脳科学辞典, 2016-06
  • Formation of peripheral nerve pathways by chemorepulsive and chemoattractive cues with special reference to innervation of the dorsal ramus
    Masuda Tomoyuki; Yaginuma Hiroyuki
    Recent Research Developments in Neurochemistry, Vol. 8, Research Signpost, 2014-11
  • Neuroprotective effects of melatonin in the nigrostriatal and mesolimbic dopaminergic systems in the Zitter rat
    Ueda Shuichi; Inoue Ken-ichi; Ehara Ayuka; Masuda Tomoyuki
    Melatonin: Therapeutic value and Neuroprotection, CRC press, 2014-10
  • Sensory axonal guidance by chemorepulsive and chemoattractive cues in the higher vertebrates
    Masuda Tomoyuki; Shiga Takashi; Yaginuma Hiroyuki
    Axons: Cell Biology, Molecular Dynamics and Roles in Neural Repair and Rehabilitation, Nova Science Publishers, pp.335-339, 2013-12
  • Laminins as a modulator of the axonal response to guidance cues
    Masuda Tomoyuki; Yaginuma Hiroyuki; Shuichi Ueda
    Laminins: Structure, Biological Activity and Role in Disease, Nova Science Publishers, pp.131-135, 2013-08
  • 生物学辞典
    増田 知之
    生物学辞典, 東京化学同人社, 2010-12
  • 遺伝子の森でのお宝探し
    増田 知之
    内藤財団時報, (財)内藤記念科学振興財団, 2010-09
  • 脊髄一次求心性線維の投射路を形成する分子メカニズム
    増田 知之
    ブレインサイエンス・レビュー2008, クバプロ, pp.157-180, 2008-03
  • Roles of chondroitin sulfate proteoglycans in the formation of axonal trajectories of dorsal root ganglion neurons
    Masuda Tomoyuki; Shiga Takashi
    Neural Proteoglycans, Research Signpost, pp.127-137, 2007-05
会議発表等
  • モデル動物を用いたジフェニルアルシン酸 (DPAA) の生体影響
    増田 知之
    環境省平成30年度第1回ジフェニルアルシン酸等の健康影響に関する調査研究に係る研究推進委員会/2018-08-20
  • Altered expression of total and phosphorylated tau by organic arsenic compounds
    Ishii Kazuhiro; Itoh Junko; Masuda Tomoyuki; Tomidokoro Y...
    第59回日本神経学会学術大会/2018-05-24
  • Hepatic histopathological changes and dysfunction in humans and nonhuman primates following exposure to organic arsenic diphenylarsinic acid
    Masuda Tomoyuki; Ishii Kazuhiro; Iwasaki Nobuaki; Tamaoka...
    第123回日本解剖学会全国学術集会/2018-03-30
  • 有機ヒ素diphenylarsinic acidは母体から胎盤を経由して仔に移行する
    増田 知之; 岩崎 信明; 柴田 康行; 中山 智博; 玉岡 晃; 石井...
    第95回日本生理学会大会/2018-03-28
  • オブジェクトに対する親しみ形成に関わる生理反応解析
    首藤 文洋; 増田 知之
    第95回日本生理学会大会/2018-03-28
  • 自撮り写真の目にどれだけ盛れば魅力が下がるのか―「盛る」感性の性差・地域差の検討―
    増田 知之; 小関 美咲; 邵 宇晨; 加藤 隼平; 山中 敏正
    情報処理学会 第47回 エンタテインメントコンピューティング研究発表会/2018-03-16
  • モデル動物を用いたジフェニルアルシン酸 (DPAA) の生体影響
    増田 知之
    環境省平成29年度第2回ジフェニルアルシン酸等の健康影響に関する調査研究に係る研究推進委員会/2018-03-02
  • Hepatic histopathological changes following subchronic administration of diphenylarsinic acid to cynomolgus monkeys
    Masuda Tomoyuki; Ishii Kazuhiro; Iwasaki Nobuaki
    第58回日本組織細胞化学会総会・学術集会/2017-09-23--2017-09-24
  • マウス成体脳における5型セマフォリンの発現様式
    増田 知之; 谷口 雅彦; 佐久間 千恵
    第58回日本組織細胞化学会総会・学術集会/2017-09-23--2017-09-24
  • カメの脊髄神経~ボディプランの改変が神経系に及ぼす影響~
    川口 将史; 真喜屋 宏美; 川崎 能彦; 増田 知之
    第88回日本動物学会富山大会シンポジウム/2017-09-21
  • Non-proportional accumulation of diphenylarsinic acid in the central nervous system following subchronic administration to rats
    Masuda Tomoyuki; Ishii Kazuhiro; Hosoya Tomoko; Tanaka R....
    XXIII World Congress of Neurology (WCN 2017)/2017-09-18
  • Transforming growth factor-beta1 levels in the cerebrospinal fluid of patients with neurodegenerative diseases
    Ishii Kazuhiro; Masuda Tomoyuki; Itoh Junko; Koide T.; To...
    XXIII World Congress of Neurology (WCN 2017)/2017-09-17
  • モデル動物を用いたジフェニルアルシン酸 (DPAA) の生体影響
    増田 知之
    環境省平成29年度第1回ジフェニルアルシン酸等の健康影響に関する調査研究に係る研究推進委員会/2017-08-08
  • 左右心房壁と冠状静脈洞壁とが一体化した外観を呈す左上大静脈遺存の所見
    首藤 文洋; 増田 知之; 武井 陽介
    第122回日本解剖学会全国学術集会/2017-03-28
  • 5型セマフォリンのマウス成体脳での発現および末梢神経系での機能の解析
    増田 知之; 谷口 雅彦; 佐久間 千恵; 石井 一弘; 上田 秀一; ...
    第122回日本解剖学会全国学術集会/2017-3-28
  • 神経変性疾患患者の髄液におけるTGF-beta1濃度と臨床マーカーとしての可能性
    石井 一弘; 増田 知之; 伊藤 順子; 小出 拓也; 冨所 康志; 武...
    第35回日本認知症学会学術集会/2016-12-1--2016-12-3
  • セマフォリン5ファミリーの発現様式と軸索ガイダンスにおける機能
    増田 知之; 谷口 雅彦
    第57回日本組織細胞化学会総会・学術集会/2016-09-03
  • Classification of factors affecting the impression of “Yuru-sa” in Japanese Yuru-kyara mascots
    Masuda Tomoyuki; Jiyavorananda Sittiphan
    KEER 2016 Pre-conference Workshop: How Brain-Sciences Reveal the Human Emotional Mechanism (6th International Kansei Engineering and Emotion Research Conference (KEER2016))/2016-08-29
  • BMP4シグナルが調節する脊髄神経節ニューロンの神経突起伸長とCGRP発現における転写因子Runx1の役割
    吉川 雅朗; 増田 知之; 小林 梓
    第121回日本解剖学会全国学術集会/2016-03-29
  • 時間は無い,金も無い,もう若くない・・・ないない尽くしの中で実践する神経科学研究法
    増田 知之
    第121回日本解剖学会全国学術集会シンポジウム/2016-03-28
  • 羊膜類体幹部における脊髄神経形成過程の発生プログラムの進化
    川口 将史; 渡邊 愛己; 真喜屋 宏美; 長島 寛; 川崎 能彦; 増...
    第121回日本解剖学会全国学術集会シンポジウム/2016-03-28
  • 神経・血管の発生と新生:多角的アプローチで目指す未踏峰
    増田 知之; 大山 恭司
    第121回日本解剖学会全国学術集会シンポジウム/2016-03-28
  • ゆるキャラを育む「こころ」~形態学者の視点で
    増田 知之; Jiyavorananda Sittiphan
    獨協医科大学細胞組織学研究の展開2016シンポジウム/2016-02-27
  • 生後発達期の皮膚刺激がマウスの脳と行動の発達に与える影響
    橋本 奈々; 増田 知之; 志賀 隆
    日本解剖学会関東支部第103回学術集会/2015-11-07
  • セロトニン神経系のグルタミン酸受容体発現における役割
    吉村 由祐子; 石川 千尋; 増田 知之; 志賀 隆
    日本解剖学会関東支部第103回学術集会/2015-11-07
知的財産権
  • 特許第6278524号「感覚性の末梢神経線維の伸長又は誘引促進剤」
    増田 知之; 石井 一弘
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02医科学特別演習(大学院フロンティア医科学専攻)筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップI(大学院フロンティア医科学専攻)筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップII(大学院フロンティア医科学専攻)筑波大学
2018-10 -- 2019-02基礎医科学演習(大学院フロンティア医科学専攻)筑波大学
2018-10 -- 2019-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2018-04 -- 2018-08医科学特別演習(大学院フロンティア医科学専攻)筑波大学
2018-04 -- 2018-08インターンシップI(大学院フロンティア医科学専攻)筑波大学
2018-04 -- 2018-08インターンシップII(大学院フロンティア医科学専攻)筑波大学
2018-04 -- 2018-08基礎医科学演習(大学院フロンティア医科学専攻)筑波大学
2018-04 -- 2018-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
授業以外の教育活動
2015-04 -- 2016-03M2クラス担任(医学群医学類)筑波大学
2014-04 -- 2015-03M1クラス担任(医学群医学類)筑波大学
2015-10 -- 2015-10非常勤講師(脳実習講義)獨協医科大学医学部
2012-10 -- 2012-10非常勤講師(解剖学I マクロ実習)奈良県立医科大学医学部
2018-07 -- 2018-07専攻合宿(感性認知脳科学実習1・2-大学院感性認知脳科学専攻)筑波大学
2017-07 -- 2017-07専攻合宿(感性認知脳科学実習1・2-大学院感性認知脳科学専攻)筑波大学
2016-07 -- 2016-07専攻合宿(感性認知脳科学実習1・2-大学院感性認知脳科学専攻)筑波大学
2015-07 -- 2015-07専攻合宿(感性認知脳科学実習1・2-大学院感性認知脳科学専攻)筑波大学
2014-07 -- 2014-07専攻合宿(感性認知脳科学実習1・2-大学院感性認知脳科学専攻)筑波大学
2018-08 -- 2018-08非常勤講師(解剖見学実習)筑波大学附属視覚特別支援学校
学協会等委員
-- (現在)日本解剖学会評議員
-- (現在)日本生理学会評議員
-- (現在)日本組織細胞化学会評議員
-- 2013-08獨協医学会評議員
-- (現在)つくばブレインサイエンス協会運営委員
-- 2013日本解剖学会第119回全国学術集会プログラム委員
学内管理運営業績
2014 -- (現在)感性認知脳科学専攻・学生委員会委員長
2016-04 -- 2017-03感性認知脳科学専攻・専攻合宿実行委員会委員長
2014 -- (現在)感性認知脳科学専攻・カリキュラム委員会委員
2017 -- (現在)感性認知脳科学専攻・入試実施委員会委員
2015-04 -- 2016-03フロンティア医科学専攻・入試実施委員会委員
-- 2015医学医療系生命医科学域・旧基礎医学系 再任評価委員会委員
2014 -- (現在)感性認知脳科学専攻・学位プログラムワーキング委員会委員
2014 -- (現在)感性認知脳科学専攻・FD委員会委員
2017 -- (現在)感性認知脳科学専攻・学生表彰委員会委員
2015-12 -- 2016-01感性認知脳科学専攻・選挙管理委員会委員
メッセージ
URL欄のアドレスのウェブサイトは,個人的に運営しているwebサイトであり,所属団体とは関係ありません.

(最終更新日: 2018-10-15)