現在地

大澤 博隆(オオサワ ヒロタカ; Osawa, Hirotaka)

所属
システム情報系
職名
助教
科研費番号
10589641
URL
研究室
ヒューマンエージェントインタラクション研究室
研究分野
認知科学
知能ロボティクス
ヒューマンインターフェース・インタラクション
研究キーワード
社会的知能
擬人化
人工知能
ヒューマンロボットインタラクション
ヒューマンエージェントインタラクション
研究課題
インターネット研究倫理の構築-倫理問題の考察と倫理ガイドラインの提案2018-04 -- 2022-03大谷卓史日本学術振興会/科学研究費基盤研究(B)
人狼ゲームのプレイヤの思考過程の分析2016-04 -- 2020-03松原仁日本学術振興会科学研究費助成事業/科研費 基盤研究(B)
実世界人狼ゲームのデータセット作成と対話技能習得過程の分析2018-03 -- 2020-02大澤博隆公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団/4,000,000円
視線投影デバイスを用いたユーザの視線表出補助2016 -- 2018大澤 博隆日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,380,000円
人の適応性を支える環境知能システムの構築2014-04 -- 2016-03今井倫太日本学術振興会科学研究費助成事業/
MFP(多機能複合プリンタ)へのHuman Agent Interaction2014-08 -- 2015-03大澤博隆京セラドキュメントソリューションズ/
MFP等を対象とした擬人化エージェント技術2015-04 -- 2015-10大澤博隆京セラドキュメントソリューションズ/
人狼知能の開発2015-02 -- 2016-03大澤博隆公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団/
認知的インタラクションデザイン学:意思疎通のモデル論的理解と人工物設計への応用2014-07 -- 2019-03植田 一博科学研究費助成事業/新学術領域研究(研究領域提案型)
擬人化を利用した人間の認知能力補助インタフェースの開発2010-10 -- 2013-09大澤博隆科学技術振興機構(JST)/さきがけ59,987,000円
職歴
2013-03 -- (現在)筑波大学 システム情報系 助教
2017-04 -- (現在)筑波大学人工知能科学センター 人工知能基盤研究部門 ヒューマンテクノロジー分野 研究員
2011-04 -- 2013-03慶應義塾大学 理工学部 助教
2010-10 -- 2013-09独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究員
2010-04 -- 2010-09日本学術振興会 特別研究員 特別研究員PD
2009-09 -- 2010-03マサチューセッツ工科大学 AgeLab 訪問研究員
2009-04 -- 2010-03日本学術振興会 特別研究員 特別研究員PD
2007-04 -- 2009-03日本学術振興会 特別研究員 特別研究員DC1
2006-07 -- 2007-03独立行政法人情報処理推進機構 未踏ユース開発者
学歴
2007-04 -- 2009-03慶應義塾大学 大学院理工学研究科 開放環境科学専攻後期博士課程修了
2005-04 -- 2007-03慶應義塾大学 大学院理工学研究科 開放環境科学専攻前期博士課程修了
2001-04 -- 2005-03慶應義塾大学 理工学部 情報工学科卒業
取得学位
2009-03博士(工学)慶應義塾大学
2007-03修士(工学)慶應義塾大学
所属学協会
2016-04 -- (現在)日本認知科学会
2012-01 -- (現在)IEEE
2012-01 -- (現在)Association for Computing Machinery
2009-04 -- (現在)日本ロボット学会
2009-04 -- (現在)人工知能学会
2004-12 -- (現在)情報処理学会
受賞
2015-09野島久雄賞Human-Agent Interactionにおける擬人化デザインに関する研究
2015-10Best Presentation AwardTransitional Explainer: Instruct Functions in the Real World and Onscreen in Multi-Function Printer
2014-101st poster award1st poster award, Yukako Watanabe, Yoshiko Okada, Hirotaka Osawa, Midori Sugaya, Digital play therapy for children with learni
2014インパクト賞インパクト賞, 高久奨乃, 稲葉通将, 大澤博隆, 篠田孝祐, 西野順二, 鳥海不二夫, 片上大輔, 人狼ゲームにおいてノンバーバル情報が与える影響について, 第2回HSSデザインコンテスト2014, p. HSS–16–17, 2014.
2014-09FANプレゼンテーション賞FANプレゼンテーション賞, 稲葉通将, 鳥海不二夫, 大澤博隆, 片上大輔, 篠田孝祐, 人狼ゲームにおける役職の強さの定量化, FAN2014, 2014.
2014-9優秀論文賞優秀論文賞, 鳥海不二夫, 稲葉通将, 大澤博隆, 片上大輔, 篠田孝祐, 人狼における学習, FAN2014, 2014.
2014-11学生優秀インタラクティブ発表賞小林優, 大澤博隆, 稲葉通将, 篠田孝祐, 鳥海不二夫, 松原仁, 片上大輔, 擬人化エージェント用いた議論の雰囲気を実現する人狼対戦システムの開発, HCGシンポジウム2014, p. A–5–3, 2014.
2014-11発表賞人狼ゲームにおける役職Coming-Out情報の自動取得
2015-06全国大会優秀賞全国大会における優秀な発表として;知能の軍拡競争:報酬の遅延によるエージェント同士の戦略の複雑化
2015-03インタラクティブ発表賞プログラム委員に選ばれた優秀な発表として:栢野航, 大澤博隆, 遠藤航, 丹波正登, 守谷友里, 結城明, 長野正, 実空間と仮想空間を移動する擬人化エージェントを用いた複合機の機能説明, インタラクション2015, p. B31, 2015.
2014-03Best Video Award 1st PrizeBest Video paper on the 9th ACM International Conference on Human Robot Interaction
2014-06人工知能学会論文賞「エージェントのインタラクション戦略探索のための没入型発見法」 に対する受賞
2012-05Best Note Honorable MentionBest presentation
2006-09セッション賞SCIS&ISIS 2006発表
2007-12優秀賞論文優秀のため
2008-01山内奨励賞(表現の部)大澤 博隆, 向井 淳,今井 倫太物体を擬人化するディスプレイロボットの開発第48回プログラミングシンポジウム, Vol.48, pp. 9-16, Hakone, Japan, 2007.1
2009-02Best Poster Awardポスター発表における受賞
2009-03Best Video AwardHirotaka Osawa, Ren Ohmura, Michita Imai, Anthropomorphization Method using Attachable Humanoid Parts, International Conference
2013-05学術奨励賞論文"iRing : 赤外線反射を用いてジェスチャ認識する指輪型インタフェース"
2012-02Best Paper Award: 4th International Conference on Agents and Artificial IntelligenceAgent部門における最優秀論文のため
論文
  • Constructing a Human-like agent for the Werewolf Game using a psychological model based multiple perspectives
    Osawa Hirotaka; Nakamura Noritsugu; Inaba Michimasa; Taka...
    IEEE SSCI, 2016-10
  • AI Wolf Contest - Development of Game AI using Collective Intelligence -
    大澤 博隆; Toriumi Fujio; Inaba Michimasa; Katagami Daisu...
    Workshop on Computer Games International Workshop on General Intelligence in Game-Playing Agents CCIS, 2017-04
  • Effect of Information Presentations on Consumer Emotions to Induce Power Saving Actions
    大澤 博隆
    IEEE International Smart Cities Conference, 2016-09
  • Analysis of Robot Hotel: Reconstruction of Works with Robots
    Osawa Hirotaka; Ema Arisa; Hattori Hiromitsu; Akiya Naono...
    RO-MAN, 2017-08
  • Generating human-like discussion by paraphrasing a translation by the AIWolf Protocol using Werewolf BBS Logs
    大澤 博隆; Nakamura Hirofumi; Katagami Daisuke; Toriumi F...
    FUZZ-IEEE, 2017-07
  • Generating human-like discussion by paraphrasing a translation by the AIWolf Protocol using Werewolf BBS Logs
    大澤 博隆; Nakamura Hirofumi; Katagami Daisuke; Toriumi F...
    FUZZ-IEEE, 2017-07
  • Telepresence Robot with Merging Users' Emotions and Behaviors
    Osawa Hirotaka; Yonezu Soji
    RO-MAN, 2017-10
  • Breaking Down Silos: Involving Various Researchers for Driving HCI Research
    Osawa Hirotaka; Ema Arisa; Komatani Kazunori; Saijo Reina...
    CHI, 2017-05
  • Book Introduction Robot Designed by Children for Promoting Interest in Reading
    大澤 博隆; Sato Takuya; Kudo Yusuke
    Proceedings of international conference on Human-agent interaction, 2017-10
  • Clarifying Privacy, Property, and Power: Case Study on Value Conflict of a Fan Fiction Research Paper
    大澤 博隆; Ema Arisa; Saijo Reina; Kubo Akinori; Otani Ta...
    Proceedings of the IEEE, 2018-07
  • ゲームプログラミング大会を用いた集合知的ゲーム AI 開発手法-人狼知能大会の開催と参加エージェントの分析-
    Osawa Hirotaka; 鳥海 不二夫 稲葉 通将 片上 大輔 篠田 孝...
    日本デジタルゲーム学会論文誌/9(1), 2016
  • Constructing a Human-like agent for the Werewolf Game using a psychological model based multiple perspectives
    Nakamura Noritsugu; Inaba Michimasa; Takahashi Kenichi; T...
    PROCEEDINGS OF 2016 IEEE SYMPOSIUM SERIES ON COMPUTATIONAL INTELLIGENCE (SSCI), 2016
  • 人狼知能エージェントによる議論の雰囲気生成とAI識別実験
    片上 大輔; 小林 優; 鳥海 不二夫; 大澤 博隆; 稲葉 通将; 篠...
    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集/31/pp.370-374, 2015
  • エージェント利用システムに対する生物らしさ知覚の検討
    長谷川 莉子; 原田 悦子; 栢野 航; 大澤 博隆
    日本認知心理学会発表論文集/2015/pp.5-5, 2015
  • E-Gaze Glasses: Simulating Natural Gazes for Blind People
    Qiu Shi; Anas Siti Aisyah; Osawa Hirotaka; Rauterberg Mat...
    PROCEEDINGS OF THE TENTH ANNIVERSARY CONFERENCE ON TANGIBLE EMBEDDED AND EMBODIED INTERACTION (TEI16)/pp.563-569, 2016
  • 問題提起でありつづけるということ
    大澤 博隆
    認知科学/22(4)/pp.545-546, 2015
  • 人工知能標準問題としての人狼ゲームの提案(OS:人狼知能研究)
    篠田 孝祐; 鳥海 不二夫; 稲葉 通将; 大澤 博隆; 片上 大輔
    インテリジェントシステム・シンポジウム講演論文集/2014(24)/pp.74-77, 2014-09
  • 人狼ゲームのプロトコル設計 : 推理と説得のプロコトル(OS:人狼知能研究)
    大澤 博隆; 鳥海 不二夫; 片上 大輔; 篠田 孝祐; 稲葉 通将
    インテリジェントシステム・シンポジウム講演論文集/2014(24)/pp.78-81, 2014-09
  • 人狼ゲームにおける役職の強さの定量化(OS:人狼知能研究)
    稲葉 通将; 鳥海 不二夫; 大澤 博隆; 片上 大輔; 篠田 孝祐
    インテリジェントシステム・シンポジウム講演論文集/2014(24)/pp.82-85, 2014-09
  • 人狼における学習(OS:人狼知能研究)
    鳥海 不二夫; 稲葉 通将; 大澤 博隆; 片上 大輔; 篠田 孝祐
    インテリジェントシステム・シンポジウム講演論文集/2014(24)/pp.86-91, 2014-09
  • 橙色の屋根のお家 : コミュニケーションに障害を持つ児童向けのデジタル教材(「ユビキタスコンピューティング技術とサービスコンピューティング」及び一般)
    渡辺 柚佳子; 岡田 佳子; 大澤 博隆; 菅谷 みどり
    電子情報通信学会技術研究報告. SC, サービスコンピューティング/114(157)/pp.43-48, 2014-07
  • 擬人化した機器機能説明のためのロボット腕先端形状の検討(オープンリソースによるイノベーション,及び一般)
    栢野 航; 大澤 博隆; 長谷川 莉子; 原田 悦子
    電子情報通信学会技術研究報告. CNR, クラウドネットワークロボット/114(227)/pp.11-14, 2014-09
  • 人間の擬人化による社会行動の部分的自動化(エージェントを用いた実世界インタラクション,及び一般)
    大澤 博隆
    電子情報通信学会技術研究報告. CNR, クラウドネットワークロボット/114(85)/pp.27-32, 2014-06
  • 知能の軍拡競争:報酬の遅延によるエージェント同士の戦略の複雑化
    大澤 博隆
    人工知能学会全国大会, 2014-06
  • 協力ゲームHanabiにおけるエージェント間の協調行動の分析
    大澤 博隆
    人工知能学会全国大会, 2015-05
著書
  • AIと人類は共存できるか? 人工知能SFアンソロジー
    大澤 博隆; 早瀬耕; 江間有沙; 藤井太洋; 栗原聡; 長谷敏司; ...
    AI SF anthology, 2016-11
  • 人狼知能 だます・見破る・説得する人工知能
    大澤 博隆; 鳥海 不二夫; 片上 大輔; 稲葉 通将; 篠田 孝祐; ...
    AIWolf, 2016-08
  • Movement design of a life-like agent for the werewolf game
    Katagami Daisuke; Kanazawa Masashi; Toriumi Fujio; Osawa ...
    2015 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON FUZZY SYSTEMS (FUZZ-IEEE 2015), IEEE, 2015
  • 人狼知能プロジェクト
    片上 大輔; 鳥海 不二夫; 大澤 博隆; 稲葉 通将; 篠田 孝祐; ...
    人工知能学会誌, pp.65-73, 2015-01
  • 特別企画「シンギュラリティの時代:人を超えゆく知性とともに」 第3章「未来:人間とコンピュータの共進化」
    Dutton William Jacobstein Neil Churchill Elizabeth F. 飯...
    人工知能学会誌, pp.453-464, 2013-05
  • Interaction between a Human and an Anthropomorphized Object
    大澤 博隆
    Human-Robot Interaction, pp.19-32, 2010-02
  • Embodiment of an Agent using Anthropomorphization of an Object
    Osawa Hirotaka
    Web Intelligence and Intelligent Agents, pp.155-172, 2010-03
  • 家具・家電・日用品をエージェント化する
    大澤 博隆
    人とロボットの<間>をデザインする, 東京電機大学出版局, pp.147-171, 2007-12
会議発表等
  • Constructing a Human-like agent for the Werewolf Game using a psychological model based multiple perspectives
    Osawa Hirotaka; Nakamura Noritsugu; Inaba Michimasa; Taka...
    IEEE SSCI
  • AI Wolf Contest - Development of Game AI using Collective Intelligence -
    大澤 博隆; Toriumi Fujio; Inaba Michimasa; Katagami Daisu...
    Computer Games Workshop at IJCAI 2016
  • Effect of Information Presentations on Consumer Emotions to Induce Power Saving Actions
    大澤 博隆
    IEEE International Smart Cities Conference
  • Analysis of Robot Hotel: Reconstruction of Works with Robots
    Osawa Hirotaka; Ema Arisa; Hattori Hiromitsu; Akiya Naono...
    Ro-MAN
  • Generating human-like discussion by paraphrasing a translation by the AIWolf Protocol using Werewolf BBS Logs
    大澤 博隆; Nakamura Hirofumi; Katagami Daisuke; Toriumi F...
    FUZZ-IEEE
  • Telepresence Robot with Merging Users' Emotions and Behaviors
    Osawa Hirotaka; Yonezu Soji
    RO-MAN
  • Breaking Down Silos: Involving Various Researchers for Driving HCI Research
    Osawa Hirotaka; Ema Arisa; Komatani Kazunori; Saijo Reina...
    CHI
  • Book Introduction Robot Designed by Children for Promoting Interest in Reading
    大澤 博隆; Sato Takuya; Kudo Yusuke
    International Conference on Human-Agent Interaction
  • Breaking Down Silos: Involving Various Researchers for Driving HCI Research
    Osawa Hirotaka; Ema Arisa; Hattori HiromitsuAkiya Naonori...
    CHI 2017 : ACM CHI Conference on Human Factors in Computing Systems/2017-05-06--2017-05-11
  • Constructing a Human-like agent for the Werewolf Game using a psychological model based multiple perspectives
    Osawa Hirotaka; Inaba Michimasa Takahashi Kenichi Toriumi...
    IEEE SSCI/2016-12-06--2016-12-09
  • 知能の軍拡競争:報酬の遅延によるエージェント同士の戦略の複雑化
    大澤 博隆
    人工知能学会全国大会
  • 協力ゲームHanabiにおけるエージェント間の協調行動の分析
    大澤 博隆
    人工知能学会全国大会2015
  • 協力ゲームHanabiにおけるエージェント間の協調行動の分析
    大澤 博隆; 栢野 航; 遠藤 航; 丹波 正登; 守谷 友里; 結城 ...
    人工知能学会全国大会2015
  • 実空間と仮想空間を移動する擬人化エージェントを用いた複合機の機能説明
    栢野 航; 大澤 博隆; 遠藤 航; 丹波 正登; 守谷 友里; 結城 ...
    インタラクション2015
  • Emotional Cyborg: Human Extension with Agency for Emotional Labor
    Hirotaka Osawa
    International conference on Human-robot interaction
  • Emotional Cyborg: Human Extension with Agency for Emotional Labor
    Hirotaka Osawa
    International conference on Human-robot interaction
  • Emotional cyborg: complementing emotional labor with human-agent interaction technology
    Hirotaka Osawa
    the second international conference on Human-agent interaction - HAI ’14,
  • Attachable robotic arm for anthropomorphized explanation by pointing
    大澤 博隆
    Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA)
  • Animacy Perception of agents: Their effects on users behavior and their variability between age groups
    Riko Hasegawa; Etsuko T. Harada; Wataru Kayano; Hirotaka ...
    IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication/2015-08-31--2015-09-04
  • Solving Hanabi : Estimating Hands by Opponent’s Actions in Cooperative Game with Incomplete Information
    Hirotaka Osawa
    AAAI workshop: Computer Poker and Imperfect Information
  • Digital Play Therapy for Children With Developmental Disorders
    Yukako Watanabe; Yoshiko Okada; Hirotaka Osawa; Midori Su...
    17th International Conference on Human-Computer Interaction/2015-08-02--2015-08-07
  • Enhancing Empathy toward an Agent by Immersive Learning
    Hirotaka Osawa; Michita Imai
    The 1st International Conference on Human-Agent Interaction, pp. III–2–2
  • Sustainable Relationship with a Product using Anthropomorphization Influence of Anthropomorphization
    Hirotaka Osawa
    Human-Agent Interaction Design and Models workshop at AAMAS
  • Intelligence Arms Race: Delayed Reward Increases Complexity of Agent Strategies
    Hirotaka Osawa
    International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems
  • 他者識別規則の発達
    大澤 博隆
    FUN-AI/2013-03-26--2013-03-28
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02知能機能システム特別演習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02知能機能システム特別演習II筑波大学
2018-10 -- 2019-02知能機能システムコラボラトリー演習Ia筑波大学
2018-10 -- 2019-02知能機能システムコラボラトリー演習Ib筑波大学
2018-10 -- 2019-02知能機能システムコラボラトリー演習IIa筑波大学
2018-10 -- 2019-02知能機能システムコラボラトリー演習IIb筑波大学
2018-10 -- 2019-02知能機能システムコラボラトリー演習III筑波大学
2018-10 -- 2019-02知能機能システムコラボラトリー演習IV筑波大学
2018-04 -- 2018-08知能機能システム特別演習I筑波大学
2018-04 -- 2018-08知能機能システム特別演習II筑波大学
一般講演
  • 知能システム・知能エージェントたちの開拓する未来
    大澤 博隆
    About HAI
  • 人工知能(AI)技術と人間は どう付き合っていくか
    大澤 博隆
    About AI talk
  • スキマロボット
    大澤 博隆; 上林 壮一郎
    アートワーク コンテキストデザインワークショップ
  • 境界が曖昧なロボット-動的な関係性の中に出現するロボット
    大澤 博隆; 上林 壮一郎
    アートワーク コンテキストデザインワークショップ
  • 擬人化表現を利用した人間の認知能力補助システムの開発
    大澤 博隆
    玉川大学研究所若手の会第70回談話会
学協会等委員
2017-04 -- (現在)International Conference on Human-Robot InteractionWorkshop Chair
2016-03 -- (現在)International Conference on Human-Robot InteractionProgram Committee
2015-10 -- 2016-10International Conference on Human-Agent InteractionProgram chair
2015-04 -- (現在)文部科学省科学技術専門調査員
2014-10 -- 2015-10International Conference on Human-Agent InteractionProgram chair
2013-10 -- 2014-10International Conference on Human-Agent InteractionLocal Chair
2014-06 -- (現在)人工知能学会編集委員
2009-03 -- 2011-03HRI Young Pioneers WorkshopLocal Chair
2012-08 -- 2013-08International Symposium in Robot and Human Interactive CommunicationProgram Committee
2011-01 -- 2013-01International Conference on Intelligent Robotics and ApplicationsProgram Chair
学内管理運営業績
2018-04 -- (現在)学務カリキュラム委員会委員
2014-04 -- (現在)知能機能システム専攻庶務
2013-03 -- 2015-02広報委員会専攻公開担当
2013-03 -- (現在)広報委員会専攻web担当
その他の活動
2014-11 -- (現在)人工知能が浸透する社会を考えるワークショップ(AIR: Acceptable Intelligence with Responsibility) 秋谷 直矩(エスノメソドロジー,会話分析,科学技術コミュニケーション) 市瀬 龍太郎(機械学習,知識処理) 江間 有沙(科学技術社会論,監視研究) 大澤 博隆(HAI,社会的知能) 大家 慎也(テクノロジーの政治・倫理) 神崎 宣次(倫理学,環境倫理学) 久木田 水生(哲学・倫理学) 西條 玲奈(分析哲学,ロボット倫理,ジェンダー論) 田中 幹人(科学技術ジャーナリズム) 服部 宏充(マルチエージェントシステム・社会シミュレーション) 本田 康二郎(現象学,科学技術倫理,技術哲学) 宮野 公樹(政策科学) 八代 嘉美(幹細胞生物学・科学技術社会論,SF) 山下 倫央(社会シミュレーション,群衆流動)
2013-04 -- (現在)人狼知能プロジェクト 鳥海不二夫(東京大学)、稲葉通将(広島市立大学)、大澤博隆(筑波大学)、片上大輔(東京工芸大学)、篠田孝祐(電気通信大学)、梶原健吾(東京大学)、松原仁(公立はこだて未来大学)、狩野芳伸(静岡大学)

(最終更新日: 2018-07-02)