現在地

LAZARUS MICHAEL(ラザルス ミハエル; Lazarus, Michael)

face
所属
国際統合睡眠医科学研究機構
職名
准教授
ORCID
0000-0003-3863-4474
性別
男性
URL
eメール
 
研究室
国際統合睡眠医科学研究機構
電話
029-853-3681
研究分野
神経解剖学・神経病理学
神経生理学・神経科学一般
研究キーワード
睡眠
行動中のマウスの神経活動の制御
光遺伝学
肥満
冬眠
食欲
研究課題
低体温誘導の記憶へのリスクと可塑性2018 -- 2019LAZARUS MICHAEL日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)5,720,000円
レム睡眠と食欲の意志動力学2017-04 -- 2019-03ラザルス ミハエル日本学術振興会/科学研究費補助金 新学術領域研究9,100,000円
動機づけ行動による徐波睡眠制御における側坐核の役割2017-04 -- 2021-03ラザルス ミハエル日本学術振興会/科学研究費基盤研究(B)(一般)17,290,000円
自由行動マウスのアデノシンA2A受容体を利用した光薬理学2016-11 -- 2019-10ラザルス ミハエル公益財団法人内藤記念科学振興財団/研究助成3,000,000円
光を用いた睡眠の機能と制御機構の統合的解析2016-10 -- 2021-09柳沢 正史科学技術振興機構(JST)/科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(CREST)52,000,000円
低体温誘導の記憶へのリスクと可塑性2016-04 -- 2020-03ラザルス ミハエル日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)11,960,000円
職歴
2013-04 -- (現在)筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 准教授・主任研究者
2007-09 -- 2013-03大阪バイオサイエンス研究所 裏出良博研究室 研究員
2002-07 -- 2007-08ハーバード大学医学大学院 神経学 講師
1999-06 -- 2002-07大阪バイオサイエンス研究所 早石修研究室 博士研究員
学歴
1990-10 -- 1998-07ユリウス・マクシミリアン大学ヴュルツブルク 化学・薬学部 Food Chemistry卒業
取得学位
1998-07博士(理学)ユリウス・マクシミリアン大学ヴュルツブルク
所属学協会
2009-04 -- (現在)日本神経科学学会
2009-08 -- (現在)日本睡眠学会
2003-01 -- (現在)北米神経科学学会
2001-02 -- (現在)Humboldt Foundation Network
論文
会議発表等
  • A nucleus accumbens circuit in control of sleep
    Lazarus Michael
    4th International Pediatric Sleep Association Congress/2016-03-10--2016-03-13
  • Why do we fall asleep when bored? − A nucleus accumbens circuit in control of sleep
    Lazarus Michael
    日本睡眠学会第41回定期学術集会/2016-07-07--2016-07-08
  • The link between REM sleep loss and the desire for junk food
    Lazarus Michael
    International Symposium on LIVING IN SPACE 2017/2017-03-09--2017-03-09
  • The waking, sleeping and dreaming brain: New circuits and insights
    Lazarus Michael
    World Sleep 2017 – 1st Congress of the World Sleep Society/2017-10-07--2017-10-11
  • The link between REM sleep loss and the desire for junk food
    Lazarus Michael
    11th FENS Forum of Neuroscience/2018-07-07--2018-07-11
  • Why do we fall asleep when bored? - The control of sleep and wakefulness by the nucleus accumbens
    Lazarus Michael
    第41回日本神経科学大会/2018-07-26--2018-07-29
  • Allosteric modulation of adenosine A2A receptors in mice induces slow-wave sleep without cardiovascular effects.
    Korkutata Mustafa; Saitoh Tsuyoshi; Feng Duo; Murakoshi N...
    World Sleep 2017/2017-10-07--2017-10-11
  • Why do we fall asleep when bored? - The role of the nucleus accumbens in sleep-wake regulation
    Lazarus M.; Oishi Y.
    23rd Congress of the European-Sleep-Research-Society/2016-09-13--2016-09-16
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02睡眠医科学演習II筑波大学
2018-10 -- 2019-02睡眠医科学特論II筑波大学
2018-10 -- 2019-02睡眠医科学実験実習II筑波大学
2018-04 -- 2018-08睡眠医科学演習I筑波大学
2018-04 -- 2018-08睡眠医科学特論I筑波大学
2018-04 -- 2018-08睡眠医科学実験実習I筑波大学
2018-04 -- 2018-05神経科学特論筑波大学
2018-10 -- 2019-02医科学特別演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップI筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップII筑波大学
メッセージ
優秀な学生には金銭面の援助あり

(最終更新日: 2018-09-13)