現在地

江前 敏晴(エノマエ トシハル; Enomae, Toshiharu)

face
所属
生命環境系
職名
教授
性別
男性
生年月
1960-12
URL
eメール
 
研究室
C209, 総合研究棟A618
電話
029-853-4646
Fax
029-853-4646
研究分野
文化財科学・博物館学
木質科学
研究キーワード
紙 塗工 紙文化財 ペーパーエレクトロニクス ペーパーセンサー
研究課題
日本林業再興のための木材需要を生み出す統合的ペーパーデバイスの開発と活用2017 -- 2019江前 敏晴日本学術振興会/基盤研究(B)18,590,000円
紙の振動を利用した発電デバイスの印刷技術を用いた薄膜化2015-02 -- 2016-03エフィ・オクタビア日本印刷学会/平成2014年度印刷技術研究奨励金500,000円
エマルション型ロジンサイズ剤の紙面上粒子分布とマイクロサイズ度2005-04 -- 2006-03江前敏晴松籟科学技術振興財団/研究助成1,500,000円
卵殻カルシウムを活用したインクジェット紙の創製2006-04 -- 2007-03江前敏晴財団法人旗影会/平成18年度研究助成2,000,000円
文理融合型文化財修復科学の確立を目指した紙文化財修復法の妥当性評価2007-04 -- 2010-03江前敏晴日本学術振興会/基盤研究(B)16,640,000円
和紙の物理的分別手法の確立と歴史学的データベース化の研究2008-04 -- 2012-03保立道久日本学術振興会/基盤研究(B)15,340,000円
卵殻ナノ粒子の形態制御と表面荷電制御によるインクジェット紙用顔料への展開2008-04 -- 2009-03江前敏晴財団法人旗影会/平成20年度研究助成2,000,000円
インクジェット印刷技術を利用した紙の上での機能的微細構造形成2009-04 -- 2010-03江前敏晴日本印刷学会/平成2009年度印刷技術研究奨励金500,000円
水害被災した紙文化財の海水を利用した緊急保存処置法の開発2010-04 -- 2011-03江前敏晴ソルト・サイエンス財団成/2010年度研究助1,800,000円
津波被災した紙文化財に及ぼす塩の影響と簡易脱塩技術の開発2011-09 -- 2014-03江前敏晴三井物産環境基金/2011年度 東日本大震災 復興助成3,800,000円
職歴
2012-04 -- (現在)筑波大学 生命環境系 教授
2004-08 -- 2012-03東京大学 大学院農学生命科学研究科 助教授後に准教授
1987-12 -- 2004-07東京大学 農学部 助手
学歴
1984-04 -- 1987-08東京大学 大学院農学研究科修士課程修了及び博士課程 林産学専攻中退
1979-04 -- 1984-03東京大学 理科二類、農学部 林産学科卒業
取得学位
1993-03博士(農学)東京大学
所属学協会
2008-04 -- (現在)機能紙研究会
2005-04 -- (現在)文化財保存修復学会
2005-01 -- (現在)アメリカ画像学会
2003-04 -- (現在)日本印刷学会
1986-04 -- (現在)アメリカ紙パルプ技術協会
1984-04 -- (現在)紙パルプ技術協会
1983-04 -- (現在)日本木材学会
受賞
2017-02平成28年度日本印刷学会研究発表奨励賞フッ素樹脂を塗工した振動発電技術の開発
2016-02平成27年度日本印刷学会研究発表奨励賞Paper-based Electric Power Generator from Vibration of Paper
2016-02平成27年度日本印刷学会論文賞曝書による書籍の保存効果:竹紙を使用した漢籍の保存管理技術の開発
2012-02平成23年度日本印刷学会論文賞卵殻カルシウムパウダーを塗工用顔料に利用したインクジェット紙の特性評価
2011-08ICIPT 2011 Outstanding Poster Award in Printing and Material Session"Fully Printable Powder Electroluminescent Device"
2008-02平成19年度日本印刷学会研究発表奨励賞表面化学特性を制御した炭酸カルシウム顔料を用いたインクジェット紙
2007-02平成18年度日本印刷学会研究発表奨励賞「インクジェットメディアのマイクロサイズ度」
2007-02平成18年度日本印刷学会論文賞オフセット印刷におけるマットコート紙グロス発現メカニズム(第2報)インキ転移後のミクロな挙動
1999-05繊維学会紙パルプ論文賞
論文
  • ナノエマルションからの自己組織化による銀ナノ粒子の調製
    胡 懂皓; 小川 和義; 梶山 幹夫; 江前 敏晴
    日本印刷学会誌/55(2)/pp.105-107, 2018
  • 印刷と紙を活用したエレクトロニクスとセンサーの開発
    江前 敏晴; エフィ オクタビア; インチャオ シャ; 森井 雅人
    機能紙研究会誌/55/pp.51-55, 2017
  • 教育の情報化と小学生の文字視認性―紙メディアとデジタルメディアの比較―
    江前 敏晴; シティ ディアン マルディヤニ
    日本印刷学会誌/53(6)/pp.450-456, 2016
  • Application of Biomaterials and Inkjet Printing to Develop Bacterial Culture System
    Srimongkon Tithimanan; Mandai Shusaku; Enomae Toshiharu
    ADVANCES IN MATERIALS SCIENCE AND ENGINEERING/2015, 2015
  • 曝書による書籍の保存効果: 竹紙を使用した漢籍の保存管理技術の開発
    望月 有希子; 江前 敏晴
    日本印刷学会誌/52(1)/pp.69-77, 2015
  • Influences of saltwater immersion on properties of wood-cellulosic paper
    Bunyaphiphat Tunchira; Nakagawa-Izumi Akiko; Enomae Toshi...
    CARBOHYDRATE POLYMERS/116/pp.255-260, 2015-02
  • Development of a bacterial culture system using a paper platform to accommodate media and an ink-jet printing to dispense bacteria
    Enomae Toshiharu
    American Journal of Biochemistry and Biotechnology/10(1)/pp.81-87, 2014-04
  • 基礎から学ぶ紙の科学 (V) ――紙の光学特性――
    江前 敏晴
    日本画像学会誌/53(1)/pp.88-93, 2014
  • 印刷と紙を使ったバイオアッセイ
    江前 敏晴; スリモンコン ティティマナン
    日本印刷学会誌/51(1)/pp.23-28, 2014
  • 筑波大学生物材料グリーンプロセシング研究とASEAN諸国との製紙研究連携
    江前 敏晴
    紙パ技協誌/68(9)/pp.962-967, 2014
  • ペーパーエレクトロニクスの現状と課題
    Enomae Toshiharu
    木材学会誌/60(4)/pp.206-215, 2014
  • Paper substrate modification for rapid capillary flow in microfluidic paper-based analytical devices
    Xu Y.; Enomae T.
    RSC ADVANCES/4(25)/pp.12867-12872, 2014
  • 時勢を刻んだ『紙パルプシンポジウム』半世紀の歴史
    江前 敏晴
    繊維学会誌/69(9)/pp.285-285, 2013-09
  • ペーパーエレクトロニクス展開の可能性
    江前 敏晴
    繊維学会誌/69(6)/pp.P-194-P-195, 2013-06
  • The comlete list of publications
    江前 敏晴
    Several Journals, 2013-06
  • 基礎から学ぶ紙の科学 (IV)―紙の力学特性―
    江前 敏晴
    日本画像学会誌/52(6)/pp.575-580, 2013
  • 基礎から学ぶ紙の科学 (I) ―紙の製造技術と構成成分―
    江前 敏晴
    日本画像学会誌/52(3)/pp.229-234, 2013
  • 基礎から学ぶ紙の科学 (III) ―紙と液体の相互作用―
    江前 敏晴
    日本画像学会誌/52(5)/pp.462-466, 2013
  • 微粒子の分散・凝集を理解するための界面化学の基礎
    江前 敏晴
    色材協会誌/86(2)/pp.67-73, 2013
  • 基礎から学ぶ紙の科学 (II) ―紙の構造―
    江前 敏晴
    日本画像学会誌/52(4)/pp.313-317, 2013
  • 製紙及び印刷分野におけるグリーンマテリアルの展開
    江前 敏晴
    日本接着学会誌 = Journal of the Adhesion Society of Japan/49(4)/pp.141-146, 2013-04-01
会議発表等
  • Electrophoretic mobility of cellulose nanocrystal colloidal particles: A consideration on end effect
    LIN Kuan-Hsuan; SUGIMOTO Takuya; HU Donghao; 小林 幹佳; E...
    第69回コロイドおよび界面化学討論会/2018-09-18--2018-09-20
  • Paper-based electronics and sensors fabricated by using printing technology
    江前 敏晴
    Advances in Pulp and Paper Research, Oxford 2017/2017-09-04--2017-09-08
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02生物材料工学講究I筑波大学
2018-10 -- 2019-02生物材料工学講究II筑波大学
2018-10 -- 2019-02生物材料工学講究III筑波大学
2018-10 -- 2018-12Biomaterial Science筑波大学
2018-10 -- 2019-02生物材料工学特別研究I筑波大学
2018-10 -- 2019-02生物材料工学特別研究II筑波大学
2018-10 -- 2019-02生物材料工学演習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02生物材料工学演習II筑波大学
2018-04 -- 2018-07生物材料工学特論筑波大学
2018-04 -- 2018-08生物材料工学講究I筑波大学
授業以外の教育活動
2015-07 -- (現在)カンボジアの中学教員養成所における教員研修授業の実施及び4年制大学化に伴うカリキュラム編成への協力NPO法人 ネイチャーセンターリセン
一般講演
  • 紙と印刷を使ったエレクトロ ニクスとセンサーの開発
    江前 敏晴
    第12回技術研究発表会/2017-09-21--2017-09-21
  • 紙基板の音波振動発電機と銅イオンセンサー
    江前 敏晴
    第225回JOEM/2017-10-26--2017-10-26
  • 紙の摩擦係数と快適触感について
    江前 敏晴
    年次大会(第121回)/2018-06-20--2018-06-20
学協会等委員
2016-02 -- (現在)日本印刷学会会長
2014-02 -- 2016-01日本印刷学会副会長

(最終更新日: 2018-08-31)