現在地

渡辺 政隆(ワタナベ マサタカ; Watanabe, Masataka)

face
所属
筑波大学
職名
教授
URL
eメール
 
電話
029-853-2039
Fax
029-853-2014
研究分野
科学教育
科学社会学・科学技術史
研究キーワード
科学コミュニケーション
科学史
進化生物学
研究課題
生命40億年全史をタイムラインで可視化する科学教育コンテンツの開発2015-04 -- 2018-03木村政司日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(C)4680000
科学リテラシー涵養に益するサイエンスライティング作法の追求2014 -- 2015渡辺 政隆日本学術振興会/挑戦的萌芽研究1300000
科学リテラシー涵養に益するサイエンスライティング作法の追求2014-04 -- 2016-03渡辺政隆独立行政法人日本学術振興会/科学研究費補助金 萌芽研究
自然科学分野における才能教育の動向と可能性についての調査研究2011 -- 2013日本学術振興会/基盤研究(B)500000
職歴
2012-01 -- (現在)筑波大学 教授
2009-04 -- 2011-12独立行政法人科学技術振興機構 エキスパート(科学コミュニケーション推進担当)
2008-04 -- (現在)日本大学 大学院芸術学研究科 客員教授
2008-04 -- 2016-03科学技術政策研究所 客員研究官
2008-04 -- 2011-03独立行政法 科学技術振興機構 科学コミュニケーションスーパーバイザー
2007-04 -- 2013-03奈良先端科学技術大学院大学 客員教授
2005-04 -- 2010-03和歌山大学 客員教授
2002-03 -- 2008-03文部科学省 科学技術政策研究所 上席研究官(総括上席研究官)
学歴
1978 -- 1985東京大学 農学系研究科 農業生物学専攻単位取得満期退学
所属学協会
2011 -- (現在)日本サイエンスコミュニケーション協会
2006 -- (現在)日本科学教育学会
2006 -- (現在)科学技術社会論学会
1995 -- (現在)日本科学史学会
1999 -- (現在)日本進化学会
受賞
2004-08日本進化学会 第4回日本進化学会教育啓蒙賞
1991-11日刊工業新聞科学技術図書優秀賞
論文
  • ダーウィンのアリストテレス賛歌
    渡辺 政隆
    アリストテレス全集月報11/pp.5-8, 2015-11
  • イギリス、ハンガリー、イスラエルにおける才能教育の動向
    渡辺 政隆
    自然科学分野における才能教育の動向と可能性/pp.23-26, 2015-02
  • 博物館という仕掛け
    渡辺 政隆
    博物館研究/49(12)/pp.4-5, 2014-12
  • サイエンスカフェ事始め
    渡辺 政隆
    日本サイエンスコミュニケーション協会誌/3(2)/pp.5-7, 2014-09
  • STAP細胞騒動に学ぶ サイエンスコミュニケーション
    渡辺 政隆
    日本サイエンスコミュニケーション協会誌/3(2)/pp.32-33, 2014-09
  • 学校教育におけるサイエンスコミュニケーション : サイエンスリテラシーを養うために
    渡辺 政隆
    理科の教育 = Science education monthly/61(10)/pp.653-656, 2012-10
  • ダーウィンのデータベース
    渡辺政隆
    情報管理/55(3)/p.218-220, 2012
  • 参加者と実施者双方向の学びを促すサイエンスコミュニケーション ~ 筑波大学キッズ・ユニバーシティの試み~
    尾嶋好美; 渡辺政隆
    日本サイエンスコミュニケーション協会誌/1(1)/p.76-83, 2012-10
  • サイエンスコミュニケーション2.0へ
    渡辺政隆
    日本サイエンスコミュニケーション協会誌/1(1)/p.6-11, 2012-10
  • 科学リテラシー共有の場の創出―教室から街へ―
    美馬のゆり; 渡辺政隆
    科学教育研究/32(4)/p.312-320, 2008-03
  • ワールド・カフェによる科学コミュニケーションの試み「つどう・かたる・つなぐ~科学と社会の新しい関係づくり~
    三島美佐子; 佐々木圭子; 加留部貴行; 渡辺政隆
    九州大学総合研究所報告/(8)/p.75-82, 2010-03
  • サイエンスアゴラという仕掛け
    渡辺 政隆
    日本機械学会誌/114(1107)/p.30-31, 2011-02
  • 科学コミュニケーションの核としてのサイエンスアゴラ
    渡辺政隆; 永山國昭
    CICSJ Bulletin/29(1)/p.7-9, 2011-03
  • なぜサイエンスコミュニケーションなのか―「想定外」を想定するために
    渡辺 政隆
    専門日本語教育研究/13(13)/p.15-18, 2011-12
  • ダーウィンのデータベース
    渡辺 政隆
    情報管理/55(3)/pp.218-220, 2012-01
  • 20世紀の生物学-1-遺伝子の正体を求めて--DNA二重らせん構造の解明
    渡辺 政隆
    サイアス/1(1)/pp.30-33, 1996-10
  • 20世紀の生物学-2-遺伝子の正体を求めて--遺伝法則の再発見
    渡辺 政隆
    サイアス/1(2)/pp.30-33, 1996-11
  • 20世紀の生物学-3-遺伝子の正体を求めて--細胞学と遺伝学の融合
    渡辺 政隆
    サイアス/1(3)/pp.30-33, 1996-11
  • 20世紀の生物学-4-遺伝子の正体を求めて--染色体説の確証
    渡辺 政隆
    サイアス/1(4)/pp.30-33, 1996-12
  • 20世紀の生物学-5-遺伝子の正体を求めて--生化学遺伝への序章
    渡辺 政隆
    サイアス/1(5)/pp.30-33, 1996-12
  • 20世紀の生物学-6-遺伝子の正体を求めて--1遺伝子1酵素説の証明
    渡辺 政隆
    サイアス/2(1)/pp.30-33, 1997-01
  • 20世紀の生物学-7-遺伝子の正体を求めて--連携した物理学と遺伝学
    渡辺 政隆
    サイアス/2(2)/pp.30-33, 1997-01
  • 20世紀の生物学-8-遺伝子の正体を求めて--核酸の化学も前世紀に始まっていた
    渡辺 政隆
    サイアス/2(3)/pp.30-33, 1997-02
  • 20世紀の生物学(9)遺伝子の正体を求めて--確立したDNA遺伝子説
    渡辺 政隆
    サイアス/2(4)/pp.30-33, 1997-02
  • 20世紀の生物学(10)遺伝子の正体を求めて--開花した微生物遺伝学
    渡辺 政隆
    サイアス/2(5)/pp.30-33, 1997-03
著書
  • ビッグヒストリー入門-科学の力で読み解く世界史
    渡辺 政隆
    2015-09
  • ダーウィンの遺産―進化学者の系譜
    渡辺 政隆
    2015-11
  • 生きもの驚異の世界―進化と行動の科学
    渡辺 政隆
    2015-06
  • 書評
    渡辺 政隆
    書評大全, 2015-03
  • これならわかる!科学の基礎のきそ生物
    渡辺 政隆
    2015-03
  • ダーウィンが見たもの
    渡辺 政隆
    2014-06
  • 科学力のためにできること―科学教育の危機を救ったレオン・レーダーマン
    渡辺 政隆
    2008-03
  • 一粒の柿の種―サイエンスコミュニケーションの広がり
    渡辺 政隆
    2008-09
  • 地球46億年全史
    渡辺 政隆
    2008-12
  • 脳の饗宴
    茂木健一郎; 港千尋; 池上高志; 郡司ペギオー幸夫; 布施英利;...
    2009-08
  • 種の起源(上下)
    渡辺 政隆
    2009-09
  • ダーウィンの夢
    渡辺 政隆
    2010-03
  • よくわかる気象・環境と生物の仕組み(理科年表シリーズ マイファーストサイエンス)
    渡辺 政隆
    2010-11
  • ダーウィンの世界 ダーウィン生誕200年―その歴史的・現代的意義
    渡辺 政隆
    2011-02
  • 乾燥標本収蔵1号室―大英自然史博物館 迷宮への招待
    リチャード・フォーティ; +渡辺 政隆
    2011-04
  • ぼくは上陸している―進化をめぐる旅の始まりと終わり(上下)
    スティーヴン・ジェイ・グールド
    2011-08
会議発表等
  • Consilience by Science Communication
    Watanabe Masataka
    Scientific Culture under the Background of Mass Entrepreneurship and Innovation/2015-10-15--2015-10-16
  • Cool Japan’s Science Culture
    Watanabe Masataka
    Strategy and Practice of Science Communication in Different Social Contexts/2015-10-17--2015-10-17
  • Science Communication Activities at Japanese Science Museums
    Watanabe Masataka
    International Symposium of Science Museums 2015/2015-10-22--2015-10-23
  • Disaster strikes when you least expect it
    Watanabe Masataka
    AASSA Regional Workshop on “SHER (Science, Health, Environment & Risk) Communication: Role of S&T Communication in Disaster Management & Community Preparedness”/2015-12-08--2015-12-09
  • Phase Shifts of Science Communication Policy in Japan
    Watanabe Masataka
    2014 Public Communication of Science and Technology Conferense/2014-05-05--2014-05-08
  • Communication Environment of Science Museum
    Watanabe Masataka
    International Symposium towards Multifunctional Science Centers and Museums/2013-11-14--2013-11-15
  • 英国における 科学才能教育支援プログラムの動向
    渡辺 政隆
    日本科学教育学会第37回年会/2013-09-07--2013-09-08
  • The Influence of Pop Culture on Public Science Literacy
    Watanabe Masataka
    Developing Science & Technology Culture to Create Green Quality of Life/2013-08-27--2013-08-28
  • あなたのためだから―アウトリーチとサイエンスコミュニケーション
    渡辺 政隆
    第3回 次世代育成のための教育・アウトリーチ活動特別研究会/2013-08-03--2013-08-03
  • メタモルフォセスと進化
    渡辺 政隆
    日本解剖学会関東支部第23 回懇話会シンポジウム「形態の記載・描画 ―解く者、説き広める者―」/2013-06-15--2013-06-15
  • サイエンスライターを目指す人が 大学生のうちに身につけるべきこと
    渡辺 政隆
    筑波大学付属図書館講演会/2013-04-24--2013-04-24
担当授業科目
2015-12 -- 2015-12特別講義東京理科大学理学部第二部化学科
2016-05 -- 2016-07サイエンスコミュニケ―ション概論筑波大学
2015-10 -- 2015-12サイエンスコミュニケーション特論筑波大学
2015-08 -- 2015-08創造的復興:サイエンスビジュアリゼーション演習筑波大学
2015-10 -- 2015-12リスクコミュニケーション筑波大学
2015-05 -- 2015-07サイエンスコミュニケーション概論筑波大学
2015-05 -- 2015-12サイエンスライティング筑波大学
2015-04 -- 2015-07サイエンスコミュニケーション実践論筑波大学
2015-09 -- 2015-09ゲノム先端科学奈良先端科学大学院大学バイオサイエンス研究科
2014-09 -- 2014-09ゲノム先端科学奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科
授業以外の教育活動
2012-07 -- (現在)国立科学博物館サイエンスコミュニケーター養成実践講座国立科学博物館
一般講演
  • 生命38億年の歴史を読む ~なぜかくも多様な生物がいるのか~
    渡辺 政隆
    2016清真スーパーセミナー/2016-06-25--2016-06-25
  • ダーウィンの教え ― 進化は爆発!? ―
    渡辺 政隆
    三鷹ネットワーク大学 文化教養講座/2016-01-14--2016-01-14
  • 進化は爆発だ!? ―カンブリア爆発の衝撃
    渡辺 政隆
    あいちサイエンスフェスティバル2015 in 蒲郡/2015-11-03--2015-11-03
  • Science Communication & Science Communicator in Japan
    Watanabe Masataka
    Gwanju National Science Museum Science Communicator Work Shop/2015-10-23--2015-10-23
  • サイエンスライティング
    渡辺 政隆
    千葉市科学館サイエンスコミュニケーション講座/2015-09-19--2015-09-19
  • メンデル遺伝の受容と進化論
    渡辺 政隆
    メンデルから150年!~遺伝の歴史を旅しよう/2015-03-08--2015-03-08
  • 博物館が目指すコミュニケーション
    渡辺 政隆
    平成25年度博物館長研修/2013-10-10--2013-10-10
  • サイエンスコミュニケーション事始め
    渡辺 政隆
    東京農工大学科学博物館特別講演会/2015-03-03--2015-03-03
  • 生命38億年の歴史を読む:なぜかくも多様な生物がいるのか
    渡辺 政隆
    日本古生物学会第164回例会普及講演会/2015-02-01--2015-02-01
  • 科学を学ぶから伝えるへ
    渡辺 政隆
    東大農学部キャリア講演会/2013-06-26--2013-06-26
  • 科博博物館のコミュニケーション環境
    渡辺 政隆
    科学系博物館の多機能化に関する国際シンポジウム/2013-11-14--2013-11-15
  • 博物館が目指すコミュニケーション
    渡辺 政隆
    平成25年度博物館長研修/2013-10-10--2013-10-10
  • 英国における 科学才能教育支援プログラムの動向
    渡辺 政隆
    日本科学教育学会第37回年会/2013-09-07--2013-09-08
  • 市民の科学リテラシーに対するポップカルチャーの影響
    Watanabe Masataka
    PCST2013国際シンポジウム/2013-08-27--2013-08-28
  • 科学技術の進展と社会教育
    渡辺 政隆
    平成25年度社会教育主事講習/2013-08-09--2013-08-09
  • キャリアとしてのサイエンス
    渡辺 政隆
    平成25年度 女子中高生夏の学校2013/2013-08-09--2013-08-09
  • あなたのためだから ―アウトリーチとサイエンスコミュニケーション
    渡辺 政隆
    第3回次世代育成のための教育・アウトリーチ活動特別研究会/2013-08-03--2013-08-03
  • メタモルフォセスと進化
    渡辺 政隆
    日本解剖学会関東支部 第23 回懇話会 シンポジウム「形態の記載・描画 ―解く者、説き広める者―」/2013-06-15--2013-06-15
  • サイエンスコミニュケーション事始め
    渡辺 政隆
    全学導入教育科目【科学技術論・科学技術者論】/2013-06-14--2013-06-14
  • サイエンスライティング
    渡辺 政隆
    静岡科学館科学コミュニケーター育成講座/2013-05-19--2013-05-19
  • サイエンスライターを目指す人が 大学生のうちに身につけるべきこと
    渡辺 政隆
    筑波大学付属図書館講演会/2013-04-24--2013-04-24
  • 日本における科学技術コミュニケーション活動と政策及びベトナムとの連携について
    渡辺 政隆
    ベトナム科学技術コミュニケーション国際ワークショップ/2012-10-24--2012-10-24
  • サイエンスコミュニケーション&ビブリオリテラシー
    渡辺政隆
    茨城県図書館協会研修会/2013-03-13
  • トップダウンからボトムアップへ:日本のサイエンスコミュニケーション政策
    渡辺 政隆
    2012年第1回IHPSTアジア地区会議/2012-10-08
  • 科学の芽―社会に根付かせるために
    渡辺 政隆
    国際科学技術フォーラム/2012-08-01
学協会等委員
2015-07 -- (現在)日本学術会議地球研究委員会・環境学委員会・地球惑星科学委員会合同 地球環境変化の人間的側面(HD)分科会KLSC小委員会/副委員長
2014-03 -- (現在)日本学術会議科学力増進分科会高校理科教育検討小委員会/監事
2008-05 -- (現在)Public Communication of Science and Technology NetworkScientific Committee
2010-10 -- (現在)サイエンス・メディア・センター理事
2011-12 -- 2015-09日本サイエンスコミュニケーション協会理事、副会長
2008-09 -- 2010-08日本科学教育学会理事
学内管理運営業績
2015-04 -- (現在)広報戦略室室長
2014-04 -- 2015-03研究推進戦略室委員
2012-04 -- (現在)大学院共通科目委員会副委員長
2012-01 -- 2015-03広報戦略室委員

(最終更新日: 2016-10-18)