現在地

塩谷 哲史(シオヤ アキフミ; Shioya, Akifumi)

所属
人文社会系
職名
助教
URL
eメール
 
研究室
文科系修士棟8A105b
研究分野
アジア史・アフリカ史
ヨーロッパ史・アメリカ史
研究キーワード
中央ユーラシア史
イスラーム地域研究
ロシア・ソ連史
中央アジア近現代史
ヒヴァ・ハン国史
研究課題
ニコライ1世期ロシア帝国のアジア外交2018-10 -- 2019-09塩谷哲史公益財団法人 三菱財団/平成30年度人文科学研究助成1,100,000円
ニコライ1世期ロシア帝国のアジア外交―外務省アジア局および地方 総督の役割を中心に―2018-12 -- 2019-11塩谷哲史公益財団法人 村田学術振興財団/平成30年度研究助成700,000円
中央アジアの水資源利用と社会の再生に向けた在来知の活用2018-04 -- 2019-03塩谷哲史公益財団法人 旭硝子財団/人文・社会科学系研究奨励1,000,000円
アラル海流域における水利の在来知に関する研究2018-04 -- 2019-03塩谷哲史公益財団法人 鹿島学術振興財団/2017(平成29)年度研究助成950,000円
ヒヴァ・ハン国をめぐる奴隷解放交渉過程の研究2018-04 -- 2019-03塩谷哲史北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター/スラブ・ユーラシア地域(旧ソ連・東欧)を中心とした総合的研究 共同利用型
中央アジアにおける牧畜社会の動態分析―家畜化から気候変動まで2018-04 -- 2023-03今村薫日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)
近代中央アジアのムスリム家族とイスラーム法の社会史的研究2018-04 -- 2022-03磯貝健一日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)
新しい世界史/グローバル・ヒストリー共同研究拠点の構築2018-04 -- 2019-03羽田正日本学術振興会/研究拠点形成事業 A.先端拠点形成型
1850-60年代ロシア帝国のアジア外交―N.P. イグナチエフの活動を中心に―2017-04 -- 2018-03塩谷哲史北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター/スラブ・ユーラシア地域(旧ソ連・東欧)を中心とした総合的研究 共同利用型
19~20世紀中央ユーラシアにおける越境と新疆ムスリム社会の文化変容に関する研究2015-04 -- 2018-03新免康日本学術振興会/科学研究費補助金基盤研究(B)海外学術調査
職歴
2008-04 -- 2009-08日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2009-09 -- 2011-09筑波大学 人文社会科学等支援室 準研究員
2011-10 -- (現在)筑波大学 人文社会系(国際日本研究専攻、国際地域研究専攻、比較文化学類担当) 助教
2016-09 -- 2016-09国際交流基金 平成28年度日本研究機関支援プログラム(タシケント国立東洋学大学) 客員教授
学歴
1997-04 -- 2002-03東京大学 文学部 歴史文化学科東洋史学専修課程卒業
2002-04 -- 2005-03東京大学大学院 人文社会系研究科 アジア文化研究専攻修了
2005-04 -- 2010-03東京大学大学院 人文社会系研究科 アジア文化研究専攻単位取得満期退学
2006-05 -- 2008-03ウズベキスタン共和国科学アカデミー東洋学研究所 研修生その他
取得学位
2005-03修士(文学)東京大学
2012-02博士(文学)東京大学
免許資格等
2006-04-01高等学校教諭専修免許状地理歴史科
所属学協会
2015-10 -- (現在)日本イスラム協会
2013 -- (現在)The European Society for Central Asian Studies
2012-07 -- (現在)アジア歴史地理情報学会
2012 -- (現在)Central Eurasian Studies Society
2002 -- (現在)史学会
2005 -- (現在)日本中央アジア学会
2005 -- (現在)日本オリエント学会
2005 -- (現在)日本中東学会
2005 -- (現在)内陸アジア史学会
受賞
2014-12筑波大学若手教員奨励賞
2014-11第4回地域研究コンソーシアム賞 登竜賞塩谷哲史著『中央アジア灌漑史序説―ラウザーン運河とヒヴァ・ハン国の興亡―』
論文
  • 1842年ガージャール朝使節団のヒヴァ派遣―シーア派捕虜解放問題と英露両国の関与について―
    塩谷 哲史
    内陸アジア史研究/(33)/pp.51-73, 2018-03
  • 伊犁通商条約(1851年)の締結過程から見たロシア帝国の対清外交
    塩谷 哲史
    内陸アジア史研究/(32)/pp.23-46, 2017-03
  • ニコライ・コンスタンチノヴィチ大公のアムダリヤ転流計画―英露関係とトルクメン問題の文脈から―
    塩谷 哲史
    内陸アジア史研究/(31)/pp.73-92, 2016-03
  • An Encounter between the Qing Dynasty and Khoqand in 1759–1760: Central Asia in the Mid-Eighteenth Century
    Onuma Takahiro; Kawahara Yayoi; Shioya Akifumi
    Frontiers of History in China/9(3)/pp.384-408, 2014-10
  • Povorot and the Khanate of Khiva: a new canal and the birth of ethnic conflict in the Khorazm oasis, 1870s-1890s
    Shioya Akifumi
    Central Asian Survey/33(2)/pp.232-245, 2014-06
  • ハンと企業家―ラウザーン荘の成立と終焉1913-1915―
    塩谷哲史
    東洋史研究/71(3)/pp.58-84, 2012-12
  • 帝政末期アムダリヤ流域の灌漑利権問題に関する一考察―ラウザーン荘設立をめぐるロシア=ヒヴァ・ハン国関係の変遷、1913-1915年―
    塩谷哲史
    メトロポリタン史学/8/pp.107-129, 2012-12
  • Istoriia i istochniki legitimatsii vlasti khivinskikh pravitelei iz dinastii Kungrat (v kontekste vzaimootnoshenii s Osmanskoi imperiei)
    SHIOYA Akifumi
    Ozbekiston Tarixi/2011-3/pp.73-79, 2011-12
  • Irrigation Policy of the Khanate of Khiva regarding the Lawzan Canal (1), 1830–1873
    SHIOYA Akifumi
    筑波大学地域研究/(32)/pp.115-136, 2011-03
  • K izucheniiu tarkhannykh iarlykov Khivinskogo khanstva XVIII-nachala XX v.
    SHIOYA Akifumi
    Sharqshunoslik/(13)/pp.28-31, 2008-08
  • ヒヴァ・ハン国におけるコングラト朝の成立とサイイド・アタ信仰
    塩谷 哲史
    堀川徹(編)『中央アジアにおけるムスリム・コミュニティーの成立と変容に関する歴史学的研究』(平成14年度~平成17年度科学研究費補助金研究成果報告書)/pp.90-107, 2006-03
  • 中央アジア乾燥地域の都市と水資源―ヒヴァ―
    塩谷 哲史
    歴史と地理 地理の研究/(196(通巻703号))/pp.66-73, 2017-04
  • ヒヴァ今昔
    塩谷 哲史
    Teaching English Now/36/pp.表紙裏-表紙裏, 2017-04
  • ラウザーン運河の景観から―中央アジア近現代史と現地語史料― (【歴史と場】第九回)
    塩谷 哲史
    歴史学研究月報/(683)/pp.10-12, 2016-11
  • 新刊紹介 小野亮介著『亡命者の二〇世紀:書簡が語る中央アジアからトルコへの道』
    塩谷 哲史
    内陸アジア史研究/(31)/pp.222-223, 2016-03
  • 回顧と展望 内陸アジア(二)
    塩谷 哲史
    史學雜誌/124(5)/pp.261-266, 2015-05
  • 新刊紹介 堀池信夫総編集、堀川徹編『知のユーラシア 第2巻:知の継承と展開―イスラームの東と西―』
    塩谷 哲史
    内陸アジア史研究/30/pp.93-94, 2015-03
  • 小沼孝博『清と中央アジア草原―遊牧民の世界から帝国の辺境へ』(東京大学出版会、2014年)
    塩谷 哲史
    イスラーム地域研究ジャーナル/7/pp.141-142, 2015-03
  • 窪田順平監修、応地利明著『中央ユーラシア環境史 第4巻:生態・生業・民族の交響』
    塩谷 哲史
    内陸アジア史研究/(29)/pp.149-150, 2014-03
  • 加藤九祚著『シルクロードの古代都市―アムダリヤ遺跡の旅』
    塩谷 哲史
    内陸アジア史研究/(29)/pp.157-158, 2014-03
  • 中央アジア特別プログラム(日本研究プログラム)の歩み
    塩谷哲史
    国際日本研究/(5)/pp.87-91, 2013-03
  • Nicola di Cosmo, Allen J. Frank and Peter B. Golden (eds.), The Cambridge History of Inner Asia: The Chinggisid Age, Cambridge: Cambridge University Press, 2009
    塩谷 哲史
    イスラーム地域研究ジャーナル/(3)/pp.146-147, 2011-03
  • ウズベキスタン共和国のアルメニア人―アルメニア人民族文化センターの活動から―
    Shioya Akifumi
    刮目/(8)/pp.209-208, 2009-2
  • 濱田正美著, 『中央アジアのイスラーム』(世界史リブレット70), 山川出版社, 二〇〇八・二刊, A5, 九六頁, 八〇〇円
    塩谷 哲史
    史學雜誌/117(12)/pp.2157-2158, 2008-12
  • アルメニア国立文書館訪問記
    塩谷 哲史
    日本中央アジア学会報/(4)/pp.25-28, 2008-03
著書
  • 「オアシスと灌漑農耕―その歴史的変遷―」「首都タシュケントと地方都市―近代化への道程―」「帝政ロシアのアム川転流計画」
    塩谷 哲史
    帯谷知可編著『ウズベキスタンを知るための60章』23-27頁、37-41頁、47-50頁, 明石書店, 2018-05
  • 「ウズベク人―多様性と共存―」「トルクメン人―尚武の民―」「カラカルパク人―移住の歴史と豊かな口承文芸―」
    塩谷 哲史
    小松久男編著『テュルクを知るための61章』116-119頁、125-127頁、146-149頁, 明石書店, 2016-08
  • ヒヴァ・ハン国と企業家―イチャン・カラ博物館の一勅令を手がかりに
    塩谷 哲史
    堀川徹、大江泰一郎、磯貝健一編『シャリーアとロシア帝国―近代中央ユーラシアの法と社会―』(京都:臨川書店), 臨川書店, pp.59-77, 2014-03
  • 中央アジア灌漑史序説―ラウザーン運河とヒヴァ・ハン国の興亡―(単著、東京:風響社、302頁)
    塩谷 哲史
    風響社, 2014-02
  • Who Should Manage the Water of the Amu-Darya?: Controversy over Irrigation Concessions between Russia and Khiva, 1913-1914
    Shioya Akifumi
    P. Sartori (ed.), Explorations in the Social History of Modern Central Asia (19th - Early 20th Century), Leiden: Brill, Brill, pp.111-136, 2013-08
  • 中央アジア灌漑史研究序説―ラウザーン運河とヒヴァ・ハン国の興亡―(博士論文)
    塩谷 哲史
    2012-02
  • コングラト朝ヒヴァ・ハン国の構造(修士論文)
    塩谷 哲史
    2005-03
会議発表等
  • 伊犁通商条約とその後─19世紀中葉ロシア帝国の対清外交―
    塩谷 哲史
    第55回野尻湖クリルタイ(日本アルタイ学会)/2018-07-15--2018-07-15
  • Islam in Japan: Past and Present
    Shioya Akifumi
    International Conference: Роль молодежи в предупреждении и противодействии насильственному экстремизму и радикализации, ведущим к терроризму/2018-06-12--2018-06-12
  • Central Asian Studies at the University of Tsukuba: Overview
    塩谷 哲史
    Uzbek-Japanese Round Table "The role of citizens' self-government bodies in the implementation of public control: the experience of Uzbekistan and Japan"/2018-05-23--2018-05-23
  • Slave Trade and Anglo-Russian Relations in Central Asia in the Nineteenth Century
    Shioya Akifumi
    Workshop on Political Economies of International Commerce/2018-04-20--2018-04-20
  • タシュケント在住の一ウイグル知識人の歴史的記憶―社会変動と越境―
    新免康; 塩谷哲史
    日本中央アジア学会2017年度年次大会/2018-03-24--2018-03-24
  • The Activities of the SPCA Program at the University of Tsukuba, Japan: History and Future Tasks
    Shioya Akifumi
    “Ex Orient Lux”―第3回日本研究国際学会―/2017-09-22--2017-09-22
  • 18-20世紀初頭の中央アジア=ロシア間の隊商交易
    Shioya Akifumi
    日本中央アジア学会2016年度年次大会/2017-03-26--2017-03-26
  • Area Studies and Central Asia / Regionovedenie i Tsentral'naia Aziia
    Shioya Akifumi
    International Workshop "Asian Powers, Central Asia and the New Silk Road: Views from Inside and Outside"/2017-02-18--2017-02-18
  • Reconsideration of the Treaty of Kulja (1851): Imperial Russian Diplomacy in a Eurasian Context
    Shioya Akifumi
    Towards a transcultural history of diplomacy: A Core-to-Core Global History Collaborative workshop/2016-12-10--2016-12-10
  • ロシア帝国統治期トルキスタンにおける水資源管理―アムダリヤ下流域の事例から―
    塩谷 哲史
    第8回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会/2016-12-03--2016-12-03
  • 伊犁通商条約(1851年)の締結過程から見たロシア帝国の対清外交
    塩谷 哲史
    2016年度内陸アジア史学会大会/2016-11-05--2016-11-05
  • 中央アジア史研究の新たな地平―ラウザーン運河からの眺め―
    塩谷 哲史
    中央アジア研究セミナー/2016-06-23--2016-06-23
  • Toward Writing an Irrigation History of Modern Central Asia: An Analysis of the Deliberation Process behind the 1917 Water Law of Russian Turkistan
    Shioya Akifumi
    Empires of Water Water Management and Politics in the Arid Regions of China, Central Eurasia and the Middle East (16th-20th centuries)/2016-05-25--2016-05-25
  • 近代中央アジアの灌漑史叙述に向けて―1917年ロシア領トルキスタンの水利権法審議過程の分析―
    塩谷 哲史
    研究ワークショップ「帝国と地域を結びつける水利政策」/2016-03-25--2016-03-25
  • 18-20世紀ロシア=中央アジア間の隊商交易とカザフの牧畜
    塩谷 哲史
    平成27(2015)年度東北アジア研究センター共同研究シンポジウム「モンゴルとカザフにおけるモノの域外流通と域内流通」/2016-02-20--2016-02-20
  • 中央ユーラシアの農牧接壌地帯からみた近代世界
    塩谷 哲史
    比較地域体系研究会/2016-01-31--2016-01-31
  • Reading the Khivan Archive: A History of Water Management in Central Asia
    Shioya Akifumi
    IMARES Workshop series/2015-11-10--2015-11-10
  • The Last Days of the Caravan: The Dynamics of Trade Between Orenburg and Central Asia in the Nineteenth Century
    Shioya Akifumi
    The Ninth ICCEES World Congress/2015-08-05--2015-08-05
  • New Horizons in Central Asian History: Archival Sources and Environmental Studies
    Shioya Akifumi
    Crossroads Asia Lecture (Center for Development Research [ZEF], University of Bonn)/2015-02-03--2015-02-03
  • ‘Traditional’ Water Management System in Pre-Soviet Khorezm
    Shioya Akifumi
    On Khorezmian Connectivity: Space, Mobility, Imagination/2014-10-09--2014-10-09
  • Water Conflict Resolution in Rural Central Asia: A Historical Perspective
    Shioya Akifumi
    The 2nd International Conference on Arid Land Studies (ICAL2)/2014-09-10--2014-09-10
  • Irrigation in Pre-Soviet Central Asia: A Survey on the Yasavulbashi Documents from Khiva
    Shioya Akifumi
    Changing Patterns of Power in Historical and Modern Central and Inner Asia/2014-08-08--2014-08-08
  • 水資源と開発をめぐるロシア帝国権力と中央アジア南部定住地域
    塩谷 哲史
    2013年度日本中央アジア学会年次大会(パネル・セッション:資源管理から見る帝国統治と中央アジア―土地・家畜・水・人―)/2014-03-29--2014-03-29
  • ハン、企業家、帝国―ラウザーン運河をめぐるロシア=ヒヴァ・ハン国関係の変遷 一八七三-一九一七年―
    塩谷 哲史
    2013年度内陸アジア史学会大会/2013-11-02--2013-11-02
  • Urgench: A Commercial Link among Sedentary People, Nomads, and Russians
    Shioya Akifumi
    13th Conference of the European Society for Central Asian Studies/2013-08-06--2013-08-06
担当授業科目
2017-10 -- 2017-12中央ユーラシア研究演習III-B筑波大学
2017-10 -- 2018-02プロジェクト演習III筑波大学
2017-04 -- 2017-08プロジェクト演習III筑波大学
2017-04 -- 2017-07リサーチ・プログラム開発入門(RPDC) 1筑波大学
2017-04 -- 2017-07リサーチ・プログラム開発6筑波大学
2017-10 -- 2017-12ユーラシア地域研究演習2B筑波大学
2017-04 -- 2017-07ユーラシア世界史演習IIA筑波大学
2017-11 -- 2018-02ユーラシア地域研究演習4A筑波大学
2017-10 -- 2017-12ユーラシア世界史演習B筑波大学
2017-10 -- 2017-12リサーチ・プログラム開発3筑波大学
授業以外の教育活動
2015-11 -- 2015-12カザフスタン共和国大学教員向けユーラシア・日本共同研究プログラム筑波大学大学院人文社会科学研究科
2014-05 -- 2014-06国際学研究能力共同開発プログラム筑波大学大学院人文社会科学研究科
2012-11 -- 2012-12大学教員教育能力開発プログラム筑波大学
2012-02 -- 2012-03中央ユーラシアの安全保障と持続的発展に関する国際研修プログラム筑波大学
一般講演
  • 中央アジアへの架け橋―グローバル化時代を生きる知恵―
    塩谷 哲史
    第10回育英講演会/2016-08-27--2016-08-27
  • シルクロードの近代 ―開発と環境問題―
    塩谷 哲史
    帯広市“地域を知る”市民大学講座第33集/2014-11-24--2014-11-24
  • 中央アジア―文明の十字路―
    塩谷 哲史
    世界銀行と中央アジア―新興国を舞台として国際機関で活躍するために―/2013-10-23--2013-10-23
  • 木綿の世界史―シルクロードと日本を紡ぐ―
    塩谷 哲史
    筑波大学公開講座「異文化の視点から見る日本(クール・ジャパン)」/2012-05-12--2012-05-12
学協会等委員
2018-05 -- (現在)European Society for Central Asian StudiesBoard member
2015-04 -- (現在)Fieldnet運営委員
2013-06 -- 2015-06内陸アジア史学会幹事(編集担当)
学内管理運営業績
2018-04 -- (現在)人文・文化学群 比較文化学類 FD委員会委員
2018-04 -- (現在)人文・文化学群 比較文化学類 広報委員会委員
2018-04 -- (現在)人文社会科学研究科 国際地域研究専攻 運営委員会委員(代行)
2018-04 -- (現在)人文社会科学研究科 国際地域研究専攻 カリキュラム委員会(FD委員会兼任)委員(代行)
2018-04 -- (現在)人文社会科学研究科 国際地域研究専攻 中央ユーラシアコース代表(代行)
2018-04 -- (現在)人文社会科学研究科 国際日本研究専攻 図書委員会委員長
2018-04 -- (現在)人文社会科学研究科 国際日本研究専攻 運営委員会委員
2017-04 -- 2018-03人文社会科学研究科 国際日本研究専攻 図書委員会委員
2016-05 -- 2017-04人文・文化学群 比較文化学類 学類カリキュラム・ガイダンス委員会委員
2016-05 -- 2018-04人文・文化学群 比較文化学類 入学試験実施委員会委員
その他の活動
2015-03 -- 2015-03ウズベキスタン共和国大統領選挙国際監視
2014-12 -- 2014-12ウズベキスタン共和国議会選挙国際監視

(最終更新日: 2018-07-16)