現在地

小谷 弘明(コタニ ヒロアキ; Kotani, Hiroaki)

face
所属
数理物質系
職名
助教
生年月
1980-12
eメール
 
研究室
自然系学系C棟202
電話
029-853-4318
研究分野
有機化学
無機化学
機能物性化学
研究課題
塩基駆動型原子価互変異性を示すピリジルアミン系金属錯体の開発と応用2017 -- 2019小谷 弘明日本学術振興会/若手研究(B)4,550,000円
塩基駆動型原子価互変異性を示すピリジルアミン系金属錯体の開発と応用2017-04 -- 2020-03小谷 弘明日本学術振興会/若手研究(B)3,300,000円
基質配位空間の精密制御による高効率・高選択的酸化触媒の開発2016-09 -- 2017-08小谷 弘明日揮・実吉奨学会研究助成金/2,000,000円
高活性な高原子価クロムオキソ錯体の創製と反応性評価2013 -- 2014小谷 弘明公益財団法人倉田記念日立科学技術財団/倉田奨励金1,200,000円
高活性な遷移金属オキソ錯体の開発とその触媒作用2012 -- 2013小谷 弘明日本学術振興会/若手研究(B)2,600,000円
電子移動型光触媒と白金代替触媒の複合化による新規水素発生系の構築2008 -- 2010日本学術振興会/特別研究員奨励費9,000,000円
超長寿命・高エネルギーの電荷分離状態を有する分子を用いた触媒的光酸化還元反応2005 -- 2007日本学術振興会/特別研究員奨励費2,800,000円
職歴
2005-04 -- 2007-03日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2007-04 -- 2008-03日本学術振興会 特別研究員(PD)
2008-04 -- 2011-03日本学術振興会 特別研究員(SPD)
2011-04 -- 2011-07大阪大学 大学院工学研究科 特任研究員
2011-08 -- 2011-09筑波大学 大学院数理物質科学研究科 助教
2011-10 -- (現在)筑波大学 数理物質系化学域 助教
学歴
1999-04 -- 2003-03大阪大学 工学部 応用自然科学科卒業
2003-04 -- 2005-03大阪大学 工学研究科 物質・生命工学専攻修了
2005-04 -- 2007-03大阪大学 工学研究科 生命先端工学専攻修了
所属学協会
2015-07 -- (現在)光化学協会
2012 -- (現在)錯体化学会
2002 -- (現在)日本化学会
論文
著書
  • Development of Electron Donor-Linked Acridinium Ions and the Photoinduced Electron-Transfer Catalysis
    小谷 弘明
    2007-03
  • Proton-Coupled Electron Transfer: A Carrefour of Chemical Reactivity Traditions
    Fukuzumi S.; Kotani H.
    Royal Society of Chemistry, 2012-01
会議発表等
  • 深海底化学堆積物・鉄マンガンクラストにおけるZr, Hfの分別挙動に関する考察
    稲垣 純平; 坂口 綾; 井上 美南; 羽場 宏光; 柏原 輝彦; 山﨑...
    日本放射化学会年会/2017-09-06--2017-09-08
  • 鉄マンガンクラストにおけるZr, Hfの分別挙動に関する考察
    稲垣 純平; 坂口 綾; 井上 美南; 羽場 宏光; 柏原 輝彦; 山﨑...
    日本地球化学会年会/2017-09-13--2017-09-15
  • Selective CO2 Conversion to CO in a Photocatalytic System Using a Ni Complex Bearing an S2N2-Type Tetradentate Ligand as a Homogeneous Catalyst
    Kojima Takahiko; Hong Dachao; Tsukakoshi Yuto; Kotani Hir...
    8th International Conference on Green and Sustainable Chemistry (GSC8)/2017-07-23--2017-07-26
  • Preparation of Hydrogen-Bonded Supramolecular Assemblies of Non-Planar Metalloporphyrins and Their Application to Gas Sorption
    Ogawa Bruno K. M.; Ishizuka Tomoya; Kotani Hiroaki; Kajii...
    日本化学会第98春季年会/2018-03-20--2018-03-23
  • S2N2四座配位子を有するNi錯体による光触媒的CO2還元反応におけるルイス酸の促進効果
    塚越悠人; 洪 達超; 石塚智也; 小谷弘明; 小島隆彦
    日本化学会第98春季年会/2018-03-20--2018-03-23
  • ドデカフェニルポルフィリン多電子還元体の生成とその反応性
    鈴木 航; 小谷弘明; 石塚智也; 小島隆彦
    日本化学会第98春季年会/2018-03-20--2018-03-23
  • 周辺部にかさ高い置換基を有するポルフィリン誘導体の合成とアトロプ異性体の選択的生成
    田中翔悟; 石塚智也; 小谷弘明; 小島隆彦
    日本化学会第98春季年会/2018-03-20--2018-03-23
  • 反応サイトを近傍に有する異種金属二核錯体の合成と反応
    洪 達超; 大篭祐二; 石塚智也; 小谷弘明; 今 喜裕; 小島隆彦
    日本化学会第98春季年会/2018-03-20--2018-03-23
  • ビピリミジン架橋Ru(II)-Ru(II)-Pt(II)三核錯体の合成と性質
    糸川真樹; 石塚智也; 小谷弘明; 小島隆彦
    日本化学会第98春季年会/2018-03-20--2018-03-23
  • パラジウム-NHC錯体を触媒とする水中におけるハロゲン化ベンゼン誘導体の酸化的分解
    下山祥弘; 石塚智也; 小谷弘明; 小島隆彦
    日本化学会第98春季年会/2018-03-20--2018-03-23
  • 水中における高原子価ルテニウム-イミド錯体によるC-H酸化反応
    粉川泰知; 牧野美咲; 石塚智也; 小谷弘明; 小島隆彦
    第50回酸化反応討論会/2017-11-11--2017-11-12
  • Efficient Gas Adsorption of Hydrogen-Bonded Networks Consisting of Non-Planar Metalloporphyrins
    Ogawa Bruno K. M.; Ishizuka Tomoya; Kotani Hiroaki; Kajii...
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • Photocatalytic CO2 Reduction Catalyzed by First-Row Transition-Metal Complexes Bearing an S2N2-Type Tetradentate Ligand
    Tsukakoshi Yuto; Hong Dachao; Ishizuka Tomoya; Kotani Hir...
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • 配位子の脱プロトン化によって誘起される コバルト錯体の原子価互変異性とその制御
    大城 綾; 小谷弘明; 石塚智也; 小島隆彦
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • ビピリミジン架橋ルテニウム(II)二核錯体の合成と一電子酸化・還元
    糸川真樹; 石塚智也; 小谷弘明; 小島隆彦
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • 酸化還元活性な配位子を有する鉄錯体の高酸化状態における電子構造
    西部貴久; 荻島郁弥; 小谷弘明; 石塚智也; 岡島敏浩; 野澤俊...
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • Oxidative Cracking of Benzene Derivatives to Carboxylic Acids by Ruthenium(II)-NHC Catalysts in Aqueous Media
    Shimoyama Yoshihiro; Ishizuka Tomoya; Kotani Hiroaki; Koj...
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • サドル型ドデカフェニルイソフロリンの生成とその変換反応
    鈴木航; 小谷弘明; 石塚智也; 塩田淑仁; 吉澤一成; 小島隆彦
    第27回基礎有機化学討論会/2017-09-07--2017-09-09
  • ルテニウム(III)-オキシル錯体の生成とその反応性
    下山祥弘; 石塚智也; 小谷弘明; 塩田淑仁; 吉澤一成; 三枝 馨...
    第11回バイオ関連シンポジウム/2017-09-07--2017-09-09
  • Strong Radical Character of a Ruthenium(III)-Oxyl Complex Having N-Heterocyclic Carbene Ligand
    Shimoyama Yoshihiro; Ishizuka Tomoya; Kotani Hiroaki; Shi...
    6th Asian Conference on Coordination Chemistry/2017-07-23--2017-07-28
  • Selective Formation of Hydrogen-Bonded Supramolecular Hetero-Triads Based on Diprotonated Saddle-Distorted Porphyrin
    Suzuki Wataru; Kotani Hiroaki; Ishizuka Tomoya; Shiota Yo...
    17th International Symposium on Novel Aromatics/2017-07-23--2017-07-28
知的財産権
  • 有害芳香族化合物の分解方法
    小島 隆彦; 下山 祥弘; 石塚 智也; 小谷 弘明
  • 酸化触媒、ハロゲン化芳香族化合物の酸化分解方法
    小島 隆彦; 下山 祥弘; 石塚 智也; 小谷 弘明
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02無機化学セミナーIA筑波大学
2018-10 -- 2019-02無機化学セミナーIB筑波大学
2018-10 -- 2019-02無機化学セミナーIIA筑波大学
2018-10 -- 2019-02無機化学セミナーIIB筑波大学
2018-10 -- 2019-02無機化学特別研究IA筑波大学
2018-10 -- 2019-02無機化学特別研究IB筑波大学
2018-10 -- 2019-02無機化学特別研究IIA筑波大学
2018-10 -- 2019-02無機化学特別研究IIB筑波大学
2018-10 -- 2019-02無機化学特別研究IIIA筑波大学
2018-10 -- 2019-02無機化学特別研究IIIB筑波大学
一般講演
  • 生体内酵素を規範とした金属錯体開発とその機能解明
    小谷 弘明
    先端化学・材料技術部会 高選択性反応分科会 講演会/2018-06-11--2018-06-11
  • 生体内酵素を規範とするモデル錯体開発とその反応機構解明
    Kotani Hiroaki
    第29回生物無機化学夏季セミナー/2016-9-1--2016-9-3
  • ピリジルアミン系配位子を有する金属錯体の新規機能開発
    小谷 弘明
    第4回慶応有機化学若手シンポジウム/2016-05-07--2016-05-07
  • 高い反応性を有するクロム(V)-オキソ錯体の同定とベンジルアルコール類酸化反応の機構解明
    小谷 弘明
    日本化学会第93春季年会/2013-3-22--2013-3-25
  • サドル型ポルフィリンジカチオンを光増感部位として有するルテニウム(II)錯体の光誘起電子移動特性
    小谷 弘明
    日本化学会第93春季年会/2013-3-22--2013-3-25
  • 複核コバルト(III)–ピリジルアミン錯体による水の4電子酸化反応
    小谷 弘明
    第45回酸化反応討論会/2012-11-16--2012-11-17
  • 高原子価ルテニウム(IV)-オキソ錯体のアルコール酸化反応における速度論的同位体効果の温度依存性
    小谷 弘明
    第45回酸化反応討論会/2012-11-16--2012-11-17
  • ピロロキノリンキノン(PQQ)を配位子とするルテニウム-銀ヘテロ多核錯体の合成と性質
    小谷 弘明
    錯体化学会第62回討論会/2012-9-21--2012-9-23
  • モノアニオン性配位子を有するクロム(V)-オキソ錯体の反応性
    小谷 弘明
    錯体化学会第62回討論会/2012-9-21--2012-9-23

(最終更新日: 2018-08-23)