現在地

藤 桂(フジ ケイ; Fuji, Kei)

所属
人間系
職名
准教授
科研費番号
50581584
URL
研究分野
社会心理学
研究キーワード
インターネット
研究課題
メディア上へ拡張される感情と身体―調査的・実験的アプローチによる影響の検討―2016-04 -- 2018-03藤 桂日本学術振興会/科学研究費 若手研究(B)
インターネットと社会性・攻撃性―行動内容への着目および国際比較を通して―2010 -- 2011藤 桂日本学術振興会/研究活動スタート支援1326000
職歴
2015-04 -- (現在)筑波大学 人間系 准教授
2011-11 -- 2015-03筑波大学 人間系 助教
2011-04 -- 2011-10筑波大学 人間系 特任助教
2010-04 -- 2011-03筑波大学 人間総合科学研究科 準研究員
2006-04 -- 2008-03日本学術振興会 特別研究員
2005-04 -- 2006-03筑波大学 リサーチアシスタント(筑波大学COE)
学歴
2003-04 -- 2010-03筑波大学 人間総合科学研究科 一貫制博士課程 心理学専攻修了
1999-04 -- 2003-03筑波大学 第二学群 人間学類卒業
取得学位
2005-03修士(心理学)筑波大学
2010-03博士(心理学)筑波大学
免許資格等
2010-10専門社会調査士
所属学協会
2003-04 -- (現在)日本心理学会
2003-04 -- (現在)日本社会心理学会
2003-04 -- (現在)日本カウンセリング学会
2011-10 -- (現在)日本ストレス学会
2012-07 -- (現在)日本認知科学会
2012-08 -- (現在)日本教育心理学会
受賞
2017-02筑波大学若手教員奨励賞
2016-06日本心理学会第79回大会・特別優秀発表賞
2016-06日本心理学会第79回大会・特別優秀発表賞
2016-06日本心理学会第79回大会・特別優秀発表賞
2016-06日本心理学会第79回大会・特別優秀発表賞
2015-08日本教育心理学会2014年度・優秀論文賞
2014-12日本心理学会第78回大会・特別優秀発表賞
2013-03日本認知科学会第29回大会・大会発表賞
2010-09第2回筑波大学心理学系 心理学独創研究内山記念賞
2010-03平成21年度博士論文 筑波大学大学院 人間総合科学研究科長賞
2010-02平成21年度博士論文 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 心理学専攻長賞
論文
  • 弱い紐帯との交流によるキャリア・リフレクションとその効果
    永野惣一; 藤 桂
    心理学研究/87/pp.463-473, 2016-12
  • 職場ユーモアが心身の健康と業務成果への自己評価に及ぼす効果
    丸山 淳市; 藤 桂
    心理学研究/87(1)/pp.21-31, 2016-04
  • 第13回(2014年度)優秀論文賞 選考経過および講評
    服部 環; 岡安 孝弘; 湯澤 正通; 藤 桂; 吉田 富二雄; 町 岳;...
    教育心理学年報/55/pp.366-367, 2016
  • 労働者におけるストレスマインドセットと精神的健康 : SNSを介した弱い紐帯との接触がもたらす影響
    永野惣一; 藤 桂
    筑波大学心理学研究/51/pp.47-57, 2016-03
  • ネットいじめ被害時における遮断的対処がもたらす短期的および長期的影響
    藤 桂; 遠藤寛子
    メディア・情報・コミュニケーション研究/1/pp.43-57, 2016-03
  • ネットいじめ被害者における相談行動の抑制―脅威認知の観点から―
    藤 桂; 吉田富二雄
    教育心理学研究/62(1)/pp.50-63, 2014-03
  • ネットいじめへの有効な対処とは―被害経験者のネットいじめに対する記述の内容分析より―
    藤 桂; 遠藤寛子
    筑波大学学校教育論集/36/pp.25-34, 2014-03
  • 潜在的な快感情の喚起による視覚情報処理範囲の拡大
    藤 桂; 佐藤 広英; 河原 純一郎; 永井 聖剛
    認知科学/20(4)/pp.498-501, 2013-12
  • 書評:大渕憲一(著)『新版 人を傷つける心―攻撃性の社会心理学―』
    藤 桂
    社会心理学研究/29(1)/pp.47-48, 2013-08
  • 犯罪及び防犯に関する情報探索の規定因―インターネット上の情報探索
    荒井崇史; 藤 桂; 吉田富二雄
    心理学研究/84(2)/pp.83-92, 2013-06
  • 色彩の潜在的イメージ評価: IAT, GNATを指標とした色彩と感情の関連
    永田絵梨; 藤 桂; 吉田富二雄
    筑波大学心理学研究/45/pp.57-70, 2013-02
  • Anonymity-induced rule-breaking in the real world: Employee theft in Japanese retail stores.
    野上達也; 藤 桂; 吉田富二雄
    Tsukuba Psychological Research/44/pp.49-56, 2012-08
  • オンラインゲーム上の対人関係が現実生活の社会性および攻撃性に及ぼす影響
    藤 桂; 吉田 富二雄
    心理学研究/80(6)/pp.494-503, 2010-01
  • 犯罪情報が幼児を持つ母親の犯罪不安に及ぼす影響
    荒井 崇史; 藤 桂; 吉田 富二雄
    心理学研究/81(4)/pp.397-405, 2010-01
  • インターネット上での行動内容が社会性・攻撃性に及ぼす影響:ウェブログ・オンラインゲームの検討より
    藤 桂; 吉田富二雄
    社会心理学研究/25/pp.121-132, 2009-11
  • オンラインゲーム利用が孤独感・敵意的認知に及ぼす影響--自己表出,現実とのバランスの観点より
    藤 桂; 吉田 富二雄
    筑波大学心理学研究/(33)/pp.51-57, 2007-01
  • 満たされない自己が敵意的認知と怒り感情に及ぼす影響
    藤 桂; 湯川進太郎
    カウンセリング研究/38/pp.22-32, 2005-02
著書
  • 書評:加納寛子(編著)『ネットいじめの構造と対処・予防』
    藤 桂
    児童心理/pp.126-126, 2017-02
  • ネット上の様々なトラブルと対応
    藤 桂
    シリーズ心理学と仕事 第20巻「ICT/情報行動心理学」/pp.51-74, 2017-05
  • Anger and Internet in Japan
    Endo Hiroko; Fuji Kei
    Encyclopedia of Information Science and Technology-4th ed./pp.7946-7955, 2017-07
  • Moblie Phone-Related Behaviors and Problems in Japan
    Kei Fuji; Fujio Yoshida
    Encyclopedia of Mobile Phone Behavior/pp.1079-1088, 2015-07
  • オンラインゲームと自己
    藤 桂
    シリーズ自己心理学第4巻―認知心理学へのアプローチ―, 2008-07
  • インターネットの人間関係
    藤 桂
    人間関係の心理パースペクティブ, 2010-08
  • 第6章:インターネット・携帯電話に関する尺度
    藤 桂
    心理測定尺度集第5巻, 2011-04
  • 災害時の新しい情報共有ツール,twitter
    藤 桂
    復興と支援の災害心理学―大震災から「なに」を学ぶか―, 2012-07
  • 第8章 インターネット
    藤 桂
    スタンダード社会心理学, 2012-12
  • Cyber behavior and its impact in Japan.
    Fuji Kei; Yoshida Fujio
    Encyclopedia of Cyber Behavior/pp.1305-1315, 2012-03
  • インターネット利用が社会性および攻撃性に及ぼす影響―インターネット行動尺度による分析を通して―
    藤 桂
    2010-03
会議発表等
  • パラレルキャリアの開始要因とその実践がもたらす効果―弱い紐帯の強みに着目して―
    中井弘晃; Fuji Kei
    第33回日本産業組織心理学会/2017-09-02--2017-09-03
  • 身体化認知研究のインタフェースデザインへの応用可能性
    藤 桂
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2016/2016-09-06--2016-09-06
  • The second condition of the successful psychopath: The moderating effects of work environment to association between psychopathic traits and achievement in the Japanese work place
    Yanagida Munetaka; Fuji Kei
    The 31st International Congress of Psychology/2016-07-26--2016-07-26
  • Can contact with weak ties on social networking service (SNS) change an individual’s mindset toward stress at the workplace?
    Nagano Soichi; Fuji Kei
    The 31st International Congress of Psychology/2016-07-26--2016-07-26
  • The interaction between leadership style and subordinates’ humor in workplace
    Maruyama Junichi; Fuji Kei
    The 31st International Congress of Psychology/2016-07-25--2016-07-25
  • Effect of online social sharing about negative emotional events: Style of talking and reaction from audience
    Endo Hiroko; Fuji Kei
    The 31st International Congress of Psychology/2016-07-28--2016-07-28
  • Extending “Internet Paradox Revisited”: Examination of the social and psychological effect of Internet use from the aspect of online behavior
    Fuji Kei
    The 31st International Congress of Psychology/2016-07-28--2016-07-28
  • ネット問題研究は現場の問題低減に貢献し得るか―実践者の視点で研究を見定める―
    藤 桂
    日本教育心理学会第58回総会/2016-10-09--2016-10-09
  • 涙があるからこそ,私は前に進める ―社会人における“泣くこと”の心理的効果―
    塩田直樹; 藤 桂
    日本心理学会第79回大会/2015-09-22--2015-09-24
  • 生は死への旅路,死は健康への道筋 -死に対する意識が健康行動習慣に及ぼす影響-
    富塚澄江; 藤 桂
    日本心理学会第79回大会/2015-09-22--2015-09-24
  • サクセスフル・サイコパスへの第一の条件 -日本語版Self-Report Psychopathy Scale短縮版の開発を通して-
    柳田宗孝; 荒井崇史; 藤 桂
    日本心理学会第79回大会/2015-09-22--2015-09-24
  • キャリア・リフレクションによる精神的健康への促進効果 ―弱い紐帯との接触に着目して―
    永野惣一; 藤 桂
    日本心理学会第79回大会/2015-09-22--2015-09-24
  • 職場におけるユーモア表出者とリーダーの相互作用 -名将の下には笑いあり-
    丸山淳市; 藤 桂
    日本心理学会第79回大会/2015-09-22--2015-09-24
  • ネガティブツイートの背景にある思いとは -ネガティブ感情体験後の制御欲求尺度の開発を通して-
    藤 桂; 遠藤寛子
    日本心理学会第79回大会/2015-09-22--2015-09-24
  • The adverse effect of social sharing of negative emotional events on a social networking service
    Endo Hiroko; Fuji Kei
    Conference of the International Society for Research on Emotions 2015/2015-07-08--2015-07-10
  • An examination of regulation needs after negative emotional experiences
    Fuji Kei; Endo Hiroko
    Conference of the International Society for Research on Emotions 2015/2015-07-08--2015-07-10
  • SNS上におけるネガティブ感情の社会的共有の効果
    加藤由紀乃; 遠藤寛子; 藤 桂
    ストレス学会学術総会第30回記念大会/2014-11-07--2014-11-08
  • うつむきは虚偽自白のはじまり?―身体姿勢と同調傾向が潜在的・顕在的態度に与える影響―
    藤 桂; 永井聖剛
    日本認知科学会第31回大会/2014-09-18--2014-09-20
  • 弱くつながり,強く働く―弱い紐帯との接触によるキャリア・リフレーミングとその効果―
    永野惣一; 堀内泰利; 尾野裕美; 藤 桂
    日本心理学会第78回大会/2014-09-10--2014-09-12
  • 職場におけるユーモアの効果―ユーモアは仕事の薬にも毒にも”なる”―
    丸山淳一; 藤 桂
    日本心理学会第78回大会/2014-09-10--2014-09-12
  • テクノロジー利用が広げる高齢者の日常世界―情報通信機器利用の促進要因の検討を通して―
    藤 桂; 西崎友規子; 原田悦子
    日本心理学会第78回大会/2014-09-10--2014-09-12
  • 看護師用ストレスフルなケアに対する意味づけ尺度の開発
    伊藤まゆみ; 金子多喜子; 大場良子; 藤 桂
    日本カウンセリング学会第47回大会/2014-08-30--2014-08-31
  • インターネットとどう向き合うか(大会準備委員会企画シンポジウム)
    藤 桂
    日本カウンセリング学会第47回大会/2014-08-30--2014-08-31
  • 職業人における弱い紐帯との関わりとキャリア・リフレーミング
    永野惣一; 尾野裕美; 堀内泰利; 藤 桂
    日本社会心理学会第55回大会/2014-07-26--2014-07-27
  • If your grandmother likes driving on the road, she will love surfing online: Examination of the factors that facilitate and inhibit Internet use among elderly people in Japan
    Fuji Kei; Yukiko Nishizaki; Etsuko T. Harada
    28th International Congress of Applied Psychology/2014-07-08--2014-07-13
担当授業科目
2017-04 -- 2017-08対人社会心理学特論III筑波大学
2017-10 -- 2018-02対人社会心理学特論III筑波大学
2017-04 -- 2017-08対人社会心理学特論II筑波大学
2017-10 -- 2018-02対人社会心理学特論II筑波大学
2017-04 -- 2017-08カウンセリング科学特別演習III筑波大学
2017-10 -- 2018-02カウンセリング科学特別演習III筑波大学
2018-01 -- 2018-02教育心理学III筑波大学
2017-10 -- 2018-02対人社会心理学特論筑波大学
2017-04 -- 2017-08対人社会心理学特論筑波大学
2018-01 -- 2018-03データ解析法筑波大学
一般講演
  • 自分を”識る”ための心理学
    藤 桂
    盛岡第三高校平成28年度緑丘カレッジ/2016-10-13--2016-10-13
  • ゆるいつながりで,ゆたかなキャリアを―無駄な冗談の意義と弱い紐帯の強さ―
    藤 桂
    第10回TCCPイブニング・レクチャー/2016-06-23--2016-06-23
  • ネットいじめの心理的過程―被害者・加害者の両面から―
    藤 桂
    平成25年度思春期関連問題研修会/2014-02-13--2014-02-13
  • インターネット利用が社会性・攻撃性に及ぼす影響―インターネット上での行動内容の検討より―
    藤 桂
    日本心理学会第74回大会/2010-09-20--2010-09-22
学協会等委員
2017-04 -- (現在)日本社会心理学会広報委員会 委員
2015-12 -- 2016-06日本感情心理学会第24回大会準備委員会 大会主委員
2016-03 -- (現在)日本カウンセリング学会編集委員会 委員
2015-04 -- 2016-03中央職業能力開発協会CADS&CADI見直し検討委員会委員
2011-09 -- 2012-11日本社会心理学会第53回大会準備委員会 事務局
2011-09 -- 2012-11日本社会心理学会大会運営委員会
2009-09 -- 2011-03日本社会心理学会広報委員会(幹事)

(最終更新日: 2017-09-05)