現在地

甲斐田 直子(カイダ ナオコ; Kaida, Naoko)

face
所属
システム情報系
職名
准教授
URL
eメール
 
研究分野
環境政策・環境社会システム
持続可能システム
土木環境システム
研究キーワード
環境価値の経済評価
環境配慮行動分析
国際環境協力評価
研究課題
価値観に根ざした環境配慮行動促進策の提案:東洋・西洋社会における横断・縦断研究2016-04 -- 2020-03甲斐田直子日本学術振興会/科学研究費補助金 若手(A)18,070,000円
環境配慮行動と充足感のポジティブな連鎖に関する縦断的研究2014-04 -- 2017-03甲斐田直子日本学術振興会/科学研究費補助金 挑戦的萌芽3,770,000円
環境政策が市民の環境意識と省エネルギー行動に及ぼす波及効果2007-04 -- 2008-03甲斐田直子財)東電記念科学技術研究所/その他1,000,000円
新たな持続的開発指標にもとづく国際環境協力政策評価に関する研究2004 -- 2005甲斐田直子日本学術振興会/奨励研究1,900,000円
職歴
2004-04 -- 2005-03広島大学 大学院国際協力研究科 日本学術振興会特別研究員(DC)
2005-04 -- 2006-03独立行政法人国立環境研究所 循環型社会形成推進・廃棄物研究センター 日本学術振興会特別研究員(PD)
2005-05 -- 2006-10ストックホルム環境研究所(スウェーデン) 政策・制度研究プログラム 客員研究員
2007-05 -- 2007-11名古屋大学 大学院環境学研究科 研究員
2007-12 -- 2008-09名古屋大学 大学院環境学研究科 助教
2008-10 -- 2011-03名古屋大学 大学院環境学研究科(国際環境人材育成プログラム) 特任准教授
2011-04 -- (現在)筑波大学 大学院システム情報工学研究科 助教(現職)
学歴
1996-04 -- 2000-03筑波大学 第三学群 国際総合学類卒業
2000-04 -- 2002-03広島大学 国際協力研究科 開発科学専攻修了
2002-04 -- 2005-03広島大学 国際協力研究科 開発科学専攻修了
取得学位
2005-03博士(学術)広島大学
所属学協会
-- (現在)環境経済・政策学会
-- (現在)環境科学会
-- (現在)国際開発学会
論文
  • 商業施設内トイレの環境整備における利用満足と混雑の関係
    鈴木 万裕; 劉 雨晨; 甲斐田 直子
    環境心理学研究/4(1)/pp.23-23, 2016
  • Hedonia-eudaimoniaによる動機付けがごみ分別行動促進に与える影響
    劉 雨晨; 甲斐田 直子
    環境心理学研究/4(1)/pp.21-21, 2016
  • 消費者のエコ志向・節約志向が環境配慮行動に与える促進効果
    石崎 絢子; 劉 雨晨; 甲斐田 直子
    環境心理学研究/4(1)/pp.20-20, 2016
  • Integrating environmental management into food safety and hood packaging in Malaysia: Review of the Food Regulation 1985
    Nordin N.H.; Hara H.; Kaida Naoko
    IOP Conf. Series: Earth and Environmental Science, 2017
  • Wake up for the environment: An association between sleepiness and pro-environmental behavior
    Kaida Kosuke; Kaida Naoko
    PERSONALITY AND INDIVIDUAL DIFFERENCES/104/pp.12-17, 2017-01
  • Forest conservation and rehabilitation policies in Vietnam: their assessments and local responses
    Masuda Misa; Iwanaga Seiji; Kaida Naoko; Yoshino Kunihiko
    Tropics/24(4)/pp.139-140, 2016
  • Pro-environmental behavior correlates with present and future subjective well-being
    甲斐田 直子; Kaida Kosuke
    Environment, Development and Sustainability/18(1)/pp.111-127, 2016-02
  • Rural-urban perspectives on impoverishment risks in development-induced involuntary resettlement in Bangladesh
    Kaida Naoko; Miah Tofail Md.
    HABITAT INTERNATIONAL/50/pp.73-79, 2015-12
  • Spillover effect of congestion charging on pro-environmental behavior
    Kaida Naoko; Kaida Kosuke
    Environment, Development and Sustainability/17(3)/pp.409-421, 2015-06
  • Tourists' perception of marine ecosystem conservation in Nha Trang Bay marine Protected Area, Viet Nam
    Kaida Naoko; Anh Dang Nguyet
    TROPICS/24(4)/pp.187-194, 2015
  • 住区と市に対する愛着の相対的感覚差と環境配慮行動の関係
    甲斐田 直子
    人間環境学研究/13(1)/pp.71-75, 2015
  • Facilitating pro-environmental behavior: The role of constructive pessimism and anthropocentric environmental values
    Kaida Naoko; Kaida Kosuke
    Social Indicators Research/126(3)/pp.1243-1260, 2015-3
  • Evaluating potential benefits of welfare packages for development-induced involuntary resettlement in Bangladesh
    Kaida Naoko
    Journal of Sustainable Development/8(1)/pp.203-217, 2015-02
  • Economic valuation of the Nha Trang Bay Marine Protected Area: A willingness to pay survey on the conservation programs
    Kaida Naoko; Dang Nguyet Anh
    Journal of Environmental Information Science/42(5)/pp.33-44, 2014-03
  • 国際環境人材育成プログラムの取り組みと課題
    佐瀬 優子; 甲斐田 直子; 井村 秀文
    環境技術 = Environmental conservation engineering/38(10)/pp.703-710, 2009-10
  • A factor analysis approach toward the effects of risk perceptions on the value of a statistical life: air pollution-associate risk and traffic accident risk
    Kaida; N.; Shirakawa; N.; and Matsuoka; S.; +甲斐田 直子
    Journal of Environmental Information Science/36(5)/p.11-20, 2008-01
  • Interdependency of the economy, environment and government capacity: examining the structure of Japan's environmental problems in the 1980s and 1990s
    Kaida; N.; Matsuoka; S.; +甲斐田 直子
    Journal of Environmental Information Science/18/p.1-11, 2007-01
  • 社会的環境管理能力の形成と制度変化
    松岡俊二・岡田紗更・木戸謙介・本田(甲斐田)直子; +甲斐田...
    国際開発研究/13(2)/p.31-50, 2004-01
  • 日本の大気汚染における社会的環境管理能力の役割―都道府県別パネルデータによる実証分析―
    本田(甲斐田)直子
    環境情報科学論文集/18/p.331-336, 2004-01
  • 東アジアにおける環境政策の効率性評価に関する研究:マレーシア・クアラルンプール・広島市を例に
    松岡俊二・白川博章・本田(甲斐田)直子・竹内憲司・松本礼...
    東アジアへの視点(国際東アジア研究センター誌)/(2002年9月)/p.46-56, 2002-09
  • 環境援助における能力開発とは何か―環境管理能力の形成(CDE)のレヴュー―
    松岡俊二・本田(甲斐田)直子; +甲斐田 直子
    国際開発研究/11(2)/p.149-172, 2002-01
  • ODA事業評価における専門性と総合性―DAC5項目の具体化を中心に―
    松岡俊二・本田(甲斐田)直子; +甲斐田 直子
    国際開発研究/10(2)/p.49-70, 2001-01
著書
  • 開発援助と社会的環境管理能力の形成
    甲斐田 直子
    アジアの環境ガバナンス/pp.159-185, 2013-03
  • 社会的環境管理能力と社会構造に関する研究
    甲斐田 直子
    2005-03
  • 松岡俊二・本田(甲斐田)直子・岡田紗更,途上国の社会的環境管理能力の形成と日本の国際協力,井村秀文・松岡俊二・下村恭民(編著),環境と開発(シリーズ国際開発第2巻),日本評論社,pp.167-195(第8章),2004年.
    甲斐田 直子
    2004-01
  • Evaluating Social Capacity Development for Environmental Management in Developing Countries: Case Studies (Chapter 3)
    Matsuoka S. and Kuchiki A. (eds.) Social Capacity Develop...
    2003-01
  • アジアにおける社会的環境管理能力の形成:ケース・スタディ(第4章)
    松岡俊二・朽木昭文(編著) アジアにおける社会的環境管理能...
    2003-01
会議発表等
  • Feel positive, and go for the next round of pro-environmental behavior: Testing the positive spiral associations using Japanese panel data
    Kaida Naoko; Kaida Kosuke
    Fifth World Congress on Positive Psychology/2017-07-13--2017-07-17
  • Low performance of repayment and kindness enhances altruistic behaviors in Japanese workers
    Otsuka Yasumasa; Kaida Naoko; Kaida Kosuke
    6th Conference Work Organization & Psychosocial Factors/2017-08-29--2017-09-01
  • Sleepiness correlates with subjective well-being and pro-environmental behavior
    Kaida Naoko
    American Psychological Association Convention 2016/2016-08-04--2016-08-07
  • Strongly attached but not so happy? Comparing the relationship between place attachment and subjective well-being in native and non-n ative residents in Ibaraki, Japan
    Kaida Naoko
    International Congress of Psychology 2016/2016-07-24--2016-07-29
  • Micro satisfaction as a mediating factor between pro-environmental behavior and subjective well-being
    甲斐田 直子
    European Conference on Positive Psychology 2016/2016-06-28--2016-07-01
  • 消費者のエコ志向・節約志向が環境配慮行動に与える促進効果
    石崎絢子; 劉雨晨; 甲斐田 直子
    第9回環境心理学会/2016-03-19--2016-03-19
  • 商業施設内トイレの環境整備にともなう利用時の満足度と混雑度の関係
    鈴木万裕; 劉雨晨; 甲斐田 直子
    第9回環境心理学会/2016-03-19--2016-03-19
  • Hedonia-eudaimoniaによる動機付けがごみ分別行動促進に与える影響:大学生を対象とした介入実験を事例に
    甲斐田 直子
    第9回環境心理学会/2016-03-19--2016-03-19
  • Change in pro-environmental behavior intentions after receiving correct information of CO2 reduction
    Kaida Naoko
    2015 American Psychological Association Convention/2015-08-06--2015-08-09
  • Momentary satisfaction of engaging in pro-environmental behavior: New scale development and its correlations with happiness-related scales
    甲斐田 直子
    Fourth World Congress on Positive Psychology/2015-06-25--2015-06-28
  • Social practice theory: A new insight for social marketers to foster pro-environmental behavior
    甲斐田 直子
    World Social Marketing Conference/2015-4-19--2015-4-21
  • Effect of perceived effectiveness and efficiency of pro-environmental behavior on facilitating the behaviors and happiness
    Kaida Naoko
    East Asian Association of Environmental and Resource Economics 2014 Inter-congress Conference/2014-12-18--2014-12-18
  • 国際環境協力の構造変化:新たな課題と可能性
    甲斐田 直子
    国際開発学会全国大会/2014-11--2014-11
  • 住区・市に対する地域愛着と環境配慮行動の関係
    甲斐田 直子
    環境経済・政策学会2014年大会/2014-09-13--2014-09-14
  • 環境配慮行動と主観的幸福感の構造的関係性に関する実証的検討
    甲斐田 直子
    環境科学会/2014-9--2014-9
  • Structural associations of pro-environmental behavior and present and future subjective well-being
    Kaida Naoko
    7th European Conference on Positive Psychology/2014-07-01--2014-07-04
  • Pro-environmental behavior, happiness, and perceived future happiness among the elderly: An exploratory analysis on Swedish and Japanese survey data
    甲斐田 直子
    The 1st International Conference on Global Aging Tsukuba/2014-01-24
  • Socio-economic issues surrounding algae as biofuel: Commercial viability, institutional considerations, and social awareness
    Kaida Naoko
    UTM-UT Reserach Symposium: Algae and Water Treatment Systems/2013-12-17
  • アジア地域ガバナンスにおける環境援助の役割
    甲斐田 直子
    環境経済・政策学会2013年大会/2013-09-21--2013-09-22
  • Economic Valuation of the Nha Trang Bay Marine Protected Area (MPA): A willingness-to-pay survey
    Kaida Naoko
    国際開発学会第14回春季大会/2013-06-08
作品
  • 国際協力銀行円借款案件事後評価「テーマ別評価(第三者)『インド・アラバリ山地植林事業評価』」調査助手
    甲斐田 直子
  • 国際開発学会環境ODA評価研究会,国際協力事業団委託・2002年度特定テーマ評価(環境分野)第三者評価「環境センター・アプローチ:途上国における社会的環境管理能力の形成と環境協力」調査助手
    甲斐田 直子
  • 国際開発学会環境ODA評価研究会,「国際協力事業団委託・2002年度特定テーマ評価(環境分野)第三者評価「環境センター・アプローチ:途上国における社会的環境管理能力の形成と環境協力」フィードバック事業 調査助手
    甲斐田 直子
担当授業科目
2017-04 -- 2017-08地域未来創生アクティブラーニングII筑波大学
2017-10 -- 2018-02地域未来創生アクティブラーニングII筑波大学
2017-10 -- 2018-02社会システム・マネジメント特別演習I筑波大学
2017-04 -- 2017-08社会システム・マネジメント特別演習I筑波大学
2017-10 -- 2017-12環境政策概論筑波大学
2017-10 -- 2018-02地域未来創生アクティブラーニングIII筑波大学
2017-04 -- 2017-08地域未来創生アクティブラーニングIII筑波大学
2017-10 -- 2018-02環境科学セミナー2F筑波大学
2017-04 -- 2017-08社会工学博士特別演習I筑波大学
2017-10 -- 2018-02社会工学博士特別演習I筑波大学
学内管理運営業績
2012-04 -- 2013-04社会工学類1年クラス担任
2011-04 -- 2015-03大学院環境科学専攻JDS委員会委員
2013-04 -- 2015-03大学院環境科学専攻SUSTEP英語教育プログラム委員会委員
2013-04 -- 2015-03大学院社会工学専攻広報等委員会委員
2013-04 -- 2014-03社会工学類2年クラス担任
2013-04 -- 2014-03社会工学類教育図書委員会委員
その他の活動
2013-05 -- 2015-05産業技術総合研究所外来研究員
2014-06 -- (現在)岡山県立岡山城東高等学校 学類研修(筑波大学)受入れ
2014-03 -- (現在)筑波大学北アフリカ・地中海事務所主催セミナー「イスラーム圏の人々とのお付き合いとおもてなし」講演
2014-02 -- (現在)岡山県立岡山城東高等学校 持続可能な開発のための教育(ESD)特別講演
2012-07 -- 2012-07茨城県つくば市環境マイスター講座講師
2012-07 -- (現在)茨城県鹿嶋市立平井小学校学校地域防災力強化委員会委員
2012-07 -- (現在)茨城県鹿嶋市立学校防災推進委員会委員

(最終更新日: 2017-06-28)