現在地

長田 年弘(オサダ トシヒロ; Osada, Toshihiro)

所属
芸術系
職名
教授
生年月
1958-04
eメール
 
電話
029-853-2819
Fax
029-853-2819
研究分野
考古学
研究キーワード
西洋古代美術史
西洋古典考古学
研究課題
古代地中海世界における知の動態と文化的記憶2018-04 -- 2023-03周藤 芳幸日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)
パルテノン彫刻研究-オリエント美術を背景とする再解釈の構築2018-04 -- 2022-03長田年弘日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)
古代地中海世界における知の伝達の諸形態2016-04 -- 2018-03周藤芳幸日本学術振興会/基盤研究(A)
聖地オリュンピア-戦闘行為の抑止への宗教および視覚芸術の関与2016-04 -- 2019-03長田年弘日本学術振興会/挑戦的萌芽研究
The Parthenon Frieze. The Ritual Communication between the Goddes and Polis. Parthenon Project Japan 2011-20142015-04 -- 2016-03長田年弘日本学術振興会/文部科学省科学研究費補助金 研究成果公開促進費 学術図書400,000円
ペルシア戦争前夜におけるアマゾン図像の変遷1996-04 -- 1997-03鹿島美術財団/企業からの受託研究700,000円
A.R.T.の構築―筑波大学におけるアート・リソースの戦略的ディスプレーと活用(筑波大学平成20年度プレ戦略イニシアティブ)2008-04 -- 2009-03五十殿利治/学内共同研究
パルテノン神殿の造営目的に関する美術史的研究―アジアの視座から見たギリシア美術2006-04 -- 2007-03長田年弘/学内共同研究2,000,000円
「パルテノン・フリーズの祭礼行列-アジアを視座とするギリシア美術研究」(平成22年度筑波大学大学院人間総合科学研究科研究戦略プロジェクト)2010-09 -- 2011-03長田年弘/学内共同研究500,000円
古代ギリシア陶器画研究、古代ギリシア美術史全般2003-04 -- 2005-03/科学研究費補助金
職歴
1997-04 -- 2004-03広島大学 総合科学部 助教授
2004-04 -- 2007-03筑波大学 大学院人間総合科学研究科 助教授
2007-04 -- 2012-03筑波大学 大学院人間総合科学研究科 准教授
2012-04 -- (現在)筑波大学 芸術系 教授
学歴
-- 1986-03早稲田大学 文学研究科 芸術学美術史修了
-- 1993-04ザルツブルグ大学 古典考古学研究所 西洋古典考古学修了
-- 1994-03早稲田大学 文学研究科 芸術学美術史単位取得満期退学
取得学位
1993-04文学博士ザルツブルグ大学
所属学協会
-- (現在)古代世界研究会
-- (現在)広島芸術学会
-- (現在)地中海学会
2004 -- (現在)筑波大学芸術学美術史学会
-- (現在)日本オリエント学会
-- (現在)日本西洋古典学会
-- (現在)美学会
-- (現在)美術史学会
2008 -- (現在)Archaeological Institute of America
受賞
2009-01-08Best Poster Award, Archaeological Institute of America 110th Annual Meeting
論文
  • Eine neue Interpretationsmoeglichkeit des Parthenonfrieses
    Osada Toshihiro
    Akten des 16. Oesterreichischen Archaeologentages am Institut fuer Klassische Archaeologie der Universitaet Wien vom 25. bis 27. Februar 2016/pp.361-365, 2018-03
  • 礼拝空間-超越者と対峙する場の創造 シンポジウム 趣旨説明
    長田 年弘
    芸叢/33/pp.3-8, 2018-03
  • 礼拝空間-超越者と対峙する場の創造 シンポジウム 趣旨説明
    Osada Toshihiro
    芸叢/32/pp.1-8, 2016-03
  • Unsichtbare Goetter. Darstellung der Intervention der Gottheit in fruehklassischer Zeit
    Osada Toshihiro
    Akten des 15. Oesterreichischen Archaeologentages in Innsbruck. 27. Februar-1. Maerz 2014. IKARUS. Innsbrucker Klassisch-Archaeologische Universitaetsschriften Bd. 9/pp.275-284, 2016-02
  • The Parthenon Frieze as a Representation of Beneficiaries
    Osada Toshihiro
    Archaeological Institute of America 110th Annual Meeting Abstracts/pp.199-199, 2016-01
  • The Invisible God. The Representation of Divine Intervention in the Early Classical Period
    Osada Toshihiro
    New Approaches to the Temple of Zeus at Olympia. Proceedings of the First Olympia-Seminar 8th-10th May 2014/pp.98-111, 2015-09
  • Ist der Parthenonfries sinnbildlicher Ausdruck des athenischen Imperialismus?
    長田 年弘
    Akten des 14. Oesterreichischen Archaeologentages am Institut fuer Archaeologie der Universitaet Graz vom 19. bis 21. April 2012/pp.307-314, 2014-03
  • 「記憶」と「敬虔」の径庭―アクロポリス奉納文化におけるパルテノン・フリーズ
    長田 年弘
    西洋美術研究/17/pp.29-49, 2013-11
  • パルテノン・フリーズ浮彫における女性とメトイコイ-「民主政賛歌」説の批判-
    長田 年弘
    西洋史研究/(42)/pp.191-205, 2013-11
  • パルテノン・フリーズ―贅美を尽くした捧げ物
    長田年弘
    藝叢/(28)/p.1-10, 2013-01
  • Die Entmythologisierung des Alexandermosaiks an der Darstellung des Dareios
    Toshihiro Osada
    Akten des 13. Oesterreichischer Archaeologentag. Klassische und Fruehaegaeische Archaeologie. Paris-Lodron-Universitaet. Vom 25. bis 27. Februar 2010./p.145-152, 2012-04
  • Ist der Parthenonfries sinnbildlicher Ausdruck des athenischen Imperialismus?
    Toshihiro Osada
    14. Oesterreichischer Archaeologentag. 19.-21. April 2012 an der Karl-Franzens-Universitaet Graz. Abstracts./p.29, 2012-04
  • Also Ten Tribal Units – The Grouping of Cavalry on the Parthenon North Frieze
    Toshihiro Osada
    American Journal of Archaeology/115(4)/pp.537-548, 2011-10
  • パルテノン神殿北面フリーズ浮彫の騎馬隊の分類
    長田年弘
    平成19-平成21年度 科学研究費補助金 基盤研究(A)研究成果報告書 パルテノン神殿の造営目的に関する美術史的研究―アジアの視座から見たギリシア美術/p.10-23, 2011-03
  • 書評 Judith M. Barringer, Art, Myth and Ritual in Classical Greece
    長田 年弘
    西洋古典学研究/(59)/pp.148-150, 2011-01
  • 宣誓と詐偽の神話-ゼウス神殿彫刻に見る古代オリンピック
    長田年弘
    A.R.T.の構築-筑波大学におけるアート・リソースの戦略的ディスプレーと活用/p.14-28, 2010-03
  • Amazonendarstellung in der spaetarchaischen und fruehklassischen Zeit
    Toshihiro Osada
    Akten des 12. Oesterreichischen Archaeologentages, Wien. 28.2-1.3.2008/p.45-52, 2010-01
  • Also Ten Tribal Units – The Grouping of Cavalry on the Parthenon North Frieze
    Toshihiro Osada
    Archaeological Institute of America 110th Annual Meeting Abstracts/Volume 32/p.53, 2009-01
  • The Honor of Orestes and the Cowardice of Aigisthos. Formation of the Social Ideal and Athenian Vase-Painting in the Early-Classical Period.
    Toshihiro Osada
    Bulletin Antieke Beschaving, Annual Journal on Mediterranean Archaeology/83/p.61-71, 2008-01
  • Die Interpretation des Nordfrieses vom Siphnierschatzhaus. Ikonographische Analyse im sozial-politischen Kontext.
    長田 年弘
    Akten des 10. Oesterreichischen Archaeologentages/p.137-141, 2006-03
  • Ein Gott, der nicht richtet. Das Zeusbild am olympischen Ostgiebel und die Religionsanschauung der Griechen
    Toshihiro Osada
    Akten des 11. Oesterreichischen Archaeologentages in Innsbruck 23.-25. . IKARUS. Innsbrucker Klassisch-Archaeologische Universitaetsschriften Bd. 3/p.215-224, 2006-01
  • Das Mosaik der Sieben Weinsen in Neapel
    長田 年弘
    Proceedings of the XVIth International Congress of Classical Archaeology Boston, August 23-26, 2003/p.334-337, 2006-01
  • 書評 平山東子著『ギリシアの陶画家 クレイティアスの研究 紀元前6世紀前半におけるアッティカ黒像式陶器の展開』
    長田 年弘
    地中海学研究/(29)/pp.89-95, 2006-01
  • オレステスの名誉とアイギストスの怯懦--クラシック初期アテナイ陶器画と社会規範の形成
    長田 年弘
    芸術研究報/(26)/pp.1-27, 2005-01
  • 書評 B. Cohen, ed., Not the Classical Ideal: Athens and the Construction of the Other in Greek Art
    長田 年弘
    西洋古典學研究/52/pp.114-116, 2004-03
著書
  • パルテノン神殿の造営目的に関する美術史的研究 ―アジアの視座から見たギリシア美術―
    長田 年弘
    パルテノン神殿の造営目的に関する美術史的研究 ―アジアの視座から見たギリシア美術―研究グループ, 2011-03
  • 平成24年度~平成26年度 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 研究成果報告書 古代ギリシア・ローマ美術史における「祈り」の図像に関する社会学的考察
    長田 年弘
    古代ギリシア・ローマ美術史における「祈り」の図像に関する社会学的考察研究グループ, 2015-03
  • The Parthenon Frieze. Display of Piety and Privilege
    Osada Toshihiro
    The Parthenon Frieze. Ritual Communication between the Goddess and the Polis.Parthenon Project Japan 2011-2014, Phoibos Verlag, pp.11-30, 2016-01
  • The Parthenon Frieze. Ritual Communication between the Goddess and the Polis. Parthenon Project Japan 2011-2014
    Osada Toshihiro
    The Parthenon Frieze. Ritual Communication between the Goddess and the Polis. Parthenon Project Japan 2011-2014, Phoibos Verlag, 2016-01
  • 入門 ギリシア・ローマ神話の世界
    長田 年弘
    入門 ギリシア・ローマ神話の世界, 株式会社洋泉社, 2014-05
  • Stilentwicklung hellenistischer Relieffriese
    長田 年弘
    1993-04
  • 朝倉世界地理講座7巻 地中海ヨーロッパ
    長田 年弘
    2010-02
  • Stilentwicklung hellenistischer Relieffriese, Europaeische Hochschulschriften, Reihe 28, Bd. 185
    長田 年弘
    Verlag Peter Lang, 1993-01
  • 「第4章、作品解説」『ギリシア・クラシックとヘレニズム』(世界美術大全集4)
    長田 年弘
    小学館, 1995-01
  • 「第5章、東と西のギリシア彫刻」『エーゲ海美術とギリシア・アルカイック』(世界美術大全集3)
    長田 年弘
    小学館, 1997-01
  • 『神々と英雄と女性たち』
    長田 年弘
    中央公論社, 1997-01
  • 「第1章、ギリシャ・ローマ」『西洋美術館』
    長田 年弘
    小学館, 1999-01
  • 「第1章、古代」『ルーヴル美術館名品集』
    長田 年弘
    美術教育センター, 2001-01
  • 大学で学ぶ西洋史 [古代・中世]
    南川高志; 高橋秀樹; 橋場弦ほか22名; +長田 年弘
    ミネルヴァ書房, 2006-08
  • 朝倉世界地理講座7巻 地中海ヨーロッパ
    長田年弘; 安田喜憲・山辺規子・竹中克行・周藤芳幸その他44名
    朝倉書店, 2010-02
会議発表等
  • Die Darstellung der Asylie bei Kindern, Alten und Frauen in der athenischen Kunst aus dem 6. und 5. Jahrhundert v. Chr.
    Osada Toshihiro
    17. Oesterreichischer Archäologentag. Salzburg, 26.-28. Februar 2018/2018-02-27--2018-02-27
  • パルテノン神殿装飾-古代ギリシャ彫刻と祭祀について
    長田 年弘
    ギリシャ彫刻を考える-パルテノンの神々を中心に/2017-09-16--2017-09-16
  • 神々への娯楽の提供―古典期ギリシア美術におけるスポーツ競技の表現について
    Osada Toshihiro
    古代世界研究会2016年度 西洋古代史サマーセミナー/2016-09-17--2016-09-17
  • パルテノン・フリーズにおけるスポーツ競技の場面について
    Osada Toshihiro
    古代地中海世界における知の伝達の諸形態, 第一回全体研究会/2016-09-26--2016-09-27
  • 奉納浮彫における銘と図像―奉納者と受益者の特定について
    長田 年弘
    古代地中海世界における知の伝達の諸形態, 第一回全体研究会/2015-09-26--2015-09-27
  • 祈りと応答―古代ギリシアの「見えない神」の表現について
    長田 年弘
    第66回美学会全国大会当番校企画シンポジウムI (「見える神、見えない神―神の不可視性をめぐるレトリック」/2015-10-09--2015-10-11
  • The Parthenon Frieze as a Representation of Beneficiaries
    Osada Toshihiro
    Archaeological Institute of America 117th Annual Meeting in San Francisco, California, January 6–9, 2016/2016-01-06--2016-01-09
  • Der Parthenonfries als Repraesentation der Tempelweihenden
    Osada Toshihiro
    16. Oesterreichischer Archaeologentag. Wien, 25. Februar-27. Februar, 2016/2016-02-25--2016-02-27
  • 神々の臨席-パルテノン・フリーズにおける見えない神
    長田 年弘
    美術史学会第67回全国大会/2014-05-17--2014-05-17
  • The Invisible God
    Osada Toshihiro
    New approaches to the temple of Zeus at Olympia. Architecture, Sculpture and Recent Technologies. 8-10 May 2014/2014-05-08--2014-05-10
  • ペルシア戦争と前5世紀アテナイにおける文化受容
    長田 年弘
    ex oriente lux(光は東方より)―古代ギリシアローマ美術を見つめ直す/2013-9-29--2013-9-29
  • Unsichtbare Goetter. Darstellung der Intervention der Gottheit in fruehklassischer Zeit
    Osada Toshihiro
    15. Oesterreichischer Archaeologentag in Innsbruck, 27. 2. – 1. 3. 2014/2014-02-27--2014-03-01
  • "Ein Gott, der nicht richtet. Das Zeusbild am olympischen Ostgiebel und die Religionsanschauung der Griechen"
    Toshihiro Osada
    11. Oesterreichischen Archaeologentag (Innsbruck 23.-25. March 2006)/2006-03-24
  • 古代ギリシア、ローマの美術 II
    長田年弘
    西洋美術史講座/2006-12-09
  • 古代ギリシア、ローマの美術 I
    長田年弘
    西洋美術史講座/2006-12-06
  • 『ギリシア神話と女性たち』(第3回「オリーヴと葡萄酒-暮らしの中に息づく女神たち」)
    長田年弘
    ルーヴル-DNPミュージアムラボ・サロン講座 第三回/2007-08-28
  • 『ギリシア神話と女性たち』(第2回「聖地オリンピア-運命の悪女クリュタイメストラ」)
    長田年弘
    ルーヴル-DNPミュージアムラボ・サロン講座 第二回/2007-07-17
  • 『ギリシア神話と女性たち』(第1回「官能の力-トロヤ戦争と美女ヘレネ」
    長田年弘
    ルーヴル-DNPミュージアムラボ・サロン講座/2007-06-26
  • パルテノン・フリーズ浮彫における女性とメトイコイ-「民主政賛歌」説の批判
    長田年弘
    西洋史研究会大会____/2012-11
  • パルテノン・フリーズ―贅美を尽くした捧げ物
    長田年弘
    講演と研究発表「古代ギリシアの祭礼と美術に関する考察」筑波大学____/2012-12
  • The Encounter of Gods and Mortals in the Parthenon Frieze
    Toshihiro Osada
    Parthenon Sculpture Seminar in the British Museum (Parthenon Project Japan 2007-2009)____/2009-09
  • 奉納浮彫としてのパルテノン・フリーズ
    長田年弘
    日本西洋古典学会第62回大会____/2011-06
  • Ist der Parthenonfries sinnbildlicher Ausdruck des athenischen Imperialismus?
    Toshihiro Osada
    14. Oesterreichischer Archaeologentag. 19.-21. April 2012 an der Karl-Franzens-Universitaet Graz.____/2012-04
作品
  • 古代ギリシア、メッセネ遺跡の発掘調査
    長田 年弘
  • パルテノン彫刻現地調査
    長田 年弘
  • パルテノン彫刻現地調査
    長田 年弘
  • 古代ギリシア、メッセネ遺跡の発掘調査
    長田 年弘
  • 筑波大学プレ戦略イニシアティブ「A.R.T.(Art Resources in Tsukuba)の構築―筑波大学におけるアート・リソースの戦略的ディスプレーと活用」の研究活動の一環として2009年3月1日から5日までケルンに出張し、ケルン・メディア芸術アカデミーを視察した。以下の報告書を共同執筆した。「海外の大学アート・リソース事例②ケルン・メディア芸術アカデミー(2)」『A.R.T.の構築―筑波大学におけるアート・リソースの戦略的ディスプレーと活用(筑波大学平成20年度プレ戦略イニシアティブ報告書)』(2009年3月)16, 45, 46頁。
    長田 年弘
  • パルテノン彫刻現地調査
    長田 年弘
  • ロンドンにおける研究セミナーの主催
    長田 年弘
  • パルテノン彫刻現地調査
    長田 年弘
  • ザルツブルグ大学におけるKolloquium zu aktuellen Forschungen, Archäologisches Seminar, Universität Salzburgの主催
    長田 年弘
  • パルテノン彫刻現地調査
    長田 年弘
  • パルテノン彫刻現地調査および関連調査
    長田 年弘
  • パルテノン彫刻現地調査
    長田 年弘
  • パルテノン彫刻関連調査(ローマ)
    長田 年弘
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02美術史領域特別演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02美術史領域特別研究筑波大学
2018-10 -- 2018-12西洋古代美術史演習II-2筑波大学
2018-10 -- 2019-02美術史特講D-2筑波大学
2018-10 -- 2019-02美術史研究筑波大学
2018-10 -- 2019-02卒業研究筑波大学
2018-10 -- 2018-12芸術学概論-2筑波大学
2018-10 -- 2018-12西洋古代美術史特講II-2筑波大学
2018-10 -- 2018-12西洋美術史-1筑波大学
2018-04 -- 2018-08美術史領域特別演習筑波大学
授業以外の教育活動
2012-08 -- 2013-09第10回展『古代ギリシアの名作をめぐって‐人 神々 英雄』翻訳監修ルーヴル-DNPミュージアムラボ
一般講演
  • トロイア炎上-ギリシャ神話と美術
    Osada Toshihiro
    長崎県美術館講演会/2016-10-22--2016-10-22
  • 世界古代文明の謎を探るシリーズ(5)「トロイアの木馬-ギリシア神話と美術」
    Osada Toshihiro
    JASS(日本セカンドライフ協会)講演会/2017-02-18--2017-02-18
  • 古代ギリシャ美術の魅力-「トロイア炎上-ギリシャ神話と陶器画」
    Osada Toshihiro
    日本ギリシャ協会 特別講演会/2016-07-30--2016-07-30
  • 地中海学会講座 地中海:神話・伝承を紡ぐ「トロイア戦争物語ー美術・神話・発掘
    Osada Toshihiro
    NHK文化センター青山教室/2017-05-15--2017-05-15
  • 古代ギリシアの神々と美術―トロヤ戦争神話を中心に
    長田 年弘
    『神話と美術』シリーズ/2013-10-04--2013-10-04
  • ペルシア戦争と前5世紀アテナイにおける文化受容
    長田 年弘
    ex oriente lux(光は東方より)―古代ギリシアローマ美術を見つめ直す/2013-09-29--2013-09-29
  • Unsichtbare Goetter. Darstellung der Intervention der Gottheit in fruehklassischer Zeit
    Osada Toshihiro
    15. Oesterreichischer Archaeologentag in Innsbruck, 27. 2. – 1. 3. 2014/2014-02-27--2014-03-01
  • パルテノン・フリーズ―贅美を尽くした捧げ物
    長田年弘
    国際シンポジウム「古代ギリシアの祭礼と美術に関する考察」/2012-12-01
  • パルテノン・フリーズ浮彫における女性とメトイコイ-「民主政賛歌」説の批判
    長田年弘
    西洋史研究会大会/2012-11-11
  • Ist der Parthenonfries sinnbildlicher Ausdruck des athenischen Imperialismus?
    長田年弘
    14. Oesterreichischer Archaeologentag in Graz/2012-04-20
  • Yes or No? パルテノン・フリーズはアテナイ帝国主義の表明か?-ペルシア美術との比較を通じて
    長田年弘
    パルテノン・フリーズの祭礼行列-アジアを視座とするギリシア美術研究(平成22年度筑波大学大学院人間総合科学研究科研究戦略プロジェクト)/2010-11-27
  • 奉納浮彫としてのパルテノン・フリーズ
    長田年弘
    日本西洋古典学会第62回大会/2011-06-05
  • Die Entmythologisierung des Alexandermosaiks an der Darstellung des Dareios
    長田 年弘
    13. Oesterreichischer Archaeologentag in Salzburg/2010-02-01
  • 宣誓と詐偽の神話-ゼウス神殿彫刻に見る古代オリンピック
    長田 年弘
    『美術とスポーツをめぐる研究集会』 (筑波大学プレ戦略イニシアティブ「A.R.T.の構築」)/2009-11-01
  • "Zur Lokalisierung der Wekstatt des Laginafrieses"
    Toshihiro Osada
    Academical Contacts with Japanese Scholars in the Field of European Classical Studies. (Tokyo 21. Oct. 1995)/1995-11-21
  • "Zu den sieben Weisen Mosaiken"
    Toshihiro Osada
    International Academic Meeting: Hellenistic Painting, Characteristic and Meaning, Problems, Prospects. (Tokyo 16.-18. Apr. 1999)/1999-04-17
  • "Das Mosaik der Sieben Weisen in Neapel"
    Toshihiro Osada
    XVI International Congress of Classical Archaeology/2003-08-24
  • "Interpretation des Nordfrieses vom Siphnierschatzhaus - Ikonographische Analyse im sozial-politischen Kontext"
    Toshihiro Osada
    Oesterreichischen Archaeologentag (Graz 7.-9. Nov. 2003)/2003-11-18
  • 「アテナイ陶器画におけるスキュタイ図像」
    長田年弘
    西洋古代史サマーセミナー「西洋古代史における図像史料の可能性」古代世界研究会・歴史学研究会西洋古代史部会主催/2004-09-23
  • 「アルカイック末期からクラシック期のアテナイ芸術におけるギガントマキア図像の変遷」
    長田年弘
    筑波大学芸術学美術史学会平成16年度研究発表会/2004-04-10
  • 「裁かない神―オリュンピア東破風ゼウス像と古代ギリシアの宗教観」
    長田年弘
    第16回アルゴ会/2005-11-26
  • 「プシュコスタシア―アテナイ陶器画における『神々の介入』と社会背景」
    長田年弘
    第14回アルゴ会/2005-04-17
  • 「クーロス、コレー像の解釈について」
    長田年弘
    『科学研究費 古代ギリシア美術の私的領域に関する図像の研究』第1回研究例会/2006-07-01
  • 「パルテノン神殿本尊台座浮彫りに関する最近の研究」
    長田年弘
    文部科学省科学研究費 基盤研究(A)「パルテノン神殿の造営目的に関する美術史的研究―アジアの視座から見たギリシア美術」(2007-2009)2007年第1回研究例会/2007-06-09
  • Amazonendarstellung in der spaetarchaischen und fruehklassischen Zeit
    Toshihiro Osada
    12. Oesterreichischer Archaeologentag in Wien 28.2-1.3.2008/2008-02-29
学協会等委員
2016-04 -- 2019-03美術史学会常任委員
2015-04 -- 2016-03美術史学会常任委員
2012-04 -- 2015-03日本西洋古典学会委員
2008 -- (現在)古代世界研究会委員
1997 -- 2004広島芸術学会委員
2009 -- (現在)日本西洋古典学会書評委員
2007 -- 2012美術史学会常任委員
2007-04 -- 2007-09ルーヴル-DNPミュージアムラボ 第2回展『古代ギリシアの小像、タナグラの優美』監修
2008-01 -- 2008-01
2010-03 -- 2010-03筑波大学公開シンポジウム『パルテノン神殿と祭神のイメージ―古代ギリシアの宗教観を問う試み』主催
学内管理運営業績
2012-04 -- 2013-03博士後期課程芸術専攻入試連絡会長
2014-04 -- 2015-03博士後期課程芸術専攻『芸術学研究』編集委員長
2015-04 -- 2016-03芸術系予算委員長
2016-04 -- 2017-03博士後期課程芸術専攻研究委員長
2013-04 -- 2017-03研究推進会議委員
2016-04 -- 2017-03博士後期課程芸術専攻長補佐
2012-04 -- 2019-03ボン事務所運営委員
2013-04 -- 2017-03芸術系研究推進室長
2017-04 -- 2019-03人間総合科学研究科博士後期課程芸術専攻長
その他の活動
2012-12 -- 2013-11科学研究費委員会専門委員(担当審査部門 1段 美術史)(独立行政法人日本学術振興会)
2015-08 -- 2016-07特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員(人文学領域)(独立行政法人日本学術振興会)
2016-08 -- 2017-07特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員(人文学領域)(独立行政法人日本学術振興会)
2016-08 -- 2017-07特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員(人文学領域)(独立行政法人日本学術振興会)
2017-05 -- 2017-07卓越研究員候補者選考委員会書面審査員(人文学領域)(独立行政法人日本学術振興会)

(最終更新日: 2018-09-19)