現在地

金谷 麻理子(カナヤ マリコ; Kanaya, Mariko)

所属
体育系
職名
准教授
研究分野
身体教育学
身体教育学
研究キーワード
体操競技
競技力
運動方法論
スポーツ技術
研究課題
スポーツコーチングにおける運動を「見抜く力」の養成に関する研究2016 -- 2018金谷 麻理子日本学術振興会/基盤研究(C)2,600,000円
「感じる」を探る-スポーツにおける「わかる」と「できる」に着目して-2010 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(C)1,560,000円
マット運動における「後転とび」の学習法の開発                  2006 -- 2007日本学術振興会/若手研究(B)2,500,000円
職歴
2011-04 -- (現在)国立大学法人筑波大学 大学院人間総合科学研究科 准教授
学歴
-- 1995筑波大学 体育専門学群 運動学専攻
-- 2001鹿屋体育大学 体育学研究科修了
取得学位
修士(体育学)鹿屋体育大学
免許資格等
2013女子体操競技国際審判員
所属学協会
-- (現在)身体運動文化学会
-- (現在)日本スポーツ運動学会
-- (現在)日本スポーツ方法学会
2001 -- (現在)日本体力医学会
1999 -- (現在)日本体操競技・器械運動学会
1996 -- (現在)日本体育学会
論文
  • 来れ!女性指導者 特集企画①女性指導者 こんなところがいい①
    金谷 麻理子
    Sports Japan/28/pp.2-3, 2016-11
  • 訂正:女性競技者の抱える問題,女性指導者増加のための具体的方策
    金谷 麻理子
    体育学研究/60/pp.R15_E-R15_E, 2015
  • 女性競技者の抱える問題,女性指導者増加のための具体的方策
    金谷 麻理子
    体育学研究/60/pp.R15_1-R15_11, 2015
  • 第45回世界体操競技選手権大会に参加して
    金谷 麻理子
    大学体育研究/(37)/pp.47-53, 2015-03
  • 「大学体育」のカリキュラムの違いが長期的な教育効果に及ぼす影響-T大学卒業生を対象としたアンケート調査に基づいて-
    金谷 麻理子; 小山 宏之; 富川 理充; 向後 佑香; 相羽美幸...
    筑波大学体育センター大学体育研究/36/pp.17-28, 2014-03
  • 「大学体育」のカリキュラムの違いが長期的な教育効果に及ぼす影響-T大学卒業生を対象としたアンケート調査に基づいて-
    金谷麻理子、小山宏之、富川理充、向後佑香、相羽美幸、吉松...
    筑波大学体育センター大学体育研究/(36)/pp.17-28, 2014
  • 筑波大学卒業生に対する共通科目「体育」に関する調査報告
    金谷 麻理子
    筑波大学体育センター大学体育研究, 2011-03
  • 大学体育の価値向上に向けた一考察 : 教育実践における目標・教授・学習に着目して
    松田 裕雄; 吉岡 利貢; 河村 レイ子; 桐生 習作; 金谷麻理子;...
    大学体育学/9(1)/pp.69-92, 2012-03
  • 運動の習得過程における意識内容の変容に関する研究
    金谷麻理子; 松元正竹; 北川淳一
    スポーツ運動学研究/(12)/p.43-58, 1999-01
  • 平行棒の「横向き後方車輪、反対の棒に移って単棒横向き倒立」に関する研究
    松元正竹; 北川淳一; 金谷麻理子
    鹿屋体育大学学術研究紀要/(22)/p.79-83, 1999-01
  • 運動習熟者の場合の自己観察の特徴に関するモルフォロギー的考察
    金谷麻理子; 松元正竹; 北川淳一
    スポーツ運動学研究/(13)/p.41-50, 2000-01
  • 運動の自己観察の構造に関する研究
    金谷麻理子; 松元正竹; 北川淳一
    鹿屋体育大学学術研究紀要/(24)/p.21-26, 2000-01
  • 「コツ」の言語表記とその問題性について
    金谷麻理子
    スポーツ運動学研究/(16)/p.27-35, 2003-11
  • 運動学習の障害事例に関するモルフォロギー的考察
    朝岡正雄; 佐藤誠; 金谷麻理子
    スポーツ運動学研究/(17)/p.25-43, 2004-01
  • マット運動における「後転とび」の新しい学習法の構築-「後転」から「後転とび」へ-
    金谷麻理子; 三木伸吾; 朝岡正雄
    スポーツ運動学研究/(18)/p.55-73, 2005-11
  • マット運動における「後転とび」の学習プロセスに関する研究-補助用具(フィジオロール)を用いた段階的学習法に着目して-
    金谷麻理子
    スポーツ方法学研究/21(1)/p.43-46, 2007-01
  • 大学体育における成績評価をどうするか?
    金谷麻理子; 鍋山隆弘; 三木ひろみ; 成瀬和弥; 堀出知里; 松...
    大学体育研究/(29)/pp.53-59, 2007-03
  • 大学体育おける「トランポリン」の学習可能性について
    金谷麻理子
    大学体育研究/(30)/p.67-77, 2008-01
  • 総合科目「スポーツ観戦法」
    鍋山隆弘; 金谷麻理子; 松元剛
    大学体育研究/(31)/p.25-33, 2009-03
  • 筑波大学体育センターの教育事業におけるカリキュラム概念基本構造の変遷
    松田裕雄; 金谷麻理子; 吉岡利貢; 小田梓; 吹田真士; 川村卓;...
    大学体育研究/(32)/pp.7-18, 2010-03
  • Characteristics of Physical Education Curriculum of Sport and Physical Education Center in University of Tsukuba
    Mariko Kanaya; Yasuo Matsuda; Toshitsugu Yoshioka; Hiroyu...
    The International Conference for the 30th Anniversary of the Japanese Society of Sport Education Proceedings/p.186-190, 2010-10
  • Differences in Effects of Physical Education Curriculum in University of Tsukuba before and after the Deregulation of University Act -Based on the Questionnaire Survey of Alumni of University of Tsukuba
    Hiroyuki Koyama; Mariko Kanaya; Masamitsu Tomikawa; Azusa...
    The International Conference for the 30th Anniversary of the Japanese Society of Sport Education Proceedings/p.197-201, 2010-10
  • Long-term Impacts of Physical Education Classes on the Alumni of a National University
    Masamitsu Tomikawa; Miyuki Aiba; Mariko Kanaya; Hiroyuki ...
    The International Conference for the 30th Anniversary of the Japanese Society of Sport Education Proceedings/p.191-196, 2010-10
  • 筑波大学卒業生に対する共通科目「体育」に関する調査報告
    金谷麻理子; 松田裕雄; 三木ひろみ
    大学体育研究/33/pp.51-67, 2011-03
  • 大学体育の価値向上に向けた一考察-教育実践における目標・教授・学習に着目して-
    松田裕雄; 吉岡利貢; 河村レイ子; 桐生習作; 金谷麻理子; 武...
    大学体育学/9/pp.69-92, 2012-03
著書
  • 最新体育授業シリーズ中・高校器械運動の授業づくり
    三木四郎; 加藤澤男; 本村清人編; +金谷 麻理子
    大修館書店, 2006-06
  • 最新スポーツ科学事典((社)日本体育学会監修)
    金谷 麻理子
    平凡社, 2006-09
会議発表等
  • 大学院生を対象とした体育授業の実践
    金谷 麻理子
    大学教育学会第40回大会/2018-6-9--2018-6-10
  • 大学体育における学修内容の再検討
    金谷 麻理子
    身体運動文化学会第22回大会/2017-12-10
  • Training system for female artistic gymnasts in Japan: Focus on the training sites and coaches for top gymnasts
    Kanaya Mariko
    IWAG2016(International Women's Artistic Gymnastics conference)/2016-10-31--2016-11-01
  • マット運動における「後転とび」の学習プロセスに関する研究-補助器具(フィジオロール)を用いた段階的学習法に着目して-
    金谷麻理子
    第18回日本スポーツ方法学会大会____/2007-03
  • Investigation on the learning process of "flick-flack" in floor exercise
    Mariko Kanaya
    AIESEP 2008 World Congress____/2008-01
  • A study of technical changes in the "Round-off" in women's artistic gymnastics
    Mariko Kanaya
    ICCE Asian Rrgional Coach Conference____/2008-11
  • Successful Coaching Making the Most of Athletes’Character
    Mariko KANAYA
    ICCE Grobal Coach Conference____/2009-11
  • 体操競技における技能レディネスの診断に関する研究
    金谷麻理子
    日本体育学会体育方法学会分科会会報_日本体育学会体育方法分科会_38__73-76/2012-03
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02大学院体育Ic筑波大学
2018-10 -- 2019-02大学院体育IIc筑波大学
2018-10 -- 2019-02大学院体育IIIc筑波大学
2018-10 -- 2019-02大学院体育IVc筑波大学
2018-10 -- 2019-02大学院体育Vc筑波大学
2018-10 -- 2018-12基礎体育器械運動(秋)筑波大学
2018-10 -- 2018-12応用体育器械運動(秋)筑波大学
2018-10 -- 2018-12体操競技コーチング総合演習筑波大学
2018-04 -- 2018-06基礎体育器械運動(春)筑波大学
2018-04 -- 2018-06応用体育器械運動(春)筑波大学
授業以外の教育活動
2001 -- (現在)筑波大学体操競技部女子コーチ筑波大学
学協会等委員
2017-11 -- 2019-10茨城県教育委員会茨城県スポーツ推進審議会委員
2015 -- (現在)日本スポーツパフォーマンス学会編集委員
2003 -- 2008日本体操協会女子体操競技委員会強化部部員
1999 -- 2015日本オリンピック委員会強化スタッフ(スポーツコーチ)
学内管理運営業績
2017 -- (現在)大学院共通科目委員会
2012 -- 2013ハラスメント防止対策委員会

(最終更新日: 2018-09-27)