現在地

菊 幸一(キク コウイチ; Kiku, Koichi)

所属
体育系
職名
教授
研究分野
身体教育学
スポーツ科学
研究キーワード
体育カリキュラム
近代スポーツ
現代スポーツ
歴史社会学
フィギュレーション社会学
プロフェッショナル・スポーツ
公共性
スポーツ政策
研究課題
生涯スポーツにつなぐ保健体育科・選択制授業の体制とその効果に関する社会学的研究1989-04 -- 1990-03菊幸一/出資金による受託研究
生涯スポーツ実践に向けた保健体育科・選択制カリキュラムの実証的検討1990-04 -- 1991-03菊幸一/出資金による受託研究
日・英におけるプロフェッショナル・スポーツの成立形態に関する比較社会学的研究1992-04 -- 1993-03菊幸一/出資金による受託研究
生涯スポーツ体系の構造と変動に関する日英比較研究1996-04 -- 1998-03菊幸一日本学術振興会/基盤研究(C)
生涯スポーツの多様化とその公共性に関する研究1999-04 -- 2002-03菊幸一日本学術振興会/基盤研究(C)
公共性の再構築からみた体育・スポーツのシステム再編に関する研究2002 -- 2004菊幸一日本学術振興会/基盤研究(C)700,000円
現代スポーツの公共性に関する文化社会学的研究2006 -- 2009菊幸一日本学術振興会/基盤研究(C)4,100,000円
スポーツ政策の公共性に関する国際比較研究2010 -- 2012菊幸一日本学術振興会/基盤研究(B)13,000,000円
「新しい公共」形成をめぐる民間スポーツ組織の公共性に関する国際比較研究2013 -- 2017菊 幸一日本学術振興会/基盤研究(B)18,850,000円
職歴
2004-04 -- 2007-03筑波大学 大学院人間総合科学研究科 助教授
2007-04 -- 2008-12筑波大学 大学院人間総合科学研究科 准教授
2008-12 -- 2012-03筑波大学 大学院人間総合科学研究科 教授
2010-04 -- 2016-03筑波大学 大学院人間総合科学研究科 スポーツ健康システム・マネジメント専攻長(兼務)
2012-04 -- (現在)筑波大学 体育系 教授
学歴
-- 1987筑波大学大学院博士課程 体育科学研究科単位取得満期退学
取得学位
1984-03教育学修士筑波大学
1988-03教育学博士筑波大学
免許資格等
1980-03高等学校教諭二級普通免許状保健体育科
1980-03中学校教諭一級普通免許状保健体育科
1980-03小学校教諭二級普通免許状
所属学協会
-- (現在)International Sociology of Sport Association
2010 -- (現在)東京体育学会
-- (現在)日本スポーツ社会学会
-- (現在)日本体育・スポーツ経営学会
-- (現在)日本体育・スポーツ政策学会
1995 -- (現在)日本体育科教育学会
1983-10 -- (現在)日本体育学会
受賞
2015-3-25秩父宮記念スポーツ医・科学賞奨励賞(代表)
2004-06-22秩父宮記念スポーツ医・科学奨励賞
1993-11日本体育学会奨励賞
論文
  • 3年間のまとめと今後の研究課題:「みる」スポーツ価値意識研究の課題と展望
    Kiku Koichi
    平成28年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告Ⅰ:新たなスポーツ価値意識の多面的な評価指標の開発―第3報―/pp.48-58, 2017-03
  • オリンピックとパラリンピックの相違
    Kiku Koichi
    スポーツゴジラ/(32)/pp.4-8, 2016-10
  • 新たな時代の保健体育のアウトカムを考える―保健と体育の充実に向けた教育課程の可能性―
    Kiku Koichi
    九州体育・保健体育ネットワーク研究会in福岡(/pp.7-12, 2016-10
  • 21世紀に求められる体育理論とは
    Kiku Koichi
    体育科教育/64(10)/pp.12-15, 2016-09
  • 嘉納治五郎師範がめざした柔道とオリンピック―MIND活動に寄せて―
    Kiku Koichi
    柔道/87(7)/pp.1-4, 2016-06
  • 日本のスポーツ科学をめぐって
    Kiku Koichi
    現代スポーツ評論/(34)/pp.17-35, 2016-05
  • ポスト東京2020と全体研
    Kiku Koichi
    全体研ニュース/(123), 2016-05
  • 新しい「資質・能力の3つの柱」をめぐって
    Kiku Koichi; 友添秀則; 松田恵示
    こどもと体育/(171)/pp.6-11, 2016-05
  • スポーツ選手の「セカンドキャリア」を考える;アスリートの第二の人生を「社会的死」にしないために ―試される私たちの「市民度」―
    Kiku Koichi
    週刊金曜日/(1084)/pp.16-18, 2016-04
  • 体育・スポーツ価値観への社会学的探究
    Kiku Koichi; 茂木宏子
    平成27年度日本体育協会スポーツ医・科学研究報告Ⅲ:新たなスポーツ価値意識の多面的な評価指標の開発 ―第2報―/pp.37-47, 2016-03
  • “Depressin” after Tokyo 2020? Characteristics of Japan’s sport policy and the 2020 Tokyo Olympics & Paralympics.
    Kiku Koichi
    MINIKOMI/(86)/pp.81-88, 2017-03
  • 文化としてのスポーツ・浪漫としてのスポーツ
    菊 幸一
    日本体育学会大会予稿集/67/pp.16-16, 2016
  • 生涯スポーツと学校体育
    菊 幸一
    日本体育学会大会予稿集/67/pp.43_1-43_1, 2016
  • スポーツの立場から
    菊 幸一
    日本体育学会大会予稿集/67/pp.8_2-8_2, 2016
  • 全体研岐阜大会を終えて―地方研究グループの新たな組織化をめざして―
    菊 幸一
    第60回全国体育学習研究協議会岐阜大会つみかさね/pp.1-1, 2016-03
  • スポーツ庁の設置と学校体育への期待
    菊 幸一
    体育科教育/63(13)/pp.20-27, 2015-11
  • 今こそ「楽しい体育」の原点に立ち返って
    菊 幸一
    こどもと体育/pp.14-14, 2015-09
  • 高等学校学習指導要領実施上の課題とその改善(保健体育)
    菊 幸一
    中等教育資料/64(9)/pp.10-15, 2015-09
  • 体罰・暴力の根絶に向けた運動部活動教育の内容と条件整備─教師の専門性と運動部活動指導の関係に注目して─
    神谷 拓; 菊 幸一
    体育学研究/60/pp.R12_1-R12_16, 2015
  • 体育カリキュラムの現代化と脱政治化の論理
    菊 幸一
    体育科教育学研究/30(2)/pp.81-88, 2014
  • 体育カリキュラムの現代化と脱政治化の論理("体育科教育学の未来"-カリキュラム論を問い直す,シンポジウム,11 体育科教育学,専門領域企画)
    菊 幸一
    日本体育学会大会予稿集/(64)/p.68, 2013-08
  • スポーツ基本法の社会学的考察 (特集 スポーツサイエンスの最前線)
    菊 幸一
    体育の科学/61(12)/pp.931-935, 2011-12
  • 21世紀のスポーツとグローバル課題への挑戦
    佐伯年詩雄; 菊 幸一
    指導者のためのスポーツジャーナル/p.7-12, 2011-11
  • 「自治体におけるスポーツ政策の現状と課題」設定の趣旨とフォーラムの焦点
    菊 幸一
    体育・スポーツ政策研究/20(1)/p.83-84, 2011-03
  • 指定討論 英国のスポーツ政策を含めて
    菊 幸一
    2010年度(社)日本体育学会体育社会学専門分科会シンポジウム採録/p.16-21, 2011-03
著書
  • スポーツと暴力の倫理学
    Kiku Koichi
    よくわかるスポーツ倫理学, ミネルヴァ書房, pp.110-121, 2017-03
  • 社会変化と今後の体育
    Kiku Koichi
    新版・教養としての体育原理, 大修館書店, pp.94-99, 2016-07
  • 体育・スポーツ社会学からみたスポーツ価値意識研究の現状と課題
    菊 幸一
    新たなスポーツ価値意識の多面的な評価指標の開発―第1報―, 公益財団法人日本体育協会, pp.5-31, 2015-04
  • 東アジアを貫く時間軸とスポーツ政策
    菊 幸一
    東アジアのスポーツ・ナショナリズム, ミネルヴァ書房, pp.239-267, 2015-12
  • スポーツと身体の社会学―Physical Happiness を求めて―
    菊 幸一
    聖カタリナ大学「風早の塾」現代を生きる叡智―生老病死をこえて―, ぎょうせい, pp.39-63, 2015-09
  • スポーツ振興事業について.コミュニティ・スポーツ振興事業の在り方.コミュニティづくりのための意識の啓蒙・普及の進め方.
    菊 幸一
    スポーツ振興事業について.コミュニティ・スポーツ振興事業の在り方.コミュニティづくりのための意識の啓蒙・普及の進め方., 福岡市市民スポーツ調査委員会(編), 1989-03
  • 基礎から学ぶスポーツリテラシー
    菊 幸一
    基礎から学ぶスポーツリテラシー, 大修館書店, 2012-12
  • 近代日本におけるプロフェッショナル・スポーツの成立形態とその社会的条件に関する研究
    菊 幸一
    1988-03
  • スポーツ技術の社会学
    菊 幸一
    不昧堂出版, 1984-05
  • みんなのスポーツQ&A
    菊 幸一
    不昧堂出版, 1985-01
  • 現代スポーツ指導者論
    菊 幸一
    ぎょうせい, 1988-09
  • スポーツと文化、社会
    菊 幸一
    ベースボール・マガジン社, 1988-10
  • 楽しさを深める体育授業の実際1年・2年
    菊 幸一
    教育出版, 1990-05
  • 楽しさを深める体育授業の実際3年・4年
    菊 幸一
    教育出版, 1990-06
  • スポーツ社会学への招待
    菊 幸一
    不昧堂出版, 1990-08
  • 話題源体育
    菊 幸一
    東京法令出版, 1990-09
  • 地域スポーツの創造と展開―福岡市からの提言―
    菊 幸一
    大修館書店, 1990-11
  • スポーツとヒューマニズム―日本1988―
    菊 幸一
    六甲出版, 1990-01
  • 商業スポーツ施設指導者教本・中級編
    菊 幸一
    商業スポーツ施設・社会体育指導者養成事業団体協議会, 1990-01
  • 「近代プロ・スポーツ」の歴史社会学
    菊 幸一
    不昧堂出版, 1993-02
  • 高校野球の社会学
    菊 幸一
    世界思想社, 1994-08
  • 小学校体育科授業研究
    菊 幸一
    教育出版, 1994-01
  • 女性のスポーツ医学
    菊 幸一
    南江堂, 1996-01
  • スポーツファンの社会学
    菊 幸一
    世界思想社, 1997-03
  • 生涯スポーツの社会学
    菊 幸一
    学術図書出版社, 1997-06
会議発表等
  • 次年度のシンポジウムに向けてのラフスケッチ
    Kiku Koichi
    日本体育学会第67回大会体育社会学専門領域プレセッション/2016-08-23
  • 生涯スポーツと学校体育―そのハザマ(vs.)をどう認識するか?―
    Kiku Koichi
    日本体育学会第67回大会体育哲学専門領域企画シンポジウム/2016-08-25
  • ユネスコの新「体育・身体活動・スポーツ国際憲章」と日本の現状・課題と展望―スポーツの立場から―
    Kiku Koichi
    日本体育学会第67回大会本部企画合同シンポジウム/2016-08-24--2016-08-26
  • スポーツと“ひと・社会”
    Kiku Koichi
    日本体育学会第67回大会/2016-08-24--2016-08-26
  • 次期学習指導要領の課題と21世紀型能力に向けた体育授業
    Kiku Koichi
    九州体育・保健体育ネットワーク研究会2016 ファイナルin 福岡シンポジウム/2016-03-05--2016-03-06
  • Fair Play から Integrity へ―現代スポーツの価値再考―
    Kiku Koichi
    大阪体育大学2016年度第3回スポーツ科学セミナー/2016-10-03
  • グローバル社会におけるスポーツの価値とその未来―東京2020オリンピック・パラリンピックを見据えて―
    Kiku Koichi
    全国外大連携プログラム/通訳ボランティア育成セミナー/2016-09-06
  • 文化としてのスポーツ・浪漫としてのスポーツ―次世代に繋ぐ―
    Kiku Koichi
    日本体育学会第67回大会/2016-08-24--2016-08-26
  • スポーツ庁の設置とこれからの学校体育―スポーツ政策と体育政策のハザマで―
    Kiku Koichi
    第9回東海大学学校保健体育授業研修会/2016-03-12
  • “Depression ” after Tokyo 2020?
    Kiku Koichi
    Ostasienwissenchaften – Japanologie der Universitat Wien und der Akademische Arbaitskreis Japan/2017-02-01
  • 次期学習指導要領の課題と21世紀型能力に向けた体育授業
    菊 幸一
    九州体育・保健体育ネットワーク研究会2016ファイナルin 福岡シンポジウム/2016-03-05
  • 「スポーツの価値」について考える
    菊 幸一
    生涯スポーツ・体力つくり全国会議2016第1分科会シンポジウム/2016-02-05
  • スポーツと原発―スポーツという『文化』から考える原発『問題』―
    菊 幸一
    スポーツネットワーク・ジャパン講演会&映画上映会/2015-07-11
  • スポーツ選手の第二の人生を考える
    菊 幸一
    日本スポーツ学会第3回スポーツ・セカンドキャリア・シンポジウム/2015-12-08
  • スポーツ組織の公共性と自立性からみた課題と展望
    菊 幸一
    日本体育・スポーツ経営学会第52回研究集会/2015-12-05
  • 'Melancholy’ after Tokyo 2020: Characteristics of Japan’s Sport Policy and 2020 Tokyo Olympics & Paralympics
    菊 幸一
    Japanologie der Universität Wien und der Akademische Arbeitskreis Japan/2015-11-24
  • 東京2020に向けたスポーツプロモーション―「ポスト東京2020」を展望する―
    菊 幸一
    日本体育学会第66回大会組織委員会企画「学際的シンポジウムⅡ」/2015-08-26
  • スポーツ政策を考えるために―「スポーツ」という発明と政策―
    菊 幸一
    東京オリンピック・パラリンピック組織委員会第1回研究ミーティング/2015-05-18
  • 嘉納治五郎の成果と今日的課題に関する歴史社会学的研究について
    菊 幸一
    第17回秩父宮記念スポーツ医・科学賞奨励賞受賞記念講演/2015-03-25
  • 嘉納治五郎の魅力を語る―その現代性と先見性―
    菊 幸一
    第98回日本スポーツ学会/2015-01-19
作品
  • 体育・スポーツに関する太宰府市民の意識調査報告書
    菊 幸一
  • 健康の診断と健康生活の指導に関する研究
    菊 幸一
  • 教科教育における教育実践情報に関するデータベース化の開発研究
    菊 幸一
  • 中・高年者のスポ-ツ参加に関する社会学的・心理学的研究-第一報-(共著)
    菊 幸一
  • 中・高年者のスポーツ参加に関する社会学的・心理学的研究-第2報-(共著)
    菊 幸一
  • 移行期における保健体育科目の課題と展望
    菊 幸一
  • 青少年のスポーツ参加に関する研究 -第1報- (共著)
    菊 幸一
  • 青少年のスポーツ参加に関する研究 -第2報- (共著)
    菊 幸一
  • 第41回全国体育学習研究協議会・東京大会研究紀要
    菊 幸一
  • 福岡教育大学付属体育研究センター20周年記念シンポジウム報告書
    菊 幸一
  • 生涯学習社会における地域と大学―地域における生涯学習と大学の役割―
    菊 幸一
  • 青少年のスポーツ参加に関する研究 -第3報- (共著)
    菊 幸一
  • 中高年のスポーツ参加をめぐる多様化と組織化に関する社会学的研究-第1報-(共著)
    菊 幸一
  • 奈良女子大学生涯学習教育研究センターニュース
    菊 幸一
  • 第39回全国体育指導員研究協議会大会報告書
    菊 幸一
  • 日本および諸外国の学校体育カリキュラムの実状と課題
    菊 幸一
  • 第62回全国体育施設研究協議会大会報告書
    菊 幸一
  • 公共性の再構築からみた体育・スポーツのシステム再編に関する研究
    菊 幸一
  • 現代スポーツの公共性に関する文化社会学的研究
    菊 幸一
  • 企業のスポーツ支援に関するモデル開発~成熟型企業経営の事例分析に基づいて~
    菊 幸一
  • トップアスリートのセカンドキャリア支援教育のためのカリキュラム開発(1)
    菊 幸一
  • 第50回全国体育学習研究協議会長野大会つみかさね
    菊 幸一
  • 体育科のナショナルスタンダード策定の試みとその妥当性の検証. 第1章第3節 イギリスにおけるナショナルスタンダード策定の背景とその影響. 第1章第4節 イギリスにおける体育理論の位置づけと内容構成
    菊 幸一
  • トップアスリートのセカンドキャリア支援教育のためのカリキュラム開発(2)
    菊 幸一
  • 車椅子空手指導者育成カリキュラムの開発~ユニバーサルスポーツとしての車椅子空手のプロモーションのために~
    菊 幸一
担当授業科目
2017-11 -- 2017-12プロフェッショナル・スポーツ論筑波大学
2017-04 -- 2017-06研究方法論I筑波大学
2017-10 -- 2018-02課題解決型プロジェクトワーク II筑波大学
2017-04 -- 2017-08課題解決型プロジェクトワーク II筑波大学
2017-10 -- 2017-11スポーツ健康研究方法論II筑波大学
2017-10 -- 2018-02スポーツウエルネス研究演習II筑波大学
2017-04 -- 2017-08スポーツウエルネス研究演習II筑波大学
2017-04 -- 2017-08研究セッション筑波大学
2017-10 -- 2018-02研究セッション筑波大学
2017-10 -- 2018-02課題解決型プロジェクトワーク筑波大学
一般講演
  • 社会の中のスポーツ
    Kiku Koichi
    日本体育協会公認コーチ・教師・AT養成共通科目講習会/2016-10-29
  • 社会の中のスポーツ
    Kiku Koichi
    日本体育協会公認コーチ・教師・AT養成共通科目講習会/2016-10-21
  • 学生柔道とJudo の接点―学生柔道のこれからのために―
    Kiku Koichi
    全日本学生柔道連盟教養講座/2016-09-30
  • これからの保健体育科の在り方について―中央教育審議会教育課程部会の審議経過を踏まえて―
    Kiku Koichi
    福岡県立高等学校保健体育科主任会/2016-05-13
  • 「スポーツの価値」について考える
    Kiku Koichi
    生涯スポーツ・体力つくり全国会議2016/2016-02-05
学協会等委員
2016-04 -- 2017-03国立教育政策研究所国立教育政策研究所教育課程センター高等学校「体育」学習指導要領実施状況調査結果分析委員会委員長
2016-04 -- 2017-03文部科学省学習指導要領等の改善に係る検討に必要な専門的作業協力者
2015-04 -- 2017-03文部科学省中央教育審議会専門委員初等中等教育分科会
2013-04 -- 2016-10文部科学省大学設置・学校法人審議会専門委員
2014-04 -- (現在)全日本柔道連盟全日本柔道連盟柔道MIND特別委員会/委員
2016-04 -- (現在)日本体育協会日本体育協会名称変更趣意書(仮称)検討ワーキング委員
2015-04 -- (現在)日本アンチ・ドーピング機構学術委員会委員
2015 -- (現在)日本スポーツ体育健康科学学術連合運営委員
2015 -- (現在)日本体育学会代議員
2015 -- (現在)日本体育学会体育社会学専門領域代表
学内管理運営業績
2010-04 -- 2016-03人間総合科学研究科運営委員会委員
2010-04 -- 2016-03体育系運営委員会委員
2010-04 -- 2016-03スポーツ健康システム・マネジメント専攻長専攻の運営管理責任者

(最終更新日: 2018-06-08)