現在地

新開 泰弘(シンカイ ヤスヒロ; Yasuhiro, Shinkai)

所属
医学医療系
職名
助教
研究分野
環境・衛生系薬学
研究課題
カドミウムの毒性防御を担う小胞体ストレス応答系と活性イオウ分子産生系の協調的役割2015 -- 2017新開 泰弘日本学術振興会/基盤研究(C)4,940,000円
大気中親電子物質1,4ーナフトキノンに対する細胞の生存シグナル制御機構2012 -- 2014日本学術振興会/基盤研究(C)1,950,000円
重金属毒性に対する転写因子Nrf1の防御的役割とその応答機構の解析2010 -- 2011日本学術振興会/若手研究(B)4,030,000円
カドミウムの血管毒性防御の分子機構を担う転写因子Nrf22008 -- 2009日本学術振興会/若手研究(B)4,420,000円
職歴
2007-04 -- 2009-10北陸大学 学術フロンティア 博士研究員
学歴
2003-04 -- 2007-03筑波大学 大学院人間総合科学研究科 生命システム医学専攻修了
取得学位
2007-03博士(医学)筑波大学
所属学協会
2003 -- (現在)日本薬学会
2007 -- (現在)日本毒性学会
2010 -- (現在)日本衛生学会
受賞
2015-09平成27年度日本薬学会環境・衛生部会賞・金原賞環境化学物質の生体内運命とそれに対する防御応答の分子機構
2013-12-11平成25年度メチル水銀研究ミーティング 若手研究奨励賞受賞メチル水銀とそのグルタチオン抱合体によるKeap1/Nrf2経路の活性化
2012-07-18日本毒性学会奨励賞
2008-08第27回チョークトーク 生体と金属・化学物質に関する研究会 櫻井賞受賞
2008-06第35回日本トキシコロジー学会学術年会 優秀研究発表賞受賞
2005-10フォーラム2005:衛生薬学・環境トキシコロジー 優秀若手研究者賞受賞
論文
著書
  • Intracellular Accumulation of Arsenic, Resulting in its Cytotoxicity and a Cellular Defense System Against Arsenic
    新開 泰弘
    2007-03
会議発表等
  • カドミウムによるHSP90の化学修飾を介する転写因子HSF1の活性化と活性イオウ分子によるその制御
    鵜木隆光; 新開泰弘; 増田章; 秋山雅博; Xian Ming; 熊谷 嘉人
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06
  • 1,4-NQ曝露によるPTEN/Akt/CREBシグナルの活性化はポリサルファイドモデル化合物Na2S4により抑制される
    安孫子ユミ; 新開泰弘; 鵜木隆光; 広瀬怜子; 上原孝; 熊谷 嘉人
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06
  • 活性イオウ分子を介したカドミウムの肝毒性の防御機構
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 石井功; 熊谷 嘉人
    第70回日本酸化ストレス学会/2017-06
  • 親電子リガンドによるIL-11産生機構とその生体における役割の解明
    仁科隆史; 出口裕; 三浦亮介; 山﨑創; 新開泰弘; 小島裕子; ...
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • カドミウムによるHSP90の化学修飾を介した転写因子HSF1の活性化と活性イオウ分子によるその制御
    鵜木隆光; 新開泰弘; 増田章; 秋山雅博; Ming XIAN; 熊谷 嘉人
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • 活性イオウ分子およびその産生酵素は1,4-NQ曝露によるHSP90/HSF1シグナルの活性化を抑制する
    広瀬玲子; 安孫子ユミ; 新開泰弘; 鵜木隆光; 土屋幸弘; 渡邊...
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • ポリサルファイドモデル化合物Na2S4は1,4-NQ曝露によるPTEN/Akt/CREBシグナルの活性化を抑制する
    安孫子ユミ; 新開泰弘; 鵜木隆光; 広瀬玲子; 上原孝; 熊谷 嘉人
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • 活性イオウ分子によるカドミウムの不活性化を介した肝毒性および生体応答の制御
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 石井功; 熊谷 嘉人
    第44回日本毒性学会学術年会/2017-07
  • ポリスルフィドNa2S4はイオウ付加体形成を通じて1,4-NQによる PTEN/ Akt/CREB シグナルの活性化と細胞毒性を抑制する
    鵜木隆光; 安孫子ユミ; 新開泰弘; 広瀬玲子; 上原孝; 熊谷 嘉人
    フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー/2017-09
  • 活性イオウ分子はカドミウムの不活性化を介して生体応答および肝毒性の惹起を負に制御する
    新開泰弘; 秋山雅博; 鵜木隆光; 石井功; 熊谷 嘉人
    フォーラム2017:衛生薬学・環境トキシコロジー/2017-09
  • Identification of a Sulfur Adduct of 1,4-Naphthoquinone during Reaction with a Polysulfide
    Reiko Hirose; Yasuhiro Shinkai; Yumi Abiko; Kumagai Yoshito
    Society of Toxicology 57th Annual Meeting/2018-03
  • 1,4-NQ-Mediated Activation of PTEN/Akt/CREB Signaling in Primary Mouse Hepatocytes
    Yumi Abiko; Yasuhiro Shinkai; Takamitsu Unoki; Reiko Hiro...
    Society of Toxicology 57th Annual Meeting/2018-03
  • Cystathionine Gamma-Lyase Is a Key Protein Repressing Methylmercury Poisoning Symptoms in Mice
    Masahiro Akiyama; Yasuhiro Shinkai; Isao Ishii; Takaaki A...
    Society of Toxicology 57th Annual Meeting/2018-03
  • Cadmium-Mediated Activation of the HSP90/ HSF1 Pathway Regulated by Reactive Persulfides and Polysulfides
    Yasuhiro Shinkai; Akira Masuda; Masahiro Akiyama; Xian M;...
    Society of Toxicology 57th Annual Meeting/2018-03
  • The Keap1-Nrf2 system regulates metallothionein expression and protects vascular endothelial cells from cadmium cytotoxicity
    Shinkai Y; Kumagai Y; Kimura T; Yamamoto C; Yamamoto M; J...
    Society of Toxicology 50th Annual Meeting/2011-03
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02環境衛生学特論筑波大学
2017-04 -- 2017-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-10 -- 2018-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2017-04 -- 2017-08インターンシップII筑波大学
2017-10 -- 2018-02インターンシップII筑波大学
2017-10 -- 2018-02環境科学セミナー2F筑波大学
2017-04 -- 2017-08環境科学セミナー2S筑波大学
2017-10 -- 2018-02基礎医科学演習筑波大学
2017-04 -- 2017-08基礎医科学演習筑波大学
2017-10 -- 2018-02Special Exercise of Sustainable Environmental StudiesI (B) [English class] (持続環境学特別演習IB)筑波大学

(最終更新日: 2018-05-30)