現在地

一谷 幸男(イチタニ ユキオ; Ichitani, Yukio)

所属
人間系
職名
教授
性別
男性
URL
eメール
 
研究分野
実験心理学
神経生理学・神経科学一般
研究キーワード
行動神経科学
実験心理学
生理心理学
行動薬理学
記憶
学習
動物行動
研究課題
自発的物体再認にもとづく海馬の記憶機能の解明2016 -- 2018一谷 幸男日本学術振興会/基盤研究(C)4550000
記憶・学習の行動神経科学 -- (現在)/(選択しない)
空間記憶,作業記憶における海馬とその関連皮質の役割 -- (現在)/(選択しない)
精神疾患の動物モデルに関する行動薬理学的研究 -- (現在)/(選択しない)
ラットの指示性忘却に関わる神経メカニズムの解明2012 -- 2013一谷幸男日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3770000
空間的作業記憶における海馬-前頭前野系の役割に関する生理心理学的研究2009 -- 2011一谷幸男日本学術振興会/基盤研究(C)4290000
遅延非見本合わせ課題を用いたラットの顕在記憶の研究:海馬グルタミン酸受容体の役割2003 -- 2005一谷幸男日本学術振興会/基盤研究(B)7100000
学習行動における線条体GABA神経系の役割1999 -- 2001一谷幸男日本学術振興会/基盤研究(B)5000000
学習・記憶における脳内グルタミン酸レセプターの役割に関する生理心理学的研究1997 -- 1998一谷幸男日本学術振興会/基盤研究(B)6600000
職歴
2011-10 -- (現在)筑波大学 人間系 教授
1992-09 -- 2004-03筑波大学 心理学系 助教授
2004-04 -- 2011-09筑波大学 大学院人間総合科学研究科 教授
所属学協会
-- (現在)日本心理学会
-- (現在)日本生理心理学会
-- (現在)日本動物心理学会
-- (現在)日本神経精神薬理学会
-- (現在)Society for Neuroscience
論文
著書
  • 実験心理学の新しいかたち
    廣中直行(編); +一谷 幸男
    2004-01
会議発表等
  • The Decrease in Brain Glycogen during Prolonged Exhaustive Exercise is Coupled with Hypoglycemia
    Matsui Takashi; Okamoto Masahiro; Ichitani Yukio; Kawanak...
    57th Annual Meeting of the American-College-Sports-Medicine/Inaugural World Congress on Exercise is Medicine/2010-06-05--2010-06-05
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02神経科学実験実習筑波大学
2017-04 -- 2017-08神経科学実験実習筑波大学
2017-10 -- 2018-03「こころ」の科学セミナー3B筑波大学
2017-10 -- 2018-02「こころ」の科学セミナー3筑波大学
2017-04 -- 2017-08「こころ」の科学セミナー3筑波大学
2017-10 -- 2018-02感性科学実験実習筑波大学
2017-04 -- 2017-08感性科学実験実習筑波大学
2017-10 -- 2017-12フレッシュマン・セミナー筑波大学
2017-10 -- 2017-12心理学方法論II筑波大学
2017-04 -- 2017-09感性認知脳科学実験実習II筑波大学
学協会等委員
2013-04 -- 2014-03日本教育大学協会理事
2005 -- 2007日本心理学会理事
2001 -- (現在)日本生理心理学会評議員(2013〜 理事)
2005 -- 2014日本動物心理学会理事
2000 -- (現在)日本神経精神薬理学会評議員
-- (現在)つくばブレインサイエンス協会運営委員
学内管理運営業績
2014-04 -- 2016-03人間系心理学域代表
2008-04 -- 2010-03心理学類長
2010-04 -- 2012-03心理学系長
2012-04 -- 2014-03人間学群長

(最終更新日: 2017-09-14)