現在地

宇野 彰(ウノ アキラ; Uno, Akira)

所属
人間系
職名
教授
URL
eメール
 
研究室
宇野彰研究室
研究分野
リハビリテーション科学・福祉工学
特別支援教育
神経生理学・神経科学一般
研究キーワード
高次脳機能障害
検査法の開発
診断からリハビリテーション手法の開発
大脳機能障害部位の推定
認知神経心理学
神経心理学
神経生理学
学習障害
発達性dyslexia(発達性読み書き障害児)
SLI
研究課題
発達障害の可能性のある児童生徒に対する早期支援・教職員の専門性向上事業2015-04 -- 2016-03宇野彰文部科学省/特別支援教育 平成27年度実施事業/10000000
平成26年度発達障害の可能性のある児童生徒に対する早期支援・教職員の専門性向上事業2014-04 -- 2015-03宇野彰文部科学省/特別支援教育 平成26年度実施事業/10000000
発達性「読み」障害に関する臨床的、計算論的、脳機能研究(課題番号23330201)、平成23-27年度日本学術振興会(基盤研究B2)2011-04 -- 2016-03宇野彰日本学術振興会/
平成25年度発達障害に関する教職員の専門性向上事業2013-05 -- 2014-03宇野彰文部科学省/特別支援教育 平成25年度実施事業/9000000
学習障害のスクリーニング検査法の開発(課題番号12610163)、平成12-14年度日本学術振興会(基盤研究C2)、2000-04 -- 2002-03宇野彰/日本学術振興会
高次神経機能障害者・児の日常生活におけるハンディキャップの調査と社会福祉のあり方についての研究(H10-障害-026)、平成10年度厚生省科学研究費補助金(障害者等保健福祉総合研究事業)1999-04 -- 2000-03宇野彰/厚生省
学習障害児における局在性大脳機能の改善に関する研究、局所脳血流量および認知神経心理学的解析(研究課題番号09610161)、平成9-11年度文部省科学研究費(基盤研究C2)1997-04 -- 1999-03宇野彰/日本学術振興会
発達性「読み」障害に関する臨床的、計算論的、脳機能研究2011 -- 2015日本学術振興会/基盤研究(B)7540000
学習障害児の就学前スクリーニングと治療教育効果に関する研究 2003 -- 2006日本学術振興会/基盤研究(B)5900000
受賞
2015-03-08Best Presentation Award(Oral) in the 3rd Annual coference of East Asia Symposium on Reading and Writing
2014-02-23Best Presentation Award in 2nd Annual conference of East Asia Symposium on Reading and Spelling
2014-03-29Poster Award for Students in the 9th International conference of British Dyslexia Association
2012-07-07東アジア「共生」学創成研究研究助成賞(共同研究者として)
2010-08-08認知神経心理学研究会 最優秀研究発表賞(共同研究者として)
1997-06-05第15回長島賞(共同研究者として)
論文
  • 年長児におけるひらがなの読み書きに影響する認知要因の検討
    猪俣 朋恵; 宇野 彰; 春原 則子
    音声言語医学/54(2)/pp.122-128, 2013-04
  • 発達性ディスレクシア児童の音読における書体の影響.
    谷 尚樹; 後藤 多可志; 宇野 彰; 内山俊朗; 山中 敏正
    音声言語医学/57(2)/pp.238-245, 2016-05
  • Cognitive neuropsychological analysis of differential reading and spelling disorder mechanisms in a patient with aphasia.
    Hashimoto Kousei; Uno Akira
    Neurocase, 2016-02
  • 韓国語話者小学校3年生における書字正確性に影響する認知能力の検討
    周 英實; 朴 賢璘; 宇野 彰
    音声言語医学/57(1)/pp.12-17, 2016-01
  • Neural basis of hierarchical visual form processing of Japanese Kanji characters
    Higuchi Hiroki; Moriguchi Yoshiya; Murakami Hiroki; Katsu...
    BRAIN AND BEHAVIOR/5(12), 2015-12
  • Cognitive abilities underlying reading accuracy, fluency and spelling acquisition in Korean Hangul learners from Grades 1 to 4: A cross-sectional study.
    Park Hyun-Rin; Uno Akira
    DYSLEXIA/21(3:::SI)/pp.235-253, 2015-08
  • Investigation of basic cognitive predictors of reading and spelling abilities in Tunisian third-grade primary school children.
    Batnini Soulef; Uno Akira
    Brain and Development./37(6)/pp.579-591, 2015-06
  • 発達性読み書き障害児を対象としたバイパス法を用いた仮名訓練―障害構造に即した訓練方法と効果および適応に関する症例シリーズ研究―
    宇野 彰; 春原則子; 金子真人; 後藤多可志; 粟屋徳子; 狐塚順子
    音声言語医学/56(2)/pp.171-179, 2015-05
  • 中国語の読み習得の背景となる認知能力―台湾の小学生を対象として―.
    林千 渝 宇野 彰
    音声言語医学/56(1)/pp.37-42, 2015-01
  • ロービジョンおよびAD/HD症状が線画同定課題成績に与える影響に関する予備的研究.
    横井美緒、宇野彰、金子真人、上林靖子
    小児の精神と神経/54(2)/pp.165-173, 2014-07
  • 有色透明フィルム使用が発達性読み書き障害児群の音読速度に与える影響について-明るさを統制しない場合の色の要因について-
    後藤多可志、宇野彰、春原則子、金子真人、粟屋徳子、狐塚順子
    音声言語医学/55(3)/pp.187-194, 2014-07
  • 韓国語話者児童における音読の発達的変化に関する認知能力の影響:─小学校1年生から2年生までの縦断研究─
    周 英實; 朴 賢リン; 宇野 彰
    音声言語医学/55(3)/pp.219-225, 2014-07
  • 脳室周囲白質軟化症による視知覚障害が特異的書字障害の原因と推測された1例.
    伊達 健司; 宇野 彰
    音声言語医学/55(2)/pp.173-179, 2014-04
  • 学習障害.
    宇野 彰
    小児内科/46(11)/pp.1666-1668, 2014-04
  • 心理,教育的アセスメントー読み書きに関してー. 
    宇野 彰
    精神科治療学/29/pp.360-364, 2014-04
  • 発達性読み書き障害成人例の仮名文字列音読における語彙処理と非語彙処理の発達的問題-文字長と語彙性効果を指標にして-
    三盃亜美; Max Coltheart; 宇野彰; 春原則子
    音声言語医学/55(1)/pp.8-16, 2014-01
  • X.発達・心理, 学習障害(発達性読み書き障害:developmental dyslexia)の評価方法
    宇野 彰
    小児科診療/pp.375-380, 2013-05
  • 発達性読み書き障害児における漢字単語の音読特徴-小学生の読み書きスクリーニング検査(STRAW)を用いて-
    明石 法子; 宇野 彰; 春原 則子; 金子 真人; WYDELL Taeko N....
    音声言語医学 = The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics/54(1)/pp.1-7, 2013-01
  • 失語症者のひらがな音読における単語属性の影響について-一致性、親密度および心像性効果-
    越部 裕子; 宇野 彰; 加藤 正弘
    高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌 = Higher brain function research/32(4)/pp.561-571, 2012-12
  • Investigation of cognitive abilities related to reading and spelling in Korean: Readers with high, average, and low skill levels. DYSLEXIA
    Park HR & Uno Akira
    DYSLEXIA/18(4)/pp.199-215, 2012-09
  • 小児の失読失書1例における音読の障害機序に関する検討-二重経路モデルを適用して-
    狐塚順子; 宇野彰; 三盃亜美
    高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌 = Higher brain function research/32(3)/pp.485-496, 2012-09
  • An Investigation into Kana Reading Development in Normal and Dyslexic Japanese Children using Length and Lexicality Effects.
    Ami Sambai; Akira Uno; Suzuko Kurokawa; Noriko Haruhara; ...
    Brain & Development/34(6)/pp.520-528, 2012-06
  • 発達性ディスレクシアの評価と指導 (第20回大会特集 あらためて問う発達障害児の学習支援 : 知能・学力・生きる力 : 一般社団法人日本LD学会第20回大会教育講演)
    宇野 彰
    LD研究/21(2)/pp.187-192, 2012-05
  • 視覚的記憶力の低下を呈した中学生男児1例における英語音読
    蔦森 英史; 宇野 彰; 春原 則子; 金子 真人; 粟屋 徳子; 狐塚...
    音声言語医学/53(1)/pp.8-19, 2012-01
  • ハングル音読の正確性と流暢性にかかわる認知能力の貢献度とその発達的変化の検討
    朴 賢リン; 宇野 彰
    音声言語医学/53(4)/pp.312-318, 2012-01
著書
  • CD コミュニケーション症群/コミュニケーション障害群.
    宇野 彰
    キーワードで読む 発達障害研究と実践のための医学診断/福祉サービス/特別支援教育/就労支援/pp.28-29, 2016-01
  • 第2章3節学習障害(LD)のアセスメント
    宇野 彰
    これからの発達障害のアセスメントー支援の一歩となるために/pp.32-38, 2015-08
  • 第3章第3部 言語発達障害.関連する障害(2)学習障害
    宇野 彰
    言語聴覚療法臨床マニュアル改訂第3版/pp.114-115, 2014-01
  • 第3章第3節 感じる脳・読み取る脳の障害
    宇野 彰
    感性認知脳科学への招待/pp.76-86, 2013-10
  • Chapter 14 Taku, a Case Study of Dyslexia In Japan
    Uno Akira
    International Case Studies of Dyslexia/pp.208-229, 2011-05
  • 症候・疾患と検査・診断,学習障害-発達性dyslexiaを中心に
    宇野 彰
    小児神経学の進歩 第41集/pp.2-8, 2012-07
  • 言語療法(言語聴覚療法).: 金子書房, pp64-65, 2012.
    宇野 彰
    発達障害支援ハンドブック-医療、領域・教育、心理、福祉、労働からのアプローチ/pp.64-65, 2012-03
  • 第Ⅳ章3節 小児の伝導失語と発達性読み書き障害‐音韻障害と音韻認識障害.
    宇野 彰
    伝導失語‐復唱障害、STM障害、音韻性錯語‐:/pp.215-227, 2012-02
  • 第6章LDのスクリーニング
    宇野 彰
    発達障害早めの気づきとその対応・/pp.65-72, 2012-03
  • 発達障害のある児童生徒の受験と就労 -特にLD(学習障害)児を対象として-
    宇野 彰
    発達障害医学の進歩 NO.25/pp.23-28, 2013-06
  • 小児失語に対する評価のポイント、言語治療の組み立て方や技法について教えて下さい。
    宇野 彰
    失語症Q&A -検査結果のみかたとリハビリテーション-/pp.162-164, 2013-06
  • 高次神経障害の臨床はここまで変わった
    宇野 彰編著 波多野和夫編
    2002-01
  • 発達性読み書き障害への訓練と訓練効果-バイパス法-
    宇野 彰; 春原則子; 金子真人
    2005-01
  • 発達性dyslexiaとは-出現頻度、大脳基盤を中心に-.
    宇野 彰
    2007-01
  • 小学生の読み書きスクリーニング検査
    宇野彰; 春原則子; 金子真人; Wydell N.Taeko
    2006-01
  • ことばとこころの発達と障害
    宇野彰 編著; +宇野 彰
    2007-01
  • 脳科学的研究法
    宇野彰
    2009-01
  • Diagnosis of Auditory Neuropathy(AN) in Child Neurology.
    Makiko Kaga; Masumi Inagaki; Kaori Kon; Akira Uno; and Ta...
    2009-01
  • 失読と失書(読み書き障害)-後天性と発達性.
    宇野 彰
    2008-01
  • 発達性dyslexiaの要素的認知機能および脳機能.(岩田誠、河村満編集:発達と脳-コミュニケーション・スキルの獲得過程)
    宇野彰; 片野晶子
    2010-01
  • 発達性読み書き障害における発達上の問題点
    宇野彰
    2010-06
  • 第2章E節3小児失語症. 栗原まな監修、本田真美、小沢浩、橋本圭司編集:小児リハビリテーションポケットマニュアル.
    狐塚順子; 宇野彰
    2011-01
会議発表等
  • Automatic neural systems for reading emotion from written words
    Tomoe Inomata; Kimihiro Nakamura; Akira Uno; Hidenao Fuku...
    The Second Annual Meeting of East Asia Joint Symposium on Reading and Spelling/2014-02--2014-02
  • Cognitive and environmental predictors of Hiragana reading and spelling in Japanese children: A longitudinal study from kindergarten to Grade 1
    Tomoe Inomata; Akira Uno; Noriko Haruhara; Atsushi Sakai
    British Dyslexia Association 9th International Conference/2014-03--2014-03
  • Fast right-hemisphere neural systems for reading emotion from written words
    Tomoe Inomata; Kimihiro Nakamura; Akira Uno; Hidenao Fuku...
    Cognitive Neuroscience Society 21st Annual Meeting/2014-04--2014-04
  • 学習困難生徒の高校入試および中学高校での支援の在り方を考える-学習障害児童・生徒のキャリア教育の視点から-.
    宇野 彰
    日本特殊教育学会第52回大会/2014-09-20--2014-09-22
  • The relationship between reading/spelling skills in logographic Kanji and their Visual Attention Span (VAS) as well as other cognitive skills in Japanesespeaking children.
    Uno Akira
    Twenty-First Annual Meeting Society for the Scientific Study of Reading/2014-06-16--2014-06-19
  • 髙等学校における学習障害への気づきと対応~LD気づき項目と活用手引きを中心として~.
    宇野 彰
    日本LD学会第23回大会/2015-11-23--2015-11-24
  • Cognitive neuropsychological analysis for different mechanism underlying reading and spelling disorders in a patient with aphasia.
    Kosei Hashimoto Akira Uno
    The 3rd Annual meeting of East Asia Joint Symposium on Reading and Spelling/2015-03-07--2015-03-08
  • Differential Functional Connectivity Patterns between Japanese Real Kanji, Pseudo Kanji, and Artificial Characters .
    Hiroki Higuchi Yoshiya Moriguchi Hiroki Murakami Ruri Kat...
    The 3rd annual meeting of East Asia Joint Symposium on Reading and Spelling/2015-03-07--2015-03-08
  • Accuracy and fluency in Kanji word spelling: Japanese Speaking children in 5th Grade.
    Mio Yokoi Noriko Akashi Ami Sambai Akira Uno
    The 3rd Annual meeting of East Asia Joint Symposium on Reading and Spelling/2015-03-07--2015-03-08
  • How is the orthographic lexicon influenced by visual analyses and the feedback pathway from the non-lexical route for the Kanji writing system of Japanese?
    Ami Sambai; Max Coltheart; Akira Uno
    The 15th International Conference on the Processing of East Asian Languages/2014-10-24--2014-10-26
  • シミュレーションによる発達性dyslexiaの障害メカニズムに関する検討
    三盃 亜美; 伊集院睦雄; 宇野彰; 春原則子; 金子真人; 辰巳格
    第31回日本神経心理学会/2007-09-27--2007-09-28
  • Simulation study for underlying mechanism of Japanese children with developmental dyslexia from connectionist approach
    Ami Sambai; Akira Uno; Mutsuo Ijuin; Noriko Haruhara; Mas...
    67th International Conference of the International Dyslexia Association/2009-09-11--2009-09-14
  • The effects of word attributes, lexical knowledge, and cognitive abilities to spelling of kanji words in Japanese normal adults
    Ami Sambai; Noriko Akashi; Akira Uno; Junichiro Kawahara;...
    9th International Conference of the British Dyslexia Association/2014-03-27--2014-03-29
  • The effects of length and lexicality on Kana reading in Japanese normal reading and dyslexic children
    Ami Sambai; Suzuko Kurokawa; Akira Uno; Noriko Haruhara; ...
    28th World Congress of the International Association of Logopedics and Phoniatrics/2010-08-22--2010-08-26
  • Lexical and non-lexical processing of Japanese adults with developmental dyslexia in word recognition and reading aloud for the Kana writing system
    Ami Sambai; Akira Uno; Noriko Haruhara; Max Coltheart
    East Asia Joint Symposium on Reading and Spelling/2014-02-22--2014-02-23
  • An investigation on the relationship between problems in the orthographic lexicon and reading deficits for Hiragana and Katakana words in Japanese adults with developmental dyslexia: Insights from length effects in reading aloud and lexical decision tasks
    Ami Sambai; Akira Uno; Noriko Haruhara; Max Coltheart
    9th International Conference of the British Dyslexia Association/2014-03-27--2014-03-29
担当授業科目
2017-01 -- 2017-02リハビリテーション特論II筑波大学
2016-10 -- 2017-02「こころ」の科学セミナー5筑波大学
2016-10 -- 2017-02神経科学実験実習筑波大学
2016-10 -- 2017-03神経科学実験実習 B筑波大学
2016-10 -- 2017-02神経科学特別研究B筑波大学
2016-10 -- 2017-02行動科学特別研究B筑波大学
2016-10 -- 2017-02感性科学特別研究B筑波大学
2016-10 -- 2017-02「こころ」の科学セミナー1筑波大学
2016-10 -- 2017-02感性認知脳科学研究法2B筑波大学
2016-10 -- 2017-02感性認知脳科学研究法1B筑波大学
一般講演
  • Similarities and Differences between Japanese Children with Developmental Children with Dyslexia and Dysgraphia for Kanji
    Uno A; Haruhara N; Kaneko M; Awaya N; Kozuka J; Goto T
    International Congress of Logopedics and Poniatrics/2010-08-23
  • Contribution of phonological and visual cognitive abilities to achievement of Hiragana, Katakana and Kanji in Japanese normal and dyslexic children
    Uno A; Haruhara N; Kaneko M
    The 2nd Riken BSI & Oxford-Kobe International Sympojium"Reading and Dyslexia in differrent Language"/2007-04-16
学協会等委員
2004 -- (現在)船橋市特別支援連携協議会委員(座長)
2004 -- (現在)船橋市特別支援教育専門家チーム会議委員(座長)
2006 -- (現在)柏市特別支援教育専門家チーム会議委員(座長)
2001 -- (現在)千葉県特別支援教育体制推進事業千葉県専門家チーム委員
2004 -- (現在)NPO法人LD・Dyslexiaセンター理事長

(最終更新日: 2016-06-24)