現在地

藤生 英行(フジウ ヒデユキ; Fujiu, Hideyuki)

所属
人間系
職名
教授
性別
男性
科研費番号
40251003
URL
eメール
 
研究分野
臨床心理学
研究キーワード
カウンセリング心理学
認知行動カウンセリング
臨床心理学
研究課題
教室における挙手の規定要因に関する研究1995-04 -- 1996-03藤生英行/平成7年度出版助成金
能力判断スキーマに関する研究1994-04 -- 1995-03藤生英行/平成6年度奨励研究(A)
日本に適合したカウンセリング訓練ツールの開発に関する基礎研究2016 -- 2020藤生 英行日本学術振興会/基盤研究(C)4,550,000円
行為障害の処遇に関する研究1992-04 -- 2007-08/補助金
児童・生徒の内在化・外在化問題行動のリスク要因および保護要因に関する研究2008-04 -- 2011-03/補助金
カウンセリング訓練に関する研究 -- (現在)/(選択しない)
教師・児童・生徒のメンタルヘルスサポートシステムに関する研究 -- (現在)/補助金
児童・生徒の内在化・外在化問題行動のリスク要因および保護要因に関する研究2008 -- 2010日本学術振興会/基盤研究(C)2,730,000円
行為障害傾向を持つ子どもへの介入プログラム開発のための基礎研究2002 -- 2005日本学術振興会/基盤研究(C)
児童・生徒の心身の健康とそのサポートシステムのあり方の検討-学校と専門機関の連携を中心に-1998 -- 2001日本学術振興会/基盤研究(B)
職歴
1998-04 -- 2000-03豊島区立駒込中学校スクールカウンセラー(文部省派遣)
2002-10 -- 2007-08上越教育大学大学院学校教育研究科「臨床心理学特論1」M○合
2001-04 -- 2009-03兵庫教育大学連合大学院「学校教育相談特別研究」「課題研究」D○合
1992-05 -- 1993-03筑波大学 心理学系 技官
1993-04 -- 1995-04筑波大学 心理学系 助手
1995-05 -- 1997-03筑波大学 心理学系 講師
1997-04 -- 2001-03筑波大学 心理学系 助教授
2000-10 -- 2007-08上越教育大学 学校教育学部 助教授
2007-09 -- 2009-03兵庫教育大学 大学院臨床健康教育学系 教授
2009-04 -- (現在)筑波大学 大学院人間総合科学研究科 教授
学歴
1979-04 -- 1983-03埼玉大学 教育学部 教育心理学科卒業
1983-04 -- 1985-03東京学芸大学 教育学研究科 学校教育専攻臨床心理学講座修了
1987-04 -- 1992-03筑波大学 心理学研究科 心理学専攻修了
取得学位
1992-03博士(心理学)筑波大学
1985-03教育学修士東京学芸大学
免許資格等
1997-10-01学校心理士
1998-04-01臨床心理士
2004-12-01専門健康心理士
2005-04-01臨床発達心理士
所属学協会
-- (現在)日本カウンセリング学会
2003 -- (現在)日本バイオフィードバック学会
1983 -- (現在)日本教育心理学会
2003 -- (現在)日本健康心理学会
2003 -- (現在)日本行動療法学会
2004 -- (現在)日本実践教育学会
1987 -- (現在)日本心理学会
1997 -- (現在)日本心理臨床学会
2003 -- (現在)日本認知療法学会
1989 -- (現在)日本発達心理学会
論文
  • 不安と心配の概念モデルの検討
    富島大樹; 末永清; 山口豊一; 藤生 英行
    日本カウンセリング学会第51回大会論文集, 2018-09
  • 理系大学におけるインターンシップの教育的効果 ―社会人基礎力自己評価から―プアウト者特徴について
    糟谷充子; 藤生 英行
    日本カウンセリング学会第51回大会論文集, 2018-09
  • 複数の心配関連刺激の処理における心配傾向の影響
    富島大樹; 末永清; 菅沼 憲治; 山口豊一; 藤生 英行
    パーソナリティ研究/27(2)/pp.140-148, 2018-03
  • カウンセリング心理士の資格をめぐってー資格検討委員会報告ー
    沢崎 達夫; 小林 正幸; 新井 肇; Fujiu Hideyuki; 平木 典子;...
    カウンセリング研究/49(2)/pp.108-122, 2016-05
  • 心配が制御困難になる要因についての探索的検討
    冨島大樹; 末永清; 藤生 英行
    心理臨床学研究/33(3)/pp.241-251, 2015-08
  • 就職を希望する高校生の進路意思決定に影響を及ぼす要因に関する短期縦断研究
    大谷哲弘; 山本奨; 藤生 英行
    カウンセリング研究/48(4)/pp.207-217, 2015-11
  • 非行少年の自傷行為の経験率とその心理的な機能
    高橋哲; 藤生 英行
    カウンセリング研究/48(2)/pp.75-85, 2015-06
  • 過去の栽培経験の有無により米作りの体験活動で得られる効果に違いはあるのか : 小学校5年生の米作りの体験活動に着目して(教授・学習・認知,ポスター発表C)
    勝野 美江; 藤生 英行
    日本教育心理学会総会発表論文集/(56)/p.382, 2014-10
  • 小学校における米作りの体験活動をより効果的なものにする要因について-農業への理解と食べ物への感謝の気持ちに着目して-
    勝野 美江; 藤生 英行
    日本食育学会誌/9(1)/pp.67-80, 2015-01
  • 養護教諭の職務重要度の認知に関する研究(その他,ポスター発表)
    浦口 真奈美; 藤生 英行
    日本教育心理学会総会発表論文集/(55)/p.638, 2013-07
  • 「米作りの体験活動」は総合的な学習の時間のねらいにどこまで応えられるか
    勝野 美江; 藤生 英行
    応用教育心理学研究/31(1)/pp.33-47, 2014-05
  • The impact that ‘connection to agriculture’has on children’s motivation to engage in an agricultural learning.
    Mie Katsuno; Hideyuki Fujiu
    XVIth ECDP (European Conference on Developmental Psychology), 2013-09
  • 就職を希望する高校生の進路選択におけるサポート知覚と進路意思決定との関係
    大谷 哲弘; 木村諭史; 藤生 英行
    カウンセリング研究/46(3)/pp.127-137, 2013-08
  • 就職を希望する高校生における進路選択探索行動と進路意思決定との関係
    大谷哲弘; 木村諭史; 藤生 英行
    学校心理学研究/13(1)/pp.29-39, 2013-12
  • 行為障害傾向を持つ子どもへの介入プログラム開発のための基礎研究
    藤生英行
    平成14~17年度基盤研究(C)(2)(課題番号1459 1001) 基礎研究報告書/p.全101, 2006
  • 高校生用自己分化度尺度の改良とアイポジション尺度の内容的妥当性の 再検討
    工藤浩二・藤生英行; +藤生 英行
    教育相談研究/48/p.1-9, 2011-01
  • 養護教諭の職務認知に関する研究
    浦口真奈美; 藤生 英行
    カウンセリング研究/47(1)/pp.1-10, 2014-5
  • 高校生の自己分化度がネガティブライフイベントの嫌悪度に及ぼす影響の検討
    工藤浩二; 藤生 英行
    パーソナリティ研究/21(2)/pp.99-110, 2012-12
  • 高校生の友人グループが主観的学校ストレッサーとストレス反応に及ぼす影響性差を踏まえた検討一
    吉原寛; 藤生 英行
    学校心理学研究/12(1)/pp.15-27, 2012-12
  • 高校生の学校生活に関する自己効力感と適応の関連について
    藤江玲子; 藤生 英行
    学校心理学研究/12(1)/pp.29-40, 2012-12
  • Social Exclusion and Acceptance Among Mothers in Japan
    Minako Ogawa; Hideyuki Fujiu
    4th International Cngress On Interpersonal Acceptance and Rejection(ISIPAR)/4, 2013
  • 児童の農業体験学習は心理面にどのような効果を与えるか
    勝野美江; 藤生 英行
    筑波大学心理学研究/45/p.101-112, 2013
  • B-13 認知スタイルに関する研究(3) : MFF(熟慮-衝動型)と読書との関係(測定・評価B)
    濱口 佳和; 藤生 英行; 渡辺 弥生; 杉原 一昭
    日本教育心理学会総会発表論文集/(31)/p.414, 1989-06
  • 臨床実習前後の看護技術に対する自己効力感の変化と関連要因
    下村 英雄; 岡 美智代; 藤生 英行
    カウンセリング研究,38,98-108./38/pp.98-108, 2005-03
  • 挙手と自己効力、結果予期、結果価値との関連性についての検討
    藤生英行
    教育心理学研究/39/p.92-101, 1991-03
著書
  • 「2-1-2 どんなにつらいときにも生きる意味を見いだせるのか-フランクル「夜と霧」」
    藤生 英行
    第2巻『社会を考える』, 岩波書店, pp.12-21, 2016-10
  • 生涯発達の中のカウンセリング
    石隈利紀; +藤生 英行; 田中輝美
    サイエンス社, 2013
  • 学習場面での無気力
    藤生英行
    スクールカウンセラー事例ファイル5 学習, 福村出版, pp.41-48, 1998-04
  • テストでひどく緊張する
    藤生英行
    スクールカウンセラー事例ファイル5 学習, 福村出版, pp.124-130, 1998-04
  • 子どもに癒着する親-カウンセリングの現場から
    藤生英行
    児童心理, 金子書房, pp.102-106, 1999-04
  • 不登校
    藤生英行
    シリーズ・人間と性格第7巻「性格の不適応」, ブレーン出版, pp.105-116, 1999-01
  • 事例で学ぶ生涯発達臨床心理学
    藤生英行
    金剛出版, 2001-01
  • 心理療法
    藤生英行
    現代カウンセリング事典, 中央法規, pp.11-11, 2001-01
  • できないを『まずはやってみよう』の認知に変える
    藤生英行
    児童心理, 金子書房, pp.1372-1377, 2002-10
  • 行動療法・認知行動療法
    藤生英行
    はじめて学ぶ人の臨床心理学, 中央法規, pp.38-44, 2003-03
  • 行為障害
    藤生英行
    児童心理, 金子書房, pp.14-15, 2003-11
  • ヘルピング・スキル-探求・洞察・行動のための心の援助
    藤生英行
    金子書房, 2014-09
  • ブリーフ・セラピーの原則
    藤生英行; 岡本吉生
    金剛出版, 2001-06
  • 挙手に関する教育心理学的研究
    藤生 英行
    1989-03
  • Self-Efficacy に関する実験的研究-学習性無力感形成における結果予期と可能予期との関連について-
    藤生 英行
    1985-03
  • 教室における挙手の規定要因に関する研究
    藤生 英行
    1992-03
  • 「第2章4調査研究(統計法)」松原達哉・楡木満生・田上不二夫編『カウンセリング心理学ハンドブック』
    藤生英行
    金子書房, 2011
  • 「コラム3-2 アイデンティティの危機」直江清隆・越智貢編『高校倫理からの哲学2 知るとは』
    藤生英行
    岩波書店, 2012
  • 「パラフレーズ・リフレクト・サマライズ」 臨床心理学 (特集 カウンセリングテクニック入門・プロカウンセラーの技法) 増刊第7号(金剛出版)
    +藤生 英行
    金剛出版, 2015
  • 教室における動機づけの理論と実践
    新井邦二郎・藤生英行; +藤生 英行
    金子書房, 1995-05
  • 教室における挙手の規定要因に関する研究
    藤生 英行
    風間書房, 1996-02
  • 行為障害
    藤生英行
    金子書房, 2002-03
  • 「2章 行動の基礎(生理的基盤,動機づけ,情動)」 野々村新編『こころへのアプローチ(改訂版)』 田研出版 Pp.37-81.
    藤生英行
    田研出版, 2004-04
  • コラム自尊感情,コラム男根期,コラム選択性緘黙,コラム自閉性障害,コラム保護者訓練,新版S-M社会生活能力検査,CMI(コーネルメディカルインデックス)杉原一昭・桜井茂男・大川一郎・藤生英行・藤岡久美子編『発達臨床教育相談マニュアル-アセスメントと支援の実際』
    杉原一昭・桜井茂男・大川一郎・藤生英行・藤岡久美子編
    川島書店, 2006-03
  • 第2章4調査研究(統計法)「カウンセリング心理学ハンドブック」
    藤生英行
    金子書房, 2011-09
会議発表等
  • H26年度採択災害救援者のピアサポート・コミュニティの構築報告書
    藤生 英行
    H26年度採択災害救援者のピアサポート・コミュニティの構築最終報告会/2014-10-1--2018-9-30
  • カウンセリングの現在,そして,これから(その2)大会準備委員長講演
    藤生英行
    日本カウンセリング学会第50回記念大会/2017-9-23--2017-9-23
  • 不安と心配の概念モデルの検討
    富島大樹; 末永清; 山口豊一; 藤生 英行
    日本カウンセリング学会第51回大会/2018-09
  • 高等学校のドロップアウト者特徴についてー自尊感情・精神的健康に着目してー
    藤江玲子; 藤生 英行
    日本カウンセリング学会第51回大会/2018-09
  • 教育現場での養護教諭の職務内容について
    浦口真奈美; Fujiu Hideyuki
    日本カウンセリング学会第50回記念大会/2017-9-23--2017-9-24
  • 患者が捉えた「望ましい看護行動」に関する研究
    高野幸子; Fujiu Hideyuki
    日本カウンセリング学会第50回記念大会/2017-9-23--2017-9-24
  • 心配語を用いた修正視覚探索課題の反応時間に対する標的の位置の影響
    富島大樹; 末永清; 菅沼憲治; Fujiu Hideyuki
    日本カウンセリング学会第50回記念大会/2017-9-23--2017-9-24
  • 教員が学校災害時に体験する出来事の嫌悪度に関する研究(5)一研修会による討論内容に焦点を当ててー
    松原弘泰; 宮道力; 野口理英子; 吉原寛; Fujiu Hideyuki
    日本カウンセリング学会第50回記念大会/2017-9-23--2017-9-24
  • 教員が学校災害時に体験する出来事の嫌悪度に関する研究(4)一自己スティグマと教職としてのスティグマによる比較ー
    Fujiu Hideyuki; 松原弘泰; 宮道力; 野口理英子; 吉原寛
    日本カウンセリング学会第50回記念大会/2017-9-23--2017-9-24
  • 教員が学校災害時に体験する出来事の嫌悪度に関する研究(3)一サポート受容とサポート提供による比較ー
    吉原寛; Fujiu Hideyuki; 松原弘泰; 宮道力; 野口理恵子
    日本カウンセリング学会第50回記念大会/2017-9-23--2017-9-24
  • 教員が学校災害時に体験する出来事の嫌悪度に関する研究(2)一災害の備えや地域に着目してー
    野口理英子; 吉原寛; Fujiu Hideyuki; 松原弘泰; 宮道力
    日本カウンセリング学会第50回記念大会/2017-9-23--2017-9-24
  • 教員が学校災害時に体験する出来事の嫌悪度に関する研究(1)一尺度構成について
    宮道力; 野口理英子; 吉原寛; Fujiu Hideyuki; 松原弘泰
    日本カウンセリング学会第50回記念大会/2017-9-23--2017-9-24
  • The effect of target position on detection of Kanji-Kana-combined worry words.
    Tomishima Hiroki; Suenaga K.; Fujiu Hideyuki
    The 31st International Congress of Psychology/2016-7-24--2016-7-29
  • Therapist-client relationship focuses on experience of Occupational Therapist.
    Minegishi Kayo; Fujiu Hideyuki
    The 31st International Congress of Psychology/2016-7-24--2016-7-29
  • Emotional labor as high school teachers and its effects on burnout.
    Tashiro Yoshikatsu; Fujiu Hideyuki
    The 31st International Congress of Psychology/2016-7-24--2016-7-29
  • Qualitative research for maintaining the mental health of teachers after the great earthquakes.
    Miyaji Chikara; Yoshihara Hiroshi; Fujiu Hideyuki
    The 31st International Congress of Psychology/2016-7-24--2016-7-29
  • Reliability and validity of the Bipolar Spectrum Tendency Scale for Japanese college students.
    Koganei Kiyoko; Fujiu Hideyuki
    The 31st International Congress of Psychology/2016-7-24--2016-7-29
  • Collecting items of cues on "takai tenshon (high tension)" from Japanese college students' observations of others.
    Koganei Kiyoko; Fujiu Hideyuki; Mizusaki M.; Takamura Y.
    The 31st International Congress of Psychology/2016-7-24--2016-7-29
  • Development of the Masculine Self-Presentation Scale for male junior high school students.
    Fukushima Tadatsune; Fujiu Hideyuki
    The 31st International Congress of Psychology/2016-7-24--2016-7-29
  • 修正視覚探索課題における見落とし率に及ぼす標的語の位置の影響
    冨島大樹; 末永清; 藤生 英行
    日本カウンセリング学会第49回大会(山形大学)発表論文集/2016-08-26--2016-08-28
  • 災害救援者でありながら被災者でもある教師のサポートについて考える(自主シンポジウム)
    吉原寛; 宮道力; 松原弘泰; 野口理英子; +藤生 英行
    日本カウンセリング学49回大会(山形大学)/2016-8-26--2016-8-28
  • 男らしさの自己呈示と回避的コーピングがストレス反応に与える影
    福島唯実; 藤生 英行
    日本カウンセリング学会第49回大会(山形大学)発表論文集/2016-08-26--2016-08-28
  • 定時制高校の中途退学に影響を与える要因の検討
    吉原寛; 藤生 英行
    日本カウンセリング学会第48回大会(環太平洋大学・兵庫教育大学)発表論文集/2015-08-29--2015-08-30
  • 男子中学生の男らしさに関連する項目の収集
    福島唯実; 藤生 英行
    日本カウンセリング学会第48回大会(環太平洋大学・兵庫教育大学)発表論文集/2015-08-29--2015-08-30
  • 養護教員の庶務上の悩みに関する研究
    浦口真奈美; 藤生 英行
    日本カウンセリング学会第48回大会(環太平洋大学・兵庫教育大学)発表論文集/2015-08-29--2015-08-30
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02生涯発達科学基礎論筑波大学
2018-10 -- 2019-02生涯発達科学演習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02生涯発達科学演習II筑波大学
2018-10 -- 2019-02生涯発達科学特論I筑波大学
2018-10 -- 2019-02生涯発達科学特論II筑波大学
2018-10 -- 2019-02生涯発達科学特論III筑波大学
2018-10 -- 2019-02生涯発達科学特別演習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02生涯発達科学特別演習II筑波大学
2018-10 -- 2019-02生涯発達科学特別演習III筑波大学
2018-10 -- 2019-02カウンセリング科学特別演習I筑波大学
授業以外の教育活動
2018-07 -- 2018-07公開講座「学校教育相談」主催筑波大学
2018-03 -- 2018-03TCCPイブニングレクチャー講師TCCP
2017-09 -- 2017-09認定カウンセラー会相互研修会講師日本カウンセリング学会認定カウンセラー会
2017-09 -- 2017-09大会準備委員長講演日本カウンセリング学会第50回記念大会
一般講演
  • カウンセリングの現在,そして,これから(その2)大会準備委員長講演
    藤生 英行
    日本カウンセリング学会第50回記念大会/2017-9-23--2017-9-23
学協会等委員
1998-04 -- 2002-03日本教育心理学会学校心理士全国幹事会監事
1987-04 -- 1995-04日本教育心理学会教育心理学研究合評会筑波地区世話人
1987-04 -- 1996-03日本教育心理学会教育心理学年報編集協力者
2009-01 -- 2017-12日本カウンセリング学会各賞受賞者選定委員会委員長
2016-04 -- 2018-03日本カウンセリング学会第50回記念大会準備委員会日本カウンセリング学会第50回記念大会準備委員会/委員長
2016-06 -- 2018-07放送大学放送大学文京校舎面接授業講師
2014-06 -- 2014-06放送大学放送大学文京校舎面接授業講師
2015-06 -- 2015-06放送大学放送大学文京校舎面接授業講師
2015-01 -- 2015-01放送大学放送大学文京校舎面接授業講師
2014-08 -- 2014-08長野県教育委員会長野県立生涯発達教育センター講師
学内管理運営業績
2018-04 -- 2020-03筑波大学人間総合科学研究科生涯発達専攻カウンセリングコースM1担任M1担任
2018-04 -- 2020-03筑波大学東京キャンパス研究倫理委員会委員委員
2017-04 -- 2019-03心理学類入試出題委員会委員
2018-04 -- 2020-03筑波大学東京キャンパス人間系研究倫理委員会委員
2018-04 -- 2019-03大学院改革学位プログラムタスクフォース委員
1995-05 -- 2019-03筑波大学心理・心身障害教育相談室大塚地区相談グループ相談員
2016-04 -- 2018-03東京キャンパス人間系研究倫理委員会系長代理
2016-04 -- 2018-03人間系人事委員会委員
2010-04 -- 2018-03心理学域授賞者選定委員会委員長
2017-04 -- 2018-03東京キャンパス大学院連絡会代表
その他の活動
2002-04 -- 2004-05兵庫教育大学連合大学院COEプロジェクト申請委員
2001-04 -- 2003-03上越教育大学学長補佐会委員
2000-12 -- 2007-09上越教育大学心理教育相談室運営委員会委員
2003-04 -- 2006-03連合大学院共同研究プロジェクトC「青少年の危険行動と学校教育 -総合的発達支援及び養護性の育成- 」委員
2001-04 -- 2006-03筑波大学心理・心身障害教育相談室大塚地区非常勤相談員
2003-04 -- 2005-03上越教育大学保健管理センター精神衛生カウンセラー
2002-04 -- 2004-03リケン柏崎事業所健康保険組合循環器系疾患予防講座 講師
1994-09 -- 2001-03埼玉大学教育学部非常勤講師(教育心理学ほか)
1998-04 -- 2000-03社会経済生産性本部メンタルヘルス研究所JMI-2健康調査作成研究員
2005-05 -- 2005-05総務省新潟行政評価事務所の自殺予防に関する調査対応
メッセージ
•関心のある領域は,ストレスと精神的な健康,サポートシステムなどです。社会人としての体験からの問題意識を発展させ,それを心理学的な研究へと展開することを一緒に行えたらと思います。エビデンスを実践に取り入れ,また実践の中からエビデンスへと還元しましょう。新しい領域などにチャレンジしたい方,英語で最新の知見を読みたい方,大歓迎です。是非いらして下さい。 •お仕事を持ちながらの学生生活は大変ですが,新たな視点を与えてくれます。自己発見の場としてお役立てください。

(最終更新日: 2018-07-26)