現在地

外山 美樹(トヤマ ミキ; Toyama, Miki)

所属
人間系
職名
准教授
研究分野
教育心理学
研究キーワード
動機づけ
自己認知(ポジティブ・イリュージョン
楽観主義
防衛的悲観主義)
社会的比較
学業達成
研究課題
楽観性と目標達成の関連−目標の追求の仕方に焦点を当てて−2016 -- 2018外山 美樹日本学術振興会/基盤研究(C)4,550,000円
オプティミズムがパフォーマンスに及ぼす影響-防衛的悲観主義との比較から-2010 -- 2012日本学術振興会/若手研究(B)3,830,000円
保育現場に根ざす新しい保育カウンセリングモデルの開発-保育カウンセラーの機能と役割-2008 -- 2010日本学術振興会/基盤研究(C)120,000円
保育現場に根ざす新しい保育カウンセリングモデルの開発-保育カウンセラーの機能と役割-2008 -- 2010日本学術振興会/基盤研究(C)120,000円
偏った自己認知における情報処理メカニズム2008 -- 2009日本学術振興会/若手研究(スタートアップ)3,562,000円
保育現場に根ざす新しい保育カウンセリングモデルの開発-保育カウンセラーの機能と役割-2008 -- 2010日本学術振興会/基盤研究(C)120,000円
保育現場に根ざす新しい保育カウンセリングモデルの開発-保育カウンセラーの機能と役割-2008 -- 2010日本学術振興会/基盤研究(C)120,000円
日本人における自己認知のあり方と精神的健康の関係について2003 -- 2005日本学術振興会/特別研究員奨励費3,300,000円
職歴
2000-06 -- 2003-02筑波大学 心理学系 準研究員
2003-03 -- 2003-03筑波大学 心理学系 助手
2003-04 -- 2006-03日本学術振興会 特別研究員(PD)
2007-04 -- 2008-03鹿屋体育大学 講師
2008-04 -- (現在)筑波大学 心理学系 准教授
学歴
1993-04 -- 1997-03筑波大学第二学群人間学類 第二学群 心理学専攻卒業
1997-04 -- 2000-05筑波大学大学院博士課程心理学研究科 心理学研究科単位取得満期退学
取得学位
1999-03修士(心理学)筑波大学
2003-02博士(心理学)筑波大学
所属学協会
-- (現在)日本スポーツ心理学会
-- (現在)日本心理学会
-- (現在)日本教育心理学会
-- (現在)日本社会心理学会
-- (現在)日本パーソナリティ心理学会
-- (現在)日本発達心理学会
受賞
2007-11日本パーソナリティ心理学会第16回大会 優秀大会発表賞 受賞
2005-11日本パーソナリティ心理学会第14回大会 優秀大会発表賞 受賞
論文
  • ユーモラスな依頼は功を為す?ー受け手の感情に着目してー
    倉石 和澄; 外山 美樹
    筑波大学心理学研究/48/pp.1-8, 2014
  • 高等学校教師の健康状態および教科指導の自己評価に影響を与える要因の検討ー半構造化面接による探索的検討ー
    三和 秀平; 外山 美樹
    筑波大学心理学研究/50/pp.39-46, 2015
  • 集団間の社会的比較に伴う感情の検討ー学級間の比較に焦点を当ててー
    長峯 聖人; 外山 美樹
    筑波大学心理学研究/50/pp.21-30, 2015
  • 大学生における専門分野への学習興味と専攻分野に対する価値認識との関連ー大学生用学習分野価値尺度を作成してー
    湯 立; 外山 美樹
    筑波大学心理学研究/52/pp.7-17, 2016
  • 学級集団内における好ましくない人物に対する感情の検討ー黒い羊効果の観点からー
    長峯 聖人; 外山 美樹
    筑波大学心理学研究/52/pp.25-34, 2016
  • 中学・高校生における学習の態度の認知・情緒・行動間の関連および学校段階間の差異
    児玉 裕巳; 石隈 利紀; 外山 美樹
    筑波大学心理学研究/53/pp.33-40, 2017
  • スポーツの課題遂行に見られる思考パターンの検討ーパフォーマンスおよび感情の変化との関連ー
    有冨 公教; 外山 美樹
    筑波大学心理学研究/53/pp.1-12, 2017
  • 先延ばし後の意識に対して”特性”がもたらす効果の検討ー関東県内の大学生に対する先延ばしによるネガティブな影響の実態調査ー
    黒住 嶺; 外山 美樹
    筑波大学心理学研究/53/pp.23-31, 2017
  • なぜ防衛的悲観主義者は高いパフォーマンスを示すのかー熟考がパフォーマンスに影響を及ぼすメカニズムの検討ー
    外山 美樹
    筑波大学心理学研究/48/pp.9-17, 2014
  • 課題遂行におけるエンゲージメントがパフォーマンスに及ぼす影響ーエンゲージメント尺度を作成してー
    外山 美樹
    筑波大学心理学研究/56/pp.13-20, 2018-09
  • ソーシャルモチベーション研究
    長峯 聖人; 外山 美樹; 湯 立; 三和 秀平; 相川 充
    制御焦点が対象の価値に及ぼす影響の検討ー情報提示条件を調整変数としてー/8, 2018
  • プロセスフィードバックが動機づけに与える影響ー制御焦点を調整変数としてー
    外山 美樹; 湯 立; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    教育心理学研究/65/pp.321-332, 2017-09
  • 拡散的思考課題における産出物のカテゴリー制約がパフォーマンスに及ぼす影響―制御焦点を調整変数として―
    湯 立; 黒住 嶺; 外山 美樹; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/2/pp.38-40, 2017-07
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか―小学生を対象として―
    三和 秀平; 外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 黒住 嶺; 相川 充
    教育テスト研究センター年報/2/pp.41-43, 2017-07
  • 制御適合が価値に及ぼす影響の検討
    長峯聖人; 外山美樹; 湯 立; 三和秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    筑波大学心理学研究/54/pp.1-6, 2017-08
  • 制御焦点が学業パフォーマンスに及ぼす影響
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    教育心理学研究, 2017-12
  • プロセスフィードバックが動機づけに与える影響
    外山 美樹; 湯 立; 長峯 聖人; 三和 秀平; 相川 充
    教育心理学研究/65(3)/pp.321-332, 2017-09
  • 制御焦点の違いが上方比較後の動機づけおよびパフォーマンスに与える影響
    三和 秀平; 外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 相川 充
    教育心理学研究/65(4)/pp.489-500, 2017-12
  • 制御焦点が学業パフォーマンスに及ぼす影響-制御適合の観点から-
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    教育心理学研究/65(4)/pp.477-488, 2017-12
  • 親密な他者に対する行動予期がviolationの認知に及ぼす影響の検討
    長峯 聖人; 外山 美樹
    パーソナリティ研究/26(3)/pp.229-243, 2018
  • 制御適合がメッセージの評価に及ぼす影響の検討ー熟知性に着目してー
    長峯 聖人; 外山 美樹; 三和 秀平; 湯 立; 黒住 嶺; 相川 充
    心理学研究/88(6)/pp.587-593, 2018-02
  • 新任教師の教科指導学習動機と授業力の自己認知および学習時間との関連の短期縦断的検討
    三和 秀平; 外山 美樹
    パーソナリティ研究/26(3)/pp.217-228, 2018-03
  • スポーツ競技自動思考尺度の作成および妥当性の検討
    有冨 公教; 外山 美樹
    スポーツ心理学研究/44(2)/pp.105-116, 2017
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか?――制御適合の種類別の検討――
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    心理学研究/88(3)/pp.274-280, 2017-08
  • 楽観性が代替的な目標の抑制に及ぼす影響
    外山 美樹
    教育心理学研究/65(1)/pp.1-11, 2017-03
著書
  • 大学生における自己のポジティブ・イリュージョンに関する心理学的研究
    外山 美樹
    2003-02
  • 日本人におけるポジティブ・イリュージョンと精神的健康
    外山 美樹
    1999-03
  • 行動を起こし,持続する力-モチベーションの心理学-
    外山美樹
    新曜社, 2011-12
  • ポジティブマインド-スポーツと健康,積極的な生き方の心理学-
    海保 博之; 中込 四郎; 石崎 一記; 外山 美樹
    新曜社, 2010-04
  • やさしい発達と学習
    外山紀子・外山美樹; +外山 美樹
    有斐閣, 2010-03
  • 現代のエスプリ-ポジティブ心理学の展開-
    堀毛一也(編集); +外山 美樹
    ぎょうせい, 2010-03
  • 保育カウンセリングの原理
    冨田久枝(偏); +外山 美樹
    ナカニシヤ出版, 2009-03
  • 教師のための学校カウンセリング
    小林正幸・橋本創一・松尾直博(偏); +外山 美樹
    有斐閣アルマ, 2008-08
  • 心理測定尺度集Ⅳ
    堀洋道(監修); 櫻井茂男・松井豊(偏); +外山 美樹
    サイエンス社, 2007-04
  • ストレスに負けないこころを育てる学校の取り組み
    伊藤美奈子(偏); +外山 美樹
    教育開発研究所, 2005-02
  • 発達臨床心理学の最前線
    杉原一昭(監修); +外山 美樹
    教育出版, 2001-04
会議発表等
  • Is prevention focus good for performance?: The role of regulatory closure.
    Toyama Miki; Nagamine Masato; Tang Li; Miwa Syuhei; Kuroz...
    The 19th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology./2018-03-01--2018-03-03
  • Effects of Product Constraints on Performance in a Divergent Thinking Task: Regulatory Focus as a Moderator.
    Tang Li; Kurozumi Ryo; Toyama Miki; Nagamine Masato; Miwa...
    The 19th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology./2018-03-01--2018-03-03
  • Effects of regulatory focus on the evaluation of messages: Focus the familiarity as moderators.
    Nagamine Masato; Toyama Miki; Miwa Syuhei; Tang Li; Kuroz...
    The 19th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology/2018-03-01--2018-03-03
  • Can regulatory fit improve elementary school students’ performance and motivation?
    Miwa Syuhei; Toyama Miki; Nagamine Masato; Tang Li; Kuroz...
    The 19th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology./2018-03-01--2018-03-03
  • 制御適合はパフォーマンスを高めるのか?日常場面の学業パフォーマンスに焦点を当てて
    外山 美樹; 長峯 聖人; 湯 立; 三和 秀平; 黒住 嶺; 相川 充
    日本教育心理学会第59回総会/2017-10-07--2017-10-9
担当授業科目
2018-04 -- 2018-07心理学実験筑波大学
2018-09 -- 2018-09教育心理学II筑波大学
2019-01 -- 2019-02教育心理学III筑波大学
2018-10 -- 2018-12教育心理学特講筑波大学
2018-10 -- 2018-12教育心理学演習I筑波大学
2018-10 -- 2018-12教育心理学演習II筑波大学
2018-10 -- 2018-12教育心理学特別研究筑波大学
2018-10 -- 2018-12教育心理学II筑波大学
2018-04 -- 2018-06教育心理学I筑波大学
2018-04 -- 2018-06教育心理学筑波大学
学協会等委員
2011 -- (現在)日本教育心理学会常任編集委員

(最終更新日: 2018-09-30)