現在地

山路 恵子(ヤマジ ケイコ; Yamaji, Keiko)

所属
生命環境系
職名
准教授
研究分野
放射線・化学物質影響科学
森林科学
研究キーワード
植物
微生物
化学的相互作用
有機化学物質
根圏
研究課題
放射性核種が樹木実生の重金属ストレス耐性に与える影響評価2013-03 -- 2017-03山路 恵子日本学術振興会/基盤研究(B)16,510,000円
重金属汚染環境における広葉樹リョウブ実生の自生要因 -内生菌の関与する重金属耐性メカニズムの解明2008-10 -- 2009-09山路恵子財団法人 日 本 生 命 財 団/出資金による受託研究600,000円
環境変動下における、小笠原外来種アカギの病原菌に対する抵抗性-固有種との比較2008 -- 2010山路恵子日本学術振興会/若手研究(B)4,420,000円
ヒバ実生と根圏微生物の生物・化学的相互作用2005-04 -- 2008-03山路恵子/共同研究(森林総合研究所)
ヒバー根圏微生物間相互作用の生物・化学的解明2003 -- 2005山路恵子日本学術振興会/特別研究員奨励費1,100,000円
職歴
2000-04 -- 2000-05北海道大学 農学部附属演習林森林動態学部門小池研究室 実験補助
2000-06 -- 2000-06北海道大学 大学院農学研究科環境資源学専攻 森林資源科学講座 造林学分野 実験補助
2000-12 -- 2001-02北海道大学 大学院農学研究科応用生命科学専攻 応用分子生物学講座分子生物学分野 実験補助
2001-03 -- 2002-12フィンランド森林研究所 ポストドクター
2003-01 -- 2005-08独立行政法人 森林総合研究所東北支所 日本学術振興会特別研究員
2005-09 -- 2009-03筑波大学 大学院生命環境科学研究科生物圏資源科学専攻 講師
2009-04 -- (現在)筑波大学 大学院生命環境科学研究科持続環境学専攻 准教授
学歴
-- 1995-03北海道大学 薬学部 薬学科卒業
1995-04 -- 1997-03北海道大学大学院 農学研究科 農芸化学専攻修了
1997-04 -- 2000-03北海道大学大学院 農学研究科 農芸化学専攻修了
所属学協会
2005 -- 2012日本雑草学会
1998 -- (現在)日本生態学会
1997 -- 2000日本農芸化学会
論文
  • Characterization of antifungal metabolites produced by Penicillium species isolated from seeds of Picea glehnii
    山路 恵子
    Journal of Chemical Ecology/25(7)/p.1643-1653, 1999-07
  • アカエゾマツの着生菌の代謝産物と機能に関する生態化学的研究
    山路 恵子
    北海道大学大学院農学研究科博士学位論文, 2000-03
  • Highly oxidized cuparene-type sesquiterpenes from a mycelial culture of Flammulina velutipes
    山路 恵子
    Phytochemistry/54(8)/p.777-782, 2000-08
  • Antimicrobial cuparene-type sesquiterpens, Enokipodins C and D, from a mycerial culture of Flammulina velutipes
    山路 恵子
    Journal of Natural Products/64(7)/p.932-934, 2001-07
  • Penicillium fungi from Picea glehnii seeds protect the seedlings from damping-off
    山路 恵子
    New Phytologist/152(3)/p.521-531, 2001-12
  • ヒバ林の現状と未来
    山路 恵子
    東北森林科学会誌/7(1)/p.40-47, 2002-03
  • Penicillium fungi from Picea glehnii seeds protect the seedings from damping-off
    山路 恵子
    The 7th International Mycological Congress/p.276, 2002-08
  • Variation in Birch bark secondary compounds among clones and within a clone: implications to herbivory
    山路 恵子
    Polyphenols communications 2002/1/p.87-88, 2002-09
  • Variation of phenolic compounds in Birch leaves exposed to ozone
    山路 恵子
    Polyphenols communications 2002/1/p.89-90, 2002-09
  • Bottom-up regulation for protection and conservation of forest ecosystem in northern Japan under changing environments
    山路 恵子
    Eurasian Journal of Forest Research/62(2)/p.177-189, 2003-08
  • ヒバ実生根面の不完全菌類
    山路 恵子
    東北森林科学会誌/8(21)/p.111-114, 2003-09
  • 2つの異なる土壌でのヒバ種子の発芽率と実生成長
    山路 恵子
    東北森林科学会誌/8(2)/p.108-110, 2003-09
  • 樹木の被食防衛能と食葉性昆虫の活動
    山路 恵子
    北方林業/55(9)/p.206-209, 2003-09
  • Ozone exposure over two growing seasons alters root-to-shoot ratio and chemical composition of birch (Betula pendula Roth)
    山路 恵子
    Global Change Biology/9(10)/p.1363-1377, 2003-10
  • Variation in birch bark secondary chemistry between and within clones: implications for herbivory
    山路 恵子
    OIKOS/104(21)/p.316-326, 2004-02
  • Penicillium frequentans isolated from Picea glehnii seedling roots as a possible biological control agent against damping-off
    山路 恵子
    Ecological Research/20(1)/p.103-107, 2005-01
  • Organic acids and water-soluble phenolics produced by Paxillus sp. 60/92 together show antifungal activity against Pythium vexans under acidic cultural condition
    山路 恵子
    Mycorrhiza/15(1)/p.17-23, 2005-01
  • Production of enokipodins A, B, C and D, a new group of antimicrobial metabolites from mycelial culture of Flammulina velutipes
    山路 恵子
    Mycoscience/46(1)/p.39-45, 2005-02
  • Chemical response of Picea glehnii Seed-epiphytic Penicillium species to Pythium vexans under in vitro competitive conditions for mycelial growth
    山路 恵子
    Journal of Chemical Ecology/31(4)/p.805-817, 2005-04
  • ヒバ実生の根圏微生物~林地と苗畑環境
    山路 恵子
    Forest Winds/(21), 2005-08
  • アカエゾマツ種子糸状菌および根圏糸状菌による病原菌感染防御作用
    山路 恵子
    北海道大学演習林研究報告/62(1)/p.35-67, 2005-09
  • 当年生ヒバ実生に対するウリハムシモドキと各種昆虫類による食害被害の影響
    山路 恵子
    森林防疫/54(9)/p.11-17, 2005-09
  • Clone-specific responses in leaf phenolics of willows exposed top enhanced UVB radiation and drought stress
    山路 恵子
    GLobal Change Biology/11/p.1655-1663, 2005-10
  • Nursery soil covering influences germination of Thujopsis dolabrata var. hondai seeds
    山路 恵子
    Journal of Forest Research/11(6)/p.467-470, 2006-01
  • Root endophytes isolated from a native species Clethra barvinervis Sieb. et Zucc. in Hitachi mine increase the seedling growth and control the heavy metal absorption
    K. YAMAJI; Y. Watanabe; K. Kobayashi; T. Kozaki
    The 5th International Conference "INTERFACES AGAINST POLLUTION", 2008-06
著書
  • アカエゾマツの着生菌の代謝産物と機能に関する生態化学的研究
    山路 恵子
    2000-03
  • Variation of phenolic compounds in Birch leaves exposed to ozone
    山路 恵子
    Tree Sap III/p.141-147, 2006
  • 種子菌の化学的性質
    山路 恵子
    森林と芽生えの生態学/pp.113-130, 2008-01
担当授業科目
2017-04 -- 2017-09山岳科学セミナーIIA筑波大学
2017-10 -- 2018-03山岳科学セミナーIIB筑波大学
2017-10 -- 2018-02植物環境生化学特別研究I筑波大学
2017-04 -- 2017-08植物環境生化学特別研究I筑波大学
2017-10 -- 2018-03山岳科学研究IIB筑波大学
2017-10 -- 2018-02植物環境生化学特別研究II筑波大学
2017-04 -- 2017-08植物環境生化学特別研究II筑波大学
2017-04 -- 2017-08環境科学研究1S筑波大学
2017-04 -- 2017-09山岳科学研究IIA筑波大学
2017-10 -- 2018-02植物環境生化学演習II筑波大学
学協会等委員
2009 -- 2012日本生態学会生態学教育委員会委員

(最終更新日: 2016-04-06)