現在地

繁森 英幸(シゲモリ ヒデユキ; Shigemori, Hideyuki)

所属
生命環境系
職名
教授
性別
男性
生年月
1963-03
URL
eメール
 
研究室
天然物化学研究室
電話
029-853-4603
Fax
029-853-4603
研究分野
生物有機化学
生物分子化学
生体関連化学
有機化学
研究キーワード
天然生理活性物質
光屈性
重力屈性
Bruinsma-Hasegawa説
頂芽優勢
花成
アレロパシー
オーキシン極性移動阻害剤
植物生長調節剤
環境保全型機能性剤
研究課題
植物の屈性現象機構解明に関する生物有機化学的研究2015 -- 2017繁森 英幸日本学術振興会/基盤研究(C)5,070,000円
植物の屈性現象機構解明に関する生物有機化学的研究2014-04 -- 2018-03繁森 英幸日本学術振興会/科学研究費補助金
食用植物からのアミロイドβ凝集阻害物質の探索と作用機序の解明2012 -- 2014繁森英幸日本学術振興会/基盤研究(C)1,950,000円
植物の屈性運動に関わる生理活性物質を用いた作用機構の解明2012 -- 2013繁森英幸文部科学省/新学術領域研究3,380,000円
植物の運動・光屈性を制御する鍵化学物質の活性発現機構の解明2009 -- 2011繁森英幸日本学術振興会/基盤研究(C)4,680,000円
果実・種子の増産を誘導する天然由来の機能性物質の探索と農園業への応用      2006 -- 2007繁森英幸日本学術振興会/萌芽研究3,300,000円
多元的スクリーニング系を用いた未開拓乾燥地生物資源由来の生体機能分子の探索   2006 -- 2007繁森英幸文部科学省/特定領域研究6,300,000円
食品に含まれる新規機能性物質の探索と開発 -- (現在)/
植物や微生物からの新規医薬品の探索と開発 -- (現在)/
植物からの新規環境保全型農薬の探索と開発 -- (現在)/
職歴
2001-05 -- 2009-03筑波大学 助教授
2009-04 -- (現在)筑波大学 教授
学歴
-- 1985慶應義塾大学 理工学部 化学卒業
-- 1990慶應義塾大学 理工学研究科 化学修了
取得学位
理学博士慶應義塾大学
免許資格等
1992-12-04危険物取扱者甲種
所属学協会
2013 -- (現在)日本機能性食品医用学会
2005 -- (現在)新規素材探索研究会
2006 -- (現在)日本農芸化学会
2004 -- 2009日本植物生理学会
2002 -- (現在)植物化学調節学会
1994 -- 2001日本がん分子標的治療研究会
1994 -- 2001日本癌学会
1990 -- (現在)日本薬学会
1985 -- (現在)日本化学会
2009 -- (現在)American Chemical Society
受賞
2017-02-13Best Presentation Award of ICNPDD 2017 : 19th International Conference on Natural Products and Drug Discovery
2016-12-09Excellent Presentation and Outstanding Presentation in the 7th AG-BIO/PREDO Graduate Conference on Agricultural Biotechnology &K
2016-11-25第27回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会優秀賞
2016-02-25Tunisia-Japan Symposium on Science, Society and Technology 2015 (TJASSST 2015) The Best Poster Award
2015-09-188th Japan-China-Korea Graduate Student Forum First Prize
2015-07-31平成26年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)表彰
2015-09-12植物生理化学会賞
2015-06-05新規素材探索研究会第14回セミナー最優秀ポスター賞
2014-10-20第58回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会ベストプレゼンテーション賞
2014-06-06新規素材探索研究会第13回セミナー奨励賞
2013-10-06第57回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会ベストプレゼンテーション賞
2012-11-30第二十三回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会優秀賞
2012-11-30第二十三回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会奨励賞
2009-07-25日本動物細胞工学会2009年度大会優秀ポスター賞
2009-06-05新規素材探索研究会第6回セミナー奨励賞
論文
  • Inhibitory effects of polyacetylene compounds from Panax ginseng on neurotrophin receptor-mediated hair growth
    Suzuki Aoi; Matsuura Daisuke; Kanatani Hirotoshi; Yano Sh...
    Biol. Pharm. Bull./40(10)/pp.1784-1788, 2017
  • Inhibitory activity of hispidin derivatives isolated from Inonotus obliquus on amyloid β aggregation
    Aihara Yukine; Kawaguchi Ayumi; Hanaki Mizuho; Murakami K...
    Heterocycles/94(7)/pp.1280-1287, 2017-07
  • Structure-activity relationship of phenylethanoid glycosides on the inhibition of amyloid β aggregation
    Kidachi Eri; Kurisu Manami; Miyamae Yusaku; Hanaki Mizuho...
    Heterocycles/92/pp.1976-1982, 2016
  • A gravitropic stimulation-induced growth inhibitor, beta-(isoxazolin-5-on-2yl)-alanine, is a possible mediator of negative gravitropic bending of epicotyls in etiolated Pisum sativum seedlings
    Hasegawa Tsuyoshi; Omiya Yume; Koide Mayumi; Shigemori Hi...
    PLANT GROWTH REGULATION/82(3)/pp.431-438, 2017-07
  • Inhibitory Activities of Antioxidant Flavonoids from Tamarix gallica on Amyloid Aggregation Related to Alzheimer's and Type 2 Diabetes Diseases
    Ben Hmidene Asma; Hanaki Mizuho; Murakami Kazuma; Irie Ka...
    Biological & Pharmaceutical Bulletin/40(2)/pp.238-241, 2017-02
  • L-Histidine Induces Resistance in Plants to the Bacterial Pathogen Ralstonia solanacearum Partially Through the Activation of Ethylene Signaling
    Seo Shigemi; Nakaho Kazuhiro; Hong Si Won; Takahashi Hide...
    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY/57(9)/pp.1932-1942, 2016-09
  • Methanol and Butanol Extracts of Paeonia lutea Leaves Repress Metastasis of Squamous Cell Carcinoma
    Mukudai Yoshiki; Zhang Meilin; Shiogama Sunao; Kondo Seij...
    EVIDENCE-BASED COMPLEMENTARY AND ALTERNATIVE MEDICINE/2016, 2016
  • 植物の生命現象に関わる生理活性物質の構造と作用機構
    繁森 英幸
    筑波大学研究基盤総合センター分析部門報告, 2014
  • ベンゾキサジノイド誘導性cell-wall stiffnessとトウモロコシ芽生えの屈性反応との関係(口頭発表,植物化学調節学会第49回大会)
    山田 小須弥; 須藤 恵美; 長谷川 剛; 長谷川 宏司; 繁森 英幸
    植物化学調節学会研究発表記録集/49/p.98, 2014-10
  • Raphanusanin-mediated resistance to pathogens is light dependent in radish and Arabidopsis thaliana
    Moehninsi  ; Miura Kenji; Yamada Kosumi; Shigemori Hideyuki
    PLANTA/240(3)/pp.513-524, 2014-09
  • Caffeoylquinic acid induces ATP production and energy metabolim in human neurotypic SH-SY5Y cells
    Kazunori Sasaki; junkyu Han; Shigemori Hideyuki; Hiroko I...
    Nutrition and Aging/1/pp.141-150, 2012-05
  • カフェオイルキナ酸は神経細胞保護作用をもつ : 学習・記憶障害の抑制効果に期待
    HAN Junkyu; 宮前 友策; 繁森 英幸; 礒田 博子
    化学と生物/50(2)/pp.77-79, 2012-02
  • 1. α-メチレン-γ-ラクトン構造を有する新規オーキシン極性移動阻害物質(口頭発表,植物化学調節学会第47回大会)
    戸田 雄太; 新井 司; 黒田 裕一; 長谷川 剛; 繁森 英幸; 長谷...
    植物化学調節学会研究発表記録集/47(Supplement)/p.18, 2012-10
  • 23. エンドウの頂芽優勢に関わる生理活性物質の構造および機構(口頭発表,植物化学調節学会第47回大会)
    小出 麻友美; 宮本 健助; 長谷川 剛; Thet Tin Wai Wai; 広瀬...
    植物化学調節学会研究発表記録集/47(Supplement)/p.40, 2012-10
  • Structure-activity relationships of natural occurring plant growth-inhibiting substance caprolactam and its related compounds
    Tin; Wai Wai Thet; H. Hayashi; T. Otomatsu; K. Hirose; K....
    Heterocycles/78(10)/pp.2439-2442, 2009-01
  • Total synthesis of(±)-citreoviral
    繁森 英幸
    <i>J. Chem. Soc., Chem. Commun.</i>/p.292-293, 1985-01
  • Synthetic study on verrucosidin and its absolute configuration
    繁森 英幸
    <i>Tetrahedron Lett.</i>/27/p.723-726, 1986-01
  • An efficient synthesis of 9-oxaisotwist-8-en-2-ones. Synthesis of deoxysilydianin methyl ethern
    繁森 英幸
    <i>Chem. Lett.</i>/p.2097-2100, 1986-01
  • Efficient synthesis of(±)-8, 14-cedranoxide using electrochemical method as a key step
    繁森 英幸
    <i>Tetrahedron Lett.</i>/28/p.6661-6664, 1987-01
  • Four new metabolites produced by Penicillium citreo-viride B. on addition of NaBr
    繁森 英幸
    <i>Chem. Lett.</i>/p.1419-1422, 1988-01
  • Potassium lespedezate and potassium isolespedezate, bioactive substances concerned with the circadian rhythm in nyctinastic plants
    繁森 英幸
    <i>Tetrahedron Lett.</i>/30/p.3991-3994, 1989-01
  • Total syntheses of potassium lespedezate and potassium isolespedezate, bioactive substances concerned with circadian rhythm in nyctinastic plants
    繁森 英幸
    <i>Tetrahedron Lett.</i>/30/p.6389-6392, 1989-01
  • Bioactive substances from Lespedeza cuneata L. G. Don and their biological activities
    繁森 英幸
    <i>Tetrahedron</i>/46/p.383-394, 1990-01
  • Natural products syntheses using anodic oxidation of phenols as a key step
    繁森 英幸
    <i>Tetrahedron</i>/47/p.635-644, 1991-01
  • Manzacidins A-C, novel tetrahydropyrimidine alkaloids from the Okinawan marine sponge Hymeniacidon sp.
    繁森 英幸
    <i>J. Org. Chem.</i>/56/p.4574-4576, 1991-01
著書
  • 傷害との戦い
    Shigemori Hideyuki
    植物の知恵とわたしたち/pp.140-148, 2017-02
  • Electroorganic synthesis of some bioactive substances
    繁森 英幸
    Stud. Org. Chem. (Amsterdam), 1987
  • Total synthesis of natural products by using anodic oxidation of phenols as a key step
    繁森 英幸
    Stud. Nat. Prod. Chem, 1991
  • 異文化コミュニケーションに学ぶグローバルマインド
    長谷川 宏司; 広瀬 克利; 井上 進; 繁森 英幸
    2014-05
  • 動く植物ーその謎解きー
    繁森英幸; 山田小須弥; 中野洋; 長谷川剛; 長谷川宏司
    2002-09
  • 植物の知恵ー化学と生物からのアプローチ
    繁森英幸; 久松洋輔
    2005-02
  • プラントミメティックスー植物に学ぶ
    長谷川剛; 山田小須弥; 繁森英幸; 長谷川宏司
    2006-08
  • 天然物化学ー植物編ー
    繁森英幸
    2007-02
  • 天然物化学ー海洋生物編ー
    繁森英幸
    2008-06
  • 博士教えて下さいー植物の不思議ー
    繁森英幸
    2009-01
  • 最新植物生理化学
    繁森英幸
    2011-10
  • Differentiation of Human Leukemia Cell Line HL-60 by a Polyacetylenic Compound from Hedera Rhombea
    Kurita Yui; Yamada Parida; Shigemori Hideyuki; Isoda Hiroko
    ANIMAL CELL TECHNOLOGY: BASIC AND APPLIED ASPECTS, VOL 15/pp.253-258, 2009-01
会議発表等
  • 不思議な生物現象を化学の力で解明するー天然物にロマンを求めてー
    繁森 英幸
    第52回天然物化学談話会/2017-07-05--2017-07-07
  • Inhibitory Activity of Kukoamines from Lycii Cortex on Amyloid Aggregation
    Jiang Gandan; Takase Mio; Aihara Yukine; Hanaki Mizuho; M...
    新規素材探索研究会第16回セミナー/2017-06-09--2017-06-09
  • 被覆植物からの生物活性物質の探索
    富田 雅紀; 繁森 英幸; 山田 小須弥
    新規素材探索研究会第16回セミナー/2017-06-09--2017-06-09
  • カイワレダイコン由来シナピン酸誘導体の生物活性
    石田 貴也; 長谷部 明喜; 趙 幸運; 繁森 英幸
    新規素材探索研究会第16回セミナー/2017-06-09--2017-06-09
  • 植物由来カフェ酸誘導体のアミロイドβ凝集阻害活性、平成29年3月17-20日
    繁森 英幸; 木立 恵利; 栗栖 真奈美; 宮前 友策; 花木 ...
    日本農芸化学会2017年度(平成29年度)大会/2017-03-17--2017-03-20
  • Potential of Polyphenols from Tamarix Gallica towards Common Pathological Features of Diabetes and Alzheimer’s Diseases
    Ben Hmidene Asma; Hanaki Mizuho; Murakami Kazuma; Irie Ka...
    ICNPDD 2017/2017-02-12--2017-02-13
  • 植物の巧みな知恵―その謎解きー
    繁森 英幸
    第28回白金セミナー/2017-03-07--2017-03-07
  • 植物の巧みな知恵―その謎解きー
    繁森 英幸
    新規素材探索研究会第16回セミナー/2017-06-09--2017-06-09
  • 植物の生活環に関わる生理活性物質の構造と機能解明
    繁森 英幸
    第53回植物化学シンポジウム/2016-12-10--2016-12-10
  • 植物由来ポリフェノールの神経変性疾患に対する作用
    繁森 英幸; 宮前 友策; 栗栖 真奈美; 中曽根 理絵; 松浦...
    第34回メディシナルケミストリーシンポジウム/2016-11-3
  • オタネニンジン由来ポリアセチレン化合物の育毛活性
    鈴木 葵; 松浦 大輔; 金谷 裕敏; 谷野 伸吾; 繁森 英幸
    第27回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会/2016-11-25--2016-11-25
  • 子嚢菌Dicephalospora rufocorneaからの抗菌活性物質の探索
    羽田 萌; 清木 菫; 細矢 剛; 大城 太一; 供田 洋; 繁森...
    第27回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会/2016-11-25--2016-11-25
  • カカオ由来Clovamide関連化合物の合成とアミロイドβ凝集阻害活性
    角田 達彦; 渡邉 諒子; 高瀬 澪; 花木 瑞穂; 村上 一馬;...
    第27回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会/2016-11-25--2016-11-25
  • 子嚢菌Poculum pseudosydowianumからの新規生物活性物質の探索
    川島 大輝; 羽田 萌; 清木 菫; 細矢 剛; 大城 太一; 供...
    第27回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会/2016-11-25--2016-11-25
  • ゴマ(Sesamum indicum)芽生えの光屈性機構の解明
    萩原 美里; 高瀬 涼; 繁森 英幸; 山田 小須弥
    第27回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会/2016-11-25--2016-11-25
  • キク科薬用植物中の天然型オーキシン極性移動制御物質の探索とその作用機構
    戸田 雄太; 岡田 一穂; 浅見 留依; 繁森 英幸; 上田 純...
    植物化学調節学会第51回大会/2016-10-28--2016-10-30
  • 高等植物の光屈性反応における光照射側組織での成長抑制メカニズム
    都築 萌; Chaithongsri Nudtanicha; 繁森 英幸; 山田 小須弥
    第61回リグニン討論会/2016-10-27--2016-10-28
  • オタネニンジンからの育毛活性物質の探索
    鈴木 葵; 松浦 大輔; 金谷 裕敏; 谷野 伸吾; 繁森 英幸
    日本農芸化学会関東支部2016年度大会/2016-10-15--2016-10-15
  • 薬用キノコ由来Hispidin誘導体のAβ凝集阻害活性
    相原 幸音; 川口 あゆみ; 高瀬 澪; 繁森 英幸
    日本農芸化学会関東支部2016年度大会/2016-10-15--2016-10-15
  • Alpha-glucosidase and amyloid aggregation inhibition activities of polyphenols from the medicinal halophyte Tamarix gallica
    Ben Hmidene Asma; Hanaki Mizuho; Murakami Kazuma; Irie Ka...
    The 9th Japan-China-Korea Graduate Student Forum/2016-9-20--2016-09-23
  • 不思議な生物現象を化学の力で解明するー天然物にロマンを求めてー
    繁森 英幸
    第27回新薬創製談話会/2016-08-30--2016-08-31
  • エンドウ上胚軸の光屈性に関する新たなメカニズムの解明
    都築 萌; 長谷川 宏司; 繁森 英幸; 山田 小須弥
    第6回植物生理化学シンポジウム/2016-07-23--2016-07-24
  • ヒマワリ(Helianthus annuus L.)芽生えからのポリアセチレン化合物の単離及び光屈性との関係
    浅見 留依; 山田 小須弥; 長谷川 宏司; 繁森 英幸
    第6回植物生理化学シンポジウム/2016-07-23--2016-07-24
  • エンドウ(Pisum sativum L.)芽生え由来のβ複素環アラニン化合物による重力屈性機構の解明
    大宮 由芽; 長谷川 剛; 山田 小須弥; 宮本 健助; 上田 純...
    第6回植物生理化学シンポジウム/2016-07-23--2016-07-24
  • 天然型オーキシン極性移動阻害物質であるデヒドロコスタスラクトンの生理作用およびその作用機構
    岡田 一穂; 戸田 雄大; 繁森 英幸; 上田 純一; 宮本 健助
    第6回植物生理化学シンポジウム/2016-07-23--2016-07-24
知的財産権
  • α-グルコシダーゼの阻害作用を有する新規化合物
    矢澤一良; 諏佐智之; 本間篤史; 繁森英幸; 小川 愛
  • Alteramide and Alteromonas producing alteramide
    繁森 英幸
  • Taxuspine D as antitumor agent
    繁森 英幸
  • 植物成長阻害剤
    西山 繁; 土居史尚; 小神野孝尚; 小原大雅; 須貝 威; 長谷川...
  • アルツハイマー病予防又は治療剤、並びに飲食物
    礒田博子; 繁森英幸; ハンジュンキュ
  • Thymelaea 属植物からの抽出物を有効成分とするメラニン産生抑制剤
    礒田博子; 川野光子; 森尾貴広; モハメド・エリス・シュック;...
  • 抗アレルギー剤および抗炎症剤
    礒田博子; 山田パリーダ; 繁森英幸; 横田真一; 菅原公一
  • 細胞増殖促進剤、およびその利用
    礒田博子; 繁森英幸; ハンジュンキュ
  • 脂肪細胞分化抑制剤、およびその利用
    礒田博子; 繁森英幸; ハンジュンキュ; サヤジサミ; ボーアジ...
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02生理活性天然物化学演習II筑波大学
2017-04 -- 2017-08生理活性天然物化学演習II筑波大学
2017-10 -- 2018-02分子情報産業技術学セミナー筑波大学
2017-04 -- 2017-08分子情報産業技術学セミナー筑波大学
2017-10 -- 2018-02生理活性天然物化学演習I筑波大学
2017-04 -- 2017-08生理活性天然物化学演習I筑波大学
2017-10 -- 2018-02特別研究I筑波大学
2017-04 -- 2017-08特別研究I筑波大学
2017-10 -- 2018-02生理活性天然物化学セミナーB筑波大学
2017-04 -- 2017-08生理活性天然物化学セミナーB筑波大学
授業以外の教育活動
2016-04 -- 2017-03生物の不思議『なんでだろう?』を化学する 出前講義
2015-04 -- 2016-03生物の不思議『なんでだろう?』を化学する 出前講義
2014-04 -- 2015-03生物の不思議『なんでだろう?』を化学する 出前講義
2013-04 -- 2014-03生物の不思議『なんでだろう?』を化学する 出前講義
2012-04 -- 2013-03生物の不思議『なんでだろう?』を化学する 出前講義
2011-04 -- 2012-03生物の不思議『なんでだろう?』を化学する 出前講義
2010-04 -- 2011-03生物の不思議『なんでだろう?』を化学する 出前講義
2009-04 -- 2010-03生物の不思議『なんでだろう?』を化学する 出前講義
2008-04 -- 2009-03生物の不思議『なんでだろう?』を化学する 出前講義
2007-04 -- 2008-03生物の不思議『なんでだろう?』を化学する 出前講義
一般講演
  • 『天然物化学』に魅せられて33年
    繁森 英幸
    兵庫県立洲本高等学校創立記念式/2015-05-08--2015-05-08
  • ニガヨモギ(Artemisia absinthium L.)由来新規オーキシン極性移動阻害物質に関する化学的研究
    新井 司; 戸田雄太; 宮本建助; 長谷川 剛; 広瀬克利; 上田...
    第2回植物生理科学シンポジウム/2012-07-14
  • 植物の巧みな知恵―その謎解きと利用
    繁森 英幸
    第2回植物生理科学シンポジウム/2012-07-14
  • 青色光照射によって誘導されるcell-wall stiffnessと光屈性との関連性
    山田小須弥; Riffat JABEEN; 長谷川剛; 長谷川宏司; 繁森英幸
    植物化学調節学会第46回大会/2011-11-01
  • Melanogenesis Regulation Effects of Terpene Compounds in Mediterranean Plant Extracts
    Myra Orilina Villareal; Hui-chia Chao; Junkyu Han; Hideyu...
    第55回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会/2011-11-01
  • ジンチョウゲ科植物から単離したDaphnane型ジテルペンの構造と生物活性
    中曽根理絵; 小野寺愛実; 宮前友策; Myra Orlina Villareal; ...
    第55回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会/2011-11-01
  • カフェオイルキナ酸のアミロイドβ凝集阻害活性及び分子機構
    宮前友策; 栗栖真奈美; 村上一馬; 入江一浩; Han Junkyu; 礒...
    第53回天然有機化合物討論会/2011-09-01
  • カラシナ(Brassica juncea)芽生えの光屈性制御物質の探索
    牧野讓; 中城治之; 山田小須弥; 長谷川宏司; 繁森英幸
    新規素材探索研究会/2011-06-01
  • Structure and bioactivity of arabidopsides from Arabidopsis thalinana
    H. Nakajyo; K. Yamada; K. Hasegawa; N. Goto; K. Miura; Mo...
    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies/2010-12-01
  • Effect of caffeoylquinic acids on ATP production and expression of glycolytic enzymes in neuronal cells
    Y. Miyamae; J. Han; H. Isoda; H. Shigemori
    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies/2010-12-01
  • Bioactive substances involved in apical dominance of pea seedlings
    H. Shigemori; E. Nakajima; H. Togawa; T. Kokubo; H. Nakaj...
    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies/2010-12-01
  • 重金属ストレスによって誘導されるArabidopside関連化合物の構造と機能
    中城治之; 山田小須弥; 長谷川宏司; 後藤伸治; 三浦謙治; 繁...
    植物化学調節学会第45回大会/2010-11-01
  • Pseudomonas fluorescens CHA0からの生理活性物質の探索
    濱島弓弦; 繁森英幸; 山田小須弥; 竹内香純; Dieter Haas
    日本化学会第4回関東支部大会(2010)/2010-08-01
  • ジンチョウゲ根からの生物活性物質の探索
    小野寺愛実; 宮前友策; 繁森英幸
    日本化学会第4回関東支部大会(2010)/2010-08-01
  • ATP産生促進活性を示すカフェオイルキナ酸類の合成および構造活性相関研究
    宮前友策; Han Junkyu; 礒田博子; 繁森英幸
    日本化学会第4回関東支部大会(2010)/2010-08-01
  • 化学的ストレスによって誘導されるArabidopside関連化合物の構造と機能
    中城治之; 山田小須弥; 長谷川宏司; 後藤伸治; 繁森英幸
    新規素材探索研究会/2010-06-01
  • カエデ属植物からの血糖値上昇抑制物質、
    小川 愛; 本間篤史; 小山智之; 矢澤一良; 繁森英幸
    新規素材探索研究会/2010-06-01
学協会等委員
2016-04 -- (現在)植物生理化学会理事
2013-04 -- 2016-03植物生理化学会会長
2007 -- (現在)新規素材探索研究会幹事
2011-04 -- 2013-03植物生理科学研究会副会長
学内管理運営業績
2014-04 -- 2016-03生物資源学類長
2010-04 -- 2013-03委員長・生物資源学類教育課程委員会
2010-04 -- 2016-03委員・生物資源学類運営委員会
2010-04 -- 2013-03委員・全学学群教育課程委員会
2010-04 -- 2016-03委員・生物資源学類G30運営委員会
2011-04 -- 2014-03委員・生命環境科学研究科教務委員会
2012-04 -- 2013-04委員・生物資源科学専攻運営委員会

(最終更新日: 2017-07-31)