現在地

小川 和義(オガワ カズヨシ; Ogawa, Kazuyoshi)

所属
生命環境系
職名
助教
eメール
 
電話
029-853-7211
研究分野
高分子化学
研究キーワード
高分子化学
高分子電解質
ナノ微粒子
高分子集合体
刺激応答性ゲルまたは高分子
研究課題
高分子電解質系複合体に関する研究 -- (現在)/
高分子電解質ナノゲルの合成とキャラクタリゼーション -- (現在)/
職歴
2001-12 -- 2004-03筑波大学 文部科学技官
2004-04 -- (現在)筑波大学 大学院生命環境科学研究科生物機能科学専攻 助手
2007-04 -- (現在)筑波大学 大学院生命環境科学研究科生物機能科学専攻 助教
学歴
1993-04 -- 1997-03筑波大学 生物資源学類 生物応用化学卒業
-- 1999筑波大学 環境科学研究科 環境科学修了
1999-04 -- 2001-11筑波大学 農学研究科 応用生物化学専攻単位取得満期退学
取得学位
修士(環境科学)筑波大学
2004-02生物工学(博士)筑波大学
所属学協会
1998 -- (現在)高分子学会
論文
  • ナノエマルションからの自己組織化による銀ナノ粒子の調製
    胡 懂皓; 小川 和義; 梶山 幹夫; 江前 敏晴
    日本印刷学会誌/55(2)/pp.105-107, 2018
  • Stable antibacterial silver nanoparticles produced with seed-derived callus extract of Catharanthus roseus
    Osibe Dandy Ahamefula; Chiejina Nneka Virginia; Ogawa Kaz...
    Artificial cells, nanomedicine, and biotechnology/46(6)/pp.1266-1273, 2017-08
  • Effects of salt on intermolecular polyelectrolyte complexes formation between cationic microgel and polyanion
    Ogawa Kazuyoshi
    ADVANCES IN COLLOID AND INTERFACE SCIENCE/226/pp.115-121, 2015-12
  • Effects of salt on intermolecular polyelectrolyte complexes formation between cationic microgel and polyanion
    Ogawa Kazuyoshi
    ADVANCES IN COLLOID AND INTERFACE SCIENCE/226(A::SI)/pp.115-121, 2015-12
  • Preparation of Thermosensitive Submicrometer Gel Particles with Anionic and Cationic Charges
    小川 和義
    Langmuir/15(12)/p.4289-4294, 1999-01
  • Enzyme-Regulated Microgel Collapse for Controlled Membrane Permeability
    小川 和義
    Langmuir/17(16)/p.4704-4707, 2001-01
  • A biochemo-mechanical system consisting of polyampholyte gels with coimmobilized glucose oxidase and urease
    小川 和義
    Langmuir/17(9)/p.2670-2674, 2001-01
  • Coimmobilization of Glucolactonase with Glucose Otidase for Improvement in Kinetic Property of Enzymatically Induced Volume Collapse in Ionic Gels
    小川 和義
    Bio macromolecules/3(3)/p.625-631, 2002-01
  • Enzymatic Formation of pH Gradients within Polyelectrolyte Gels with Immobilizad Urease
    小川 和義
    Langmuir/18(15)/p.5661-5667, 2002-01
  • Effect of charge inhomogeneity of polyelectrolyte gels on their swelling behavior
    小川 和義
    COLLOIDS AND SURFACES A: Physicochemical and Engineering Aspects/209/p.267-279, 2002-01
  • Intramolecular Complex Formation of Poly(N-isopropylacrylamide) with Human Serum Albumin
    小川 和義
    Biomacromolecules/4(3)/p.728-735, 2003-01
  • Electrophoretic Behavior of Ampholytic Polymers and Nanogels.
    小川 和義
    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B/107(32)/p.8223-8227, 2003-01
  • Complex Formation of Protein with Different Water-Soluble Synthetic Polymers
    小川 和義
    Biomacromolecules/4(6)/p.1794-1799, 2003-01
  • Preparation and Characterization of Thermosensitive Polyampholyte Nanogels
    小川 和義; A. Nakayama; E. Kokufuta
    Langmuir/19(8)/p.3178-3184, 2003-10
  • Formation of a Charge Distribution within Ionic Gels by Immobilized Enzyme Reaction: Experimental Observations and Mathematical Simulations
    K. Ogawa; E. Kokufuta
    Macromolecular Symposia/207(2)/p.241-248, 2004-02
  • Swelling-Shrinking Behavior of a Polyampholyte Gel Composed of Positively Charged Networks with Immobilized Polyanions
    Y. Ogawa; K. Ogawa; E. Kokufuta
    Langmuir/20(7)/p.2546-2552, 2004-03
  • Static Light Scattering Study of Complex Formation between Protein and Neutral Water-soluble Polymer
    H. Matsunami; C. Fujita; K. Ogawa; E. Kokufuta
    Colloids and Surfaces B: Biointerfaces/56(1/2)/p.149-154, 2007-02
  • 高分子電解質ナノゲル系のコンプレックス形成について
    竹川雅実; 小川 和義; 國府田 悦男
    オレオサイエンス/8(2)/p.47-53, 2008-02
  • 刺激応答性ゲル -10年間の研究動向-
    国府田 悦男; 小川 和義
    高分子/48(6)/pp.404-407, 1999-06
  • On an intraparticle complex of cationic nanogel with a stoichiometric amount of bound polyanions
    Ogawa Kazuyoshi; Sato Seigo; Kokufuta Etsuo
    LANGMUIR/23(4)/pp.2095-2102, 2007-02
  • Static light scattering study of complex formation between protein and neutral water-soluble polymer
    Matsunami Hiroshi; Chiho Fujita; Ogawa Kazuyoshi; Kokufut...
    COLLOIDS AND SURFACES B-BIOINTERFACES/56(1-2)/pp.149-154, 2007-04
  • Light scattering study of complex formation between protein and polyelectrolyte at various ionic strengths
    Matsunami Hiroshi; Kikuchi Rie; Ogawa Kazuyoshi; Kokufuta...
    COLLOIDS AND SURFACES B-BIOINTERFACES/56(1-2)/pp.142-148, 2007-04
  • Geometrical characteristics of polyelectrolyte nanogel particles and their polyelectrolyte complexes studied by dynamic and static light scattering
    Kokufuta Etsuo; Ogawa Kazuyoshi; Doi Ryo; Kikuchi Rie; Fa...
    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B/111(29)/pp.8634-8640, 2007-07
  • Electrochemically induced aggregation of intra-particle cationic nanogel complexes with a stoichiometric amount of bound polyanions
    Doi Ryo; Ogawa Kazuyoshi; Kokufuta Etsuo
    COLLOID AND POLYMER SCIENCE/286(2)/pp.201-208, 2008-02
  • Unusual behavior in light scattering experiments of poly(N-vinylimidazole) prepared by precipitation polymerization
    Masaki Mika; Ogawa Kazuyoshi; Kokufuta Etsuo
    COLLOID AND POLYMER SCIENCE/287(12)/pp.1405-1415, 2009-12
著書
  • 刺激応答性ゲル-10年間の研究動向-
    小川 和義
    高分子 高分子, 1999-01
  • A novel biosensor using a biochemo-mechanical gel
    Suzuki H; Kumagai A; Ogawa K; Kokufuta E
    PROCEEDINGS OF THE IEEE SENSORS 2003, VOLS 1 AND 2, IEEE, pp.316-319, 2003-01
会議発表等
  • 両性高分子電解質の等温滴定挙動
    小川 和義
    第55回高分子と水に関する討論会
  • 両性高分子電解質の等温滴定挙動
    小川 和義
    第55回高分子と水に関する討論会/2017-11-30--2017-11-30
  • ポリアクリル酸とポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)の複合体形成の温度依存性
    小川 和義; 小林燎平; 露久保淳
    第55回高分子と水に関する討論会
  • ポリアクリル酸とポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)の複合体形成の温度依存性
    小川 和義; 小林燎平; 露久保淳
    第55回高分子と水に関する討論会/2017-11-30--2017-11-30
  • ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)とポリアクリル酸の複合体形成の熱力学的考察
    小川 和義; 露久保淳
    第66回高分子討論会
  • ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)とポリアクリル酸の複合体形成の熱力学的考察
    小川 和義; 露久保淳
    第66回高分子討論会/2017-09-20--2017-09-22
  • 機能性高分子ゲルの菌体密度制御がPseudomonas aeruginosaのクオラムセンシングに与える影響
    小川 和義; 勝亦雄太; 豊福雅典; Andrew S. Utada; 野村暢彦
    第31回日本バイオフィルム学会学術集会
  • 銅イオンと配位結合したN-ビニルイミダゾール共重合体ミクロゲルの⾼分⼦電解質挙動
    小川 和義
    第68回コロイドおよび界面化学討論会/2017-09-06--2017-09-08
  • 機能性高分子ゲルの菌体密度制御がPseudomonas aeruginosaのクオラムセンシングに与える影響
    小川 和義; 勝亦雄太; 豊福雅典; Andrew S. Utada; 野村暢彦
    第31回日本バイオフィルム学会学術集会/2018-07-07--2018-07-08
  • ポリイオンコンプレックス・ミクロゲルの会合と凝集
    小川 和義
    サマースクール 「土・水・生命環境とコロイド界面現象2015 - コロイドの凝集と沈降 - 」/2015-07-31--2015-07-31
  • ポリイオンコンプレックスの凝集
    小川 和義
    15 - 1 高分子と水・分離に関する研究会 2015 年度 界面 動 電現象研究会/2016-03-11--2016-03-11
  • A novel biosensor using a biochemo-mechanical gel
    Suzuki H; Kumagai A; Ogawa K; Kokufuta E
    2nd IEEE International Conference on Sensors
担当授業科目
2018-10 -- 2018-12専門語学(英語)I筑波大学
2018-10 -- 2018-12生体模倣化学筑波大学
2018-04 -- 2018-06専門語学(英語)I筑波大学
2018-10 -- 2019-02生体模倣化学講究I筑波大学
2018-10 -- 2019-02生体模倣化学講究II筑波大学
2018-10 -- 2019-02生体模倣化学講究III筑波大学
2018-10 -- 2019-02生体模倣化学演習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02生体模倣化学演習II筑波大学
2018-04 -- 2018-08生体模倣化学講究I筑波大学
2018-04 -- 2018-08生体模倣化学講究II筑波大学
一般講演
  • 銅イオン(Ⅱ)とN-イソプロピルアクリルアミド/N-ビニルイミダゾール共重合ゲル微粒子複合体の電気泳動挙動
    小川和義; 国府田悦男
    界面動電現象研究会 サマースクール-微生物とコロイドのソフト界面/2011-08-27
  • ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)ミクロゲルと ポリアクリル酸の複合体形成とそのキャラクタリゼーション
    小川和義; 國府田悦男
    第59回高分子学会年次大会/2010-05-26
  • 高分子電解質を包括したナノゲル微粒子の電気泳動挙動
    菊地理恵・平田光男・小川和義・国府田悦男; +小川 和義
    第17回高分子ゲル研究討論会/2006-01-01
  • 高分子電解質包括ナノゲルの合成とキャラクタリゼーション
    鬼沢奈津子・小川和義・国府田悦男・平田光男; +小川 和義
    第17回高分子ゲル研究討論会/2006-01-01
  • 高分子電解質包括ナノゲルの合成とキャラクタリゼーション
    鬼沢奈津子・小川和義・国府田悦男・平田光男; +小川 和義
    第54回高分子学会年次会/2005-05-01
  • アニオン性及びカチオン性ナノゲル微粒子による集合体のキャラクタリゼーション
    三宅雅文・小川和義・国府田悦男; +小川 和義
    第54回高分子学会年次会/2005-05-01
  • カチオン性ゲル微粒子とアニオン性ゲル微粒子による高分子電解質複合体のキャラクタリゼーション
    三宅雅文・小川和義・国府田悦男; +小川 和義
    第17回高分子ゲル研究討論会/2006-01-01
  • カチオン性ナノゲルとポリアニオンによる高分子電解質複合体のコロイド安定性
    小川和義・国府田悦男; +小川 和義
    第17回高分子ゲル研究討論会/2006-01-01
  • カチオン性ミクロゲルと強酸型ポリアニオンによる高分子電解質複合体形成とそのキャラクタリゼーション
    小川和義・国府田悦男; +小川 和義
    第54回高分子学会年次会/2005-05-01
学協会等委員
2012-09 -- (現在)界面動電現象研究会 会計
2011-11 -- 2012-09ELKIN2012 Executive Committee

(最終更新日: 2018-08-13)