現在地

有泉 亨(アリイズミ トオル; Ariizumi, Tohru)

所属
生命環境系
職名
准教授
URL
研究分野
園芸科学
遺伝育種科学
研究キーワード
蔬菜花卉
植物育種学
植物遺伝学
植物生理学
園芸学
研究課題
トマトにおける細胞質雄性不稔性回復遺伝子同定による効率的F1採種系の確立2017-04 -- 2021-03有泉亨日本学術振興会/科研費 基盤研究(B)
トマト果実発達を司る遺伝子ネットワークの解明 -- (現在)/
ゲノム編集技術等を用いた農水産物の画期的育種改良2014-10 -- (現在)江面浩生物系特定産業技術研究支援センター/SIP戦略的イノベーション創造プログラム
トマト花弁内におけるエステル化カロテノイド蓄積の分子基盤の解明2013-04 -- 2017-03有泉 亨日本学術振興会/科学研究費補助金 若手研究(A)
大規模変異体集団を利用したトマト重要形質の解析2013-04 -- 2017-03江面 浩日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)
ゲノム支援「生命科学系3分野支援活動」2012 -- 2013-03有泉亨/国内共同研究
ゲノム支援「生命科学系3分野支援活動」2011 -- 2012-03有泉亨/国内共同研究
テニュアトラック定着普及事業・個人選抜型2011 -- 2015-07有泉亨科学技術振興機構(JST)/その他
トマトの単為結果の分子機構解明2011 -- 2015江面浩カゴメ総合研究所、理化学研究所/出資金による受託研究
日米技術プラットフォームを利用したトマト果実形成機構の解明2011-05 -- 2013-05有泉亨日本学術振興会/ニ国間共同研究
職歴
2003-04 -- 2004-03日本学術振興会 特別研究員DC2
2004-04 -- 2005-03日本学術振興会 特別研究員PD
2005-04 -- 2007-04日本学術振興会 海外特別研究員 (Washington State University, USA)
2007-04 -- 2009-05Washington State University 博士研究員 (Washington State University, USA)
2009-05 -- 2009-05理化学研究所 博士研究員&理化学研究所客員研究員(併任)
2009-06 -- 2015-07筑波大学 助教
2015-08 -- (現在)筑波大学 生命環境系 准教授
学歴
1995-04 -- 1999-09東北大学 農学部卒業
1999-04 -- 2001-03東北大学 農学研究科 応用生命科学専攻修了
2001-04 -- 2004-03東北大学 農学研究科 応用生命科学専攻修了
取得学位
2004-03東北大学
所属学協会
-- (現在)園芸学会
-- (現在)日本育種学会
-- (現在)日本植物細胞分子生物学会
-- (現在)日本植物生理学会
受賞
2016-09日本植物細胞分子生物学会 奨励賞高等植物の植物ホルモンと生殖の制御に関する分子遺伝学的研究
2015-10The 12th Solanaceae Conference (SOL2015) Best Poster Presentation Award優秀ポスター賞
2015-09平成27年度 日本ナス科ゲノム合同国際シンポジウムJSOL2015(明治大学)優秀ポスター賞優秀ポスター賞
2014平成26年度筑波大学若手教員奨励賞
2014-10Best Poster Design Award
2014-10平成24年度 日本ナス科ゲノム合同国際シンポジウムJSOL2014(名古屋大学)優秀ポスター賞(共同受賞)優秀ポスター賞
2013-10Tsukuba Global Science Week 2013 Poster Presentation Award優秀ポスター賞
2012-10第122回日本育種学会優秀発表賞優秀発表賞
2011-09日本育種学会優秀発表賞(共同受賞)優秀発表賞
2010-03平成22年度 日本ナス科・ウリ科ゲノム合同国際シンポジウム(岡山大学)優秀ポスター賞(共同受賞)優秀ポスター賞
論文
著書
  • Mutant Resources and TILLING Platforms in Tomato Research
    Okabe Yoshihiro; Ariizumi Tohru
    FUNCTIONAL GENOMICS AND BIOTECHNOLOGY IN SOLANACEAE AND CUCURBITACEAE CROPS/pp.75-91, 2016
  • 人工ヌクレアーセを利用したゲノム編集技術
    篠崎良仁; 有泉 亨
    新しい植物育種技術を理解しよう NBT-new breeding techniques-/pp.17-30, 2013-09
  • Ubiquitin becomes ubiquitious in GA signaling.
    Ariizumi T; ; Steber CM
    2006-01
会議発表等
  • 園芸作物トマトの遺伝資源創成と果実発達遺伝子群の同定
    有泉 亨
    東京園芸懇話会/2015-12-08--2015-12-08
  • 育種技術の力でトマトを高品質化する
    有泉 亨
    理研シンポジウム 変異創成によるグリーンイノベーションの未来/2016-01-21--2016-01-21
  • Enhancement of tomato qulity by the breeding tequniques.
    有泉 亨
    Tsukuba-France Joint Conference/2016-01-22--2016-01-22
  • 筑波大学テニュアトラック「新つくば型」を終えて
    有泉 亨
    日本テニュアトラック会議/2016-02-10--2016-02-10
  • Plant Science Research For Global Food Security
    有泉 亨
    U.S.-Japan Research Institute,/2016-02-25--2016-02-25
  • The discovery of the role of etylene in the regulation of fruit set in tomato.
    有泉 亨
    植物生理学会/2016-03-19--2016-03-19
  • ゲノム編集技術によるトマトとジャガイモの機能改変の現状と課題
    有泉 亨
    日本植物細胞分子生物学会 上田大会/2016-09-04--2016-09-04
  • トマトの着果は植物ホルモンエチレンで抑制 される
    篠崎 良仁; 小嶋 美紀子; 榊原 均; 岡部 佳弘; 江面 浩; 有...
    第33回日本植物細胞分子生物学会/2015-08-10--2015-08-12
  • トマトモデル品種マイクロトムの大規模 変異体リソースの作出と整備
    四方雅仁; 星川 健; 有泉 亨; 福田 直也; 久保 康隆; 金山 ...
    第33回日本植物細胞分子生物学会/2015-08-10--2015-08-12
  • トマト変異体集団の整備状況と変異体果実代謝情報の収集
    星川 健; 四方 雅仁; 有泉 亨; 福田 直也; 金山 喜則; 久保 ...
    育種学会春季大会(127回)/2016-03-20--2016-03-22
  • 植物ホルモンエチレンはトマトの着果を抑制する
    篠崎 良仁; 小嶋 美紀子; 榊原 均; 岡部 佳宏; 江面 浩; 有...
    育種学会春季大会(127回)/2016-03-20--2016-03-22
  • SNP解析を用いたトマト新規単為結果候補遺伝子の特定の試み
    武井 瞳; 篠崎 良仁; 江面 浩; 有泉 亨
    育種学会春季大会(127回)/2016-3-20--2016-3-22
  • トマトのPALE YELLOW PETAL1遺伝子はエステル化カロテノイドの蓄積と花弁黄色化に必須である
    有泉 亨; 岸本早苗; 眞岡孝至; 平川英樹; 白澤健太; 岡部佳宏...
    第32回 日本植物細胞分子生物学会/2014-8-21--2014-8-22
  • Morphological and genetic analysis of tomato sexual sterility mutant.
    羽尾周平; 有泉 亨; 江面浩
    第7回日中韓大学院生フォーラム./2014-9-26--2014-9-29
  • ナス科作物の FW2.2/CNR ファミリー遺伝子の同定及びトマトをモデルとした着果時期でのゲノムワイド解析
    江面健太郎; 有泉 亨; 江面浩
    平成26年秋期園芸学会/2014-9-27--2014-9-29
  • エチレンはジベレリン代謝を介してトマト着果制御に関与する.
    篠崎良仁; 小嶋美紀子; 榊原均; 江面浩; 有泉 亨
    平成26年秋期園芸学会/2014-9-27--2014-9-29
  • トマトEMS処理変異誘発系統から選抜された新規単為結果性系統の特性解析
    増田順一郎; 有泉 亨; 江面浩
    平成26年秋期園芸学会/2014-9-27--2014-9-29
  • TILLING法によるトマトのSlCCD8欠損系統の探索とその特性評価
    堤拓也; 福島俊介; 岡部佳宏; 有泉 亨; 江面浩; 梅原三貴久
    International Symposium on Japanese Solanaceae Genomics Initiative (JSOL) 2014/2014-10-25--2014-10-26
  • Analysis of floral regulatory genes in a day-neutral tomato.
    Oikawa J; Ishigami Y; Tatsuzawa F; 有泉 亨; Wang N; 江面...
    International Symposium on Japanese Solanaceae Genomics Initiative (JSOL) 2014/2014-10-25--2014-10-26
  • 子室数を増加させる遺伝変異の利用によるトマト果実肥大性の強化
    本田悠理子; 羽尾周平; 江面浩; 有泉 亨
    International Symposium on Japanese Solanaceae Genomics Initiative (JSOL) 2014/2014-10-25--2014-10-26
  • Morphological and Genetic Analysis of a Tomato Mutant Exhibiting Sexual Sterility and Parthenocarpy.
    羽尾周平; 有泉 亨; 江面浩
    International Symposium on Japanese Solanaceae Genomics Initiative (JSOL) 2014/2014-10-25--2014-10-26
  • 植物ホルモンエチレンはトマトの着果を抑制する
    篠崎良仁; 小嶋美紀子; 榊原均; 岡部佳宏; 江面浩; 有泉 亨
    日本育種学会第127回講演会/2015-03-21--2015-03-22
  • トマトにおけるエチレン非感 受性変異体が示す単為結果性 の解析
    篠崎良仁; 羽尾周平; 江面浩; 有泉 亨
    平成26年度園芸学会春季大会/2014-3-29--2014-3-30
  • トマト AP3 遺伝子抑制系統に おける単為結果果実の形成
    山岡達也; 岡部佳弘; 牛島幸一郎; 有泉 亨; 荒木克也; 久保康...
    平成26年度園芸学会春季大会/2014-3-29--2014-3-30
  • ナショナルバイオリソースプ ロジェクト「トマト」におけ る整備状況と将来の展望
    星川健; 四方雅人; 有泉 亨; 福田直也; 金山喜則; 久保康隆; ...
    平成26年度園芸学会春季大会/2014-3-29--2014-3-30
担当授業科目
2016-04 -- (?)蔬菜・花卉学講究III筑波大学
2016-04 -- (?)蔬菜・花卉学講究II筑波大学
2016-04 -- (?)蔬菜・花卉学講究I筑波大学
2016-04 -- (?)生物資源科学実習筑波大学・生物資源学類
2016-04 -- (?)生物資源科学演習筑波大学・生物資源学類
2016-04 -- (?)フレッシュマン・セミナー筑波大学・生物資源学類
2015-04 -- (?)Practical Plant Biotechnology筑波大学
2015-04 -- (?)Basic Plant Biotechnology筑波大学
2015-04 -- (?)植物生物工学筑波大学
2015-04 -- (?)蔬菜花卉学特論筑波大学
授業以外の教育活動
2014-08 -- (現在)サマースクール筑波大学
2014-09 -- (現在)特別授業フランスボルドー大学
一般講演
  • Tomato ethylene receptor mutants Sletr1-1 and Sletr1-2 exhibit different levels of ethylene insensitivity and impaired fruit ripening phenotype
    Yoshihiro Okabe; Erika Asamizu; Tohru Ariizumi; Hiroshi E...
    国際エチレン学会2012/2012-03-01
  • トマト変異体データベースTOMATOMA
    Tohru Ariizumi; Takeshi Saito; Yoshihiro Okabe; Kanae Nii...
    第53回 日本植物生理学会/2012-03-01
  • トマト変異体データベース
    有泉 亨
    日本分子生物学会 BMB2011/2011-12-01
  • Genetic and cytological characterization of Micro-Tom bubble fruit mutants.
    Akane Kimura; Tohru Ariizumi; Yoshihiro Okabe; Takeshi Sa...
    8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference (SOL&ICuGI2011)/2011-10-28
  • Cytological dissection of tomato carpel mutants
    Shuhei Hao; Tohru Ariizumi; Takeshi Saito; Hiroshi Ezura
    8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference (SOL&ICuGI2011)/2011-10-28
  • Isolation of novel long fruit mutants from Micro-Tom mutant population
    Katarut Chusreeaeom; Erika Asamizu; Yoshihiro Okabe; Taka...
    8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference (SOL&ICuGI2011)/2011-10-28
  • Isolation and biochemical analysis of tomato mutants defective in pigment accumulation
    Ryo Kakami Tohru Ariizumi Erika Asamizu Sté phane Be...
    8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference (SOL&ICuGI2011)/2011-10-28
  • NBRPトマト・リソースの活用状況と将来展望
    有泉亨; 斎藤岳士; 新沼協; 浅水恵理香; 山崎由紀子; 溝口剛;...
    第29回 日本植物細胞分子生物学会/2011-09-01
  • Current Status and Future Prospect of NBRP Tomato
    Tohru Ariizumi
    Joint International Symposium on Japanese Solanaceae/Cucurbitaceae Genomics Initiatives/2011-03-05
  • トマト変異体集団の基盤整備
    有泉亨; 斎藤岳士; 浅水恵理香; 福田直也; 松倉千昭; 溝口剛;...
    日本分子生物学会 BMB2010/2010-12-01
  • Development of saturated mutant populations and large-sale full-length cDNAs in tomato.
    Tohru Ariizumi; Takashi Saito; Yoshihiro Okabe; Erika Asa...
    The 2nd Meeting of Asian Network of Research Resource Centers (ANRRC)/2010-10-28
  • Micro-Tom mutant library and databases for tomato functional genomics.
    Tohru Ariizumi; Erika Asamizu; Takeshi Saito; Yukiko Yama...
    The Arabidopsis meeting 2010 (ICAR2010)/2010-06-01
  • Distribution project for Micro-Tom mutants and BAC clones from NBRP tomato
    有泉亨
    第6 回JSOL ワークショップ/2010-03-01
  • NBRPトマト:トマト矮性品種マイクロトムの変異体とBACライブラリー整備
    有泉亨; 浅水恵理香; 斉藤岳士; 山崎由紀子; 溝口剛; 福田直...
    日本植物生理学会第51 回年会/2010-03-01
  • NBRP「トマト(ゲノム情報等整備プログラム)」:マイクロトムのゲノム情報―BACエンドシーケンス
    有泉亨; 浅水恵理香
    第32回日本分子生物学会年会/2009-12-01
  • NBRP「トマト」:トマト機能ゲノム科学のための矮性品種マイクロトムリソース
    有泉亨・浅水恵理香・斉藤岳士・山崎由紀子・溝口剛・福田直...
    第32回日本分子生物学会年会/2009-12-01
  • Establishment of Genetic Tools for Tomato Functional Genomics
    Tohru Ariizumi; Erika Asamizu; Takashi Saito; Tsuyoshi Mi...
    The 6th Solanaceae Genome Workshop/2009-10-01
  • Development of Micro-Tom mutant database “TOMATOMA” and a TILLING platform
    Erika Asamizu; Yoshihiro Okabe; Takeshi Saito; Tohru Arii...
    The 6th Solanaceae Genome Workshop/2009-10-01
  • マイクロトムを中心としたトマトバイオリソースの整備と利用
    浅水恵理香; 有泉亨; 斉藤岳士; 岡部佳弘; 青木考; 鈴木絢子;...
    日本育種学会第116回講演会/2009-09-01
  • ナショナルバイオリソースプロジェクト「トマト」:矮性品種‘Micro-Tom’ を基盤としたリソースの整備状況
    斎藤岳士; 有泉亨; 浅水恵理香; 山崎由紀子; 溝口剛; 福田直...
    園芸学会平成21年度秋季大会/2009-09-01
  • NBRPトマト:トマト変異体リソース整備と変異体探索データベース"TOMATOMA" の構築
    有泉亨・浅水恵理香・斉藤岳士・山崎由紀子・溝口剛・福田直...
    日本育種学会第116回講演会/2009-09-01
  • “RGL2 protein does not disappear during sly1 mutant seed germination”
    Tohru Ariizumi
    19th The International Plant Growth Substance Association (IPGSA) Meeting/2007-07-01
  • “Genetic research of gibberellin signaling in Arabidopsis for plant breeding.”
    Tohru Ariizumi
    Integrated Plant Sciences Retreat/2007-02-17
学協会等委員
2016-07 -- (現在)日本植物細胞分子生物学会幹事
2014-04 -- 2015-10In: Ezura H, Ariizumi T, Garcia-Mas J, Rose J, ed. Functional Genomics and Biotechnology in Solanaceae and Cucurbitaceae Crops.編集委員
2013-02 -- (現在)Japan Solanaceae Consortium (JSOL)運営委員Japan Solanaceae Consortium (JSOL)運営委員
2011-04 -- (現在)日本学術振興会産官学連携第178委員会/運営委員・庶務
2013-04 -- 2014-03日本植物細胞分子生物学会特集号編集責任者
2013-12 -- 2014-03筑波大学Kickoff symposium for Tsukuba-Norwich Collaborative Research Networks~Symbiosis between Human and the Planet Earth~・組織委員 主催
2013-10 -- 2013-12筑波大学果実研究と未来の食料生産シンポジウム2013 組織委員 主催
2013-04 -- 2014-03筑波大学平成25年度春期 園芸学会 大会組織委員 主催
2013-03 -- 2013-12筑波大学テニュアトラック普及定着事業・若手調整委員会2013年度国際シンポジウム"Diversifying Biological Resources"組織委員会・組織委員長
2010-04 -- 2012-03第八回ナス科ゲノム研究・第二回ウリ科ゲノム研究国際合同会議 (SOL&ICuGI2011)組織委員会・組織委員
学内管理運営業績
2015-04 -- (現在)生物圏資源科学専攻経理委員
2015-04 -- (現在)生物圏資源科学専攻運営委員
2015-04 -- (現在)生物圏資源科学専攻入試実施委員
2015-04 -- 2015-08生物資源科学専攻:大学説明会担当委員オープンラボ班:教員紹介資料作成
2013-04 -- 2014-03農林生物学実験&農林生物学基礎実験 世話人代表
2012-04 -- 2013-04テニュアトラック普及定着事業 若手調整委員会書記
2012-04 -- 2013-04生物圏資源科学専攻広報委員

(最終更新日: 2017-06-23)