現在地

伊藤 誠(イトウ マコト; Itoh, Makoto)

face
所属
システム情報系
職名
教授
性別
男性
生年月
1970-08
科研費番号
00282343
URL
eメール
 
研究室
認知システムデザイン研究室
電話
029-853-5502
Fax
029-853-5809
研究分野
社会システム工学・安全システム
研究キーワード
認知システム工学
安全工学
信頼性工学
情報システム学
社会システム工学
研究課題
ロボットに対する信頼感の構造:製造元への信頼を考慮に入れた分析2017 -- 2019伊藤 誠日本学術振興会/基盤研究(C)4,550,000円
ヒューマンマシンシステム高安全化のための相補的共有制御の体系化2017-04 -- (現在)伊藤 誠日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)
リスクモードとオンラインモニタリング技術高度化に着目した未然防止体系の新展開2015-04 -- (現在)鈴木和幸日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)
人の認知・判断の特性と限界を考慮した自動走行システムと法制度の設計2015-04 -- (現在)稲垣敏之日本学術振興会/科学研究費補助金
緑内障患者のための盲導犬メタファーに基づく自動車運転支援2014-04 -- 2017-03伊藤誠日本学術振興会/科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究3,640,000円
スキルの維持向上に基づき能力限界と機能喪失に備える相補的ヒューマンマシンシステム2014-04 -- 2017-03伊藤誠日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)41,990,000円
自然な運転状況の中での人間―機械双中心型多層的追突回避マネジメント2009 -- 2011伊藤誠日本学術振興会/基盤研究(A)46,280,000円
非拘束モニタリングにもとづく追突防止支援と過信抑制インタフェース2006 -- 2008伊藤誠日本学術振興会/基盤研究(A)51,870,000円
情報と経験に基づく過信への過程とその多様性の認知工学的解析2003 -- 2004伊藤誠日本学術振興会/若手研究(B)1,600,000円
ヒューマンマシンコラボレーションにおける信頼の証拠理論的認知モデルと解析1999-04 -- 2001-03伊藤誠日本学術振興会/科学研究費補助金 奨励研究(A)1,700,000円
職歴
2013-12 -- (現在)筑波大学 システム情報系 教授
2009-08 -- 2013-11筑波大学 准教授
2002-04 -- 2008-08筑波大学 電子・情報工学系 講師
1998 -- 2002電気通信大学 大学院情報システム学研究科 助手
1996 -- 1998筑波大学 電子・情報工学系 助手
学歴
-- 1996筑波大学 工学研究科 電子・情報工学専攻中退
-- 1993筑波大学 第三学群 情報学類 情報工学専攻卒業
取得学位
1999-03博士(工学)筑波大学
1995-03修士(工学)筑波大学
所属学協会
2005 -- (現在)Human Factors and Ergonomics Society
-- (現在)Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)
-- (現在)システム制御情報学会
1999 -- (現在)ヒューマンインタフェース学会
-- (現在)計測自動制御学会
-- (現在)航空運航システム研究会
2005 -- (現在)自動車技術会
-- (現在)人工知能学会
2005 -- (現在)日本交通科学協議会
1999 -- (現在)日本品質管理学会
受賞
2016-08自動車技術会第8回(2015年度)技術部門貢献賞部門運営への貢献
2016-112016年度日経品質管理文献賞伊藤誠:品質・安全問題と信頼,日科技連出版,2016
2010-08計測自動制御学会論文賞(友田賞)
2008-05-30日本交通科学協議会優秀論文賞
2002日本設備管理学会論文賞受賞
2002QC賞
2002ヒューマンインタフェース学会学術奨励賞
2001ヒューマンインタフェース学会論文賞
2000井上研究奨励賞
論文
  • Influence of Road Surface Design on Vehicle's Speed: Experiment Using Driving Sumilator for Implementation of Shared Space
    Ozaki Takuma; Yamamoto Sari; Itoh Makoto; Kawamoto Masayuki
    Tsukuba Global Science Week 2017 Art & Design Session Proceedings/pp.23-26, 2017-09
  • 走行速度を抑制する路面デザイン:シェアード・スペースのためのデザイン提案
    尾﨑拓磨; 山本 早里; 伊藤 誠; 川本雅之
    日本デザイン学会研究発表大会概要集/64(64)/pp.272-273, 2017-06
  • 自動運転におけるHMIについての一考察
    Itoh Makoto
    自動車技術/70(4)/pp.66-71, 2016
  • 自動車の自動運転における課題
    Itoh Makoto
    システム/制御/情報 : システム制御情報学会誌 = Systems, control and information/60(10)/pp.419-424, 2016
  • Effectiveness of Driver Compensation to Avoid Vehicle Collision under Visual Field Contraction
    Itoh Makoto; Lee Jieun
    Proc. HFES Annual Meeting, 2016
  • Shared automation of lane change for avoiding forward obstacle
    Takuya Aizawa; Itoh Makoto
    Proc. IEEE-SMC Annual Conference, 2016
  • Analysis of Human-Machine Cooperation When Driving with Different Reliabilities of Shared Control Systems
    Muslim Husam; Pacaux-Lemoine Marie-Pierre; Itoh Makoto
    Proc. IEEE-SMC Annual Conference, 2016
  • Toward Trustworthy Haptic Assistance System for Emergency Avoidance of Collision with Pedestrian
    Itoh Makoto; Tanaka Hiroto; Inagaki Toshiyuki
    Journal of Human-Robot Interaction/4(3)/pp.4-18, 2015
  • 車線変更準備段階におけるドライバ視行動分析に基づく個人適応型注意喚起支援の提案と評価
    周 慧萍; Itoh Makoto
    ヒューマンインタフェース学会論文誌/18(1)/pp.57-64, 2016-02
  • Driver involvement in lane-change decision making for maintaining situation awareness during automated driving
    Yamashita Takuya; Itoh Makoto
    JCMSI : SICE journal of control, measurement, and system integration (SICE JCMSI)/9(6)/pp.257-263, 2016
  • A hierarchical framework to analyze control conflicts between human and machine
    Itoh Makoto; Flemisch Frank; Abbink David
    IFAC PAPERSONLINE/49(19)/pp.96-101, 2016
  • Shared control is the sharp end of cooperation: Towards a common framework of joint action, shared control and human machine cooperation
    Flemisch F.; Abbink D.; Itoh M.; Pacaux-Lemoine M-P.; Wes...
    IFAC PAPERSONLINE/49(19)/pp.72-77, 2016
  • How does a driver perceive risk when making decision of lane-changing?
    Zhou Huiping; Itoh Makoto
    IFAC PAPERSONLINE/49(19)/pp.60-65, 2016
  • Driver Assistance System With a Dual Control Scheme: Effectiveness of Identifying Driver Drowsiness and Preventing Lane Departure Accidents
    Saito Yuichi; Itoh Makoto; Inagaki Toshiyuki
    IEEE TRANSACTIONS ON HUMAN-MACHINE SYSTEMS/46(5)/pp.660-671, 2016-10
  • システム安全のためのリスクマネジメント
    伊藤 誠
    自動車技術/69(12)/pp.73-78, 2015-12
  • Dual Control Theoretic Driver Assistance System: Driver Behavior Analysis based on Driving Simulator Experiment
    Itoh Makoto
    Prof. FAST-zero/pp.223-228, 2015
  • Evaluating Body Movements of a Drowsy Driver with Pressure Distribution Sensors
    Itoh Makoto
    Proc. FAST-zero/pp.267-272, 2015
  • Design and Effectiveness of a Dual Control Theoretic Driver Assistance for Assuring Safety and Identifying Driver State
    Itoh Makoto
    Proc. HFES Annual Meeting, 2015
  • Limitation of Driver’s Compensation under Visual Field Contraction
    伊藤 誠
    Proc. IEEE IECON, 2015
  • 追突防止のための注意喚起および警報が運転行動および追突リスクに与える影響
    伊藤 誠
    ヒューマンインタフェース学会論文誌/17(2)/pp.223-232, 2015-05
  • Diver’s Mental Workload: Task Performance and Mental Workload
    伊藤 誠
    Jurnal Tknologi/76(7)/pp.109-113, 2015
  • Toward Trustworthy Haptic Assistance System for Emergency Avoidance of Collision with Pedestrian
    伊藤 誠
    Journal of Human-Robot Interaction/4(3)/pp.4-18, 2015
  • Dynamic angling side-view mirror for supporting recognition of a vehicle in the blind spot
    Kuwana Junpei; Itoh Makoto
    Proc. ICCAS 2008/pp.2913-2918, 2008
  • How Do Cognitive Distraction Affect Driver Intent of Changing Lanes?
    Zhou Huiping; Itoh Makoto; Inagaki Toshiyuki
    Proc. ICIRA2009 (LNAI5928)/pp.235-244, 2009
  • Toward Preventive ACC Systems against Crashes Due to Another Vehicle's Cut-in
    Itoh Makoto
    Proc. ICIRA2009 (LNAI5928)/pp.226-234, 2009
著書
  • 安全・品質問題と信頼
    Itoh Makoto
    日科技連出版, 2016
  • 運転支援システムのヒューマンファクターと表示機器の要件
    伊藤 誠
    車載ディスプレイの開発とHMI技術,視認性向上, 技術情報協会, pp.3-10, 2015
  • 交通事故低減のための自動車の追突防止支援技術
    伊藤 誠; 丸茂喜高; 平岡敏洋; 和田隆広; 安部原也; 北島創
    交通事故低減のための自動車の追突防止支援技術, コロナ社, 2015-05
  • オートメーション・サプライズ抑制に向けたシステムデザイン
    伊藤 誠
    ,ヒューマンエラー対策事例集, 技術情報協会, pp.291-297, 2013
  • リスク環境におけるドライバと運転支援システムの協調
    伊藤誠; 稲垣敏之
    オペレーションズリサーチ オペレーションズリサーチ, 2006-01
  • 事故調査
    伊藤誠
    医療安全管理事典(長谷川敏彦 編) 医療安全管理事典(長谷川敏彦 編) 朝倉書店, 2006-01
  • Exploring appropriate alarm timing for a driver-adaptive forward collision warning system
    G. Abe; M. Itoh
    Human factors for assistance and automation, 2007-01
  • 交際編:リスク認知の仕組みと安全運転支援
    伊藤誠
    リスク工学との出会い(遠藤,村尾編),コロナ社, 2008-01
  • リスクの評価と受容
    伊藤誠
    リスク工学の基礎(遠藤 編),コロナ社, 2008-01
  • Effects of driving assistance system on driver's mental workload
    K. Yanagisawa; H. Tsunashima; Y. Marumo; M. Itoh; T. Inagaki
    Proc. HFES Europe Chapter Annual Meeting 2008, 2008-01
  • Different alarm timings for a forward collision warning system and their influence on braking behaviour and drivers' trust in the system
    G. Abe; M. Itoh; Tomohiro Yamamura
    Proc. HFES Europe Chapter Annual Meeting 2008, 2008-01
  • 信頼性・安全性工学
    伊藤誠; 土肥 正; 道上勉; 向殿政男
    オーム社, 2009-09
  • Design and Evaluation of Situation-Adaptive Pedestrian-Vehicle Collision Avoidance System
    Itoh Makoto; Inagaki Toshiyuki; Horikome Tatsuya
    2011 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC), IEEE, pp.1063-1068, 2011-01
  • Inference of large truck driver's intent to change lanes to pass a lead vehicle via analyses of driver's eye glance behavior in the real world
    Itoh Makoto; Yoshimura Kenji; Inagaki Toshiyuki
    PROCEEDINGS OF SICE ANNUAL CONFERENCE, VOLS 1-8, IEEE, pp.2380-2384, 2007-01
  • Influence of cognitively distracting activity on driver's eye movement during preparation of changing lanes
    Zhou Huiping; Itoh Makoto; Inagaki Toshiyuki
    2008 PROCEEDINGS OF SICE ANNUAL CONFERENCE, VOLS 1-7, IEEE, pp.831-836, 2008-01
  • Dynamic angling side-view mirror for supporting recognition of a vehicle in the blind spot
    Kuwana Junpei; Itoh Makoto
    2008 INTERNATIONAL CONFERENCE ON CONTROL, AUTOMATION AND SYSTEMS, VOLS 1-4, IEEE, pp.2529-2534, 2008-01
  • How Do Cognitive Distraction Affect Driver Intent of Changing Lanes?
    Zhou Huiping; Itoh Makoto; Inagaki Toshiyuki
    INTELLIGENT ROBOTICS AND APPLICATIONS, PROCEEDINGS, SPRINGER-VERLAG BERLIN, pp.235-244, 2009-01
  • Toward Preventive ACC Systems against Crashes Due to Another Vehicle's Cut-in
    Itoh Makoto
    INTELLIGENT ROBOTICS AND APPLICATIONS, PROCEEDINGS, SPRINGER-VERLAG BERLIN, pp.226-234, 2009-01
  • Individual Differences in Effects of Secondary Cognitive Activity during Driving on Temperature at the Nose Tip
    Itoh Makoto
    2009 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MECHATRONICS AND AUTOMATION, VOLS 1-7, CONFERENCE PROCEEDINGS, IEEE, pp.7-11, 2009-01
会議発表等
  • Influence of Road Surface Design on Vehicle's Speed: Experiment Using Driving Sumilator for Implementation of Shared Space
    Ozaki Takuma; Yamamoto Sari; Itoh Makoto; Kawamoto Masayuki
    Tsukuba Global Science Week 2017/2017-9-26--2017-9-26
  • 走行速度を抑制する路面デザイン:シェアード・スペースのためのデザイン提案
    尾﨑拓磨; 山本 早里; 伊藤 誠; 川本雅之
    日本デザイン学会春季研究発表大会/2017-7-2--2017-7-2
  • 自動走行システムのリスクマネジメントについて
    Itoh Makoto
    自動車技術会アクティブ・セイフティ部門委員会/2016-05-19
  • 自動車の自動走行システムの開発動向と課題
    Itoh Makoto
    定期航空協会安全委員会/2016-05-20
  • オートメーションサプライズについて
    Itoh Makoto
    計測自動制御学会安全サロン/2016-06-07
  • 生活の支援としての自動車自動運転
    Itoh Makoto
    KKE Vision/2016-10-26
  • 自動化システムにおけるヒューマンファクターの諸問題
    Itoh Makoto
    第49回安全工学研究発表会/2016-12-01
  • 品質・安全問題と信頼
    Itoh Makoto
    「第17回安全・安心のための管理技術と社会環境」ワークショップ/2016-12-23
  • 企業が信頼を得るとき、失うとき-品質・安全問題と信頼-
    Itoh Makoto
    日科技連2016年度月例講演会第8回/2017-02-09
  • 自動運転技術について
    Itoh Makoto
    京都府視覚障害者協会/2016-11-23
  • 交通運輸産業に係わる自動化の現状や課題について-特に自動車の自動運転を中心に-
    Itoh Makoto
    第23回交通運輸政策研究集会/2017-05-23
  • 品質・安全問題と信頼―信頼を得るとき,信頼を失うとき―
    Itoh Makoto
    日本品質管理学会第113回研究発表会/2017-05-27
  • A hierarchical framework to analyze control conflicts between human and machine
    Itoh Makoto; Flemisch Frank; Abbink David
    13th IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systems (HMS)/2016-08-30--2016-09-02
  • Shared control is the sharp end of cooperation: Towards a common framework of joint action, shared control and human machine cooperation
    Flemisch F.; Abbink D.; Itoh M.; Pacaux-Lemoine M-P.; Wes...
    13th IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systems (HMS)/2016-08-30--2016-09-02
  • How does a driver perceive risk when making decision of lane-changing?
    Zhou Huiping; Itoh Makoto
    13th IFAC/IFIP/IFORS/IEA Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systems (HMS)/2016-08-30--2016-09-02
  • Limitation of Driver's Compensation under Visual Field Contraction
    Lee Jieun; Itoh Makoto; Inagaki Toshiyuki
    41st Annual Conference of the IEEE-Industrial-Electronics-Society (IECON)/2015-11-09--2015-11-12
  • Towards vertical and horizontal extension of shared control concept
    Marie-Pierre Pacaux-Lemoine; Makoto Itoh
    IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC)/2015-10-09--2015-10-12
  • Driver's trust in automted driving when passing other traffic objects
    Abe Genya; Sato Kenji; Itoh Makoto
    IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC)/2015-10-09--2015-10-12
  • Toward a resilient railways with safety management
    Itoh Makoto
    Summer School: Risk Management, a Human-Centered Approach/2015-07-09--2015-07-09
  • 人と機械のインタラクション
    伊藤 誠
    自動車技術会講習会/2015-09-30--2015-09-30
  • Dealing with Conflicts
    Itoh Makoto
    Shared Control Tutorial at IEEE SMC Annual Conference/2015-10-09--2015-10-09
  • 安全にかかわる技術の先見力について
    伊藤 誠
    SRMクロスオピニオンセミナー/2015-10-20--2015-10-20
  • 自動運転と視覚障害者の運転について
    伊藤 誠
    臨床眼科学会シンポジウム新しい『見え方』-最先端技術に対応したロービジョンケアを考える/2015-10-22--2015-10-22
  • Towards smooth and safe trading of control from machine to human
    Itoh Makoto
    SIP-adus Workshop/2015-10-28--2015-10-28
  • ドライバの状態推定のための着座接触圧の利用について
    伊藤 誠
    計測自動制御学会オープンライフデータ取得・蓄積・利活用のための計測制御システム技術に関するワークショップ/2015-12-10--2015-12-10
知的財産権
  • 車両用運転状態検出装置、及び車両用運転状態検出方法
    Itoh Makoto
担当授業科目
2017-04 -- 2017-08リスク工学インターンシップ筑波大学
2017-10 -- 2018-02リスク工学インターンシップ筑波大学
2017-10 -- 2018-02エンパワーメント情報学特別演習 IIa筑波大学
2017-04 -- 2017-08エンパワーメント情報学特別演習 IIa筑波大学
2017-04 -- 2017-08エンパワーメント情報学特別演習 Ia筑波大学
2017-10 -- 2018-02エンパワーメント情報学特別演習 Ia筑波大学
2017-10 -- 2018-02リスク・ケーススタディ研究筑波大学
2017-04 -- 2017-08リスク・ケーススタディ研究筑波大学
2017-10 -- 2017-12リスク工学基礎筑波大学
2017-04 -- 2017-07リスク工学概論筑波大学
一般講演
  • 追突回避自動ブレーキに対する行動変容
    伊藤誠; 藤原祐介; 稲垣敏之
    計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会/2010-11-01
  • 減速開始タイミングの先行車速度への依存性
    伊藤誠
    電子情報通信学会安全性研究会/2010-10-01
  • 第2期 信頼性・安全性計画研究会報告 第2報- グローバル化のもとでの信頼性・安全性つくり込みのための課題 -
    伊藤誠; 鈴木和幸; 中條武志; 永原賢造; 横山真弘
    日本品質管理学会第95回研究発表会/2010-10-01
  • :Toward Overtrust-free Advanced Driver Assistance Systems
    Makoto Itoh
    IFAC-HMS2010/2010-08-01
  • 市街地走行におけるブレーキ行動の解析
    伊藤誠
    第46回日本交通科学協議会総会・学術講演会/2010-06-01
  • :第2期 信頼性安全性計画研究会報告 第1報 - 次世代信頼性・安全性情報システム による未然防止への取り組み -
    伊藤誠; 鈴木和幸; 椿広計; 田中健次; 横山真弘
    日本品質管理学会第92回研究発表会/2010-05-01
  • 非拘束モニタリングにもとづく追突回避支援と過信抑制インタフェース
    伊藤誠
    自動車技術会ヒューマンファクター部門委員会/2009-04-24
  • 自動運転は過信されるか?
    伊藤誠
    第5回メディア情報検証学術研究会/2009-11-01
  • 運転中の認知的ディストラクションと鼻部温度の関係について
    伊藤 誠; 稲垣敏之
    生体生理工学シンポジウム/2009-09-01
  • 静止着座接触圧分布にもとづく副次動作検出の高精度化
    伊藤誠; 羽生裕造; 鈴木意織; 稲垣敏之
    自動車技術会2009春季大会/2009-05-01
  • 覚醒度低下が体動にもたらす影響について
    伊藤誠; 飯塚啓司; 稲垣敏之
    第45回日本交通科学協議会学術講演会/2009-05-01
  • 認知的負荷がドライバの脈波に与える影響に関する一考察
    伊藤誠; Ahmad Khushairy; 稲垣敏之
    日本人間工学会第50回記念大会/2009-06-01
  • 自動車は「自動」車たりうるか
    伊藤誠
    第3回「ロボカフェ」/2009-11-14
  • アダプティブ・オートメーションのためのドライバモニタリング
    伊藤誠
    第4回「生体信号解釈とドライバの安全実現研究会」/2010-04-30
  • Toward Overtrust-free Adaptive Driver Support Systems
    Makoto Itoh
    IEEE ICMA 2009 Tutorial Workshops/2009-08-09
  • システムに対する過信の虚と実
    伊藤 誠
    電子情報通信学会安全性研究会/2009-07-24
  • 非拘束モニタリングにもとづく追突回避支援と過信抑制インタフェース
    伊藤誠
    自動車技術会ヒューマンファクター部門委員会/2009-04-24
  • 車の安全・安心技術と過信・不信の関係について
    伊藤誠
    自動車技術会エレクトロニクス部門委員会/2007-08-07
  • 信頼されすぎない高信頼度なシステムへ
    伊藤誠
    (社)日本品質管理学会 第16回ヤング・サマー・セミナー/2008-08-01
  • 人と機械の信頼関係の構築についてー自動車の運転支援を中心にー
    伊藤誠
    OR学会安全安心学研究部会/2008-10-31
  • Human Monitoring-based Driving Support
    Makoto Itoh
    IFAC World Congress/2008-08-01
  • 「工学の中の心理学ー自動車運転支援技術のために知るべき人のこころ」
    伊藤誠
    群馬県立前橋南高校出前講義/2008-11-17
  • 追突回避支援に対する過信とその防止
    伊藤誠; 平岡敏洋; 丸茂喜高; 稲垣敏之
    日本機械学会第17回交通・物流部門大会/2008-12-11
  • 減速行動にもとづく追突警報タイミングの設定方策に関する考察
    安部原也; 伊藤誠; 山村智弘
    日本機械学会第17回交通・物流部門大会/2008-12-11
  • 機能的近赤外分光法を用いた自動車運転時の脳機能計測(運転支援システムによるドライバの負担軽減の評価)
    柳沢一機; 綱島均; 丸茂喜高; 伊藤誠; 稲垣敏之
    日本機械学会第17回交通・物流部門大会/2008-12-11
学協会等委員
2016-04 -- (現在)国土交通省第6期先進安全自動車 (ASV) 推進計画/通信利用技術分科会 委員
2014 -- 2016International Congress of PsychologyThe 31st International Congress of Psychology 2016/Program Committee
2016 -- 2017JSAEFAST-Zero 2017/International Program Committee member
2017-04 -- (現在)自動車技術会HMI分科会 委員
2016-01 -- (現在)計測自動制御学会オープンライフデータ取得・蓄積・利活用のための計測制御システム技術の調査に関する技術専門委員会委員
2015 -- 2015計測自動制御学会会誌「モビリティを支えるシステム・情報技術」特集号ゲストエディタ
2015-10 -- (現在)International Journal of Human Factors and Ergonomics/Editorial Board Member
2013 -- 2015the 9th int. conf. MMR2015 Local Organizing Committee/Member
2015-01 -- (現在)計測自動制御学会会員サービス委員会/委員
2015 -- (現在)IEEESMC Society Shared Control Technical Committee/Co-chair
学内管理運営業績
2014-04 -- (現在)情報科学類Coinsプロジェクト推進室委員
2014 -- 2014情報科学類学類庶務
2010-04 -- 2011-03システム情報工学研究科広報委員会委員
2009-04 -- 2010-03システム情報工学研究科広報委員会委員研究科ウェブページのメンテナンスを行う
2008-04 -- 2009-03システム情報工学研究科広報委員会委員ウェブサイトの管理
2008 -- 2012-03G-COE サイバニクス 拠点協力研究員
2013-04 -- 2014リスク工学専攻就職委員会委員
2013-04 -- 2014-03リスク工学専攻学年担当M2学年担当
2013-04 -- 2014-03リスク工学専攻カリキュラム委員会委員
2013-04 -- 2014-03リスク工学専攻サブネットワーク委員会委員
その他の活動
-- (現在)優秀な留学生を積極的に受け入れています.現在も,後期課程1名,前期課程3名,研究生2名を指導しています。過去には、博士(工学)の研究者を1名輩出しました。
メッセージ
研究の興味は,主にシステムの安全性・信頼性,認知工学です.現在,自動車の安全性の向上を目指し,ドライバの状態推定や,ドライバの状態に応じた支援方法のデザインの研究に取り組んでいます.2014年4月からは,科学研究費補助金基盤研究Aによって,自動運転を視野に入れつつも,人や,システムが不完全であることを前提として,相互に補完しあうシステムデザインの研究にも取り込んでいます.

(最終更新日: 2017-06-30)