現在地

古川 宏(フルカワ ヒロシ; Furukawa, Hiroshi)

所属
システム情報系
職名
准教授
URL
eメール
 
研究室
認知支援システム研究室
研究分野
知能情報学
認知科学
知能機械学・機械システム
原子力学
実験心理学
社会システム工学・安全システム
研究キーワード
知識獲得
ヒューマン・マシン・インタフェース
人間機械協調
ナビゲーション
認知地図
自動化システム
認知的ワークロード
状況適応的機能配分
ヒューマン・ロボット・インタラクション
認知的シミュレーション
研究課題
安全・安心歩行者ナビにおけるユーザ個性・状況・環境変化への適応化機構の開発2017 -- 2019古川 宏日本学術振興会/基盤研究(C)4,550,000円
安全・安心歩行者ナビにおけるユーザ個性・状況・環境変化への適応化機構の開発2017-04 -- 2020-03古川宏日本学術振興会/基盤研究(C)4,550,000円
高齢者利用と緊急時誘導における迷い不安を軽減する経路案内法の実証的研究2014 -- 2016古川 宏日本学術振興会/基盤研究(C)4,810,000円
ランドマークの認知的有用性に基づき歩行者の不安を軽減する経路案内法の実証的研究2011 -- 2013日本学術振興会/基盤研究(C)3,640,000円
ユビキタス環境におけるデジタル教科書とモバイルラーニングの融合に向けた研究開発2011 -- 2013日本学術振興会/基盤研究(C)195,000円
エージェントチーム制御における個人戦略の多様性に適応する機能表示インタフェース 2006 -- 2008日本学術振興会/基盤研究(C)3,980,000円
原子力プラントにおける最適な自動化レベルに関する研究1999 -- 2002/国内共同研究
運転支援システム使用時のドライバ特性2001-04 -- 2006-12/国内共同研究
交通機関におけるヒューマンエラー防止に関する研究1998 -- 1999/出資金による受託研究
次世代インタラクティブ情報通信基盤2008-04 -- 2009-03田中 二郎/学内共同研究
職歴
1996-10 -- 1998-09日本原子力研究所 博士研究員
1998-10 -- 2001-08筑波大学 電子・情報工学系 講師
2001-09 -- 2004-03筑波大学 電子・情報工学系 助教授
2003-02 -- 2003-12アメリカカソリック大学 認知科学研究所 客員研究員
2004-04 -- 2007-03筑波大学 大学院システム情報工学研究科 リスク工学専攻 助教授
2007-04 -- (現在)筑波大学 大学院システム情報工学研究科リスク工学専攻 准教授
学歴
-- 1990東北大学 工学部 原子核工学卒業
-- 1995東北大学 工学研究科 原子核工学専攻修了
取得学位
博士(工学)東北大学
所属学協会
-- (現在)Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)
-- (現在)ヒューマンインタフェース学会
-- (現在)計測自動制御学会
2004 -- (現在)自動車技術会
-- (現在)情報処理学会
-- (現在)人工知能学会
2008 -- (現在)モバイル学会
2002 -- 2008日本プラント・ヒューマンファクター学会
-- (現在)日本原子力学会
-- (現在)日本人間工学会
受賞
2016-042015年度 筑波大学システム情報系 教育貢献賞
2013-042012年度 筑波大学システム情報系 教育貢献賞
1996日本原子力学会論文賞
論文
  • 高齢歩行者ナビゲーションのための安全性と嗜好を反映した経路生成法の提案
    2. 王智平; Furukawa Hiroshi
    電子情報通信学会技術研究報告/116(360)/pp.81-87, 2016-12
  • Experimental Study on Cognitive Aspects of Indoor Evacuation Guidance Using Mobile Devices
    Furukawa Hiroshi; Yang Kuo
    Lecture Notes in Engineering and Computer Science: Proceedings of The International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2017/pp.801-805, 2017-03
  • シリーズ解説「意思決定プロセスとしてのリスクコミュニケーション-原子力の未来に向けて」
    古川 宏
    日本原子力学会誌「アトモス」/pp.20-20, 2015-09
  • 拡張現実を用いたピアノ学習支援アプリの検討
    鈴木隆史; 古川 宏
    シンポジウム「モバイルʼ16」研究論文集/pp.25-30, 2016-03
  • 拡張現実環境における空間タッチパネルインタフェイス設計ガイドラインの検討
    若狭渓一郎; 古川 宏
    シンポジウム 「モバイル’16」研究論文集/pp.13-18, 2016-03
  • Empirical evaluation of the pedestrian navigation method for easy wayfinding
    Furukawa Hiroshi
    Proc. 6th International Conference and Workshop on Computing and Communication IEMCON 2015, 2015-10
  • Some Investigations of Fukushima Dai-ichi Accidents from the Viewpoints of Human Fac-tors
    Akio Gofuku; 古川 宏; Hiroshi Ujita
    Proc. HCI 2015: the 17th International Conference on Human-Computer Interaction/pp.314-326, 2015-08
  • 各国の医療事情を考慮した外国人向け医療事情支援ガイドの開発
    周鵬; 古川 宏
    モバイル学会誌/5(2)/pp.43-48, 2015-12
  • 高齢ユーザを対象としたわかりやすい歩行経路の探索法
    古川 宏
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2014 DVD-ROM論文集/pp.425-432, 2014-09
  • Pedestrian Navigation Guidance for Elderly People’s Safe and Easy Wayfinding
    Furukawa Hiroshi
    Proceedings of the 5th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics AHFE 2014/pp.1259-1271, 2014-07
  • 背景雑音中の各種アラームの知覚(聞こえ)に関する実験的検討
    金本 光一; 原田 中裕; 古川 宏
    医療機器学/84(4)/pp.396-404, 2014
  • メロディアラーム緊急感の実験的研究
    金本光一; 原田中裕; 古川 宏
    医療機器学/84(1)/pp.28-34, 2014-03
  • ユビキタスラーニング環境構築に向けた大学生による情報端末利用の実態:8大学における2012年調査より
    古川 宏
    モバイル学会誌/3(2)/pp.63-68, 2013-12
  • The Impact of E-learning and M-Learning on Tertiary Education Employing Mobile Technologies in Japan
    Hiroyuki Obari; Kazunori Ito; Stephen Lambacher; Yuichi K...
    Proc. E-LEARN 2012 - World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education, 2012-10
  • Study on pulse sound alarms that convey a sense of urgency in medical equipment
    K. Kanemoto; N. Harada; H.Furuhata; Hiroshi Furukawa
    Proc. the first International Symposium on Socially and Technically Symbiotic System/pp.10-1-10-4, 2012-08
  • A Pedestrian Navigation Method for User’s Safe and Easy Wayfinding
    Hiroshi Furukawa; Yutaka Nakamura
    Proc. HCI 2013: the 15th International Conference on Human-Computer Interaction, 2013-07
  • Pedestrian navigation system based on quantitative estimation of landmark’s effectiveness
    Hiroshi Furukawa; Yutaka Nakamura
    Proc. the 4th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics 2012/pp.391-400, 2012-07
  • Evaluation of Task Allocation Schemes via Probabilistic Simulations with Human Cognitive Models "Jointly worked"
    Hiroshi Furukawa; Toshiyuki Inagaki; Takashi Kunioka; You...
    Proc. of PSAM5, International Conference on Probabilistic Safety Assessment and Management/p.2397-2403, 2000-11
  • A probabilistic simulation method for evaluation of task allocation schemes in ship management "Jointly worked"
    Hiroshi Furukawa; Motonobu Sato; Toshiyuki Inagaki
    Proc. Twentieth IASTED International Conference : Modelling, Identification and Control 2001/p.533-538, 2001-02
  • Levels of automation in emergency operating procedures for a large-complex system: probabilistic analysis on human-automation collaboration "Jointly worked"
    Hiroshi Furukawa; Yuji Niwa; Toshiyuki Inagaki
    Proc. HCI International 2001/1/p.1513-1517, 2001-08
  • A graphical interface design for supporting human-machine cooperation: representing automation’s intention by means-ends relations "Jointly worked"
    Hiroshi Furukawa; Hiroyuki Nakatani; Toshiyuki Inagaki
    Proc. of 8th IFAC/IFIP/IFORS/IED Symposium on Analysis, Design, and Evaluation of Human-Machine Systems/p.pp.651-656, 2001-09
  • Human-machine interface for cooperation with automated systems based on awareness of goals and means "Jointly worked"
    Hiroshi Furukawa; Hiroyuki Nakatani; Toshiyuki Inagaki
    Proc. ISOFIC 2002 International Symposium on the Future I&C for NPP/p.305-312, 2002-11
  • 緊急時操船におけるオペレータ特性の動的変化を考慮したタスク配分評価法(共著)
    古川宏; 稲垣敏之
    電子情報通信学会和文誌A/J85-A(12)/p.1388-1397, 2002-12
  • Supporting system-centered view of operators through ecological interface design: Two experiments on human-centered automation "Jointly worked"
    Hiroshi Furukawa; and Raja Parasuraman
    Proc. Human Factors and Ergonomics Society 47th Annual Meeting/p.567-571, 2003-10
  • Mode awareness of a dual-mode adaptive cruise control system "Jointly worked"
    Hiroshi Furukawa; Toshiyuki Inagaki; Yasuhiro Shiraishi; ...
    Proc. 2003 IEEE International Conference on Systems, Man & Cybernetics/p.832-837, 2003-10
著書
  • 日本原子力学会ヒューマン・マシン・システム研究部会編「連載講座ヒューマンファクター」
    古川 宏
    2003-03
  • 原子力発電所におけるヒューマン・マシン・インタフェースの現状―新提示技術と課題―(共著)
    丹羽雄二; 五福明夫; 古川宏; 大橋智樹; 高橋信
    2003-01
  • 連載講座ヒューマンファクター 第6回ヒューマンインタフェースに関する原則,結言と将来展望(共著)
    五福明夫; 古川宏; 北村正晴
    2003-03
  • ヒューマンファクター10の原則-ヒューマンエラーを防ぐ基礎知識と手法, 第6章ヒューマンインタフェース
    (古田一雄編著)第6章著者:五福明夫; 古川宏
    2008-04
  • リスク工学シリーズ 4 リスク工学の視点とアプローチ 現代生活に潜むリスクにどう取り組むか
    古川宏(編著); 佐藤美佳; 亀山啓輔; 谷口綾子; 梅本通孝; ...
    2009-04
会議発表等
  • 高齢歩行者ナビゲーションのための安全性と嗜好を反映した経路生成法の提案
    2. 王智平; Furukawa Hiroshi
    電子情報通信学会アクセシブル・インタフェース専門研究会・福祉情報工学研究会/2016-12-14--2016-12-15
  • ランドマークの特性を利用した視認性評価モデル式構築手法の提案
    大沼洋平; Furukawa Hiroshi
    日本人間工学会関東支部第46回大会/2016-12-3--2016-12-4
  • Experimental Study on Cognitive Aspects of Indoor Evacuation Guidance Using Mobile Devices
    Furukawa Hiroshi; Yang Kuo
    The International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2017/2017-03-15--2017-03-17
  • 災害とモバイル
    古川 宏
    シンポジウム「モバイルʼ16」/2016-03-10--2016-03-11
  • 拡張現実を用いたピアノ学習支援アプリの検討
    鈴木隆史; 古川 宏
    シンポジウム「モバイルʼ16」/2016-03-10--2016-03-11
  • 拡張現実環境における空間タッチパネルインタフェイス設計ガイドラインの検討
    若狭渓一郎; 古川 宏
    シンポジウム「モバイルʼ16」/2016-03-10--2016-03-11
  • 認知的インタラクションにおけるトラブル-メンタルモデルとヒューマンインタフェースの役割
    古川 宏
    第2回日本医療安全学会学術総会/2016-03-05--2016-03-06
  • Empirical evaluation of the pedestrian navigation method for easy wayfinding
    Furukawa Hiroshi
    6th International Conference and Workshop on Computing and Communication IEMCON 2015/2015-10-15--2015-10-17
  • Some Investigations of Fukushima Dai-ichi Accidents from the Viewpoints of Human Fac-tors
    Akio Gofuku; 古川 宏; Hiroshi Ujita
    HCI 2015: the 17th International Conference on Human-Computer Interaction/2015-08-02--2015-08-07
  • 高齢ユーザを対象としたわかりやすい歩行経路の探索法
    古川 宏
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2014/2014-09-09--2014-09-12
  • Pedestrian Navigation Guidance for Elderly People’s Safe and Easy Wayfinding
    Furukawa Hiroshi
    the 5th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics AHFE 2014/2014-07-19--2014-07-23
  • A Pedestrian Navigation Method for User’s Safe and Easy Wayfinding
    Hiroshi Furukawa; Yutaka Nakamura
    HCI 2013: the 15th International Conference on Human-Computer Interaction/2013-07-21--2013-07-26
  • The Impact of E-learning and M-Learning on Tertiary Education Employing Mobile Technologies in Japan
    Hiroyuki Obari; Kazunori Ito; Stephen Lambacher; Yuichi K...
    E-LEARN 2012 - World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education/2012-10-09--2012-10-12
  • Study on pulse sound alarms that convey a sense of urgency in medical equipment
    K. Kanemoto; N. Harada; H.Furuhata; Hiroshi Furukawa
    the first International Symposium on Socially and Technically Symbiotic System/2012-08-29--2012-08-31
  • Pedestrian navigation system based on quantitative estimation of landmark’s effectiveness
    Hiroshi Furukawa; Yutaka Nakamura
    the 4th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics 2012/2012-07-21--2012-07-25
  • スマートフォン普及後の大学生のモバイル端末利用実態
    木暮祐一; 伊藤一成; 古川宏; 萱忠義; 小張敬之
    シンポジウム「モバイル12」論文集_モバイル学会___123-127/2012-3
  • 歩行者ナビゲーションを利用した経路探索における不安要因の検討
    宇戸 裕人; 古川 宏
    シンポジウム「モバイル08」 モバイル学会/2008-07
  • 機能モデルに基づく携帯電話システムの学習支援法の提案
    加藤 悠太; 古川 宏
    シンポジウム「モバイル08」_モバイル学会___1-6/2008-07
  • ランドマークの認知容易性・視認可能性に基づく歩行者の不安の定量的評価
    宇戸 裕人; 古川 宏
    シンポジウム「モバイル09」_モバイル学会___/2009-03
  • マルチロボット操作における戦略と利用情報の抽象度
    古川 宏
    計測自動制御学会知能システムシンポジウム_計測自動制御学会___/2009-03
  • 携帯電話システムの機能的理解のための自主学習支援法の評価
    加藤悠太; 古川宏
    ヒューマンインタフェースシンポジウム2009_ヒューマンインタフェース学会___763-768/2009-09
  • 階層的学習法を用いた高齢者による携帯電話システムの理解支援
    加藤悠太; 古川 宏
    シンポジウム「モバイル10」論文集_モバイル学会___151-156/2010-03
  • 複数音声警報の同時聴取を可能とする聴覚表示法の検討
    長谷川暖; 古川 宏
    シンポジウム「モバイル10」論文集_モバイル学会___99-104/2010-03
  • ドライバによる同定が困難な交差点に対する経路案内情報の直観的提示法
    岡田直巳; 古川 宏
    シンポジウム「モバイル10」論文集_モバイル学会___33-28/2010-03
  • ランドマークの定量的評価に基づく歩行者の不安を軽減する経路探索アルゴリズム
    宇戸裕人; 古川 宏
    シンポジウム「モバイル10」論文集_モバイル学会___27-32/2010-03
担当授業科目
2017-04 -- 2017-08リスク工学インターンシップ筑波大学
2017-10 -- 2018-02リスク工学インターンシップ筑波大学
2017-10 -- 2018-02リスク・ケーススタディ研究筑波大学
2017-04 -- 2017-08リスク・ケーススタディ研究筑波大学
2017-10 -- 2017-12リスク工学基礎筑波大学
2017-04 -- 2017-07リスク工学概論筑波大学
2017-10 -- 2017-12マルチメディアの舞台裏II筑波大学
2017-04 -- 2017-08知能情報メディア実験A筑波大学
2017-10 -- 2018-02リスク工学後期特別研究筑波大学
2017-04 -- 2017-08リスク工学後期特別研究筑波大学
授業以外の教育活動
2016-04 -- 2017-03リスク工学専攻達成度評価システム筑波大学リスク工学専攻
2015-04 -- 2016-03リスク工学専攻達成度評価システム筑波大学
2015-03 -- 2015-03指導学生による研究発表の研究奨励賞【最優秀賞】の受賞特定非営利活動法人モバイル学会
2014-04 -- 2015-03リスク工学専攻達成度評価システム筑波大学
2013-04 -- 2014-03情報科学類クラス担任(2008年度入学)筑波大学
2013-04 -- 2014-03リスク工学専攻達成度評価システム筑波大学
2012-04 -- 2013-03情報科学類クラス担任(2008年度入学)筑波大学
2012-04 -- 2013-03達成度評価システム筑波大学
2012-03 -- 2012-03指導学生による研究発表の研究奨励賞の受賞特定非営利活動法人モバイル学会
2011-09 -- 2011-11共通科目「情報処理(実習)」筑波大学
一般講演
  • セミナー「意思決定プロセスとしてのリスクコミュニケーション-原子力の未来に向けて」
    古川 宏
    日本原子力学会ヒューマン・マシン・システム研究部会2014年度夏期セミナー「意思決定プロセスとしてのリスクコミュニケーション-原子力の未来に向けて」/2014-08-07--2014-08-08
  • 特別公開講演「安心なモバイル社会づくりへ」
    ・春名 孝昭(リサーチ・イン・モーション・ジャパン株式会社...
    シンポジウム「モバイル'11」/2011-03-10--2011-03-11
  • 携帯電話利用時のトラブルを誘発するリスクの不可視性
    古川 宏
    モバイル学会第8回モバイル研究会/2009-09-26
  • 歩行者ナビゲーションを利用した経路探索における不安要因の検討
    宇戸 裕人; 古川 宏
    シンポジウム「モバイル08」/2008-07-03
  • 機能モデルに基づく携帯電話システムの学習支援法の提案
    加藤 悠太; 古川 宏
    シンポジウム「モバイル08」/2008-07-03
  • マルチロボット操作における戦略と利用情報の抽象度
    古川 宏
    計測自動制御学会知能システムシンポジウム/2009-03-17
  • ランドマークの認知容易性・視認可能性に基づく歩行者の不安の定量的評価
    宇戸 裕人; 古川 宏
    シンポジウム「モバイル09」/2009-03-18
  • Functional display for human supervision of a multiple robot system: adequacy for operations with a variety of strategies
    Hiroshi Furukawa
    2008 IEEE International Conference on Distributed Human-Machine Systems/2008-03-12
  • Usage of different levels of functional information in multiple robot operation
    Hiroshi Furukawa
    ICARA 2009 - The 4th International Conference on Autonomous Robots and Agents/2009-02-10
学協会等委員
2016-03 -- (現在)モバイル学会学会長
2012-09 -- 2015-05日本原子力学会ヒューマン・マシン・システム研究部会 東京電力(株)福島第一原子力発電所事故調査検討委員会/委員
2010-04 -- (現在)日本原子力学会日本原子力学会ヒューマン・マシン・システム研究部会運営委員会役員
2006 -- 2008日本原子力学会プログラム編成委員,HMS研究部会運営委員会役員
2002-04 -- (現在)総務省戦略的情報通信研究開発推進制度専門評価委員
2001-04 -- (現在)日本原子力学会HMS研究調査委員会委員
2010-01 -- (現在)モバイル学会理事
2013-12 -- 2014-08日本原子力学会ヒューマン・マシン・システム研究部会2014年度夏期セミナー実行委員会/委員長
2011-04 -- 2012-03日本原子力学会運営委員会役員
2011-04 -- 2012-03モバイル学会モバイル学会主催シンポジウム「モバイル12」特別セッション企画
学内管理運営業績
2016-04 -- 2017-03本部委員会 国際交流支援部門企画・審査委員会委員
2015-04 -- 2017-03本部委員会 FD担当教員リスク工学専攻窓口教員
2016-04 -- 2017-03システム情報系研究倫理委員会委員
2015-04 -- 2017-03システム情報工学研究科 茨城高専包括協定に関わる連携委員会委員
2015-04 -- 2017-03システム情報工学研究科 ファカルティデベロップメント委員会委員
2015-04 -- 2017-03リスク工学専攻 施設委員会委員
2015-04 -- 2017-03リスク工学専攻 達成度評価チェック委員会委員
2015-04 -- 2017-03リスク工学専攻 大塚キャンパス対策委員会委員
2015-04 -- 2017-03リスク工学専攻 教育企画委員会委員長
2016-04 -- 2017-03情報科学類 庶務担当(学類長補佐)
その他の活動
2015-12 -- 2016-10IEEE UEMCON 2016, The 8th IEEE Annual Ubiquitous Computing, Electronics & Mobile Communication Conference, Technical program committee member
2015-11 -- 2016-10IEEE IEMCON 2016, The 7th IEEE Annual Information Technology, Electronics and Mobile Communication Conference, Technical program committee member
2014-11 -- 2015-08STSS/ISSNP2015: International Symposium on Socially and Technically Symbiotic Systems (STSS), International Symposium on Symbiotic Nuclear Power Systems (ISSNP), Technical Program Committee
2013-06 -- 2014-08ISOFIC/ISSNP 2014 (International Symposium on Future I&C for Nuclear Power Plants, International Symposium on Symbiotic Nuclear Power Systems), Technical Program Com-mittee

(最終更新日: 2017-06-25)