現在地

大塩 寛紀(オオシオ ヒロキ; Oshio, Hiroki)

所属
数理物質系
職名
教授
研究分野
無機化学
研究キーワード
錯体化学
研究課題
電場誘起高効率物性変換システムの構築2018 -- 2020大塩 寛紀日本学術振興会/挑戦的研究(萌芽)6,370,000円
非対称電子移動ユニットの集積による異方性電子機能の創出2016-06 -- 2021-03二瓶 雅之日本学術振興会/文科省科研費新学術領域研究「配位アシンメトリ」61,620,000円
物質融合による新奇機能・反応場の構築2016-04 -- 2018-03大塩 寛紀独立行政法人日本学術振興会/二国間交流事業共同研究5,720,000円
光・電場に応答する多重機能性金属錯体の構築2013 -- 2016大塩寛紀文部科学省/科学研究費補助金 基盤研究(A)47,450,000円
金属多核錯体による二酸化炭素の多電子還元2012 -- 2013日本学術振興会/挑戦的萌芽研究4,160,000円
特異な分子構造に基づく電子機能2009 -- 2013文部科学省/新学術領域研究121,680,000円
新規光応答性金属多核錯体の合成2008 -- 2008文部科学省/特定領域研究2,400,000円
機能性金属多核錯体の合成・物性・反応2008 -- 2010日本学術振興会/基盤研究(B)19,500,000円
外場応答性配位空間の創成と機能発現2004 -- 2007文部科学省/特定領域研究43,300,000円
スピン平衡多核錯体の合成と多段階光スイッチング素子の構築2003 -- 2004文部科学省/特定領域研究5,600,000円
学歴
-- 1952九州大学 理学部 化学卒業
-- 1957九州大学 理学研究科 化学
取得学位
1982-03理学博士九州大学
免許資格等
第一種放射線取扱主任者
所属学協会
-- (現在)International Advisory Committee of International Conference of Molecule-Based Magnets
2013 -- (現在)Associate Editor of Inorganic Chemistry Frontiers
2010 -- (現在)Advisory Board of Chinese Journal of Chemistry
2010 -- (現在)Advisory Board of Dalton Transactions (Royal Society of Chemistry)
2009 -- (現在)Advisory Board of CrystEngComm (Royal Society of Chemistry)
2003 -- (現在)電子スピンサイエンス学会
2000 -- (現在)メスバウアー分光研究会
1985 -- (現在)錯体化学会
1977 -- (現在)日本化学会
受賞
2018-04平成30年度科学技術分野 文部科学大臣表彰「科学技術賞」科学技術に関する研究開発,理解増進等において顕著な成果を収めたため
2016-07平成28年度 錯体化学会賞錯体化学会会員の中から、 特に業績が優れ、錯体化学の発展に寄与したと認められたから。
2006-03The Chemical Society of Japan Award for Creative Work for 2005
論文
著書
  • 多重安定性金属錯体の化学 -電子状態の自在変換
    大塩 寛紀
    月刊化学, pp.72-73, 2014-12
  • Assembly of Imino Nitroxides with Cu(I) Halides
    H. Oshio; T. Ito
    Molecule-Based Magnetic Materials: Theory, Techniques, and Applications (American Chemical Society), 1996-05
  • Ferromagnetic Inteactions in Metal Complexes
    H. Oshio
    Magnetism: A Supramolecular Function (NATO ASI Series) (Kluwer Academic Publishers), 1996-07
  • Assembly of Imino Nitroxides with Ag(I) and Cu(I) ions
    H. Oshio; T. Ito
    Coord. Chem. Rev (Elsevier B. V.), 2000-05
  • Ferromagnetic Interactions in Metal Complexes
    H. Sasabe; H. Oshio; T. Ito
    Hyper structured molecule II (Gordon & Breach Science Publishers), 2000-12
  • 分子性結晶の磁性
    大塩寛紀
    日本結晶学会誌(日本結晶学会), 2002-02
  • 新版 錯体化学-基礎と最新の展開
    大塩寛紀
    新版 錯体化学-基礎と最新の展開(講談社サイエンティフィク), 2002-11
  • 基底高スピン多核錯体の設計
    大塩寛紀
    集積型金属錯体の科学-物質機能の多様性を求めて(化学同人), 2003-04
  • Cyanide-bridged Iron(II)-M(II) molecular squares, M(II) = Fe(II), Co(II), Cu(II)
    H. Oshio; T. Ito
    Inorganic Syntheses, Vol.34 (John Wiley & Sons, Inc.), 2004-04
  • Iron(III) Spin Crossover Coumpounds
    P. J. Koningsbruggen; Y. Maeda; H. Oshio
    Topics in Current Chemistry Vol. 233, Spin Crossover in Transition Metal Compounds I (Springer Berlin / Heidelberg), 2004-05
  • Molecular Cubes with High-spin ground states
    T. Shiga; H. Oshio
    Sci. Tech. Adv. Mater. (Elsevier B. V.), 2005-11
  • 分子磁性:基底高スピン錯体
    二瓶雅之; 大塩寛紀
    化学フロンティア16 チャンピオンレコードを持つ金属錯体最前線(化学同人), 2006-06
  • Spin Crossover Iron(III) Complexes
    M. Nihei; T. Shiga; Y. Maeda; H. Oshio
    Coord. Chem. Rev. (Elsevier B.V.), 2007-11
  • 2-3 単分子磁石の化学
    志賀拓也・大塩寛紀; +大塩 寛紀
    錯体化学選書3・金属錯体の現代物性化学(三共出版), 2008-10
  • レーダー:単分子磁石
    大塩寛紀
    化学と教育 57巻(日本化学会), 2009-01
  • 巻頭言:アイソトープセンターを取巻く環境の変化
    大塩寛紀
    Isotope News(日本アイソトープ協会), 2009-06
  • 2-9 分子磁石の自己集合
    志賀拓也・大塩寛紀; +大塩 寛紀
    錯体化学選書5・超分子金属錯体(三共出版), 2009-10
  • 金属錯体の機器分析(上)
    大塩寛紀
    錯体化学選書7(三共出版), 2010-10
  • 金属錯体の機器分析(下)
    大塩寛紀
    錯体化学選書7(三共出版), 2012-04
  • Iron(III) spin crossover compounds
    van Koningsbruggen PJ; Maeda Y; Oshio H
    SPIN CROSSOVER IN TRANSITION METAL COMPOUNDS I, SPRINGER-VERLAG BERLIN, pp.259-324, 2004-01
会議発表等
  • Spin crossover iron complexes with Brønsted acid/base
    Saiki Ryo; Miyamoto Haruka; Shiga Takuya; Oshio Hiroki
    第98日本化学会春季年会/2018-03-16--2018-03-19
  • 有機ナノケージをもちいた金属酸化物クラスター合成
    荒木 聡輔; 仁部 孝行; 二瓶 雅之; 大塩 寛紀
    「第3回TIA光・量子計測シンポジウム」光・量子が繋ぐTIA計測連携 ~新しい科学と産業の創成をめざして~/2018-02-07--2018-02-07
  • 有機ケージ分子をもちいた無機ナノ粒子の合成
    武田 祐子; 仁部 孝行; 二瓶 雅之; 大塩 寛紀
    「第3回TIA光・量子計測シンポジウム」光・量子が繋ぐTIA計測連携 ~新しい科学と産業の創成をめざして~/2018-02-07--2018-02-07
  • オキソ架橋鉄二核錯体の磁気的相互作用に関する研究
    立花 美奈水; 添田 皓輝; 志賀 拓也; 大塩 寛紀
    「第3回TIA光・量子計測シンポジウム」光・量子が繋ぐTIA計測連携 ~新しい科学と産業の創成をめざして~/2018-02-07--2018-02-07
  • メリディオナルな配位様式をもつトリシアノ錯体の合成と集積化
    宮本 晴佳; 佐伯 亮; 志賀 拓也; 大塩 寛紀
    「第3回TIA光・量子計測シンポジウム」光・量子が繋ぐTIA計測連携 ~新しい科学と産業の創成をめざして~/2018-02-07--2018-02-07
  • 二塩基酸三座配位子をもつスピン平衡鉄(II)錯体の電子状態に関する研究
    大川 夏実; 志賀 拓也; 大塩 寛紀
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • 外部刺激応答性多核錯体の水素結合による集積化
    加藤 万里奈; 二瓶 雅之; 大塩 寛紀
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • オキソ架橋鉄二核錯体の磁気的相互作用に関する研究
    立花 美奈水; 添田 皓輝; 志賀 拓也; 大塩 寛紀
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • A Cyanide-bridged Hexagonal Prism [FeCo] Cage with an Encapsulated DABCO Molecule
    Wei Rong-Jia; Shiga Takuya; Oshio Hiroki
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • 有機ケージ分子をもちいた無機ナノ粒子の合成
    武田 祐子; 仁部 孝行; 二瓶 雅之; 大塩 寛紀
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • 有機ナノケージをもちいた金属酸化物クラスター合成
    荒木 聡輔; 仁部 孝行; 二瓶 雅之; 大塩 寛紀
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • プロトン応答性を持つシアン化物イオン架橋多核錯体に関する研究
    中原 涼平; Rong-Jia Wei; 志賀 拓也; 大塩 寛紀
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • メリディオナルな配位様式をもつトリシアノ錯体の合成と集積化
    宮本 晴佳; 佐伯 亮; 志賀 拓也; 大塩 寛紀
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • Self-assembly of heterometallic coordination cages based on a tripodic metalloligand
    Lin Xiaoli; Wei Rong-Jia; Shiga Takuya; Oshio Hiroki
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • Electronic state conversions of iron complexes with Bronsted acid and base
    Saiki Ryo; Akiyama Lisa; Shiga Takuya; Oshio Hiroki
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • 有機ナノケージ分子に包接されたフェリハイドライト粒子の合成
    仁部 孝行; 井田 博道; 二瓶 雅之; 志賀 拓也; 大塩 寛紀
    錯体化学会第67回討論会/2017-09-16--2017-09-18
  • ブレンステッド酸配位子を持つ鉄錯体の脱プロトンによる電子状態制御
    佐伯 亮; 秋山 リサ; 志賀 拓也; 大塩 寛紀
    2017日本放射化学会年会 第61回放射化学会討論会/2017-09-06--2017-09-08
  • 酸性プロトンをもつスピン平衡鉄(II)錯体の電子状態に関する研究
    大川 夏実; 志賀 拓也; 大塩 寛紀
    2017日本放射化学会年会 第61回放射化学会討論会/2017-09-06--2017-09-08
  • 双安定性金属錯体の化学
    大塩 寛紀
    2017日本放射化学会年会 第61回放射化学会討論会/2017-09-06--2017-09-08
  • 軸配位子に依存した鉄オキソ架橋錯体の磁気的性質変化
    立花 美奈水; 大塩 寛紀
    錯体化学若手研究会「錯体化学若手の会夏の学校2017」/2017-07-31--2017-08-02
  • ブレンステッド酸配位子を持つ錯体の脱プロトンに伴う電子状態制御
    佐伯 亮; 大塩 寛紀
    錯体化学若手研究会「錯体化学若手の会夏の学校2017」/2017-07-31--2017-08-02
  • 外部刺激応答性多核錯体の水素結合による集積化
    加藤 万里奈; 大塩 寛紀
    錯体化学若手研究会「錯体化学若手の会夏の学校2017」/2017-07-31--2017-08-02
  • スピン平衡を示す鉄四核グリッド型錯体の置換基効果の研究
    石川 大介; 志賀 拓也; Oshio Hiroki
    第97日本化学会春季年会/2017-03-17--2017-03-19
  • ハイブリッドPOMにおける光触媒能の置換基効果
    藤本 怜美; Jamie M. Cameron; David Robinson; Graham N. Ne...
    第97日本化学会春季年会/2017-03-17--2017-03-19
  • トリフェニルアミン誘導体部位をもつルテニウム錯体のプロトン応答による電子状態変化の研究
    福田 くるみ; 志賀 拓也; 二瓶 雅之; Graham N. Newton; Oshi...
    第97日本化学会春季年会/2017-03-17--2017-03-19
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02錯体分子化学セミナーIA筑波大学
2018-10 -- 2019-02錯体分子化学セミナーIB筑波大学
2018-10 -- 2019-02錯体分子化学セミナーIIA筑波大学
2018-10 -- 2019-02錯体分子化学セミナーIIB筑波大学
2018-10 -- 2019-02錯体分子化学特別研究IA筑波大学
2018-10 -- 2019-02錯体分子化学特別研究IB筑波大学
2018-10 -- 2019-02錯体分子化学特別研究IIA筑波大学
2018-10 -- 2019-02錯体分子化学特別研究IIB筑波大学
2018-10 -- 2019-02リサーチプロポーザル筑波大学
2018-10 -- 2019-02産学連携セミナーI筑波大学
授業以外の教育活動
2009-04 -- (現在)アイソトープ教育センター初心者教育筑波大学
一般講演
  • 平面性の高い複素環多座配位子を用いた環状多核錯体の合成
    松本卓士; 志賀拓也; Graham Neil Newton; 二瓶雅之; 大塩寛紀
    日本化学会 第4回 関東支部大会/2010-08-30
  • キラル配位子を有するシアン化物イオン架橋鉄-コバルトかご状10核錯体の合成と物性
    手塚瑶貴; 志賀拓也; 関根良博; Graham Neil Newton; 二瓶雅...
    日本化学会 第4回 関東支部大会/2010-08-30
  • TTF部位を持つ新規配位子とその金属錯体の合成と構造
    北畠亮介; 西川浩之; 大塩寛紀
    日本化学会 第4回 関東支部大会/2010-08-30
  • シアン化物イオン架橋鉄-コバルト多核錯体におけるスピン転移と単分子磁石挙動
    岡本佑樹; 関根良博; 二瓶雅之; 大塩寛紀
    日本化学会 第4回 関東支部大会/2010-08-30
  • ジアリールエテン誘導体をもつ遷移金属錯体の合成
    木村宣久; 二瓶雅之; 大塩 寛紀
    日本化学会 第4回 関東支部大会/2010-08-30
  • シアン化物イオン架橋鉄-コバルト多核錯体における電子移動誘起スピン転移
    三ツ元清孝; 西川浩之; 大塩寛紀
    日本化学会 第4回 関東支部大会/2010-08-30
  • Redox Active Keggin-like {Mn13} Single Molecule Magnets
    Graham Neil NEWTON; Hiroki Oshio
    International Conference on Coordination Chemistry (ICCC39)/2010-07-26
  • Multiple bistability in cyanide bridged Fe-Co complexes
    Hiroki OSHIO
    International Conference on Coordination Chemistry (ICCC39)/2010-07-28
  • 化学刺激による環状四核錯体の分子内電子移動制御
    関根良博; 二瓶雅之; 大塩寛紀
    日本化学会第90春季年会/2010-03-28
  • キラル単一次元鎖磁石の極性結晶の合成
    星野哲久; 二瓶雅之; 大塩寛紀
    日本化学会第90春季年会/2010-03-28
  • 窒素系三座配位部位をもつジアリールエテン誘導体の合成
    木村宜久; 二瓶雅之; 大塩寛紀
    日本化学会第90春季年会/2010-03-27
  • シアン化物イオン架橋鉄-コバルト14核錯体の構造と外場誘起スピン転移
    三ツ元清孝; 大城愛美子; 西川浩之; 大塩寛紀
    第3回分子科学討論会/2009-09-22
  • 新規TTF金属錯体の伝導性・磁性
    西川浩之; 大島博典; 大塩寛紀
    第3回分子科学討論会/2009-09-22
  • 配位環境の制御によるピラゾール架橋ヘテロメタル多核金属錯体の合理的合成
    松本卓人; 野口真央; 志賀拓也; 二瓶雅之; 大塩寛紀
    第59回錯体化学討論会/2009-09-26
  • ポリピリジル三座配位子をもちいた[3x3]グリッド型ヘテロメタル9核錯体の合成
    大貫達也; 野口真央; 志賀拓也; 二瓶雅之; 大塩寛紀
    第59回錯体化学討論会/2009-09-25
  • TTF連結金属錯体の圧力下における物性
    西川浩之; 大島博典; 大塩寛紀
    日本化学会第90春季年会/2010-03-28
  • マクロサイクリックTTF配位子とその金属錯体の合成と構造
    北畠亮介; 西川浩之; 大塩寛紀
    日本化学会第90春季年会/2010-03-28
  • TTF部位をもつシアン化物イオン架橋8核キューブ型錯体の合成と物性
    三ツ元清孝; 北畠亮介; 西川浩之; 大塩寛紀
    日本化学会第90春季年会/2010-03-28
  • 一次元キラル磁性体の磁気挙動における磁気異方性の効果
    宮川卓也; 大場正昭; 志賀拓也; 大塩寛紀; 北川進
    第59回錯体化学討論会/2009-09-25
  • シアン化物イオン架橋鉄-コバルト四核錯体における熱および光誘起分子内電子移動
    関根良博; 二瓶雅之; 大塩寛紀
    第59回錯体化学討論会/2009-09-26
  • シクロデキストリンを配位子にもつバナジル7員環錯体の合成と磁性
    星野哲久; 中野元裕; Wolfgang Wernsdorfer; 大塩寛紀
    第59回錯体化学討論会/2009-09-25
  • Spin Transition in a Cyanide-bridged Molecular Square
    Y. Sekine; M. Nihei; H. Oshio
    International Workshop of Phase transition and Dynamical properties of Spin Transition Materials (PDSTM2010)/2010-02-06
  • Multiple Bistability in a Multi-component Material of [Fe(dpp)2][Ni(mnt)2]2·MeNO2
    H. Tahira; M. Nihei; H. Oshio
    International Workshop of Phase transition and Dynamical properties of Spin Transition Materials (PDSTM2010)/2010-02-06
  • Structures and Magnetic Properties of Cyanide-bridged [Fe8Ni6] and [Fe8Co6] Clusters
    K. Mitsumoto; E. Oshiro; H. Nishikawa; H. Oshio
    International Workshop of Phase transition and Dynamical properties of Spin Transition Materials (PDSTM2010)/2010-02-06
  • Templating Odd Numbered Magnetic Rings: Oxovanadium Heptagons Sandwiched by β-Cyclodextrins
    N. Hoshino; M. Nakano; H. Nojiri; W. Wernsdorfer; H. Oshio
    International Workshop of Phase transition and Dynamical properties of Spin Transition Materials (PDSTM2010)/2010-02-06
学協会等委員
2003 -- 2005錯体化学会理事、国際交流委員会委員長、副会長
2006 -- 2008錯体化学会理事、国際交流委員会委員長、副会長
2008 -- 2009錯体化学会理事、国際交流委員会委員長、副会長
2005 -- 2006電子スピンサイエンス学会理事
2005 -- 2007日本化学会速報誌編集委員、春季年会プログラム編集委員,関東支部幹事,代議員
2009 -- (現在)日本化学会速報誌編集委員、春季年会プログラム編集委員,関東支部幹事,代議員
2009 -- 2010日本化学会速報誌編集委員、春季年会プログラム編集委員,関東支部幹事,代議員
2009 -- 2010日本化学会速報誌編集委員、春季年会プログラム編集委員,関東支部幹事,代議員
-- (現在)The scientific committee of the 11th Eurasia Conference on Chemical Sciences
学内管理運営業績
2006-04 -- 2008-03アイソトープ総合センター・センター長
2009-04 -- 2010-03アイソトープ総合センター長

(最終更新日: 2018-06-18)