現在地

木野 泰伸(キノ ヤスノブ; KINO, Yasunobu)

所属
ビジネスサイエンス系
職名
准教授
研究分野
社会システム工学・安全システム
ソフトウェア
研究キーワード
プロジェクトマネジメント
ソフトウェア開発
リスク・マネジメント
研究課題
人工知能(AI)を利用した効率的な人材マッチングの研究2017 -- 2018木野泰伸/
職歴
1990-04 -- 2005-03日本アイ・ビー・エム株式会社
2005-04 -- (現在)筑波大学 大学院ビジネス科学研究科
学歴
1985-04 -- 1990-03関西学院大学 理学部 物理学科卒業
-- 2003-02筑波大学 経営・政策科学研究科 企業科学専攻その他
取得学位
2003-03博士(システムズ・マネジメント)筑波大学
所属学協会
1999 -- (現在)プロジェクトマネジメント学会
-- (現在)日本品質管理学会
-- (現在)情報処理学会
-- (現在)経営情報学会
-- 2013-12可視化情報学会
-- 2013-03横断型基幹科学技術研究団体連合
受賞
2013-03研究奨励賞
2013-06優秀技術賞
2006-03-16論文奨励賞
1999-10品質技術賞
論文
  • 問題解決力の育成に向けた検討
    黒木弘司; 木野 泰伸
    プロジェクトマネジメント学会 2017年度 秋季研究発表大会予稿集/pp.401-406, 2017-08
  • Quantitative Risk Management Method for System Development Projects
    Hayashi Akihiro; Kataoka Nobuhiro; KINO Yasunobu
    Proceedings of the 11th International Conference on Project Management/pp.168-176, 2017-11
  • グローバル・リーダーに求められる行動特性・育成方法・効果測定ー海外文献研究から読み取る研究課題の推移と展望ー
    Nagai Hirohisa; キャロライン ベントン; 椿広計; 木野泰伸
    組織科学/50(1)/pp.25-35, 2016-09
  • ソフトウェア開発プロジェクト計画要素がQCD変化率に与える影響
    打矢隆司; 椿広計; 木野泰伸
    品質/46(2)/pp.195-207, 2016
  • プロジェクトマネージャの能力向上を促進する要因 - キャリア発達段階による比較 -
    三好きよみ; KINO Yasunobu
    横幹/11(2)/pp.156-163, 2017
  • A Study of Project Contract Model for Agile Development
    Chika Yoshida; KINO Yasunobu
    Proceedings of the 7th International Conference on Project Management/pp.757-763, 2013
  • Lecture Contents for Autonomous Distributed Mind Development
    KINO Yasunobu; Takano Kanako
    Proceedings of the 7th International Conference on Project Management/pp.433-439, 2013
  • Extraction and Trend Analysis of the Word “Risk” in the Journals and the Proceedings
    Daisuke Toyoshima; KINO Yasunobu; Masaaki Sato; Tom Ohno;...
    Proceedings of the 9th International Conference on Project Management/pp.118-123, 2015
  • A Study for Creating Autonomous Distributed Project Team
    KINO Yasunobu
    Proceedings of the 9th International Conference on Project Management/pp.265-271, 2015
  • The Analysis of Growth Process of Expert Project Manager:Based on Text Mining of the Records of Interviews
    Miyoshi Kiyomi; KINO Yasunobu
    Proceedings of the 10th International Conference on Project Management/pp.98-106, 2016
  • Text Analysis for Hazardous Environment, Trigger Events and Risk Causes
    KINO Yasunobu
    Proceedings of the 10th International Conference on Project Management/pp.351-356, 2016
  • Text Analysis for Job Matching Quality Improvement
    KINO Yasunobu; Kuroki Hiroshi; Machida Tomomi; Furuya Nor...
    International Conference on Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems/pp.1523-1530, 2017
  • 高校生が考えるグローバル人材に必要な能力とその構造
    木野 泰伸
    横幹/10(2)/pp.116-123, 2016
  • グローバルリーダーシップにおけるダブルループ学習メカニズムの探索
    永井 裕久; 椿 広計; ベントン キャロライン; 木野 泰伸
    経営行動科学学会第15回年次大会発表論文集/15/pp.419-424, 2012-10
  • グローバル・リーダーシップ・コンピテンシーの学習メカニズムに関する探索的研究
    ベントン キャロライン; 永井 裕久; 椿 広計; 木野 泰伸
    横幹/9(1)/pp.5-13, 2015
  • 企業のプロジェクトマネジメント力向上-PM人材育成研究会連載第2部 : <第7回>自律度の高いチーム
    木野 泰伸
    プロジェクトマネジメント学会誌/17(1)/pp.42-43, 2015-02
  • ソフトウェア計量管理のためのQCD統合構造モデル
    打矢 隆司; 椿 広計; 木野 泰伸
    品質/45(1)/pp.98-115, 2015-01
  • ユーザー情報に基づくソフトウェア開発規模見積方法の提案(一般セッション)
    満尾 公亮; 横山 真一郎; 劉 功義; 田村 智幸; 牛嶌 一郎; 横...
    プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集/2013/pp.185-190, 2013-03
  • アジャイル開発のプロジェクト契約モデルの検討(一般セッション)
    吉田 知加; 木野 泰伸
    プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集/2014/pp.308-313, 2014-03
  • スクラムにおけるストーリーサンプリング見積り方式の提案
    吉田 知加; 木野 泰伸; 上田 善行; 女鹿田 晃和
    情報処理学会論文誌/56(2)/pp.649-656, 2015-02
  • 変革プロジェクトのリーダーシップに関するシミュレーション
    野間口 隆郎; 木野 泰伸
    経営行動科学/25(1)/pp.1-17, 2012
  • 組込み開発マネジメントの現状と課題 : インタビューによる調査
    木野 泰伸; 井上 雅裕; 河合 一夫; 濱 久人; 友田 大輔
    プロジェクトマネジメント学会誌/14(6)/pp.17-21, 2012-12
  • 組込み開発マネジメントの特徴的課題と解決への展望(<特集>成功するプロジェクトのための仕組みと組織活動)
    井上 雅裕; 木野 泰伸; 濱 久人; 友田 大輔; 河合 一夫
    プロジェクトマネジメント学会誌/14(6)/pp.22-27, 2012-12
  • PM人材育成研究会連載 : <第12回>組織化についての考察
    木野 泰伸
    プロジェクトマネジメント学会誌/15(1)/pp.40-41, 2013-02
  • On coding and unit-test process management for software development of large-scale
    Yasunoobu Kino
    The 12th Asia Quality Management Symposium Proceedings/p.233-238, 1998-01
著書
  • プロジェクトの実行とコントロール、プロジェクトを完了する
    KINO Yasunobu
    プロジェクトマネジメント入門, pp.87-114, 2013
  • グローバルリーダー能力の測定
    KINO Yasunobu
    パフォーマンスを生み出すグローバルリーダーの育成, pp.10-19, 2015
  • リスク管理表を活用したプロジェクト・リスク・マネジメント
    木野 泰伸
    プロジェクトマネジメント学会, 2008-01
  • 情報の世界 放送大学 テキスト
    川合 慧; 斎藤 俊則; 中谷 多哉子; 福島 力洋; +木野 泰伸
    放送大学, 2010-04
  • Extraction of the project risk knowledge on the basis of a project plan
    Kino Yasunobu; Tsuda Kazuhiko; Tsukahara Tadashi
    KNOWLEDGE-BASED INTELLIGENT INFORMATION AND ENGINEERING SYSTEMS, PT 2, PROCEEDINGS, SPRINGER-VERLAG BERLIN, pp.1018-1025, 2008-01
  • Decision Making Process for Selecting Outsourcing Company Based on Knowledge Database
    Hayashi Akihiro; Kino Yasunobu; Tsuda Kazuhiko
    KNOWLEDGE-BASED AND INTELLIGENT INFORMATION AND ENGINEERING SYSTEMS, PT II, PROCEEDINGS, SPRINGER-VERLAG BERLIN, pp.300-307, 2009-01
会議発表等
  • ソフトウェア開発におけるリスク・マネジメントの概要 -PMBOKを中心とした文献調査-
    木野泰伸
    プロジェクトマネジメント学会1999年度秋季研究発表大会予稿集____75-79/1998
  • ソフトウェア開発におけるリスクマネジメントの研究 -開発実施工程におけるリスクの特定-
    木野泰伸
    プロジェクトマネジメント学会2000年度春季研究発表大会予稿集____43-47/2000
  • プロジェクト構成要素とリスクの原因分類からなるマトリックス表を用いたリスク特定方法の研究
    木野泰伸
    プロジェクトマネジメント学会2000年度秋季研究発表大会予稿集____174-178/2000
  • プロジェクトにおけるリスクマネジメントの研究
    木野泰伸
    プロジェクトマネジメント学会四国シンポジューム-2001予稿集____20-26/2001
  • 品質マネジメントとリスクマネジメントの融合に関する研究
    木野泰伸
    プロジェクトマネジメント学会2002年度春季研究発表大会予稿集____112-115/2002
  • リスクマネジメントプロセスを用いた品質保証 –DCMA One Book についての考察-
    木野泰伸
    プロジェクトマネジメント学会2003年度秋季研究発表大会予稿集____53-56/2003
  • リスクの表現方法についての考察
    木野泰伸
    プロジェクトマネジメント学会2004年度第2回研究委員会フォーラム資料____15-19/2005
  • プロジェクト計画における要求整理方法の一提案
    劉功義; 横山真一郎; 牛嶌一郎; 木野泰伸; 武内英之; 田村智...
    プロジェクトマネジメント学会 2005年度 秋季研究発表大会予稿集____129-133/2005
  • 初等プロジェクトマネジメント教育の実践とその評価について
    井上武志; 五百井俊宏; 小川善史; 上野由美子; 山本利一; 木...
    プロジェクトマネジメント学会 2006年度 春季研究発表大会予稿集____442-447/2006
  • 学部生を対象としたプロジェクトマネジメント標準カリキュラム –標準カリキュラム検討委員会報告-
    横山真一郎; 石井信明; 伊藤衡; 木野泰伸; 関哲郎
    プロジェクトマネジメント学会 2006年度 春季研究発表大会予稿集____448-449/2006
  • マンション等のコミュニティーにおける情報システム活用のよる対人交流の補完ならびに住民満足度向上についての考察
    日下部伸宗; 木野泰伸; 国松麻季
    情報処理学会 研究報告 情報システムと社会環境__52__15-22/2008
  • 企業ホームページのグローバリゼーションと文化傾向をふまえたローカリゼーションのベストプラクティス
    長瀬智愛; 木野泰伸
    情報処理学会 研究報告 情報システムと社会環境 2008-IS-104__52__23-30/2008
担当授業科目
2018-11 -- 2018-12システム開発論筑波大学
2018-07 -- 2018-07Operations Management IV: Project Management筑波大学
2018-05 -- 2018-06Operations Management VI: Systems Design Theory筑波大学
2018-05 -- 2018-06システムデザイン論筑波大学
2018-05 -- 2018-06システムデザイン論筑波大学
2018-05 -- 2018-06Operations Management I: Operations Management筑波大学
2018-04 -- 2018-05Business Mathematics筑波大学
2018-10 -- 2018-11企業科学共通科目III筑波大学
2018-10 -- 2019-02システムズ・マネジメント特別演習II-I筑波大学
2018-10 -- 2019-02システムズ・マネジメント特別演習II-II筑波大学
授業以外の教育活動
2011 -- 2014職員研修(茨城県大子町)茨城県大子町
2014 -- 2017高度技術人材育成事業(IT研修)ががわ産業支援財団
学協会等委員
2017-04 -- (現在)経営情報学会理事
2016-11 -- (現在)日本品質管理学会代議員
2002-04 -- (現在)プロジェクトマネジメント学会理事
2010-04 -- 2013-03横断型基幹科学技術研究団体連合理事

(最終更新日: 2018-08-16)