現在地

佐藤 忠彦(サトウ タダヒコ; Sato, Tadahiko)

所属
ビジネスサイエンス系
職名
教授
性別
男性
生年月
1970-07
URL
研究分野
統計科学
商学
研究キーワード
ベイジアンモデリング
状態空間モデル
計算機統計学
マーケティング・サイエンス
市場反応分析
ビッグデータ
感性評価
研究課題
超多数母数型離散選択モデルに基づく消費者選択行動理解の進化と深化2018 -- 2021佐藤忠彦日本学術振興会/基盤研究(B)13,550,000円
市場反応形成メカニズム解明のための体系的研究2014 -- 2017佐藤 忠彦日本学術振興会/基盤研究(B)16,510,000円
ベイジアンモデリングによる小売マーケティングの新展開2011 -- 2013佐藤忠彦日本学術振興会/基盤研究(C)2,330,000円
動的個人モデルを用いたマイクロデータからの個人行動のメカニズム解明2008 -- 2010佐藤忠彦日本学術振興会/基盤研究(C)3,500,000円
動学的統計モデルによるマーケティング意思決定高度化のための研究         2006 -- 2007佐藤忠彦日本学術振興会/若手研究(B)1,900,000円
データ・理論・分析手法の統合によるマーケティングモデルの進化と理論構築2017-04 -- 2021-03照井伸彦日本学術振興会/基盤研究(A)25,480,000円
大規模異種情報の統合によるCRMの理論構築と展開に関する組織的研究2013-04 -- 2017-03照井伸彦日本学術振興会/基盤研究(A)41,340,000円
データベースマーケティングと消費者理論融合によるCRMの新展開2009 -- 2012照井伸彦日本学術振興会/基盤研究(A)39,520,000円
情報伝播のメカニズム分析2008 -- 2012猿渡康文日本学術振興会/基盤研究(B)15,300,000円
職歴
1995-04 -- 1998-03株式会社ライテック
1998-04 -- 2005-03財団法人流通経済研究所 研究員
2005-04 -- 2007-09筑波大学 大学院ビジネス科学研究科 講師
2007-10 -- 2014-03筑波大学 大学院ビジネス科学研究科 准教授
2014-04 -- (現在)筑波大学 ビジネスサイエンス系 教授
学歴
-- 1993-03東京理科大学 理工学部 数学科卒業
-- 1995-03東京理科大学 理工学研究科 数学専攻修了
-- 2004-03総合研究大学院大学 数物科学研究科 統計科学専攻修了
取得学位
1995-03修士(理工学)東京理科大学
2004-03博士(学術)総合研究大学院大学
所属学協会
-- (現在)応用統計学会
-- (現在)日本統計学会
-- (現在)日本オペレーションズ・リサーチ学会
-- (現在)日本マーケティング・サイエンス学会
受賞
2017-10【日本学術振興会】特別研究員等の審査に係る顕彰公正・公平な審査に非常に貢献した
論文
  • Personalized market response analysis for a wide variety of products from sparse transaction data
    Ishigaki Tsukasa; Terui Nobuhiko; Sato Tadahiko; Allenby ...
    International Journal of Data Science and Analytics/5(4)/pp.233-248, 2018-07
  • 人的販売のストックと閾値効果のモデル化
    井上 友彦; 佐藤 忠彦
    応用統計学/47(1)/pp.17-42, 2018-06
  • Modeling the Heterogeneous Mental Accounting Impacts of Inter-shopping Duration
    Miyatsu Kazuhiro; Sato Tadahiko
    CCIS 949/pp.1-16, 2018-11
  • Kansei Knowledge Extraction as Measure of Structural Heterogeneity
    Ryoke Mina; Sato Tadahiko
    CCIS 949, 2018-11
  • 統計モデルによる消費者理解の可能性
    佐藤 忠彦
    統計数理/66(2), 2018
  • 状態空間モデルのマーケティングへの応用
    佐藤 忠彦
    岩波データサイエンス岩波データサイエンス Vol.6 特集:時系列解析――状態空間モデル・因果解析・ビジネス応用/6/pp.57-67, 2017-06
  • インド消費者のストア・パトロネージ 形成メカニズムに関する研究
    友尻小百合; 佐藤忠彦
    流通研究/20(1)/pp.69-91, 2017-03
  • 百貨店顧客の来店回数生起メカニズムの構造異質性の解析
    山田浩喜; 佐藤忠彦
    行動計量学/43(1)/pp.53-68, 2016-09
  • 心理的財布と購買行動の関係性のモデル化-階層ベイズ閾値ポアソン回帰モデルの提案
    宮津和弘; 佐藤 忠彦
    応用統計学/44(3)/pp.161-182, 2016-02
  • 消費者とブランドとの関係を考慮した階層ベイズモデルによるクロスメディア効果推定
    日高徹司; 佐藤 忠彦
    日本オペレーションズ・リサーチ学会和文論文誌/59/pp.106-133, 2015-12
  • 統計学的マーケティングとは何か? -マーケティングで統計学を有効活用する視点から-
    佐藤 忠彦
    統計/66(2), 2015
  • マーケティングの特集に当たって
    星野 崇宏; 佐藤 忠彦
    応用統計学/44(3)/pp.119-119, 2015
  • 3階層多変量状態空間モデリングによる動的市場反応形成メカニズムの解明
    青柳 憲治; 佐藤 忠彦
    日本オペレーションズ・リサーチ学会和文論文誌/58/pp.70-100, 2015
  • 購買推奨確率モデルによるビッグデータの解析(論文・事例研究)
    石田 実; 西尾 チヅル; 佐藤 忠彦
    オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学/59(7)/pp.390-400, 2014-07
  • マーケティング関係のビッグデータ解析
    佐藤 忠彦
    エストレーラ/244/pp.14-19, 2014
  • 確率推奨モデルにビッグデータの解析
    石田実; 西尾チヅル; 佐藤 忠彦
    オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学 = [O]perations research as a management science [r]esearch/59(7)/pp.390-400, 2014
  • ビッグデータを用いたマーケティングモデル-データ同化適用の可能性
    佐藤 忠彦; 樋口知之
    シミュレーション/32(4)/pp.306-312, 2013-12
  • 潜在クラス型階層ベイズプロビットモデルによる大規模購買行動モデル
    石垣 司; 照井 伸彦; 佐藤 忠彦
    電子情報通信学会技術研究報告. IBISML, 情報論的学習理論と機械学習/112(279)/pp.193-198, 2012-10
  • An Analysis of Sales Call Effectiveness in the Pharmaceutical Industry Using Time-varying Coefficient Koyck Model
    Tomohiko Inoue; Tadahiko Sato
    Proceedings on International Workshop on Marketing Science and Service Research/pp.15-21, 2012-07
  • 階層ベイズモデルによる百貨店の態度ベース店舗満足化構造に関する解析
    山田浩喜; 佐藤忠彦
    マーケティング・サイエンス/20(1), 2012-02
  • ベイジアンモデリングによるマーケティング・サイエンスの新展開(特別講演,PRMUの拓く未来:Webスケール時代のパターン認識)
    佐藤 忠彦
    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解/111(222)/p.15, 2011-09
  • マーケティングにおける結果データ動的活用のためのベイジアンモデリング(<特集>デジタル・エコノミー)
    佐藤 忠彦
    オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学/55(1)/pp.25-30, 2010-01
  • 期待プロモーションを考慮した動的売上反応モデル
    佐藤忠彦; 照井伸彦; 樋口知之
    研究集会「第11回ノンパラメトリック統計解析とその周辺」-ベイズ統計とリスク解析-予稿集/p.291-301, 2009-03
  • 動的個人モデルによる購買生起行動の解析 (特集 CRM(顧客関係性マネジメント))
    佐藤 忠彦; 樋口 知之
    マーケティングサイエンス/16(1)/pp.49-73, 2009-02
  • マーケティングにおける統計的モデリング
    佐藤忠彦
    平成20年度総研大レクチャー-赤池情報量規準と統計的モデリング-/p.106-121, 2008-09
著書
  • マーケティングの統計モデル(統計解析スタンダード)
    佐藤 忠彦
    朝倉書店, 2015-09
  • ビッグデータ時代のマーケティング-ベイジアンモデリングの活用
    佐藤 忠彦
    講談社, 2013-01
  • 現代マーケティング・リサーチ -- 市場を読み解くデータ分析
    佐藤 忠彦
    有斐閣, 2013-11
  • 第8章:ベイジアン・モデリングによる動的ブランド診断
    佐藤 忠彦; 樋口知之
    ブランド評価手法-マーケティング視点によるアプローチ, 2014
  • 「第9章小売サービス」
    佐藤 忠彦
    サービス工学の技術―ビッグデータの活用と実践―, 2012-11
  • マーケティング・経営戦略の数理、第4章、動的売上反応モデルによる小売価格戦略の評価-状態空間モデルの適用-
    佐藤忠彦; 樋口知之
    朝倉書店, 2009-03
  • 第3章 時系列状態空間モデルのためのベイズ推測,
    佐藤 忠彦
    ベイズ計量経済ハンドブック(照井伸彦監訳), pp.59-123, 2013-11
  • マルコフ切換モデルによる観測されない特別陳列実施の有無の統計的推測法に関する実証研究
    佐藤 忠彦
    2004-03
会議発表等
  • 統計学利用の心構え-その必要性と可能性
    佐藤 忠彦
    東京国税局セミナー/2018-08-08
  • Kansei Knowledge Extraction as Measure of Structural Heterogeneity
    Ryoke Mina; Sato Tadahiko
    The 19th International Symposium on Knowledge and Systems Sciences/2018-11-25--2018-11-26
  • Modeling the Heterogeneous Mental Accounting Impacts of Inter-shopping Duration
    Miyatsu Kazuhiro; Sato Tadahiko
    The 19th International Symposium on Knowledge and Systems Sciences/2018-11-25--2018-11-26
  • 異質性を考慮した見かけ上独立なポアソン回帰モデルによる市場反応分析
    青柳憲治 ; 佐藤 忠彦
    2018年度 統計関連学会連合大会/2018-09-12
  • 時変係数分布ラグモデルによる市場反応分析
    井上友彦; 佐藤 忠彦
    2018年度 統計関連学会連合大会/2018-09-12
  • スーパーマーケットの店舗選択に関する解析
    山田浩喜; 佐藤 忠彦
    2018年度 統計関連学会連合大会/2018-09-11
  • Stochastic Model of Inter-purchase Time with Mental Accounting Effect
    MIyatsu Kazuhiro; Sato Tadahiko
    2018年度 統計関連学会連合大会/2018-09-10
  • POSデータを活用した商業動態統計の速報性向上に関する研究
    佐藤 忠彦; 牧本直樹; 齋藤 敬; 武井 明則 
    2018年度 統計関連学会連合大会/2018-09-10
  • 伝統工芸品の感性評価に関する構造異質性の解析
    領家 美奈; 佐藤 忠彦
    2018年度 統計関連学会連合大会/2018-09-09--2018-09-13
  • 時変係数分布ラグモデルを用いた人的販売による市場反応の解析
    井上友彦; 佐藤 忠彦
    研究集会「第19回ノンパラメトリック統計解析とベイズ統計」-/2018-03-29
  • 心理会計の影響を考慮した購買間隔ハザードのベイズ推定と小売マーケティングへの応用
    宮津和弘; 佐藤 忠彦
    研究集会「第19回ノンパラメトリック統計解析とベイズ統計」-/2018-03-29
  • 統計モデルによる消費者理解の進化と深化
    佐藤 忠彦
    応用統計学会2018年年会/2018-03-28
  • マーケティングとデータサイエンス
    佐藤 忠彦
    データサイエンス講演会 in 東京文京/2018-03-23
  • マーケティングにおけるベイジアンモデリング
    佐藤 忠彦
    2017年統計関連学会連合大会/2017-09-15
  • 機械学習手法のマーケティング理論・概念への応用に関する研究レビュー
    伴 正隆; 本橋永至; 長谷川翔平; 豊澤栄治; 佐藤 忠彦; 里村...
    日本マーケティング・サイエンス学会第101回研究大会/2017-06-17
  • 統計モデルによるサービス科学研究
    佐藤忠彦
    サービス科学研究センター最終年度シンポジウム/2017-01-16
  • Market Response Analysis using Distributed Lag Model with Time-Varying Coefficients
    Tomohiko Inoue; Sato Tadahiko
    International Workshop on Marketing Science and Service Research/2016-12-22
  • Modeling of Relationship between Mental Accounting and Purchase Behaviors: Proposal of Hierarchical Bayesian Threshold Poisson Regression Model
    Kazuhiro Miyatsu; Sato Tadahiko
    International Workshop on Marketing Science and Service Research/2016-12-21
  • 異質性を考慮した見かけ上独立なポアソン回帰モデルによる市場反応分析
    青柳憲治; 佐藤忠彦
    日本マーケティング・サイエンス学会 第100回研究大会/2016-11-27
  • 時変係数分布ラグモデルによる市場反応分析
    井上友彦; 佐藤 忠彦
    2016年度 統計関連学会連合大会/2016-09-06
  • 動的来店モデルにおける状態ベクトルの異質性の検証
    佐藤 忠彦
    科研費研究集会-第17回ノンパラメトリック統計解析とベイズ統計/2016-03-30
  • 階層ベイズ型Fama-Frenchモデルによる収益率の分析
    松田淳; 佐藤 忠彦
    応用統計学会、2016年年会/2016-03-30
  • 階層ベイズ閾値型モデルによる来店間隔ハザードの推定
    宮津和弘; 佐藤 忠彦
    応用統計学会、2016年年会/2016-03-17
  • 鉄道経路別満足度構造の分析
    渡邉亮; 佐藤 忠彦
    応用統計学会、2016年年会/2016-03-17
  • 顧客理解のマーケティングデータ分析:購買履歴データ活用編
    佐藤 忠彦
    日本分類学会/2016-02-29
担当授業科目
2018-07 -- 2018-08マーケティングリサーチ筑波大学
2018-05 -- 2018-06マーケティング・サイエンス特論筑波大学
2018-04 -- 2018-05マーケティングサイエンス筑波大学
2018-10 -- 2019-02経営システム科学研究・秋I筑波大学
2018-10 -- 2019-02経営システム科学研究・秋II筑波大学
2018-10 -- 2019-02経営システム科学特別研究・秋I筑波大学
2018-10 -- 2019-02経営システム科学特別研究・秋II筑波大学
2018-10 -- 2019-02経営システム科学輪講II筑波大学
2018-10 -- 2019-02経営システム科学輪講IV筑波大学
2018-10 -- 2019-02経営システム科学輪講VI筑波大学
学協会等委員
2016-09 -- 2019-02経済産業省IoTを活用した新ビジネス創出推進事業(ビッグデータを活用した新指標開発事業
2016-04 -- 2020-03一般社団法人 データサイエンティスト協会理事
2015-04 -- 2019-03情報・システム研究機構 統計数理研究所共同利用委員会 所外委員
2015-04 -- 2016-09統計関連学会統計関連学会プログラム委員
2014-06 -- 2015-03文部科学省第10回科学技術予測調査調査委員
2014-04 -- 2016-03応用統計学会企画担当理事
2014-04 -- 2016-03サービス学会編集担当理事
2014-10 -- (現在)情報・システム研究機構 統計数理研究所客員教授
2012-04 -- 2012-11電子情報通信学会第11回電子情報通信学会情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会/プログラム委員
-- 2012-07International Society for Bayesian Analysis2012ISBA/ORGANIZING COMMITTEE
学内管理運営業績
2017-04 -- 2019-03筑波大学大学院ビジネス科学研究科経営システム科学専攻専攻長
2015-04 -- 2017-03経営システム科学専攻総務担当
2015-04 -- 2017-03ビジネス科学研究科運営委員会運営委員
2015-04 -- 2019-03ビジネスサイエンス系運営委員会運営委員

(最終更新日: 2018-10-10)