現在地

木戸 光子(キド ミツコ; Kido, Mitsuko)

所属
人文社会系
職名
准教授
URL
eメール
 
研究室
大学会館C棟1階 日本語教員控室, 人文社会棟B208
電話
029-853-6768, 029-853-7510
Fax
029-853-6768
研究分野
日本語学
日本語教育
研究キーワード
日本語学(文章論)
日本語教育学(作文教育)
研究課題
文章構造における誤用分析に基づく文章表現辞典の開発2016 -- 2018木戸 光子日本学術振興会/基盤研究(C)4,290,000円
文章展開機能を重視した日本語上級学習者の作文教育2011 -- 2013木戸光子日本学術振興会/基盤研究(C)1,690,000円
留学生の日本語能力測定のための作文・再生・要約テストの妥当性の検証2007 -- 2008木戸光子/学内共同研究
学類日本語検定のための授業談話資料作成と分析2005 -- 2007木戸光子/学内共同研究
構文動機の理論化と日本語中級文法教材への応用1999 -- 2000小林典子日本学術振興会/基盤研究(C)
日本語の文章・談話に関する研究 -- (現在)/
日本語教育における作文教育 -- (現在)/
学歴
-- 1989筑波大学 教育研究科 教科教育専攻 国語教育コース
取得学位
修士(教育学)
免許資格等
1984-03中学校教諭一級普通免許状国語科
1989-03高等学校教諭一級普通免許状国語科
1989-03日本語教育能力検定試験合格
所属学協会
-- (現在)表現学会
-- (現在)日本語教育学会
-- (現在)社会言語科学会
-- (現在)言語処理学会
-- (現在)Association for Asian Studies
論文
  • 実習生の客観的な観察力を重視した日本語教育実習」『日本語教育論集
    木戸光子; 君村千尋
    日本語教育論集/(32)/pp.35-45, 2017-03
  • グローバル化から見た日本語教育のアカデミック・ライティング
    木戸 光子
    筑波大学地域研究/(37)/pp.59-69, 2016
  • 中上級日本語学習者のレベルチェック作文における典型的問題点
    加藤あさぎ; 小浦方理恵; 石上綾子; 木戸 光子; 田中孝始; 長...
    日本語教育論集/(31)/pp.127-145, 2016
  • 初級から中級への縦のアーティキュレーションを考えた中級入門クラスの試み―意味のまとまりのある文章の理解・発信を中心に―
    木戸 光子; 小野寺志津; 田中孝始; 中山健一
    2014年度日本語教育学会実践研究フォーラム予稿集, 2014-08
  • 作文活動を中心とした四技能の統合 : 初級後期クラスにおける試み一初級後期クラスにおける試み-
    鄭 聖美; 沖田弓子; 木戸 光子; 田中 孝始; ブッシュネル ...
    筑波大学留学生センター日本語教育論集/(29)/pp.155-172, 2014
  • 大学生のレポートにおける原因・理由を表す文型について-作文教育への応用を目指して-
    湯本 かほり; 木戸 光子
    筑波大学留学生センター日本語教育論集/(29)/pp.43-57, 2014
  • 日本語上級学習者による作文の文型認定
    王 金博; 木戸 光子
    筑波大学留学生センター日本語教育論集/(28)/pp.23-41, 2013
  • 意味機能別文型から見た大学生の作文の文型使用傾向
    木戸 光子; 湯本 かほり
    筑波大学留学生センター日本語教育論集/(28)/pp.333-350, 2013
  • 筑波大学留学生センター初級日本語補講コース授業報告
    堀 恵子; 今井 新悟; 小野寺 志津; 木戸 光子; 小浦方 理...
    筑波大学留学生センター日本語教育論集/(28)/pp.151-172, 2013
  • 大学生はレポートでどのような文型を用いているか-日本語文型辞典に基づく意味機能別リストからみた文型使用傾向-
    木戸 光子; 湯本 かほり
    2012年日本語教育国際研究大会 予稿集, 2012-8
  • 日本語上級学習者は作文の文型をどのようにとらえているか―文型辞典の意味・機能別リストによる中国人上級学習者の文型認定を通して―
    王 金博; 木戸 光子
    2012年日本語教育国際研究大会予稿集, 2012-8
  • 筑波大学留学生センターにおける学習者のニーズ分析-J500-900「書く」の場合-
    劉雅静・木戸光子; +木戸 光子
    日本語教育論集/(27), 2012-01
  • 日本語スタンダーズに基づく中上級日本語作文コースの構築に向けて-補講コース「J500−900書く」の報告-
    木戸光子・石上綾子・加藤あさぎ・田中孝始・長戸三成子・中...
    日本語教育論集/(27), 2012-01
  • 日本語教育の表現研究への貢献
    木戸光子
    表現研究/(93)/p.13, 2011-01
  • 書き換えに着目した上級日本語作文の授業-新聞記事から要約文への文章構造の言い換えを例として-
    木戸光子
    日本語教育論集/(25)/p.107-122, 2010-01
  • 受動から自発へ「成長」するための「アカデミック・ジャパニーズ」―1,2年次学部留学生対象の日本語日本事情科目の実践より―
    木戸光子・西村よしみ・沖田弓子・杉浦千里・関裕子・栁田直...
    実践研究フォーラム WEB版報告, 2009-01
  • 韓国京畿道外国語研修院現職日本語教師研修における上級会話教材開発と2007年度授業実践の連携
    小野寺志津・木戸光子; +木戸 光子
    日本語教育論集/23/p.89-105, 2008-01
  • 文章構造における冒頭文と末尾文の統括機能と形態上の特徴--頭括型と尾括型の要約文の分析を通して
    木戸 光子
    文藝言語研究, 言語篇/(53)/pp.33-49, 2008-01
  • 作文における『客観的表現』-上級日本語学習者の作文の分析を通して
    木戸光子
    日本語教育論集/22/p.1-10, 2007-01
  • 日本語補講コース授業アンケートの目的と方法
    木戸 光子
    筑波大学留学生センター日本語教育論集/(21)/pp.119-129, 2006-01
  • 筑波大学2005年度学類留学生のための日本語検定
    木戸 光子; 西村 よしみ
    筑波大学留学生センター日本語教育論集/(21)/pp.131-135, 2006-01
  • 中上級日本語学習者のレポート作成のための作文授業
    木戸 光子
    筑波大学留学生センター日本語教育論集/(20)/pp.83-91, 2005-01
  • 日本語3 (コース報告特集)
    木戸 光子; 和氣 圭子
    筑波大学留学生センター日本語教育論集/(19)/pp.109-115, 2004-01
  • 日本語3
    木戸光子・和氣圭子; +木戸 光子
    日本語教育論集/19/p.109-115, 2004-01
  • 接続表現と列挙の文章構造の関係(3)
    木戸光子
    文芸言語研究 言語篇/42/p.51-62, 2002-01
著書
  • 論文の書き方・記録文・報道文・仕様書
    中村明他編; +木戸 光子
    2011-01
  • 作文(日本語教育)
    計量国語学会; +木戸 光子
    2009-01
  • 作文教育に関する三つの報告 報告1 留学生に対する作文教育
    井上優・宇佐美洋編
    2004-01
  • 要約文Bの出力パタンの日韓比較
    佐久間まゆみ編
    1994-01
  • 文の機能による要約文の特徴
    佐久間まゆみ編
    1989-01
会議発表等
  • 文章構造を変えないで言い換えることはどこまで可能か-上級日本語学習者が書いた要約文における言い換え表現の使用状況を通して
    木戸光子
    AATJ2017 Annual Spring Conference/2017-03-16
  • 日本語上級学習者の作文に見られる誤用 -レベルチェック作文とレポートの比較を通して
    木戸光子
    第7回談話分析コロキアム/2016-12-23
  • 木戸光子(2016,3)「どのように日本人大学生は文章ジャンルによって1人称『私』と『私たち』を使い分けるのか
    木戸 光子
    AATJ 2016 Annual Spring Conference/2016-3-30
  • 研究のための文章分析と教育のための文章分析―日本語教育の上級作文授業を通して考えたこと―
    木戸 光子
    第6回談話分析コロキアム/2014-12-23
  • 初級から中級への縦のアーティキュレーションを考えた中級入門クラスの試み―意味のまとまりのある文章の理解・発信を中心に―
    木戸 光子; 小野寺志津; 田中孝始; 中山健一
    実践研究フォーラム/2014-08-02
  • 文章から見た“文型”- 文章展開を担う言語形式と文章構造との関係-
    木戸 光子
    第5回談話分析コロキアム/2012-12-22
  • 大学生はレポートでどのような文型を用いているか-日本語文型辞典に基づく意味機能別リストからみた文型使用傾向-
    木戸 光子; 湯本 かほり
    日本語教育国際研究大会/2012-8-18
  • 日本語上級学習者は作文の文型をどのようにとらえているか―文型辞典の意味・機能別リストによる中国人上級学習者の文型認定を通して―
    王 金博; 木戸 光子
    日本語教育国際研究大会/2012-8-18
  • 上級作文における文章構造をパラフレーズする言語技術の重要性
    木戸光子
    2011世界日語教育大会論文集予稿集_日本語教育世界大会(ICJLE2011)___/2011-08
  • 自分の作文を構造分析する―日本語教育の大学院演習での文章論の試み―
    木戸 光子
    第4回談話分析コロキアム/2010-12-23
  • 原文の文章構造は日本語学習者の要約文でどのように言い換えられるか -『言い換え』による上級日本語学習者の新聞記事の要約文の分析-
    木戸光子
    2009年度日本語教育学会秋季大会予稿集_日本語教育学会___201-205/2010-10
  • 日本語学習者の文章から見た日本語の文章表現のグローバル化とローカル化に関する一考察
    木戸光子
    2010世界日語教育大会 論文集 予稿集_国立政治大学(台湾)___/2010-07
  • 文章構造から見た文法形式の分析・記述の作文における必要性-日本語上級学習者と日本人学生の作文に見られる『てしまう』の使用-
    木戸光子
    『日本語教育学世界大会2008 第7回日本語教育国際研究大会予稿集 第2分冊』_日本語教育国際研究大会(ICJLE2008)___325/2008-07
  • 文章構造分析の応用-『似て非なる文章』を意識化する作文教育を目指して-(教育現場と研究領域の橋渡しとしての作文教育の課題と展望)
    木戸光子
    『2007年度日本語教育学会秋季大会予稿集』_日本語教育学会___287-298/2007-10
  • 事実と意見の述べ方における『客観的表現』と『主観的表現』-日本人学生と留学生の作文の分析を通して-
    木戸光子
    社会言語科学会第20回大会発表論文集_社会言語科学会___246-249/2007-09
  • 冒頭文と結尾文の文章を統括する機能-頭括型と尾括型の要約文の分析を通して-
    木戸光子
    表現学会大会_表現学会___/2007-06
  • 日本語の意見文における文の配列と文章構造の関係
    木戸光子
    AAS Seminar 2007_The Association of Asian Studies___/2007-03
  • 尾括型の意見文はなぜ存在するのか?-意見文の客観性と主観性について-
    木戸 光子
    第2回談話分析コロキアム/2006-12-23
  • 作文における『客観的表現』とは何か
    木戸光子
    2006年度日本語教育学会春季大会予稿集_日本語教育学会___127-132/2006-05
  • 日本の大学における留学生対象の日本語作文授業の試み
    木戸光子
    ATJ Seminar 2005_The Association of Teachers of Japanese___/2005-03
  • 認知・相互作用・人間関係からみた日本語の会話における話題・エピソード・発話連鎖
    木戸光子他; +木戸 光子
    日本語教育学会秋季大会_日本語教育学会___/2003-10
  • 尾括型の意見文に関する一考察
    木戸光子
    表現学会大会_表現学会___/2003-06
  • 日本語の意見文の文章構造
    木戸光子
    ATJ Seminar 2003_The Association of Teachers of Japanese___/2003-03
  • 日本語教育におけるレポート・プロジェクトの試み
    木戸光子
    日本語教育方法研究会誌_日本語教育方法研究会_9_2_16-17/2002-09
  • 作文教育のための留学生と日本人学生の意見文の比較
    木戸光子
    2001年度日本語教育学会春季大会予稿集_日本語教育学会___97-102/2001-05
担当授業科目
2017-10 -- 2017-12補講日本語8書くB筑波大学
2017-04 -- 2017-06日本語教育学IIIA筑波大学
2017-10 -- 2017-12補講日本語4書く-2B筑波大学
2017-10 -- 2017-12補講日本語4書く-1B筑波大学
2017-10 -- 2017-12日本語教育学IIIB筑波大学
2017-10 -- 2018-02総合日本語3B筑波大学
2017-04 -- 2017-06補講日本語4書く-2A筑波大学
2017-04 -- 2017-08日本語文化科目上級作文筑波大学
2017-10 -- 2017-12言語表現研究演習1B筑波大学
2017-04 -- 2017-08総合日本語3A筑波大学
授業以外の教育活動
2013-01 -- 2013-012012年度日本語教師研修コース 教室活動のデザインⅥ「学習者の作文分析を通して学び合う作文授業の構築-要約・書き換えからレポート作成へ」日本語教育学会
2007-08 -- 2007-092007年度韓国京畿道中高日本語教員現職者研修筑波大学
1994-07 -- 1994-08早稲田大学オレゴン夏期プログラム早稲田大学
一般講演
  • 日本語の文章構造分析を活かした留学生のための作文教育
    木戸光子
    第4回 関学日本語教育研究会/2010-1-20
  • 日本語の文章構造分析を生かした作文教育-日本人と留学生の文章の分析を通して
    木戸 光子
    ミネソタ大学東アジア学部日本語教育講演会/2005-03-29
  • 論理的文章作成能力の育成に向けて-留学生に対する教育
    木戸 光子
    2002年度(平成14年度)国立国語研究所日本語教育短期研修 第4回/2002-12-21
学協会等委員
2016-04 -- (現在)国際日本研究専攻国際日本研究専攻紀要編集委員会委員
学内管理運営業績
2014-04 -- 2016-03国際日本研究専攻学位論文委員会委員
2007-04 -- 2015-03日本語日本事情等科目編成委員会委員
2012-04 -- 2014-03国際日本研究専攻入試委員会委員
2012-04 -- 2014-03国際地域研究専攻入試委員会委員
2009-04 -- 2011-03国際日本研究専攻紀要編集委員会委員
2009-04 -- 2010-03国際地域研究専攻紀要編集委員会委員

(最終更新日: 2017-06-19)