現在地

森 直人(モリ ナオト; Mori, Naoto)

所属
人文社会系
職名
准教授
eメール
 
研究室
人社A416
研究分野
社会学
教育社会学
研究キーワード
社会階層
社会移動
教育
労働
戦後日本
研究課題
1970-80年代の公教育批判の諸実践と教育思想の転回に関する歴史社会学的研究2017-04 -- 2020-03森 直人日本学術振興会/科学研究費/基盤研究(C)4160000
教育実践開発の継承・普及プロセスに関する社会学的研究2014 -- 2016森 直人日本学術振興会/基盤研究(C)3900000
個別化・個性化教育の定着・展開過程と社会的効果の思想史的意義に関する研究2009 -- 2011森 直人日本学術振興会/若手研究(B)4290000
日本の階層構造・階層文化の変容・再編と教育との相互規定的メカニズムに関する研究2002 -- 2004森 直人日本学術振興会/特別研究員奨励費1200000
社会理論・社会構想と教育システム設計との理論的・現実的整合性に関する研究2010 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(B)390000
戦後日本における政治・経済変動が教育労働運動に与えた影響に関する研究2016-04 -- 2019-03廣田 照幸文部科学省/科学研究費補助金 基盤研究(A)
戦後日本における教育労働運動と社会・教育システムの変容との相互作用に関する研究2013-04 -- 2016-03廣田 照幸文部科学省科学研究費助成事業(科学研究費補助金)/科学研究費補助金 基盤研究(A)
教育「支援」とその「排除性」に関する比較史研究2011 -- 2013日本学術振興会/基盤研究(C)52000
社会移動からみた教育制度と労働市場の関係性に関する歴史的研究 -- (現在)/
生活構造論アプローチによる社会階層研究 -- (現在)/
職歴
2002 -- 2005日本学術振興会 特別研究員(PD)
2006 -- 2010岐阜聖徳学園大学 教育学部 専任講師/准教授
2010-04 -- (現在)筑波大学 大学院人文社会科学研究科 国際公共政策専攻 社会学分野 准教授
学歴
-- 2002東京大学大学院 教育学研究科 総合教育科学専攻・比較教育社会学コース単位取得満期退学
所属学協会
2017 -- (現在)日本教育学会
1999 -- (現在)日本教育社会学会
2000 -- (現在)日本社会学会
2003 -- (現在)社会政策学会
論文
  • 教育の歴史社会学:──1995年以降の展開と課題──
    井上 義和; 森 直人
    教育社会学研究/93/pp.193-224, 2013-11
  • 「総中流の思想」とは何だったのか:「中」意識の原点をさぐる
    森 直人
    思想地図/(2)/p.233-270, 2008-12
  • 家計からみた近代日本の階層文化と教育戦略:1920年代からの展開
    森 直人
    季刊家計経済研究/(77)/p.62-72, 2008-01
  • 個性化教育の可能性:愛知県東浦町の教育実践の系譜から
    森 直人
    再検討 教育機会の平等/p.115-146, 2011-08
  • 3. 「個別化・個性化教育」再考(III-10部会 理論・研究法,研究発表III,一般研究報告)
    森 直人
    日本教育社会学会大会発表要旨集録/(62)/pp.268-269, 2010-09
  • 個別歴史性に定位した社会移動研究の可能性
    森 直人
    社会科学研究/56(5/6)/p.211-234, 2005-03
  • 旧制工業学校卒業生の社会移動に関する研究:山形県立鶴岡工業学校を事例として
    広田照幸; 森直人; 寺崎里水
    東京大学大学院教育学研究科紀要/42/p.65-97, 2003-03
  • Education and Success : Changes in Structure and Thinking
    MORI Naoto
    Social Science Japan/(25)/p.16-18, 2003-02
  • 20世紀日本の教育=福祉レジームの形成と再編
    森 直人
    社会学ジャーナル/38/pp.41-67, 2013-03
  • 「学び」は共通言語化できるか:その困難と可能性を考える
    川田 学; 佐藤 寛子; 下田 浩太郎; 髙田 文子; 森 直人
    現代と保育/90/pp.6-50, 2014-11
著書
  • 〈教育的なるもの〉再考:「福祉国家と教育」をめぐって
    森 直人
    教育システムと社会:その理論的検討/pp.173-189, 2014-08
  • 20世紀福祉レジームの形成と教育をめぐる諸問題:日本の経験に即して
    森 直人
    福祉国家と教育:比較教育社会史の新たな展開に向けて/pp.259-286, 2013-11
  • 再検討 教育機会の平等
    森 直人
    2011-08
  • 大都市流入-定住者の家族形成と居住形態の変容に関するライフコース的研究
    広田照幸; 吉田文; 森直人; 高瀬雅弘; 寺崎里水; 仁平典宏
    2001-08
会議発表等
  • 社会調査データの復元による計量社会史の試み
    Mori Naoto
    二次分析研究会2016課題公募型研究成果報告会「戦後日本社会における福祉社会の形成過程にかんする計量社会史」/2017-03-28--2017-03-28
  • テレビと「家族談笑」:高度成長期・団地におけるテレビ視聴
    森 直人
    二次分析研究会2014課題公募型研究成果報告会「戦後日本社会における都市化のなかの世帯形成と階層構造の変容」/2015-03-23--2015-03-23
  • 団地居住者生活実態調査(1965年)とデータの概要
    森 直人; 渡邉 大輔
    二次分析研究会2014課題公募型研究成果報告会「戦後日本社会における都市化のなかの世帯形成と階層構造の変容」/2015-03-23--2015-03-23
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02労働社会学特別演習I筑波大学
2017-04 -- 2017-08労働社会学特別演習I筑波大学
2017-10 -- 2017-12労働社会学I筑波大学
2017-04 -- 2017-06労働社会学I筑波大学
2017-04 -- 2017-08社会学演習I筑波大学
2017-04 -- 2017-08公民教育研究法I筑波大学
2017-04 -- 2017-08社会学演習IXb筑波大学
2017-10 -- 2018-02社会学演習IXb筑波大学
2017-10 -- 2018-02労働社会学演習I筑波大学
2017-04 -- 2017-08労働社会学演習I筑波大学

(最終更新日: 2017-05-15)