現在地

関根 久雄(セキネ ヒサオ; Sekine, Hisao)

所属
人文社会系
職名
教授
URL
研究分野
文化人類学・民俗学
地域研究
研究キーワード
文化人類学
社会開発
オセアニア
ソロモン諸島
開発援助
ダイバーシティ研究
研究課題
国際ボランティアが途上国にとたらす変化とグローバル市民社会の形成2016-07 -- 2019-03岡部恭宜日本学術振興会/科学研究費助成金基盤研究(B)(特設分野研究)
応答の人類学:フィールド、ホーム、エデュケーションにおける学理と技法の探求2016-04 -- 2021-03清水展日本学術振興会/科学研究費補助金基盤研究(A)
グローバル・ジャスティスの模索とローカリティ:グローバルとローカルの出会う現場から2015-04 -- 2018-03細谷広美、佐藤義明成蹊大学アジア太平洋研究センター/成蹊大学アジア太平洋研究センター・研究プロジェクト
ダイバーシティ・マネジメントの民族誌的研究-企業活力の追求と人類学の可能性2015-04 -- 2018-03関根久雄日本学術振興会/科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
実践と感情-開発人類学の新展開-2012 -- 2014関根久雄国立民族学博物館/共同研究会
同時代の喫緊課題に対する文化人類学の<応答>可能性の検討2014 -- 2015清水展日本学術振興会/科研費挑戦的萌芽
感情と実践-開発人類学の新たな地平-2012 -- 2014関根久雄日本学術振興会/基盤研究(B)4290000
社会的包摂のための実践人類学的研究2011 -- 2014鈴木紀日本学術振興会/基盤研究(B)
オセアニアにおける独立期以降の<紛争>に関する比較民族誌的研究2009-10 -- 2012-03丹羽典生/国内共同研究
支援の人類学:グローバルな互恵性の構築に向けて2009-10 -- 2013-03鈴木紀/国内共同研究
職歴
1986-12 -- 1989-08国際協力事業団青年海外協力隊 ソロモン諸島国立博物館 協力隊員/博物館学芸員
1996-04 -- 2000-10名古屋大学 大学院国際開発研究科 助手
1999-04 -- 2000-03国際協力事業団 客員研究員
2000-11 -- 2003-03筑波大学 社会科学系 専任講師
2003-03 -- 2004-03筑波大学社会科学系 助教授
2004-04 -- 2008-10筑波大学 大学院人文社会科学研究科 助教授
2008-10 -- 2011-09筑波大学大学院人文社会科学研究科 教授
2010-04 -- 2014-03国立民族学博物館 特別客員教授
2013-04 -- 2015-03筑波大学 学長補佐
2014-04 -- (現在)筑波大学 社会・国際学群国際総合学類 学類長
学歴
1990-04 -- 1992-03広島大学大学院 社会科学研究科 国際社会論専攻修了
1993-04 -- 1996-03総合研究大学院大学 文化科学研究科 比較文化学単位取得満期退学
取得学位
1992-03修士(学術)広島大学
1998-09博士(文学)総合研究大学院大学
所属学協会
2012 -- (現在)太平洋諸島学会
1990 -- (現在)日本文化人類学会
1990 -- (現在)日本オセアニア学会
1999 -- (現在)国際開発学会
-- (現在)日本国際文化学会
2008 -- (現在)日本社会学会
受賞
2002国際開発学会賞奨励賞
論文
  • Volunteer Disappointment and Outcome of Activities -Regional Perspective of Japan Overseas Cooperation Volunteers (JOCV)-
    Sekine Hisao
    JICA Research Institute Working Paper/(116), 2016-02
  • 開発実践における人々の感情・フィールドワーカーの感情・国家と住民感情
    関根 久雄
    民博通信/(144)/pp.16-17, 2014-03
  • 感情経験・感情文化・「怒り」の管理
    関根 久雄
    民博通信/(140)/pp.18-19, 2013-03
  • 「感情」から開発実践を考える
    関根 久雄
    月刊みんぱく/pp.12-13, 2012-06
  • 「感情]への接近-ありのままのリアリティ-
    関根 久雄
    民博通信/(136)/pp.18-19, 2013-03
  • 人類学的評価という協働:ある「支援」の試み
    関根 久雄
    日本文化人類学会研究大会発表要旨集/2012/pp.71-71, 2012
  • 特集によせて (特集 人類学と開発援助)
    関根 久雄
    国際開発研究/17(2)/pp.1-7, 2008-11
  • 「人類学的」、その意味するもの (特集 開発援助と人類学)
    関根 久雄
    アジ研ワールド・トレンド/14(4)/pp.8-11, 2008-04
  • 対話するフィールド、協働するフィールド:開発援助における人類学の実践スタイル
    関根 久雄
    文化人類学(旧民族学研究)/72(3)/p.361-382, 2007-12
  • 「つなぐ」-開発実践における人類学の役割
    関根 久雄
    民博通信/(112)/p.4-7, 2006-01
  • プロジェクト・プロセスの民族誌--技術協力におけるリーダーシップと「外部者的権威」
    関根 久雄
    国際開発研究/14(1)/pp.73-90, 2005-06
  • 「崩壊国家」のゆくえ:南太平洋ソロモン諸島の「再生」
    関根 久雄
    地理月報/(483), 2004-01
  • 紛争と「コンペンセーション」:なぜソロモン諸島政府は支払うのか?
    山本真鳥・須藤健一・吉田集而編
    オセアニアの国家統合と地域主義/連携研究成果報告書6/p.189-208, 2003-01
  • 森への視線:屋久島における世界自然遺産と観光開発のゆくえ
    関根 久雄
    島嶼研究/(5)/p.55-76, 2005-01
  • 不平等な「平等」をもとめて--メラネシアにおける近年の紛争とその主張・ソロモン諸島を中心に (特集 オセアニアの論理--太平洋のカレイドスコープ)
    関根 久雄
    アジ研ワ-ルド・トレンド/8(8)/pp.17-20, 2002-08
  • 「辺境」の抵抗--ソロモン諸島ガダルカナル島における「民族紛争」が意味するもの
    関根 久雄
    地域研究論集/4(1)/pp.63-86, 2002-03
  • 島嶼国と「民衆中心の開発」-ソロモン諸島におけるエコツーリズムの事例から
    須藤健一編; 関根 久雄
    オセアニアの国家統合と国民文化/p.107-130, 2000-01
  • 都市と島嶼の経済開発
    吉岡政德・林勲男編
    オセアニア近代史の課題-接触と変貌、住民と国家/p.215-236, 2000-01
  • 「カスタム」としての熱帯林-メラネシア島嶼国における開発と熱帯林の「管理」
    関根 久雄
    林業経済研究/46(1)/p.11-18, 2000-01
  • Development and Leadership in Santa Isabel, Soloman Islands.
    関根 久雄
    Man and Culture in Oceania./14/p.1-29, 1998-01
  • 知識と「無知」-南太平洋島嶼民にとっての教育-
    関根 久雄
    国際開発研究フォーラム/(7)/p.61-74, 1997-01
  • 大規模開発がくる社会-ソロモン諸島サンタイサベル島におけるロギングと地域社会のリーダーシップ
    関根 久雄
    『南太平洋島嶼国・地域の開発と文化変容』名古屋大学大学院国際開発研究科/p.73-100, 1995-01
  • 「ボヴォエ」と復活-ソロモン諸島チョイスル島ササムンがにおけるリーダーシップ
    関根 久雄
    民族学研究/59(4)/p.415-427, 1995-01
  • ソロモン諸島と開発
    関根 久雄
    民族学研究/56(1)/p.94-106, 1991-01
著書
  • 地域的近代を生きるソロモン諸島-紛争・開発・「自律的依存」-
    関根 久雄
    2015-10
  • 怒りを「管理」する-ソロモン諸島における開発実践と感情経験-
    関根 久雄
    実践と感情-開発人類学の新展開-/pp.95-116, 2015-10
  • 実践と感情-開発人類学の新展開-
    関根 久雄
    2015-10
  • 国家からの離脱と「市民社会」-ソロモン諸島における開発的公共圏の伸縮-、
    関根 久雄
    オセアニアと公共圏-フィールドワークからみた重層性/pp.35-52, 2012-12
  • 忘却のかなたのエヴァンズ=プリチャード-『共犯』の人類学-
    関根 久雄
    共在の論理と倫理-家族・民・まなざしの人類学/pp.399-421, 2012-12
  • 疎外される州民:ソロモン諸島における 「開発的公共圏」
    関根 久雄
    グローカリゼーションとオセアニアの人類学/pp.257-274, 2012-08
  • 南太平洋を知るための58章
    吉岡政德; 石森大知ほか; +関根 久雄
    2010-09
  • 開発援助と人類学
    佐藤寛; 藤掛洋子ほか; +関根 久雄
    2011-05
  • 朝倉世界地理講座15・オセアニア
    片山一道・熊谷圭知編
    2010-04
  • オセアニア学
    吉岡政德 遠藤央、風間計博、梅崎昌裕、窪田幸子、印東道子、...
    2009-10
  • 開発人類学:基本と実践
    リオール・ノラン; +関根 久雄
    2007-09
  • 文化人類学20の理論
    綾部恒雄編; +関根 久雄
    2006-11
  • 太平洋アイデンティティ
    佐藤幸男編; +関根 久雄
    2003-01
  • 観光開発と文化:南からの問いかけ
    橋本和也・佐藤幸男編; +関根 久雄
    2003-01
  • 島々と階級:太平洋島嶼国における近代と不平等
    塩田光喜編; +関根 久雄
    2002-01
  • グローバル・コミュニケーション論:対立から対話へ
    津田幸男・関根久雄編; +関根 久雄
    2002-07
  • 開発と向き合う人びと:ソロモン諸島における「開発」概念とリーダーシップ
    関根 久雄
    2001-12
  • シリーズ建築人類学・世界の住まいを読む3:住まいはかたる
    佐藤浩司編; +関根 久雄
    1999-01
  • 土地所有の政治史:人類学的視点
    杉島敬志編; +関根 久雄
    1998-01
  • ソロモン諸島の生活誌-文化・歴史・社会-
    秋道智彌; 関根久雄; 田井竜一編著
    1996-04
  • 豚泥棒から国会議員へ
    ジョナサン・フィフィイ ロジャー M.キージング
    1994-01
会議発表等
  • 多分野における応答性-「ダイバーシティ・マネジメント」 教育における人類学。
    関根 久雄
    日本文化人類学会第49回研究大会分科会「人類学教育と応答性-人類学者の再生産モデルを超えて-」/2015-05-30--2015-05-30
  • 太平洋島嶼民にとっての持続可能性-サブシステンス指向の開発-
    関根 久雄
    国際シンポジウム「太平洋島嶼国の開発と資源:持続可能な開発と生存戦略/2015-05-22--2015-05-22
  • なぜ持続しないのか-ソロモン諸島における開発NGOの実践と矛盾-
    関根 久雄
    国立民族学博物館共同研究会「NGO活動の現場に関する人類学的研究-グローバル支援の時代における新たな関係性への視座-」/2014-12-06--2014-12-06
  • 落胆と「成果」-太平洋島嶼と青年海外協力隊-
    関根 久雄
    JICA研究所共同研究会「青年海外協力隊の学際的研究」第3回研究会/2014-05-26--2014-05-26
  • Alienated Provincial Residents: Public Sphere of Development in the Solomon Islands
    関根 久雄
    IUAES (International Union of Anthropological and Ethnological Sciences) 2014, In the Panel No.115 "The Perspective of Glocalization: Addressing the Changing Society and Culture under Globalization/2014-05-15--2015-05-15
  • 太平洋島嶼国と青年海外協力隊-地域性の視点から-
    関根 久雄
    JICA研究所青年海外協力隊(JOCV)研究セミナー第2回「地域社会を見る目-協力隊と人類学」/2014-3-19
  • 太平洋島嶼国の開発と地域文化
    関根 久雄
    明治大学公開講座(特別企画)「太平洋諸島学への誘い-太平洋の仲間たちの現在・過去・未来-」第4回/2013-12-13
  • 怒りの「管理」-ソロモン諸島における開発実践と感情-
    関根 久雄
    国際開発学会第24回全国大会/2013-11-30
  • つなぐ-開発人類学の認識論-
    関根 久雄
    早稲田文化人類学会研究集会/2013-7-13
  • 太平洋島嶼国と日本の環境協力-その実態と課題を考える-
    関根 久雄
    太平洋諸島学会第1回研究大会におけるシンポジウム「太平洋島嶼国と日本の環境協力-その実態と課題を考える-」(モデレーター・関根久雄)/2013-6-15
  • 怒りを「管理」する-ソロモン諸島における開発実践と感情経験-
    関根 久雄
    日本文化人類学会第47回研究大会における分科会「感情と開発-人類学における応用的実践の新展開-」(代表・関根久雄)/2013-6-9
  • 怒りを「管理」する-ソロモン諸島における開発実践と感情経験-
    関根 久雄
    日本文化人類学会第47回研究大会分科会「感情と開発-人類学における応用的実践の新展開-/2013-06-09
  • 可能性としての人類学的評価-線的視点による叙述的解釈の応用-
    関根 久雄
    国際開発学会第23回全国大会/2012-12-1
  • 「怒り]を管理する-ソロモン諸島における開発実践と感情経験-
    関根 久雄
    国立民族学博物館共同研究会「実践と感情-開発人類学の新展開-」/2012-9-29
  • 人類学的評価という協働-ある「支援」の試み-
    関根 久雄
    日本文化人類学会第46回研究大会分科会「グローバル支援の人類学-支援研究から人類学的支援へ-」/2012-6-23
  • ソロモン諸島社会と開発
    関根 久雄
    第20回日本オセアニア学会関東地区例会/1990-12-08
  • 開発の人類学-ソロモン諸島サンタイサベル島における大規模開発を例に
    関根 久雄
    第17回『開発援助と人類学』研究会/1995-09-29
  • ソロモン諸島における大規模開発と政治的リーダーシップ
    関根 久雄
    第49回日本人類学会・日本民族学会連合大会/1995-10-15
  • イサベル島におけるキリスト教とパラマウントチーフ
    関根 久雄
    国立民族学博物館共同研究会/1996-01-20
  • ソロモン諸島の土地と開発
    関根 久雄
    国立民族学博物館シンポジウム『土地所有の政治史』/1996-10-28
  • 開発のゆくえ-ソロモン諸島における<開発参加>と土地紛争」
    関根 久雄
    国立民族学博物館地域研究企画交流センター共同研究会/1996-12-14
  • 趣旨説明-オセアニア島嶼にとっての開発とは何か
    関根 久雄
    第15回日本オセアニア学会研究大会シンポジウム『オセアニア島嶼の開発』/1998-03-21
  • ジョージ・ブラウン・コレクションの中のソロモン諸島
    関根 久雄
    国立民族学博物館共同研究会/1998-11-28
  • メラネシアの政治的リーダーシップと開発
    関根 久雄
    第133回中部人類学談話会(日本民族学会中部地区例会)/1999-07-03
  • ソロモン諸島と「持続可能な開発」
    関根 久雄
    日本島嶼学会1999年次研究大会/1999-08-21
担当授業科目
2015-04 -- 2015-06開発人類学II筑波大学
2016-04 -- 2017-03国際学ゼミナールI筑波大学
2016-04 -- 2017-03国際学ゼミナールII筑波大学
2016-04 -- 2017-03独立論文筑波大学
2016-04 -- 2017-03卒業論文筑波大学
2015-04 -- 2015-08開発人類学演習II筑波大学
2015-04 -- 2015-08開発人類学特別演習II筑波大学
2015-10 -- 2015-12開発人類学II筑波大学
2015-10 -- 2015-12ダイバーシティスタディーズ入門筑波大学
2015-10 -- 2015-12開発人類学筑波大学
学協会等委員
2014-04 -- 2016-03日本文化人類学会評議員
2012-12 -- (現在)太平洋諸島学会理事・評議員
2008 -- 2012日本文化人類学会理事・評議員
2004 -- 2007日本オセアニア学会理事・評議員
2009-03 -- 2015-03日本オセアニア学会理事・評議員
2007 -- 2008国際開発学会学会誌編集委員
2007-09 -- (現在)北条まちづくり振興会/相談役
2005-04 -- 2006-03国際協力機構(JICA)大洋州地域支援委員会
2001-04 -- 2002-03日本オセアニア学会第19回研究大会
2009-11 -- 2010-07外務省太平洋島嶼国外交有識者懇談会
学内管理運営業績
2015-04 -- (現在)スーパーグローバル大学事業オールラウンド型学士学位プログラムイシューサブリーダー
2014-04 -- (現在)グローバル人材育成教育プログラム(GHRD)運営委員会運営委員
2014-04 -- (現在)社会国際学教育プログラム運営委員会運営委員
2014-04 -- (現在)学群教育会議委員
2014-04 -- (現在)社会・国際学群運営委員会運営委員
2014-04 -- (現在)社会・国際学群国際総合学類学類長
2013-04 -- 2015-03学長補佐室会議学長補佐
2010-04 -- 2012-03産学リエゾン共同研究センター運営委員会運営委員
2010-04 -- 2012-03国際総合学類運営委員会運営委員
2010-02 -- 2013-03産学連携推進プロジェクト審査委員会審査委員

(最終更新日: 2016-08-09)