現在地

吉田 脩(ヨシダ オサム; Yoshida, Osamu)

  • «武力規制法»の規範的構造と「戦時復仇」の諸相―1977年のジュネーヴ第一追加議定書における「復仇」禁止諸条項についての考察を中心に―
    吉田 脩
    筑波法政/33/p.1-69, 2002-01
  • 戦時復仇
    吉田 脩
    国際法学会編『国際関係法辞典』第2版、三省堂/pp.541-542, 2005
  • Japan's Accession to the ICC Statute and the ICC Cooperation Law
    Akira Mayama; Kyo Arai; Osamu Yoshida
    Japanese Yearbook of International Law/51/p.359-383, 2009-01
  • 国連損害賠償事件(国際司法裁判所)
    吉田 脩
    杉原高嶺、酒井啓亘編『国際法基本判例50』三省堂/p.26-29, 2010-03
  • International/Transboundary Contingency Planning/Emergency Assistance
    Osamu Yoshida
    Yearbook of International Environmental Law/19, 2010-03
  • 「武力紛争と環境保護:国際法の視座から」
    吉田 脩
    永野秀雄、岡松暁子編『環境と法:国際法と諸外国法制の論点』三和書籍/p.57-87, 2010-01
  • 米国―マグロ・マグロ製品の輸入、マーケティング及び販売に関する措置―
    吉田 脩
    経済産業省通商政策局通商機構部国際経済紛争対策室編『WTOパネル・上級委員会報告書に関する調査研究報告書』, 2012-01
  • 国際組織の「アカウンタビリティ」概念―その意義とプロブレマティク―
    吉田 脩
    国際法外交雑誌/109(3)/p.209-210, 2010-01
  • 「みなみまぐろ事件に関わる暫定措置命令」
    吉田 脩
    『21世紀に向けての環境問題と環境法の研究』/2/p.183-190, 2000-01
  • 「国際法、国際制度と酸性雨問題」
    吉田 脩
    『21世紀に向けての環境問題と環境法の研究』/1/p.151-167, 1999-01
  • 「国際法における『国際制度』の新展開-国際社会の組織化現象の理論的再検討」
    吉田 脩
    『国際法外交雑誌』/99(3)/p.101-131, 2000-01
  • 国際オゾン層保護条約体制におけるNGOの役割
    佐古田彰; 吉田脩
    『環境施条における住民参加およびNGO活動に関する法学および行政学的研究』/3/p.1-27, 1998-01
  • J.-M. クワコウ、V. ハイスカネン編著『国際組織の正当性』(書評)
    吉田 脩
    国際社会の新たな脅威と国連/pp.233-237, 2003