現在地

土井 隆義(ドイ タカヨシ; Doi, Takayoshi)

face
所属
人文社会系
職名
教授
性別
男性
生年月
1960-07
科研費番号
60217601
eメール
 
研究室
人文社会学系棟A414
電話
029-853-4078, 029-853-4247
Fax
0298-53-6611
研究分野
社会学
刑事法学
社会学
研究キーワード
社会病理学
犯罪社会学
逸脱行動論
研究課題
現代の少年をめぐる日常生活世界と少年非行2001 -- 2002/国内共同研究
御坊市都市構造の変容における公営住宅の問題点1996 -- 1998/企業からの受託研究
青少年の逸脱行動に関する研究 -- (現在)/
犯罪責任と刑罰の社会学的研究 -- (現在)/
近代刑法の二項対立図式の研究 -- (現在)/
犯行動機の知識社会学的研究 -- (現在)/
非行少年の家族が直面する諸問題についての調査研究                2005 -- 2008日本学術振興会/基盤研究(C)2370000
非行少年の家族が直面する諸問題に関する調査研究2005 -- 2008日本学術振興会/基盤研究(C)700000
戦後日本の小年非行に関するデータベースの構築2004 -- 2007日本学術振興会/基盤研究(C)3100000
現代日本における子ども期の消失過程に関する研究1997 -- 2000日本学術振興会/奨励研究(A)1100000
職歴
1989-04 -- 1991-09大阪大学 教養部 助手
1991-10 -- 1997-12筑波大学 社会科学系 専任講師
1998-01 -- 2004-03筑波大学 社会科学系 助教授
2004-04 -- 2005-04筑波大学 大学院人文社会科学研究科 助教授
2005-05 -- 2011-03筑波大学 大学院人文社会科学研究科 教授
2011-04 -- (現在)筑波大学 人文社会系 教授
学歴
-- 1984筑波大学 第一学群 社会学類卒業
-- 1989大阪大学 人間科学研究科 社会学単位取得満期退学
取得学位
2004-09博士(人間科学)大阪大学
所属学協会
-- (現在)日本社会学会
-- (現在)日本犯罪社会学会
2005 -- (現在)日本社会病理学会
-- (現在)関東社会学会
-- 2014関西社会学会
受賞
2017-02筑波大学 2016 BEST FACULTY MEMBER優れた研究活動と社会活動
2002菊田クリミノロジー奨励賞犯罪社会学に関する優れた研究業績
論文
  • 幸福感をめぐる光と影(9)-ネット依存をどう理解するか-
    Doi Takayoshi
    日本教育/(472)/pp.22-23, 2017-11
  • 学校現場の同調圧力-子ども追い込む要因に-
    Doi Takayoshi
    北海道新聞/10月(21日)/pp.7-7, 2017-10
  • インターネットはどんな「つながり」を紡ぐのか-ネットが深めた「つながり」の問題と今後への期待-
    Doi Takayoshi
    くらしと協同/(22)/pp.11-18, 2017-09
  • 幸福感をめぐる光と影(8)-貧困率から見えない貧困問題-
    Doi Takayoshi
    日本教育/(470)/pp.22-23, 2017-09
  • 人間関係を広げて対面コミュニケーションを大切にしよう
    Doi Takayoshi
    東進ドットコム「高校生の悩み解決サイト・悩み相談Q&A」, 2017-08
  • 大切なのは「自分の世界を広げること」
    Doi Takayoshi
    東進ドットコム「高校生の悩み解決サイト・悩み相談Q&A」, 2017-08
  • フェイクニュースの広がり-閉じた関係の中で共鳴-
    Doi Takayoshi
    北海道新聞/7月(8日)/pp.7-7, 2017-07
  • 友人関係をめぐる光と影-学校の日常をどう生きているか?-
    Doi Takayoshi
    千葉県高等学校教育研究会養護部会会報/(44)/pp.9-26, 2017-03
  • 幸福感をめぐる光と影(7)-いじめ問題といかに向き合うか-
    Doi Takayoshi
    日本教育/(468)/pp.22-23, 2017-07
  • 常識破りの世界観を伝える-リンドグレーン『長くつ下のピッピ』-
    Doi Takayoshi
    筑波大学新聞/(328)/pp.5-5, 2016-05
  • 危険をはらむ「承認欲求」-アイドル刺傷事件から見えるもの-
    Doi Takayoshi
    読売新聞/6月(1日)/pp.11-11, 2016-06
  • 幸福感をめぐる光と影(1)-人間関係に満足な子どもの増加-
    Doi Takayoshi
    日本教育/(456)/pp.22-23, 2016-06
  • 少年法の適用年齢引き下げ論、尽きぬ疑問
    Doi Takayoshi
    北海道新聞/7月(16日)/pp.6-6, 2016-07
  • 幸福感をめぐる光と影(2)-人間関係に対する不安の強まり-
    Doi Takayoshi
    日本教育/(458)/pp.22-23, 2016-08
  • 「悟り」世代の光と影
    Doi Takayoshi
    ニューサポート高校国語/26/pp.2-3, 2016-10
  • 幸福感をめぐる光と影(3)-コミュニケーション力偏重の時代-
    Doi Takayoshi
    日本教育/(460)/pp.22-23, 2016-10
  • 〈ぼっち〉を忌避する若者たち-つながり依存から生ずる青少年問題-
    Doi Takayoshi
    みちびき/(144)/pp.4-5, 2016-10
  • 貧困問題への視点-教育環境の提供こそ必要-
    Doi Takayoshi
    北海道新聞/11月(5日)/pp.7-7, 2016-11
  • 幸福感をめぐる光と影(4)-価値観の多様化と仲間集団の変容-
    Doi Takayoshi
    日本教育/(462)/pp.22-23, 2016-12
  • 幸福感をめぐる光と影(5)-人生観の萎縮と幸福感の増大-
    Doi Takayoshi
    日本教育/(464)/pp.24-25, 2017-02
  • 「君の名は。」のヒット-現代人の憧憬を映し出す-
    Doi Takayoshi
    北海道新聞/2月(18日)/pp.7-7, 2017-02
  • ケータイ30年 道具を超えて-人間関係の分断を招く-
    Doi Takayoshi
    東京新聞/4月(15日)/pp.4-4, 2017-04
  • 会話の友と、対話の友と-人間関係の軸足を増やそう-
    Doi Takayoshi
    IKUEI NEWS/(78)/pp.11-12, 2017-04
  • 幸福感をめぐる光と影(6)-キャラ化という対人技法の罠-
    Doi Takayoshi
    日本教育/(466)/pp.22-23, 2017-04
  • 「ネットいじめ」なぜ-研究者と白熱議論-
    Doi Takayoshi
    読売中高生新聞/5月(12日)/pp.11-11, 2017-05
著書
  • 「ぼっち」が怖い!-大学生の人間関係をめぐる現状と課題-
    Doi Takayoshi
    学生相談/pp.4-27, 2017-10
  • 少年犯罪の社会的構築と実相
    Doi Takayoshi
    犯罪をどう防ぐか/pp.2-21, 2017-06
  • ネット・トラブルをめぐる虚と実
    Doi Takayoshi
    2016年版・保健総合大百科/pp.170-172, 2016-04
  • 承認依存の時代における自己像をめぐって
    Doi Takayoshi
    承認をめぐる病/pp.330-338, 2016-12
  • ネット・メディアと仲間関係
    Doi Takayoshi
    変容する子どもの関係/pp.101-128, 2016-07
  • 〈ぼっち〉を忌避する若者たち-つながり依存から生ずる青少年問題-
    Doi Takayoshi
    インターネット利用に係る非行及び被害防止対策セミナー/pp.4-23, 2016-11
  • ネット世代のコミュニケーション-LINEを駆使する若者たち-
    Doi Takayoshi
    青少年育成支援読本/pp.119-123, 2016-12
  • 比較から生まれる新たな知見
    Doi Takayoshi
    現場から創る社会学理論~思考と方法/pp.150-160, 2017-01
  • 「ぼっち」が怖い!-大学生の人間関係をめぐる現状と課題-
    Doi Takayoshi
    学生相談所報告書/pp.1-30, 2017-03
  • ラベリング
    Doi Takayoshi
    社会学の力/pp.186-189, 2017-06
  • わたしの生きづらさは何処にある? かれらの生きづらさは何処にある?
    Doi Takayoshi
    2017-01
  • 「まなざしの天国」という地獄を炙り出す怪作
    土井 隆義
    田川啓介脚本「誰」上演パンフレット, 2015-04
  • 新型うつ-深まる承認不安の果て-
    土井 隆義
    今どきコトバ事情/pp.180-183, 2016-01
  • 居場所-リスク化する社会の拠り所-
    土井 隆義
    今どきコトバ事情/pp.134-137, 2016-01
  • つながり依存になりやすいわけを考えてみよう!
    土井 隆義
    ネット依存にならないために/pp.4-7, 2016-04
  • 個性化教育のアイロニー-80年代教育改革の意図せざる結果-
    土井 隆義
    1980年代/pp.177-188, 2016-02
  • 子どもたちの風景-学校の日常をどう生きているか-
    土井 隆義
    2016-01
  • いじりといじめ-なぜ「りはめより100倍恐ろしい」のか?-
    土井 隆義
    2014-08
  • ネット世代のコミュニケーション-LINEを駆使する若者たち-
    土井 隆義
    若者育成支援のための地域連携推進事業報告書/pp.56-77, 2015-03
  • つながりを煽られる子どもたち-ネット依存といじめ問題を考える-
    土井 隆義
    2014-06
  • 子どもたちを集団圧力から解放しよう
    土井 隆義
    これからどうする~未来のつくり方~/pp.492-495, 2013-06
  • 自分が自分であるために-ネット上のキャラ化を乗りこえて-
    土井 隆義
    子ども白書2013/pp.208-209, 2013-08
  • 非行
    土井 隆義
    最新心理学事典, 2013-12
  • 解説「大人になることのむずかしさ」
    土井 隆義
    大人になることのむずかしさ/pp.189-203, 2014-02
  • キャラ的コミュニケーションの光と影-今日のいじめ問題から考える-
    土井 隆義
    平成24年度子ども・若者育成支援のための地域連携推進事業報告書/pp.59-75, 2013-04
会議発表等
  • 流動化する現代社会、固定化する仲間集団-学生コミュニティをめぐる今日の課題-
    Doi Takayoshi
    初年次教育学会第10回大会「大会企画シンポジウム~初年次教育と学生コミュニティ~」/2017-09-06--2017-09-06
  • 少年犯罪の動向と眼差しの構図-社会緊張理論と文化学習理論から考える-
    Doi Takayoshi
    大阪大学社会学研究会 第23回大会/2016-07-30--2016-07-30
  • 少年刑法犯の動向と眼差しの構図-再犯の抑止機能から考える-
    Doi Takayoshi
    日本犯罪社会学会 第43回大会/2016-10-29--2016-10-29
  • 非行少年をめぐる視線の構図-再非行少年率の高さを考える-
    Doi Takayoshi
    国際シンポジウム「少年司法と子ども・若者育成支援-国際比較を通して考える-」/2016-10-22--2016-10-22
  • 「いじり」と「いじめ」のあいだ-現代思春期の友人関係をめぐる光と影-
    Doi Takayoshi
    「いじめの実態と児童・生徒への支援のあり方に関する総合的研究」公開シンポジウム/2016-12-23--2016-12-23
  • ひとりが怖い!-スマホ依存の虚と実-
    土井 隆義
    第53回近畿児童青年精神保健懇話会/2015-08-22--2015-08-22
  • 現代青年の幸福観-その現状と課題-
    土井 隆義
    日本学生相談学会第53回全国学生相談研修会/2015-11-15--2015-11-15
  • リスク回避する若者、危険回避する老人-年齢層による逸脱行動の相違を考える-
    土井 隆義
    日本犯罪社会学会第42回大会/2015-11-22--2015-11-22
  • 友人関係をめぐる虚と実-学校の日常をどう生きているか?-
    土井 隆義
    第16回学校保健会/2016-03-20--2016-03-20
  • 人間関係のリスク化と嗜癖化-スマホ・SNS依存の社会背景-
    土井 隆義
    日本教育工学会シンポジウム「スマホ・SNS時代の情報モラル教育」/2014-06-21--2014-06-21
  • Crime and Crime Prevention in Contemporary Japan and Former Japanese Colonies
    土井 隆義
    Asian Criminological Society, 6th Annual Conference/2014-06-28--2014-06-28
  • 若者の生活満足度を問う-状況規定のパラドクス-
    土井 隆義
    日本社会病理学会第30回大会/2014-10-05--2014-10-05
  • 現代日本における刑法犯の動向と新宿命観-青年意識調査の結果を糸口にして-
    土井 隆義
    法理論研究会/2015-03-19--2015-03-19
  • 学校現場における人間関係の分断化といじめ問題
    土井 隆義
    日本社会病理学会 第29回大会シンポジウム「社会的分断化のメカニズムを問うⅢ~教育における分化と分断~」/2013-09-29--2013-09-29
  • いじめ問題の現状と課題-かけがえのない自分を育むために-
    土井 隆義
    日本学校心理学会 第40回研修会講演/2013-11-04--2013-11-04
  • 後期近代の揺らぎと関係リスク-「脱埋め込み」から「再埋め込み」へ-
    土井 隆義
    京都大学こころの未来研究センター「大人の発達障害プロジェクト研究会」/2013-12-25--2013-12-25
  • つながり過剰症候群
    土井隆義
    文化放送「くにまるジャパン」ラジオ白熱教室/2013-03-18
  • いじめ問題の構図-正しい理解と報道のために-
    土井隆義
    共同通信加盟新聞社社会部長・報道部長会議講演/2013-02-28
  • ひとりが怖い!-今日の「いじめ問題」から考える-
    土井隆義
    つくば市谷田部交流センター・谷田部小学校家庭教育学級教育講演会/2013-02-12
  • ひとりが怖い-友だち関係の光と影-
    土井隆義
    川崎市教育委員会・麻生区家庭教育支援講座/2013-01-13
  • キャラ的コミュニケーションの光と影-今日のいじめ問題から考える-
    土井隆義
    内閣府「子ども・若者育成支援のための地域連携推進事業」中央研修会/2012-11-30
  • 今どきの友だち関係-その光と影について考える-
    土井隆義
    つくば市市民部生涯学習課・家庭教育学級教育講演会/2012-11-10
  • 他者なき世界を生きる現代人-田川啓介「バラバラ姉妹に憐れみを」を解読する-
    土井隆義
    劇団青年団・劇団「水素74%」公演トークショー/2012-11-04
  • 現代の若者の人間関係-いじめ問題を糸口に考える-
    土井隆義
    日本ピアカウンセリング・ピアエデュケーション研究会 平成24年度ピアカウンセラー養成者認定・ブラッシュアップセミナー/2012-11-04
  • いじめフォーラム
    土井隆義
    山口県立宇部西高等学校・平成24年度人権教育学習会/2012-10-19
担当授業科目
2017-10 -- 2017-12逸脱行動論II筑波大学
2017-04 -- 2017-06逸脱行動論II筑波大学
2017-10 -- 2017-12日本の青少年と逸脱行動1筑波大学
2017-04 -- 2017-06日本の青少年と逸脱行動1筑波大学
2017-10 -- 2017-12社会学研究法III筑波大学
2017-10 -- 2018-02逸脱行動論特別演習I筑波大学
2017-04 -- 2017-08逸脱行動論特別演習I筑波大学
2017-04 -- 2017-08社会学演習VIIb筑波大学
2017-10 -- 2018-02社会学演習VIIb筑波大学
2017-10 -- 2018-02逸脱行動論演習I筑波大学
授業以外の教育活動
2015-04 -- 2016-03寄付講座「青木彰記念・ジャーナリズムとメディアの現在」世話人筑波大学
2015-03 -- 2015-03筑波大学「平成26年度第11回FD研修会」講師「現代青年期の心理と行動-人間関係を中心に-」筑波大学
2011-04 -- 2016-03筑波大学大学院共通科目「21世紀的中国(留学生向け中国語バージョン)」のオーガナイザー筑波大学
2010-04 -- 2016-03筑波大学OB連携講座「21世紀の中国」の開設責任者筑波大学
2009-11 -- 2009-11筑波大学OB連携講座開設記念シンポジウム「日本と中国-GDP逆転の衝撃-」の主催およびコーディネート筑波大学
2007-04 -- 2010-03寄付講座「青木彰記念・ジャーナリズムとメディアの現在」世話人筑波大学
一般講演
  • “しあわせ”の構造-現代青年期の人間関係をめぐる光と影-
    Doi Takayoshi
    第43回筑波大学学園祭雙峰祭「つくばイチ受けたい授業」/2017-11-05--2017-11-05
  • 子ども社会の人間関係-流動化する世界の光と影-
    Doi Takayoshi
    平成29年度研究発表会全体会講演/2017-11-02--2017-11-02
  • 若者の生きづらさはどこから来るのか?-つながりを煽られる時代のサバイバル-
    Doi Takayoshi
    早稲田奉仕園「いのちと社会を学ぶ」STUDY HALL Vol.13/2017-10-13--2017-10-13
  • 地域社会の分断化に抗う-触媒としての保護司活動へ-
    Doi Takayoshi
    平成29年度保護司等中央研修会/2017-09-28--2017-09-28
  • いじめ問題の理解と対応-流動化する人間関係の光と影-
    Doi Takayoshi
    尚絅学院中学校高等学校「2017年度生徒指導懇談会」講演会/2017-09-25--2017-09-25
  • つながり過剰症候群の時代-青年期の対人関係をめぐる現状と課題-
    Doi Takayoshi
    平成29年度夏季研修会/2017-08-28--2017-08-28
  • わが子の生きづらさはどこにある-子どものために私たちがすべきこと-
    Doi Takayoshi
    教育を共に考える集い/2017-08-26--2017-08-26
  • 友だち地獄から子どもを守る-ネット世代の生きづらさを考える-
    Doi Takayoshi
    第47回全国養護教諭サークル協議会研究集会/2017-08-05--2017-08-05
  • シニア世代の幸福学~現代社会の動向から考える~
    Doi Takayoshi
    岩国市玖珂まち生涯大学/2017-08-02--2017-08-02
  • 障害者殺傷事件1年~私たちに投げかけたものは
    Doi Takayoshi
    NHK総合テレビ「日曜討論」/2017-07-30--2017-07-30
  • ひとりが怖い!-キャラ化する人間関係の現状と課題-
    Doi Takayoshi
    平成29年度PTA講演会/2017-07-08--2017-07-08
  • 〈ぼっち〉が怖い!-イツメンとキャラの社会学-
    Doi Takayoshi
    筑波大学定例記者会見ミニレクチャー/2017-06-22--2017-06-22
  • 犯罪は「社会を映す鏡」~少年犯罪から現代社会を考える~
    Doi Takayoshi
    学問本オーサービジット/2017-02-13--2017-02-13
  • インターネットの普及が閉じた関係を強化~視野の狭さやいじめにつながる~
    Doi Takayoshi
    学問本オーサービジット/2017-02-16--2017-02-16
  • 「イツメン」と呼ばれる若者の人間関係のどこが悪いのか
    Doi Takayoshi
    学問本オーサービジット/2017-01-25--2017-01-25
  • 友人関係をめぐる光と影-学校の日常をどう生きているか?-
    Doi Takayoshi
    平成28年度研修会/2016-06-28--2016-06-28
  • いじめ問題の理解と対応-ネット・コミュニケーションの光と影-
    Doi Takayoshi
    平成28年度生徒指導・教育相談上級研修会/2016-06-29--2016-06-29
  • 非行少年の立ち直り支援における地域の力-少年非行をめぐる現状とその課題-
    Doi Takayoshi
    青少年の非行・被害防止全国強調月間及び社会を明るくする運動合同高知県総決起大会/2016-07-01--2016-07-01
  • 〈ぼっち〉を忌避する若者たち-つながり依存から生ずる青少年問題-
    Doi Takayoshi
    インターネット利用に係る非行及び被害防止対策セミナー/2016-07-08--2016-07-08
  • 少年法適用年齢引き下げの是か非か-『少年犯罪〈減少〉のパラドクス』から考える-
    Doi Takayoshi
    河合塾みらいぶプラス「学問本オーサービジット」/2016-07-12--2016-07-12
  • ネット・トラブルの社会心理-つながり過剰症候群の時代-
    Doi Takayoshi
    平成28年度第1回メディア指導員フォローアップ研修会/2016-07-16--2016-07-16
  • 〈ぼっち〉が怖い!-大学生の人間関係をめぐる現状と課題-
    Doi Takayoshi
    2016年度夏期セミナー/2016-07-24--2016-07-24
  • 友だち関係をめぐる光と影-ネット・トラブルから見える現代の生きづらさ-
    Doi Takayoshi
    平成28年度柏市夏季研修講座/2016-07-28--2016-07-28
  • 障碍者殺傷事件 真層は
    Doi Takayoshi
    日曜討論/2016-07-31--2016-07-31
  • 児童生徒の人間関係づくり-ネット・トラブルから見えるもの-
    Doi Takayoshi
    平成28年度教員研修会/2016-08-01--2016-08-01
学協会等委員
2014-02 -- 2018-01最高裁判所裁判所職員採用総合職試験家庭裁判所調査官試験委員会/臨時委員
2015-01 -- 2018-05東京都東京都青少年問題協議会/委員
2014-08 -- 2017-07日本犯罪社会学会理事(研究活動委員)
2013-06 -- 2014-06アジア犯罪学会日本大会実行委員
2012-09 -- 2017-08日本犯罪社会学会編集委員
2013-09 -- 2017-08日本社会病理学会理事(研究活動担当)
2007 -- 2009日本社会学会研究活動委員
2008 -- 2011日本犯罪社会学会常任理事(研究委員長)
2009 -- 2011関東社会学会選出理事(編集委員長)
2014-06 -- 2018-05つくば市男女共同参画苦情等処理委員
学内管理運営業績
2016-04 -- 2018-03社会・国際学群社会学類学類長
2016-04 -- 2018-03大学本部広報戦略室委員委員
2015-04 -- 2018-03人文社会系社会連携推進室推進室長
2015-04 -- 2016-03人文社会系運営委員会運営委員(系長指名)
2012-04 -- 2014-03社会・国際学群社会学類運営委員会社会学主専攻選出運営委員
2012-04 -- 2014-03社会・国際学群運営委員会社会学類選出運営委員
2014-01 -- 2016-03人文社会科学研究科運営委員会国際公共政策専攻選出運営委員
2005-04 -- 2008-03大学本部広報戦略室委員刊行物担当
2005-04 -- 2010-03筑波大学新聞編集委員副委員長
2010-04 -- 2011-03筑波大学自殺対策ワーキンググループ委員
メッセージ
 どい・たかよし 1960年、山口県生まれ。大阪大学大学院博士後期課程中退。現在、筑波大学大学院人文社会科学研究科教授。社会学専攻(社会病理学・逸脱行動論・犯罪社会学)。今日の若者たちが抱えている生きづらさの内実と、その社会的な背景について、青少年犯罪などの病理現象を糸口に、人間関係論の観点から考察を進めている。著書は『つながりを煽られる子どもたち』(岩波ブックレット)、『少年犯罪<減少>のパラドクス』(岩波書店)、『人間失格?』(日本図書センター)、『キャラ化する/される子どもたち』(岩波ブックレット)、『友だち地獄』(ちくま新書)、『「個性」を煽(あお)られる子どもたち』(岩波ブックレット)、『〈非行少年〉の消滅』(信山社出版)など。

(最終更新日: 2017-11-05)