現在地

井出 里咲子(イデ リサコ; Ide, Risako)

所属
人文社会系
職名
准教授
eメール
 
研究キーワード
言語人類学
ことばの民族誌
社会言語学
英語
日本語
韓国語
危機言語
研究課題
出産・育児体験ディスコースに見る女性の意識と社会・文化環境:日英米比較研究2010-04 -- 2013-03秦かおり/出資金による受託研究
「家族」となることの実践:乳幼児の家族相互行為参加の組織2010-04 -- 2012高木智世/出資金による受託研究
あいさつにみる儀礼としての自己表出と共在感覚の形成:日本の挨拶状と米国のグリーティングカードを題材に2004-10 -- 2005-12/(選択しない)
デジタル化社会におけるあいさつ行動の役割と変容:「繋がり合うこと」の日米比較2004-10 -- 2007-03/
デジタル化社会におけるあいさつ行動の役割と変容:「繋がり合うこと」の日米比較  2004 -- 2006日本学術振興会/若手研究(B)1,000,000円
職歴
1998-03 -- 1999-02韓国中央大学校 日本語・日本文化学部 外国人特別専任講師
1999-03 -- 2000-08韓国中央大学校 日本語・日本文化学部 専任講師
2000-08 -- 2002-06Vassar College, NY, USA in Japanese Language and Culture Asian Studies Program Visiting Assistant Professor
2001-06 -- 2001-09Stanford University, CA. USA Department of Asian Languages Full-time lecturer for Summer Intensive Program in Japanese
2002-08 -- 2004-03筑波大学 現代語・現代文化学系 講師
2004-04 -- (現在)筑波大学 人文社会科学研究科国際政治経済学専攻 講師
2007-08 -- (現在)筑波大学 大学院人文社会科学研究科 現代語・現代文化専攻 准教授
取得学位
1998-03博士号テキサス大学オースティン校
所属学協会
2000-04 -- 2014-06日本英語学会
-- (現在)社会言語科学会
-- (現在)International Pragmatics Association
-- (現在)American Anthropological Association
論文
  • 「Melting the Ice? 初対面対話における聞き手行動としての日本人の笑い」
    Ide Risako
    『日本語用論学会 第18回大会発表論文集』第11号/pp.259-262, 2016-11
  • Riview: Discourse Markers in Early Modern English
    井出 里咲子
    English Linguistics/32(1)/pp.236-244, 2015-11
  • 「妻へのインタビュー談話に表出する子育てスタンスの日米比較」
    井出 里咲子
    筑波大学大学院人文社会系『国際日本研究』/8/pp.1-16, 2016-02
  • 「スモールトークの公共性-アメリカ社会におけるおしゃべりとその詩的機能をめぐって-」
    井出 里咲子
    『論業現代語・現代文化』/12/pp.87-101, 2014-03
  • 言語とジェンダー研究のフロンティア
    井出里咲子
    『ことば』/(13)/p.22-27, 1992-01
  • Bilingual policies in Quebec, Canada: Its history and the impact on social issues.
    Risako Ide
    『ことばのモザイク』/p.249-263, 1992-01
  • “Friendly but strangers”: Self-disclosure and the creation of solidarity at service encounters in America.
    Ide Risako
    SALSA IV: Proceedings of the Fourth Annual Symposium about Language and Society-Austin/37/p.143-152, 1996-01
  • 'Friendly but strangers': Self-disclosure and the creation of solidarity at service encounters in America.
    Risako Ide
    SALSA IV: Proceedings for the Fourth Annual Symposium about Language and Society-Austin/37/p.143-152, 1996-01
  • Small talk and the presentation of 'self' in American public discourse
    Ide Risako
    Journal of Korean Sociolinguistics/6(2)/p.31-50., 1998-01
  • ‘Sorry for your kindness’: Japanese interactional ritual in public discourse.
    Ide Risako
    Journal of Pragmatics/29/p.509-529, 1998-01
  • The historical origins of Japanese women’s speech: From the secluded worlds of ‘court ladies’ and ‘play ladies’
    Ide; Risako; Terada; Tomomi; +井出 里咲子
    International Journal of the Sociology of Language/129/p.139-156, 1998-01
  • 「親しき仲にも礼儀あり:日韓敬語の微妙な違い」
    井出里咲子
    『月刊言語』/28(11)/p.48-51., 1999-01
  • 「あいさつ行動としての<すみません>」
    井出 里咲子
    『日本研究』/(14)/p.275-290, 1999-01
  • (連載)似ていて違う?ことばと文化の日韓比較①君とクン
    任榮哲・井出里咲子; +井出 里咲子
    『月刊言語』/29(7)/p.98-103, 2000-07
  • (連載)似ていて違う?ことばと文化の日韓比較②おいしく召し上がってください
    任榮哲; 井出 里咲子
    『月刊言語』/29(8)/p.92-97, 2000-08
  • (連載)似ていて違う?ことばと文化の日韓比較③どうしてボーイフレンドがいないんですか
    任榮哲・井出里咲子; +井出 里咲子
    『月刊言語』/29(9)/p.100-106, 2000-09
  • (連載)似ていて違う?ことばと文化の日韓比較④お膳の足が折れるまで
    任榮哲・井出里咲子; +井出 里咲子
    『月刊言語』/29(10)/p.100-105, 2000-10
  • (連載)似ていて違う?ことばと文化の日韓比較⑤泣く子に乳をやる
    任榮哲・井出里咲子; +井出 里咲子
    『月刊言語』/29(11)/p.100-105, 2000-11
  • (連載)似ていて違う?ことばと文化の日韓比較⑥箸とチョッカラク
    任榮哲・井出里咲子; +井出 里咲子
    『月刊言語』/29(12)/p.78-83, 2000-12
  • 「人と人とを繋ぐもの―なぜ日本語に授受動詞が多いのか」
    任榮哲・井出里咲子; +井出 里咲子
    『月刊言語』/30(5)/p.42-45., 2001-01
  • 「なぜ日本のトークバラエティにはホストがたくさんいるのか:バーバル・アートの観点からの考察」
    井出里咲子
    社会言語科学学会 第12回大会発表論文集/p.189-192, 2003-01
  • The pragmatic functions of "small talk" in American service encounter interaction
    Ide Risako
    『外国語教育論集』/(29), 2007-03
  • <コラム>スピーチ・コミュニティ
    井出里咲子
    『メディアとことば第4巻:現在を読み解くメソドロジー』/p.220-221, 2009-03
  • “Sending my wishes to you”: The practice and pragmatics of greeting card exchange in American society
    井出 里咲子
    筑波大学人文社会科学研究科『論業 現代語・現代文化』/(6)/p.17-28, 2011-03
著書
  • 『出産・子育てのナラティブ分析―日本人女性の生き方と社会の形』
    Ide Risako
    『出産・子育てのナラティブ分析―日本人女性の生き方と社会の形』/pp.1-286, 2017-01
  • スモールトークとバンパーステッカー―公共の場におけることばの感性的快をめぐって―
    井出 里咲子
    2016-02
  • 「ナラティブにおける聞き手の役割とパフォーマンス性―震災体験の語りの分析より」
    井出 里咲子
    『ナラティブ研究の最前線-人は語ることで何をなすのか』/pp.43-63, 2013-11
  • Aisatsu In G. Senft, J. Ostman, and J. Verschueren eds. Culture and Language Use
    Risako Ide
    Culture and Language Use/p.18-28, 2009-07
  • 「2ちゃんねるのことばとコミュニティ感覚:カキコミの作法が創る一体感をめぐって」『メディアとことば第四巻:現在を読み解くメソドロジー』
    早川公・井出里咲子; +井出 里咲子
    2009-03
  • 「スモールトーク」 『開放系言語学への招待-文化・認知・コミュニケーション』
    井出 里咲子
    開放系言語学への招待-文化・認知・コミュニケーション/pp.171-192, 2008-09
  • 「スモールトーク」『開放系言語学への招待―文化・認知・コミュニケーション』
    唐須教光編(井上逸兵・阿部圭子・松木啓子ほか) ;
    開放系言語学への招待―文化・認知・コミュニケーション/p.171-192, 2008-09
  • 「危機言語とサステイナビリティ―ミュージーランドのマオリ語復興が示す方向」『サステイナブルな社会を目指して』
    木村武史編著 ;
    サステイナブルな社会を目指して/p.164-179, 2008-03
  • 「スモールトークとあいさつ―会話の潤滑油を超えて」『講座社会言語科学第一巻:異文化とコミュニケーション』
    井出祥子・平賀正子編
    2005-10
  • Japan
    Ide Risako
    Teen Life in Asia/pp.87-111, 2004
  • 『箸とチョッカラク:ことばと文化の日韓比較』
    任榮哲・井出里咲子; +井出 里咲子
    2004-04
  • Small Talk in Service Encounters: The creation of self and communal space through talk in America
    井出 里咲子
    1998-03
会議発表等
  • Why laugh when things aren't funny?: Understanding Japanese discourse from the perspective of Ba
    Ide Risako
    Departmental talk at Portland State University, Department of Applied Linguistics/2017-03
  • “Affective stancetaking in humorous meaning-making: The emergence of funniness through context. .
    Ide Risako
    Sociolinguistic Symposium/2016-07
  • 「Melting the Ice? 初対面対話における聞き手行動としての日本人の笑い」
    Ide Risako
    日本語論学会/2016-12
  • Culture Enacted in Narrative: A Comparative Study of English and Japanese Interview Narratives of Childbirth and Childrearing Experiences
    Ide Risako
    14th International Pragmatics Association/2015-07-26--2015-07-31
  • Melting the Ice?: 初対面対話における聞き手行動としての日本人の笑い」ワークショップ
    井出 里咲子
    第18回日本語用論学会年次大会/2015-12-05--2015-12-06
  • 初対面会話における日本人の笑い―共鳴現象としての<薄い笑い>を中心に
    井出 里咲子
    ラウンドテーブル「<聞く、聴く、訊く>こと―聞き手行動の再考―」/2016-01-23--2016-01-24
  • Co-constructing personal narratives: A reinterpretation of the concepts of “performance” and “emergence” from the BA perspective
    Ide Risako
    Third International Workshop on BA communication./2016-03-26--2016-03-27
  • 「妻へのインタビュー談話に表出する夫婦間の不均衡:子育てへのスタンスの日米比較」
    井出 里咲子
    ラウンドテーブル「参与(関与)枠組みの不均衡を考える」/2015-01-20--2015-01-21
  • 「ナラティブにおけるリスナーシップ:笑いー共鳴ー創発をめぐって」
    井出 里咲子
    ラウンドテーブル「リスナーシップとその役割の諸相をめぐって」/2015-03-21--2015-03-22
  • Spanishi in Sesame Street: A perspective on American bilingual education
    井出 里咲子
    第15回日本言語学コロキアム/1989-07-25
  • The use of 'sumimasen' as ritualized formula in Japanese discourse
    Ide Risako
    4th International Intercultural Communication Conference/1993-03-28
  • Saying 'sorry' as an interactional marker: An ethnographic approach to Japanese discourse
    Ide Risako
    4th International Pragmatics Conference/1993-07-27
  • Concepts and cultural strategies for refusal: The case of Japanese
    Ide Risako
    The 93rd American Anthropological Association Annual Conference/1994-12-04
  • "Just a typical Monday, right?": Speech that creates situational solidarity among strangers at service encounters
    Ide Risako
    Southeast Conference on Linguistics/1996-03-16
  • "Friendly but strangers": Self-disclosure and the creation of solidarity at service encounters in America
    Ide Risako
    Annual Symposium about Language and Society-Austin/1996-04-12
  • 'Friendly strangers': The rhetoric of situational solidarity at service encounters in America
    Ide Risako
    5th International Pragmatics Conference/1996-07-06
  • The mechanism of achieving "laughter" in merican discourse in public
    井出 里咲子
    第15回日本英語学会/1997-11-14
  • Small talk and teh presentation of 'self' in American public discourse
    Ide Risako
    韓国社会言語学学会/1998-07-04
  • あいさつ行動としての<すみません>
    井出 里咲子
    国際日本語日本文化学会/1998-05-30
  • The double quality of the discursive "I": Observation from American public discourse
    Ide Risako
    第16回日本英語学会/1998-06-05
  • Sense of self and community making through "small talk" in American society
    井出 里咲子
    第33回日本アメリカ学会/1999-06-05
  • The poetics and pragmatics of repetition in English conversation
    Ide Risako
    第17回日本英語学会/1999-11-06
  • Performance through Context-スモールトークにみられる自我像
    井出 里咲子
    第23回筑波英語教育学会/2003-06-29
  • あいさつとスモールトーク:ことばの交感的機能再考
    井出 里咲子
    筑波大学現代語・現代文科学系研究会/2003-09-24
  • なぜ日本のトークバラエティにはホストがたくさんいるのか:バーバル・アートの観点からの考察
    井出 里咲子
    第12回社会言語科学会研究大会/2003-10-04--2003-10-05
担当授業科目
2017-10 -- 2017-12言語コミュニケーション論B筑波大学
2017-04 -- 2017-06言語コミュニケーション論特論IA筑波大学
2017-10 -- 2017-12北アメリカ研究特講IB筑波大学
2017-04 -- 2017-06北アメリカ研究特講IA筑波大学
2017-10 -- 2017-12言語コミュニケーション論特論IB筑波大学
2017-04 -- 2017-06言語コミュニケーション論A筑波大学
2017-04 -- 2017-06言語人類学筑波大学
2017-04 -- 2017-06日常会話のエスノグラフィー1A筑波大学
2017-10 -- 2017-12日常会話のエスノグラフィー1B筑波大学
2017-10 -- 2017-12コミュニケーションの人類学B筑波大学
一般講演
  • コミュニケーションの規範と創造性ースモールトークの事例から
    井出 里咲子
    第33回「言語と人間」研究会春季セミナー/2007-03-24
  • EASY JAPANESEーやさしい日本語にみる多文化共生社会のありかた
    井出 里咲子
    日本女子大学英文学科縦の会/2013-07-06
  • Spanish in Sesame Street: A perspective on American bilingual education.
    井出里咲子
    第15回日本言語学コロキアム/1989-07-25
  • The use of 'sumimasen' as ritualized formula in Japanese discourse.
    井出里咲子
    第4回国際異文化間コミュニケーション学会/1993-03-28
  • Saying 'sorry' as an interactional marker: An ethnographic approach to Japanese discourse.
    井出里咲子
    The 4th International Pragmatic Association Conference/1993-07-27
  • Concepts and cultural strategies for refusal: The Japanese case.
    井出里咲子
    第93回アメリカ人類学学会/1994-12-04
  • 'Just a typical Monday, right?': Speech that creates situational solidarity among strangers at service encounters.
    井出里咲子
    SECOL-Southwest Conference on Linguistics/1996-03-16
  • 'Friendly but strangers': Self-disclosure and the creation of solidarity at service encounters in America.
    井出里咲子
    SALSA IV: The 4th Annual Symposium About Language and Society-Austin./1996-04-12
  • 'Friendly strangers': The rhetoric of situational solidarity at service encounters in America
    井出里咲子
    The 5th International Pragmatic Association Conference/1996-07-06
  • The mechanism of achieving 'laughter' in American discourse in public.
    井出里咲子
    第15回日本英語学会/1997-11-14
  • "Small talk and the presentation of 'self' in American public discourse.
    井出里咲子
    韓国社会言語学学会/1998-07-04
  • あいさつ行動としての<すみません>
    井出里咲子
    国際日本語日本文化学会/1998-05-30
  • The double quality of the discursive 'I': Observation from American public discourse.
    井出里咲子
    第16回日本英語学会/1998-11-07
  • Sense of self and community making through 'small talk' in American society.
    井出里咲子
    第33回日本アメリカ学会/1999-06-05
  • The poetics and pragmatics of repetition in English conversation.
    井出里咲子
    第17回日本英語学会/1999-11-06
  • Performance through context~スモールトークに見られる自我像 シンポジウム<「自我」をめぐって―言語学・コミュニケーション・文学からの視点>
    井出里咲子
    第23回筑波英語教育学会/2003-06-29
  • あいさつとスモールトーク:ことばの交感的機能再考
    井出里咲子
    筑波大学現代語・現代文化学系研究会/2003-09-24
  • なぜ日本のトークバラエティにはホストがたくさんいるのか:バーバル・アートの観点からの考察
    井出里咲子
    第12回社会言語科学会研究大会/2003-10-04
  • トークバラエティ番組における複数ホストの談話的役割―馴れ合い?それともバーバルアート?」
    井出里咲子
    第4回メディアとことば研究会/2003-12-03
  • Why revitalize an indigenous language? A preliminary report of the March fieldwork in 'Aotearoa' New Zealand
    井出里咲子
    日本学術振興会人文社会事業振興のためのプロジェクト研究事業「千年持続学の確立:心性の持続に関する学融合的研究」研究報告会/2004-05-22
  • 持続可能社会に向けての言語の役割
    井出里咲子
    日本学術振興会人文社会事業振興のためのプロジェクト研究事業「千年持続学の確立:心性グループ」研究報告会/2005-07-17
  • スモールトークにおける共在感覚 ワークショップ<共に在ること・通じあうことー言語人類学への招待>
    井出里咲子
    第16回社会言語科学会研究大会/2005-10-01
  • コミュニケーションにおける文化的規範―スモールトークの事例から シンポジウム<コミュニケーションはいかに成り立っているか―言語システム・相互行為・身体をめぐって>
    井出里咲子
    第24回日本英語学会研究大会/2006-11-05
  • コミュニケーションの規範と創造性―スモールトークの事例から
    井出里咲子
    第33回「言語と人間」研究会春期セミナー/2007-03-24
学協会等委員
2010-09 -- (現在)日本学生協会高円宮杯第62回全日本中学校英語弁論大会東京都大会審査委員
学内管理運営業績
2013-04 -- (現在)全学学群教育課程委員会外国語担当 委員
2014-10 -- (現在)国際日本研究専攻カリキュラム委員委員
2014-04 -- (現在)旧外国語センター、CEGLOC外国語教育部門紀要委員長

(最終更新日: 2017-05-24)