現在地

高木 智世(タカギ トモヨ; Takagi, Tomoyo)

所属
人文社会系
職名
准教授
URL
研究分野
言語学
研究キーワード
会話分析
相互行為言語学
子どもの相互行為
研究課題
乳幼児による社会的行為産出をめぐる理解可能性と共感の達成2017-04 -- 2019-03高木智世独立行政法人日本学術振興会/科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 基盤研究(C)2990000
教育・学習の文化的・生態学的基盤:リズム,模倣,交換の発達に関する人類学的研究 -- (現在)高田 明日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)
「家族」となることの実践:乳幼児の家族相互行為参加の組織2010 -- 2013高木 智世日本学術振興会/基盤研究(C)3955252
医療・福祉専門家によるカウンセリング場面の会話分析的研究            2005 -- 2007高木 智世日本学術振興会/若手研究(B)3230000
学歴
1994-09 -- 2001-06カリフォルニア大学サンタバーバラ校 言語学研究科修了
取得学位
2001-06Ph.D. in LinguisticsUniversity of California, Santa Barbara
所属学協会
-- (現在)エスノメソドロジー・会話分析研究会
-- (現在)International Society for Conversation Analysis
-- (現在)International Pragmatics Association
-- (現在)社会言語科学会
-- (現在)日本社会学会
論文
  • 子どもとおとなのインターアクション―「原初的」言語使用の現場から見えること―
    Takagi Tomoyo
    日本語学 4月号特大号/36(4)/pp.4-16, 2017-04
  • 「ええと」によって開始される応答
    高木 智世; 森田 笑
    社会言語科学/18(1)/pp.93-110, 2015-09
  • 幼児と養育者の相互行為における間主観性の整序作業 : 修復連鎖にみる発話・身体・道具の重層的組織(<特集>相互作用のマルチモーダル分析)
    高木 智世
    社会言語科学/14(1)/pp.110-125, 2011-09
  • “Questions” in argument sequences in Japanese'
    Tomoyo Takagi
    Human Studies/22/p.397-423, 1999-01
  • On the place of linguistic resources in the organization of talk-in-interaction: A co-investigation of English and Japanese grammatical practices
    Lerner; Gene; Tomoyo Takagi
    Journal of Pragmatics/31/p.49-75, 1999-01
  • Contextual resources for inferring unexpressed referents in Japanese conversation
    Tomoyo Takagi
    Pragmatics/12(2)/p.153-182, 2002-01
  • 社会的実践としての日常会話―電話会話の終了に関わるプラクティスを例に―
    高木智世
    論叢現代文化・公共政策 創刊号/1/p.143-175, 2005-03
  • 相互行為を整序する手続きとしての受け手の反応―治療的面接場面で用いられる『はい』をめぐって―
    高木智世
    社会言語科学/10(2)/p.55-69, 2008-03
  • 「社会的実践としての日常会話Ⅱ―「親しさ」の実践―」
    高木智世
    論叢現代語・現代文化/3, 2009-10
  • 隣接ペア概念再訪 : 相互行為の原動装置
    高木 智世
    認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society/16(4)/pp.481-486, 2009-12
著書
  • 会話分析の基礎
    Takagi Tomoyo
    2016-12
  • 子どものエスノメソドロジー・会話分析
    高木 智世
    児童心理学の進歩 2016年版(第55巻)/pp.251-272, 2016-06
  • 「第8章 膝に抱っこして遊ぶ姿勢ー共に視て共にふるまう身体と相互行為秩序」
    高木 智世
    『子育ての会話分析:おとなと子どもの「責任」はどう育つか』/pp.199-228, 2016-02
  • Sequence Management in Japanese Child-Adult Interactions
    Takagi Tomoyo
    2001-06
  • 第24章 エスノメソドロジー(社会学)の考え方
    高木 智世
    発達科学ハンドブック1:発達心理学と隣接領域の理論・方法論/pp.298-306, 2013-03
  • Contingent Achievement of Co-tellership in a Japanese Conversation: An Analysis of Talk, Gaze, and Gesture
    Makoto Hayashi; Junko Mori; Tomoyo Takagi
    The Language of Turn and Sequence, 2002-01
  • 「電波が悪い」状況下での会話
    高木 智世
    モバイルコミュニケーション:携帯電話の会話分析/p.77-97, 2006-01
  • 相互行為秩序維持装置としての「ええと」
    高木 智世
    津田葵教授退官記念論文集 言語と文化の展望/p.327-342, 2007-01
  • 女性医療の会話分析
    西阪仰; 高木智世; 川島理恵著
    2008-06
  • 相互行為の中の子どもの発話
    高木 智世
    「単位」としての文と発話/p.133-167, 2008-09
  • 「おねがいごとがあるんだけど」ー相互行為に埋め込まれた関係性ー
    高木 智世
    言語理論の展開と応用/p.175-189, 2009-03
会議発表等
  • Interactional works of Japanese vocal markers eeto and anoo
    Takagi Tomoyo
    Joint Annual Meeting of The Discourse and Cognitive Linguistics Society of Korea and The Sociolinguistic Society of Korea/2016-04-09
  • Answering a difficult question and answering more than asked: Differentiated use of Japanese eeto and anoo prefaced responding turns
    Tomoyo Takagi
    14th International Pragmatics Conference/2015-07-26--2015-07-31
  • Interactional works of Japanese vocal markers eeto and anoo
    Takagi Tomoyo
    Joint Annual Meeting of The Discourse and Cognitive Linguistics Society of Korea and The Sociolinguistic Society of Korea/2016-04-09
  • 「膝に抱っこして遊ぶ姿勢ー共に視て共にふるまう身体と相互行為秩序」
    高木 智世
    日本発達心理学会第27回大会/2016-04-29--2016-05-01
  • Fork WA Fork?: Children’s requests for activity-relevant items
    Tomoyo Takagi
    Workshop on Japanese Language and Interaction/2013-09-06
  • Marking the forsaking of progressivity in responding: eeto-prefaced responses in Japanese conversation
    Takagi Tomoyo
    Second International Workshop on Conversation/2014-02-27--2014-02-28
  • 発言順番構築における連続性と漸進性―日本語日常会話における「後置」現象をめぐって―
    高木 智世
    日本英文学会大86回全国大会/2014-05-24--2014-05-25
  • Young children's techniques for resolving "problems" in identifying objects for recipients
    Takagi Tomoyo
    Fourth International Conference on Conversation Analysis/2014-06-26--2014-06-29
  • Guiding how to be a “good” participant: Use of nesting position in family interaction
    Tomoyo Takagi
    第 5 回子どもの相互行為分析研究会 国際ワークショップ:保育・育児の相互行為分析/2013-03-09--2013-03-10
  • 家族の相互行為に参加すること―乳児の「引用」をめぐる相互行為組織―
    高木 智世
    第21回日本発達心理学会/2010-03-01
  • “Quoting” preverbal infants in family interaction
    Tomoyo Takagi
    第6回 責任の文化的形成セミナー 国際シンポジウム:The Dynamics of Life and Family/2009-09-01
  • 婦人科カウンセリングにおける相互行為 ―「心の問題」をめぐる問題―
    高木 智世
    第81回日本社会学会大会/2008-11-23
  • Language Socialization through Turn and Sequence: "Japanese communicative style" revisited.
    Tomoyo Takagi
    第2回 責任の文化的形成セミナー 国際シンポジウム:Microethnography of Child Care across Cultures/2008-03-01
  • 質的心理学と会話分析の接点を探る―母子相互行為の事例分析を通して― 間主観性の観察可能性
    高木 智世
    第5回質的心理学会/2008-11-30
担当授業科目
2017-04 -- 2017-08応用言語学研究a筑波大学
2017-10 -- 2018-02卒業論文(応用言語学)筑波大学
2017-04 -- 2017-08卒業論文(応用言語学)筑波大学
2017-10 -- 2018-02応用言語学研究b筑波大学
2016-10 -- 2017-02卒業論文(応用言語学)筑波大学
2016-10 -- 2017-02応用言語学研究b筑波大学
2016-10 -- 2016-12相互行為論特論IIB筑波大学
2016-10 -- 2016-12相互行為分析研究2B筑波大学
2016-10 -- 2017-02応用言語学講義IIIb筑波大学
2016-10 -- 2016-12日本語教育学プログラム演習IIIB筑波大学
授業以外の教育活動
2016-03 -- (現在)会話分析中級セミナー
一般講演
  • 相互行為の中の引用標識:家族相互行為における「代弁」のマルチモーダル分析
    高木智世
    「話し言葉の言語学」第2回ワークショップ/2011-08-30

(最終更新日: 2017-06-19)