現在地

和氣 愛仁(ワキ トシヒト; WAKI, Toshihito)

所属
人文社会系
職名
准教授
生年月
1970-03
研究分野
図書館情報学・人文社会情報学
日本語学
研究キーワード
人文情報学
日本語文法論
研究課題
アノテーション付与型画像データベースプラットフォームの応用に関する方法論構築2016 -- 2018和氣 愛仁日本学術振興会/基盤研究(C)4,420,000円
アノテーション付与型画像データベースシステムのための汎用プラットフォーム構築2013-04 -- 2016-03和氣 愛仁日本学術振興会/科学研究費 基盤研究(C)4,810,000円
職歴
2003-04 -- 2004-03筑波大学 文芸・言語学系 助手
2004-04 -- 2008-03一橋大学 大学院社会学研究科 助手
2008-04 -- 2009-03一橋大学 総合情報処理センター 助教
2009-04 -- 2010-09筑波大学 人文社会科学研究科 文芸・言語専攻 准教授
2011-10 -- (現在)筑波大学 人文社会系 准教授
学歴
1988-04 -- 1992-03筑波大学 第一学群 人文学類卒業
1994-04 -- 2002-11筑波大学 文芸・言語研究科 言語学修了
取得学位
2002-11博士(言語学)筑波大学
所属学協会
1994 -- (現在)筑波大学日本語日本文学会
2010 -- (現在)情報処理学会
受賞
2012-11じんもんこん2012ポスター賞
論文
  • 画像、TEI、LOD を用いた文字研究・言語研究のためのプラットフォームの構築
    高橋洋成; 永井 正勝; 和氣 愛仁
    情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会報告/2015(5)/pp.1-5, 2015-01
  • RDBとCMSを用いたアノテーション付与型画像データベースシステムの構築-データ構造とインターフェイスの標準化を目指して-
    和氣 愛仁; 永井 正勝
    情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会報告/2013(7)/pp.1-8, 2013-07
  • 閉じる研究と開く研究の接点を目指して 〜筑波人文情報学研究会の挑戦〜
    和氣愛仁; 宇陀則彦; 永崎研宣; 松村 敦
    情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会/2013-CH-99(5)/pp.1-4, 2013-08
  • 『人文社会科学のための情報コミュニケーション論』平成24年度報告書
    和氣愛仁; 李菁菁; 林静芝; 松下聖; 和嶋克洋; 大倉沙江
    *EMPTY*, 2013-02
  • 古代エジプト神官文字写本を対象とした言語情報表示システムの試作
    永井 正勝; 和氣 愛仁
    つながるデジタルアーカイブ : 分野・組織・地域を越えて : 人文科学とコンピュータシンポジウム論文集 : じんもんこん2012/2012(7)/pp.225-230, 2012-11
  • 『人文社会科学のための情報コミュニケーション論』平成23年度報告書
    荒井未有; 高橋由貴; 田中佑; プヨ・バティスト; 吉田睦; 永...
    *EMPTY*, 2012-02
  • コーパス検索アプリケーション「中納言」を利用したカラ格受動文の調査
    和氣 愛仁
    筑波日本語研究/16/p.1-30, 2012-01
  • 「人文社会科学系大学院生によるオンライン研究プラットフォーム構築の試み」
    和氣愛仁
    『人文社会科学のための情報コミュニケーション論』平成22年度報告書/p.3-8, 2011-02
  • 「存在動詞構文におけるル形未来と場所デ格」
    和氣愛仁
    『文法理論の諸言語現象への適切な適用に向けてⅡ』平成17~18年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書(研究代表者:矢澤真人)/p.1-6, 2007-03
  • 「<資格>のニ句について」
    和氣愛仁
    『現代日本語文法における現象と理論のインタラクション』/p.167-184, 2004-02
  • 「ニ格名詞句の意味解釈を支える構造的原理」
    和氣愛仁
    『日本語科学』/7/p.70-94, 2000-04
  • 「文法的ヴォイスとニ格名詞句」
    和氣愛仁
    『筑波日本語研究』/2/p.57-73, 1997-10
  • 「『に』の機能」
    和氣愛仁
    『筑波日本語研究』/1/p.59-72, 1996-03
  • 「文中における連用成分の位置に関する調査」
    和氣愛仁
    荻野綱男編『言語行動論報告』/5, 1995-03
著書
  • 『現代日本語文法 現象と理論のインタラクション』
    天野みどり; 冨樫純一; 福盛貴弘; 石田尊; 福嶋健伸; 阿部二...
    2006-03
  • 助詞「に」をともなう成分の研究
    和氣 愛仁
    2002-11
会議発表等
  • アノテーション付与型画像データベースプラットフォームWDB
    WAKI Toshihito
    デジタル・ヒューマニティーズ講演会&ワークショップ/2016-12-16--2016-12-16
  • 古代エジプト語神官文字資料のコーパス作成とその利用:“外字”で書かれた文字言語のドキュメンテーション化の試み
    永井 正勝; 和氣 愛仁; 高橋 洋成
    日本言語学会第150回大会/2015-06-21--2015-06-21
  • On the Development of a Web-based Platform for Egyptian Hieratic Papyri, Akkadian Cuneiform Tablets, and Japanese Schoolbooks: Toward a New Grammatological and Linguistic Studies
    WAKI Toshihito; NAGAI Masakatsu; TAKAHASHI Yona
    「スーパーグローバル大学創成支援」採択事業キックオフ・ワークショップ "Digital Humanities Worldwide"/2015-02-15--2015-02-15
  • 明治期日本語文典の画像データベースの構築と他言語文化資料への展開
    和氣 愛仁
    第27回日本語教育連絡会議/2014-08-24--2014-08-24
  • 画像、TEI、LOD を用いた文字研究・言語研究のためのプラットフォームの構築
    高橋洋成; 永井 正勝; 和氣 愛仁
    第105回人文科学とコンピュータ研究会発表会/2015-01--2015-01
  • パネルディスカッション「デジタル・ヒューマニティーズと人文科学の再接続」
    和氣 愛仁; 永井 正勝; 阪口 哲男; 永崎 研宣
    ワークショップ「デジタル・ヒューマニティーズと人文科学の再接続」/2013-11-09--2013-11-09
  • 古代エジプト語の高精細画像を用いた言語データベースシステム
    和氣 愛仁; 永井 正勝
    ワークショップ「デジタル・ヒューマニティーズと人文科学の再接続」/2013-11-09--2013-11-09
  • RDBとCMSを用いたアノテーション付与型画像データベースシステムの構築-データ構造とインターフェイスの標準化を目指して-
    和氣 愛仁; 永井 正勝
    第99回人文科学とコンピュータ研究会発表会/2013-08-03--2013-08-03
  • 閉じる研究と開く研究の接点を目指して 〜筑波人文情報学研究会の挑戦〜
    和氣愛仁; 宇陀則彦; 永崎研宣; 松村 敦
    第99回 人文科学とコンピュータ研究会発表会/2013-08-03--2013-08-03
  • On a hieratic digital database of papyrus Abbott: toward a new method of language description
    NAGAI Masakatsu; WAKI Toshihito; TAKAHASHI Yona
    Ägyptologische „Binsen“-Weisheiten II/2013-03-18--2013-03-20
  • 古代エジプト神官文字写本を対象とした言語情報表示システムの試作
    永井 正勝; 和氣 愛仁
    人文科学とコンピュータシンポジウム(じんもんこん)2012/2012-11-17--2012-11-18
  • 人文社会系大学院生によるオンライン研究支援プラットフォーム構築の試み
    和氣 愛仁
    ワークショップ「人文社会科学とICT」/2012-01-25--2012-01-25
  • 人文社会科学研究科におけるICT環境の整備と活用(1)
    和氣 愛仁
    人文社会科学研究科FD研修会/2012-01-24--2012-01-24
  • 「存在動詞構文におけるル形未来と場所格」
    和氣愛仁
    現代日本語文法研究会第2回大会/2004-12-11--2004-12-12
  • 「<資格>のニ句について」
    和氣愛仁
    現代日本語文法研究会第1回大会/2003-10-05
  • 「ニ格名詞句の意味役割」
    和氣愛仁
    国語学会 平成10年度春季大会/1998-05-31
  • 「ニ格の意味役割」
    和氣愛仁
    筑波大学国語国文学会 平成8年度大会/1996-09-14
作品
  • WDB: General-purpose Platform for Database System of Annotated Images
    和氣 愛仁
  • 近代日本語文典資料を対象とした画像リンク型言語情報データベースシステム
    和氣 愛仁
  • 教育課程編成支援システム
    伊藤 希; 歳森 敦; 和氣 愛仁
  • CMSを用いた筑波大学人文社会系ウェブサイトの構築
    和氣 愛仁
  • 古代エジプト語を対象とした画像リンク型言語情報データベースシステム
    和氣 愛仁; 永井 正勝; 高橋 洋成
  • サーバ仮想化技術KVMを用いた、筑波大学人文社会科学研究科サーバ群の集約
    和氣 愛仁
  • 筑波大学人文・文化学群ウェブシラバスシステムのシングルサインオン化
    和氣 愛仁
  • CMSを用いた筑波大学人文社会科学研究科ウェブサイトの構築
    和氣 愛仁
  • 筑波大学人文社会科学研究科電子ジャーナルシステムの構築
    和氣 愛仁
  • 筑波大学人文社会科学研究科グループウェアの構築
    和氣 愛仁
  • 筑波大学人文・文化学群ウェブシラバスシステムの構築
    和氣 愛仁
  • 一橋大学大学院社会学研究科研究科教員公募情報システムの構築
    和氣 愛仁
  • 一橋大学大学院社会学研究科研究科教員情報システムの構築
    和氣 愛仁
  • 一橋大学大学院社会学研究科研究科博士論文情報システムの構築
    和氣 愛仁
  • 一橋大学大学院社会学研究科研究科ウェブシラバスシステムの構築
    和氣 愛仁
  • 筑波大学第一学群人文学類ウェブシラバスシステムの構築
    和氣 愛仁
  • 筑波大学人文社会サテライトのシステム構築
    和氣 愛仁
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02日本語学研究b筑波大学
2017-10 -- 2018-02卒業論文(日本語学)筑波大学
2017-04 -- 2017-08卒業論文(日本語学)筑波大学
2017-04 -- 2017-08日本語学演習Ia筑波大学
2017-10 -- 2018-02日本語学特講Ib筑波大学
2017-04 -- 2017-08日本語学研究a筑波大学
2016-10 -- 2017-02卒業論文(日本語学)筑波大学
2016-10 -- 2017-02日本語学研究b筑波大学
2016-10 -- 2017-02日本語学特講IIb筑波大学
2016-04 -- 2016-08卒業論文(日本語学)筑波大学
一般講演
  • OJSを利用した電子ジャーナル "Inter Faculty" の刊行
    和氣愛仁
    電子出版ワークショップ : OJS を用いた「大学図書館研究」の実践例/2010-11-01
学内管理運営業績
2015-09 -- (現在)情報環境機構 情報環境開発室室員
2011-04 -- (現在)情報環境機構 情報環境企画室室員
2009-04 -- (現在)情報環境機構 ネットワーク委員会委員
2014-04 -- (現在)人文社会系情報環境委員会部局技術責任者
2009-04 -- 2014-03人文社会科学研究科情報環境委員会部局技術責任者
2015-04 -- (現在)人文社会系情報化推進室室長
2009-04 -- (現在)人文社会科学研究科広報委員会委員
2013-04 -- (現在)人文・文化学群サブネットワーク委員会委員長
2013-04 -- (現在)人文・文化学群広報委員会委員
2013-04 -- (現在)人文学類サブネットワーク委員会委員長

(最終更新日: 2017-05-25)