現在地

加藤 百合(カトウ ユリ; Kato, Yuri)

所属
人文社会系
職名
教授
研究分野
文学一般
研究キーワード
比較文学
スラヴの文化と言語
翻訳論
研究課題
19世紀ロシアにおけるイコンと西洋画のおかれていた状況と当時日本に将来されたイコンについて2001-04 -- 2004-03鐸木道剛文部科学省/平成13-14年度科学研究費補助金基盤研究(B)
明治期に於ける文学翻訳―翻訳による西洋の受容と変容― (Ⅰ)2012-04 -- 2013-03加藤百合筑波大学人文社会系プロジェクト/共同研究プロジェクト
明治露西亜文学翻訳論攷2013-07 -- 2013-12加藤百合文部科学省/科学研究費出版助成(学術書)
明治期に於ける文学翻訳―翻訳による西洋の受容と変容― (Ⅱ)2013-04 -- 2014-03加藤百合筑波大学人文社会系プロジェクト/共同研究プロジェクト
日本現代文学・文化の世界展開の比較文学的研究―<ポップ>なテクストを中心に2014-04 -- 2017-03平石典子文部科学省/科学研究費基盤研究(B)海外学術調査
職歴
1993-04 -- 1994-03日本学術振興会 特別研究員(PD)
1994-04 -- 2002-02つくば国際大学 産業社会学部 専任講師
2002-03 -- 2003-03ロシア国立サンクトペテルブルグ大学 東洋学部日本科 助教授
2003-04 -- 2004-03筑波大学 現代語・現代文化学系 助教授
2004-04 -- 2007-03筑波大学 人文社会科学研究科 助教授
2007-04 -- 2011-09筑波大学 人文社会科学研究科 准教授
2011-10 -- (現在)筑波大学 人文社会系 准教授
2014-04 -- 2015-03東京大学 総合文化研究科 客員准教授
学歴
1983-04 -- 1987-03筑波大学 第二学群 比較文化学類卒業
1987-04 -- 1989-03東京大学大学院 総合文化研究科 比較文学比較文化専攻修了
1989-04 -- 1993-03東京大学大学院 総合文化研究科 比較文学比較文化専攻単位取得満期退学
取得学位
1989-03修士(学術)東京大学
2011-02博士(学術)第17457号東京大学
所属学協会
1983 -- (現在)筑波大学国語国文学会
1987 -- (現在)東大比較文学会
1987 -- (現在)日本近代文学会
1989 -- (現在)日本比較文学会
1994 -- (現在)日本ロシア文学会
受賞
2014-04-07島田謹二記念学藝賞(日本比較文学会・同賞銓衡委員会)『明治期露西亜文学翻訳論攷』を比較文学分野のもっとも優れた学術出版書と認定して
論文
  • Попытка изменения правил стихосложения в Японии (на примере переводов европейских стихов)
    Kato Yuri
    Махтумкули Фраги и общечеловеческие культурные ценности/pp.52-53, 2014-05
  • Роль переводчика и переводов в формировании и развитии "новой" японской литературы: особенности первых переводов западной литературы на японский язык
    Kato Yuri
    Русский язык и литература в пространстве мировой культуры: материалы XIII Конгресса МАПРЯЛ в 15 тт. / направление 11: Перевод как средство межкультурного взаимопонимания, предмет изучения и обучения/12/pp.144-149, 2015-10
  • Историко-этимологический анализ слова-имена концепта «Сад» на материале русской лингвокультуры
    Kato Yuri
    文芸言語研究 文藝編/(67)/pp.1-8, 2015-03
  • (書評)井桁貞義・井上健『チェーホフの短篇小説はいかに読まれてきたか』
    加藤 百合
    比較文学/56, 2014-03
  • Об одном образном сравнении в романе Ф. Достоевского Братья Карамазовы («зол..., как зеленый осел»)
    Kato Yuri
    文藝言語研究 文藝編/(65)/pp.67-76, 2014-03
  • 魯庵訳『罪と罰』の再検討――英訳からの重訳、二葉亭との協同訳を考える――
    加藤 百合
    文藝言語研究 文藝編/(64)/pp.27-64, 2013-07
  • Перевод писателя: перевод русской литературы в период формирования национальной литературы в Японии (Мори Огай)
    Kato Yuri
    Русистика: язык, культура, перевод: Сборник докладов юбилейной международной научной конференции (София, 23-25 ноября 2011 г.)/pp.317-321, 2012-12
  • 明治期文藝の翻訳
    加藤 百合
    文学/13(4)/pp.67-80, 2012-07
  • Перевод писателя: перевод русской литературы в период формирования национальной литературы в Японии
    Kato Yuri
    文藝言語研究 文藝編/(61)/pp.121-130, 2012-03
  • Учебник русского языка для японских студентов; концепция и лингводидактические принципы составления
    Kato Yuri
    XL Международная филологическая конференция/23/pp.317-320, 2012-03
  • Перевод произведений Леонида Андреева на японский язык на рубеже XIX-XX веков
    Kato Yuri
    Русский язык и литература во времени и пространстве/4/pp.317-320, 2011-03
  • О первом переводе Пушкина «Капитанская Дочка» на японский язык
    Kato Yuri
    Диалог культур и диалог в поликультурном пространстве/4/pp.103-110, 2010-09
  • 同時代を翻訳する――ロシア文学研究者 昇曙夢――
    加藤 百合
    比較文學研究/(95)/pp.31-56, 2010-08
  • Стихотворение И. Бродского «Остановка в пустыне»
    Kato Yuri
    文藝言語研究 文藝編/(57)/pp.83-94, 2010-03
  • Перевод русской литературы в Японии (период переводчиков-писателей и завершение этого периода)
    Kato Yuri
    Русская литература в мировом культурном и образовательном пространстве, Русская литература в контексте мировой культуры/1(1)/pp.304-309, 2008-09
  • 昇曙夢のロシア文学翻訳者(ロシア学全般)としての功績を語る
    加藤 百合
    昇曙夢没後50年を偲ぶシンポジウム 『昇曙夢の生涯と業績を語る』記念誌/pp.1-24, 2008-01
  • Перевод русской классики и современный литературный язык в японской художественной литературе
    Kato Yuri
    Мир русского слова и русское слово в мире том 5, Русский язык в сопоставлении с другими языками, Перевод – взаимодействие языков и культур/5/pp.373-378, 2007-12
  • 明治期露西亜文学論攷(六)――森鷗外、昇曙夢の「重訳」と「風土」
    加藤 百合
    文藝言語研究 文藝編/(52)/pp.148-155, 2007-03
  • 文化学院-夢の設計
    加藤 百合
    彷書月刊/(251)/p.4-9, 2006-09
  • 海外大学情報-ロシア篇-
    加藤 百合
    筑波大学男女共生プロジェクトニュースレターWIT21/(7)/p.9-12, 2005-01
  • Перевод «Капитанской дочки» А.С.Пушкина, сделанный ТАКАСУ ДЗИСУКЭ
    加藤 百合
    Россия и Япония: Диалог культур и народов, Материалы международного симпозиума (Москва, 10-11 сентября 2003 года)/pp.81-88, 2004-09
  • Остров мечты из упаковок
    加藤 百合
    Протокол и Этикет/4(19)/p.40-47, 2004-01
  • Что удивило меня в России
    Kato Yuri
    Протокол и Этикет/1(10)/pp.8-12, 2003-10
  • 1920年代東京の文化史の中にみる文化学院
    加藤 百合
    「生活」を「芸術」として 西村伊作の世界/pp.249-255, 2002-08
  • 日本の文章語形成に与えたロシア語の影響
    加藤百合
    国立ロストフ大学人文研究紀要/1(1)/p.71-75, 2002-01
著書
  • 「『罪と罰』とその未完の翻訳にみる、ジャンル生成時の混淆」
    加藤 百合
    『異文化理解とパフォーマンス』/pp.180-210, 2016-07
  • 『Стандарт обучения иностранным языкам для преподавателей русского языка как иностранного (материалы к совместному семинару преподавателей русского и японского языков как иностранных) 』『外国語学習のめやす』ロシア語教育用
    加藤 百合
    2015-07
  • Роль переводчика и переводов в формировании и развитии "новой " японской литературы: особенности первых переводов западной литературы на японский язык
    Kato Yuri
    Translation, Adaptation and Cultural Contacts/pp.42-50, 2015-07
  • 日本のロシア文学を牽引した米川正夫
    加藤 百合
    日露異色の群像30/pp.280-294, 2014-04
  • 明治期露西亜文学翻訳論攷
    加藤 百合
    2012-12
  • 世界の果ての隣国―日本文化論の伝統
    加藤 百合
    ロシア文化の方舟/pp.339-347, 2011-03
  • カリンカ (ロシア語教科書)日本語部分執筆、ロシア語部分校閲
    加藤 百合
    2010-03
  • バルト三国志
    加藤 百合
    2010-02
  • ロシヤ文学
    加藤 百合
    翻訳家列伝101/pp.76-103, 2009-03
  • ロシア史の中の日本学
    加藤 百合
    2008-03
  • 19世紀後半の美術教育と山下りん(1)―工部美術学校ー
    加藤 百合
    明治日本に将来されたロシア・イコンの研究 平成13‐14年度科学研究費補助金基盤研究(B) (1)研究成果報告書/pp.63-78, 2004-01
  • 白夜の街で-二葉亭四迷の晩年とペテルブルグ-
    加藤 百合
    1994-01
  • 大正の夢の設計家-西村伊作と文化学院-
    加藤 百合
    1990-01
  • 「西村伊作-大正の夢の設計者」
    加藤 百合
    1989-03
会議発表等
  • Попытка изменения правил стихосложения в Японии (на примере переводов европейских стихоов)
    Kato Yuri
    Махтумкули Фраги и общечеловеческие культурные ценности/2014-05-14--2014-05-16
  • Роль переводчика и переводов в формировании и развитии "новой" японской литературы: особенности первых переводов западной литературы на японский язык
    Kato Yuri
    МАПРЯЛ XIII (国際ロシア語ロシア文学教育学会第十三回世界大会)/2015-09-14--2015-09-19
  • 日本ミステリーの黎明
    加藤 百合
    日本比較文学会全国大会/シンポジウム/2015-06-13--2015-06-14
  • Reconsideration of Translation at the Meiji Period (1868-1912)
    Kato Yuri
    Translation, Adaptation and the Creation of Modern and Contemporary Literature/2014-08-31
  • 曙夢明治期における訳業
    加藤 百合
    日本近代文学会秋季大会シンポジウム/2013-10-27
  • 魯庵訳『罪と罰』の再検討――英訳からの重訳、二葉亭との協同訳を考える――
    加藤 百合
    日本比較文学会東京支部4月例会/2013-04-20
  • Перевод русской классики и японский натурализм
    Kato Yuri
    лекция на фестивале университетов/2013-03-16
  • Перевод писателя: перевод русской литературы в период формирования национальной литературы в Японии (Случаи Мори Огаи)
    Kato Yuri
    Юбилейная научная конференция посвященная 100-летию преподавания русского языка в Софийском университете им. Св. Климента Охридского и 65-летию специальности «Русская филология/2011-11-24
  • Early Attempt to Translate Russian Literature into Japanese in the First Half of the Meiji Era
    Kato Yuri
    EACSES 2011/2011-08-28
  • 明治期のロシア文学の翻訳――高須治助の『大尉の娘』訳と魯庵・四迷の『罪と罰』訳に即して――
    加藤 百合
    特別講義/2011-06-10
  • Перевод произведений Леонида Андреева на японский язык на рубеже XIX-XX веков
    Kato Yuri
    МАПРЯЛ ⅩII(国際ロシア語ロシア文学教育学会第十二回世界大会)/2011-05-13
  • 明治時代のロシア文学飜訳 受容と変容の2つの様相
    加藤 百合
    文学のグローカル研究/2010-06-14
  • ロシア史の中の日本学
    加藤 百合
    日韓国際シンポジウム/2010-02-15
  • О Первом переводе «Капитанской дочки» Пушкина на японский язык
    Kato Yuri
    ANU/2010-02-04
  • Перевод русской литературы в Японии (период переводчиков-писателей и завершение этого периода)
    Kato Yuri
    СПбГУ/2008-10-17
  • Перевод русской классики и японский натурализм
    Kato Yuri
    Mockery Univ./2007-10-19
  • Перевод русской классики и современный литературный язык в японской художественной литературе
    Kato Yuri
    МАПРЯЛ ⅩⅠ(国際ロシア語ロシア文学教育学会第十一回世界大会)/2007-09-17--2007-09-23
  • 昇曙夢のロシア文学翻訳者(ロシア学全般)としての功績を語る
    加藤 百合
    昇曙夢没後50年を偲ぶシンポジウム/2007-05
  • 飜訳研究におけるひとつの転換―重訳
    加藤 百合
    モスクワ市立大学/2005-09-23
  • Проблемы перевода «Преступления и наказания» на японский язык на рубеже 19-20вв.
    Kato Yuri
    第二回国際ロシア語学会「言語と文化」/2003-09-11
  • Перевод русской классики в Мэйдзи («Капитанская дочка»)
    Kato Yuri
    日露共同シンポジウム~異文化交流~/2003-09-10
  • «Преступление и наказание» Ф.М.Достоевского в восприятии японских писателей начала ⅩⅩвв.
    Kato Yuri
    МАПРЯЛ Ⅹ(国際ロシア語ロシア文学教育学会第十回世界大会)/2003-06
  • Специфика преподавания русского языка как иностранного в японской аудитории
    Kato Yuri
    特別講義/2002-12
  • Русская духовная культура и Япония - влияние русской классики на японскую культуру
    Kato Yuri
    ペテルブルグロシア正教共同体ラジオ局、2002年11月放送/2002-11
  • Влияние русского языка на оформление японского литературного языка – переводческая деятельность Футабатея Симея
    Kato Yuri
    第一回国際ロシア語学会「言語と文化」/2001-09
担当授業科目
2017-10 -- 2018-02ロシア語演習IIb筑波大学
2017-09 -- 2017-09海外語学研修ロシア語A筑波大学
2017-04 -- 2017-06応用ロシア語作文I筑波大学
2017-10 -- 2018-02ロシア語基礎AII筑波大学
2017-10 -- 2018-02欧米文化論演習IV筑波大学
2017-10 -- 2018-02総合文学演習(2B)筑波大学
2017-04 -- 2017-08ロシア言語文化特講a筑波大学
2017-10 -- 2018-02比較文学演習(2)筑波大学
2017-04 -- 2017-08ロシア語演習IIa筑波大学
2017-04 -- 2017-06ロシア語基礎AI筑波大学
授業以外の教育活動
2003-04 -- (現在)課外活動「カリンカ」(ロシア語研究会)顧問外国語センター、人文社会棟、第二学群棟
2003-04 -- (現在)タリン大学(エストニア)、ラトビア大学(ラトビア)、ヴィリニュス大学(リトアニア)、サンクトペテルブルグ大学(ロシア連邦)との交換留学連絡調整。交換留学生の指導教員。
2014-10 -- (現在)「ロシア語圏諸国の産業界で活躍できるマルチリンガル人財育成プログラム」派遣事業。2015年3月に16名、5月に13名の学生を引率してロシア(ウラジオストク・ノヴォシビルスク)海外研修を実施。そのほか、筑波大学生のプログラム生募集、選抜、研修、派遣を実施。大学の世界展開力(ロシア)
2015-02 -- (現在)カザフ外国語大学(カザフスタン)、ビシュケク民族大学(ベラルーシ)、ビシュケク人文大学(ベラルーシ)との交換留学連絡調整。
2015-02 -- 2016-03「外国語学習のめやす」ロシア語版作成プロジェクト 文化事象監修公益財団法人国際文化フォーラム
学協会等委員
2006-09 -- 2006-11公開セミナー「言葉の面白さ」
2011-03 -- 2011-03国際学生フォーラム ウズベキスタン教員実行委員会 運営委員
2012-03 -- 2012-03国際学生フォーラム カザフスタン教員実行委員会 運営委員
2013-03 -- 2013-03国際学生フォーラム キルギスタン教員実行委員会 運営委員
2014-03 -- 2014-03国際学生フォーラム タジキスタン教員実行委員会 運営委員
2014-06 -- 2015-06日本比較文学会大会準備委員会/委員
2014-04 -- (現在)日本ロシア文学会筑波大学選出運営委員
学内管理運営業績
2012-04 -- 2014-03文芸・言語専攻広報委員会委員→委員長
2013-04 -- (現在)文芸・言語専攻運営委員会委員(総合文学領域代表)
2013-04 -- (現在)文芸・言語専攻将来検討委員会委員
2014-10 -- (現在)世界展開力強化事業(ロシア)派遣委員会委員長
2015-04 -- 2017-03比較文化学類入試委員会副委員長→委員長
その他の活動
2014-10 -- 2015-07モスクワ国立大学(ロシア連邦・モスクワ)、極東連邦大学(ロシア連邦・ウラジオストク)、カザン連邦大学(ロシア連邦・カザン)、ノヴォシビルスク国立大学(ロシア連邦・ノヴォシビルスク)、太平洋国立医科大学(ウラジオストク)、モスクワ国立研究医科大学(モスクワ)、ノヴォシビルスク研究医科大学(ノヴォシビルスク)との間に大学間交流協定を新規締結した。

(最終更新日: 2016-07-10)