現在地

一二三 朋子(ヒフミ トモコ; Hifumi, Tomoko)

所属
人文社会系
職名
教授
eメール
 
研究課題
異文化接触によるアイデンティティの文化変容 -- (現在)/
日本に定住するインドシナ難民子のアイデンティティの推移と母語保持との関連2004 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)2,600,000円
学歴
-- 1984東京大学 文学部 国文学卒業
-- 1999お茶の水女子大学 人間文化研究科 比較文化学中退
取得学位
博士(人文科学)お茶の水女子大学
修士(地域研究)筑波大学
所属学協会
2016-04 -- (現在)日本語用論学会
1996 -- (現在)社会言語科学会
1996 -- (現在)日本教育心理学会
1995 -- (現在)日本語教育学会
論文
  • 女子学生による自己開示の開示内容面と心理面に関する日中対照研究
    一二三 朋子
    文藝言語研究. 言語篇/64/pp.75-94, 2013-10
  • 多言語・多文化社会での共生的学習とその促進要因の検討―日本におけるアジア系留学生を対象に―
    一二三 朋子
    日本語教育/(146)/p.76-89, 2010-08
  • 自己開示の前提となる自己観に関する一考察-日本人大学生と中国人大学生の比較を通して-
    一二三 朋子
    文藝言語研究 言語篇/57/p.61-74, 2010-03
  • 留学が日本人学生の文化的アイデンティティに与える影響に関する一考察―中国における留学生と本国の学生との比較を通して―
    一二三 朋子
    筑波大学 地域研究/(29)/p.101-111, 2008-03
  • 留学が中国人学生の文化的アイデンティティに与える影響に関する一考察―中国人留学生と中国本国の学生との比較を通して―
    一二三 朋子
    筑波大学文藝言語研究 言語篇/(53)/p.1-15, 2008-03
  • 日本人学生と中国人学生の文化的アイデンティティと国際感覚に関する一考察
    一二三 朋子
    筑波大学文藝言語研究 言語篇/(54)/p.93-106, 2008-03
  • 留学生スピーチの評価基準と評価の過程―日本語母語話者と非母語話者の比較―
    一二三 朋子
    筑波大学文藝言語研究 言語篇/(52)/p.13-22, 2007-10
  • 異文化の友人・自他文化評価・自他の行動に関する信念が意識的配慮に与える影響―アジア系留学生及び日本人学生の場合
    一二三 朋子
    筑波大学 地域研究/(26)/p.27-44, 2006-03
  • 異文化接触と親の教育方針がエスニック・アイデンティティ及び自尊心に与える影響―日本人学生と中国人留学生の場合―
    一二三 朋子
    筑波大学文藝言語研究 言語篇/(49)/p.61-81, 2006-03
  • 意識的配慮の共生的学習に関する因果モデルの検討―欧米系外国人の場合―
    一二三 朋子
    筑波大学文藝言語研究 言語篇/(46), 2004-10
  • A causal model of the symbiotic learning of communication rules : Asians in voluntary Japanese language classes
    Hifumi T
    JAPANESE JOURNAL OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY/52(2)/pp.93-106, 2004-06
  • 意識的配慮の共生的学習に関する因果モデルの検討 : ボランティア日本語教室アジア系学習者の場合
    一二三 朋子
    教育心理学研究/52(2)/pp.93-106, 2004-06
  • 意識的配慮の共生的学習に関する因果モデルの検討-アジア系留学生の場合-
    一二三 朋子
    教育心理学研究/51/p.175-186, 2003-01
  • 非母語話者ての会話における母語話者の言語面と意識面との特徴及び両者の関連-日本語ボランティア教師の場合-
    一二三 朋子
    教育心理学研究/47/p.490-500, 1999-01
  • 年少者の語彙習得過程と言語使用状況に関する考察 -在日ベトナム人子弟の場合-
    一二三 朋子
    日本語教育/(90)/p.13-24, 1996-01
  • 母国語話者と非母国語話者との会話における母国語話者の意識的配慮の検討
    一二三 朋子
    教育心理学研究/43/p.277-288, 1995-01
著書
  • 接触場面における共生的学習の可能性
    一二三 朋子
    2002-01
  • 論究 日本事情
    神田外語大学日本研究所日本事情研究会編; +一二三 朋子
    星雲社, 2006-07
  • 日本語教育研究への招待
    砂川有里子・加納千惠子・小野正樹・一二三朋子(編著); +一二...
    くろしお出版, 2010-06
会議発表等
  • 年少者教育と日日/国際地域の教育
    一二三 朋子
    日本語教育への挑戦︓筑波大学の取り組み紹介/2015-03-01--2015-03-01
  • 親しい者同士による自己開示の日中対照研究:
    一二三 朋子
    筑波大学・カザフ国立大学合同国際学術会議「第10回文明のクロスロード」
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02日本語教育実習筑波大学
2018-04 -- 2018-06日本語教育原論筑波大学
2018-04 -- 2018-08日本語教育実践研究2筑波大学
2018-10 -- 2019-02応用言語学基礎論B筑波大学
2018-10 -- 2018-12日本語教育学演習(3B)筑波大学
2018-10 -- 2019-02日本語教育国際研修III-B筑波大学
2018-10 -- 2019-02日本語教育概論筑波大学
2018-04 -- 2018-08応用言語学基礎論A筑波大学
2018-04 -- 2018-08日本語教育学演習(3A)筑波大学
2018-04 -- 2018-08日本語教育演習I筑波大学

(最終更新日: 2018-05-15)