現在地

山田 重郎(ヤマダ シゲオ; Yamada, Shigeo)

所属
人文社会系
職名
教授
研究分野
アジア史・アフリカ史
研究キーワード
楔形文字アッカド語歴史文書研究
研究課題
文献学・考古学の協働による紀元前18~8世紀の上メソポタミアの歴史研究2016-04 -- 2021-03山田重郎日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)
Interaction, interplay and combined use of different sources in Neo-Assyrian studies: Monumental texts and archival sources2014-12 -- 2014-12山田重郎/日本・フィンランド2国間交流事業共同セミナー
古代西アジアの文字文化と社会―前2千年紀におけるユーフラテス中流域とハブル流域2012 -- 2017-03山田重郎/日本学術振興会/新学術領域研究
テル・タバン出土楔形文字文書による紀元前2千年紀ハブル川流域の歴史研究2010 -- 2014山田重郎日本学術振興会/基盤研究(B)11700000
テル・タバン出土の楔形文字アッカド語文書の研究2006 -- 2009山田重郎日本学術振興会/基盤研究(B)11070000
アッシリア帝国の支配と領域に関する総合的研究2005-04 -- 2009-03山田重郎日本学術振興会/基盤研究(C)3500000
学歴
-- 1982筑波大学 第一学群人文学類 史学(西洋史)卒業
1982-04 -- 1988-09筑波大学 歴史・人類学研究科単位取得満期退学
1985-11 -- 1993-08エルサレム・へブル大学 アッシリア学修了
-- 1998エルサレム・ヘブル大学 古代中東学科 アッシリア学修了
取得学位
博士(Ph.D.)エルサレム・ヘブル大学
人文学修士筑波大学
1992-11修士(アッシリア学)エルサレム・へブル大学
所属学協会
-- (現在)日本オリエント学会
-- (現在)日本西アジア考古学会
-- (現在)歴史人類学会
論文
  • Old Babylonian School Exercises from Tell Taban
    Yamada Shigeo
    S. Yamada and D. Shibata (eds.), Cultures and Societies in the Middle Euphrates and Habur Areas in the Second Millennium BC, vol. 1: Scribal Education and Scribal Traditions, Studia Chaburensia 6/pp.45-68, 2016-08
  • The World’s Oldest Writing in Mesopotamia and Japanese Writing System
    Yamada Shigeo; Ikeda Jun
    Ancient West Asian Civilization: Geo-environment and Society in the Pre-Islamic Middle East, New York: Springer, 2016/pp.157-163, 2016-09
  • Archaeological Investigations at Grd-i Tle in the Ranya Plain, Iraqi Kurdistan
    Atsunori Hasegawa and Shigeo Yamada
    Al-Rafidan/37, 2016-03
  • 楔形文字文書にみるメソポタミアのビールとワイン
    山田 重郎
    公開シンポジウム要旨集.古代西アジアの食文化~ワインとビールの物語~/pp.12-16, 2014-12
  • Terqa Final Report 2. The texts of seasons 5 to 9 (Library of Mesopotamica 29)
    Yamada Shigeo
    ZEITSCHRIFT FUR ASSYRIOLOGIE UND VORDERASIATISCHE ARCHAOLOGIE/104(1)/pp.107-112, 2014-06
  • Inscriptions of Tiglath-pileser III: Chronological-Literary Styles and the King's Portrait
    Yamada Shigeo
    Orient/49/pp.31-50, 2014
  • Excavations at Tell Taban: Continuity and Transition in Local traditions at Tabatum/Tabetu during the Second Millennium BC
    Yamada Shigeo; Numoto Hirotoshi
    D. Bonatz and L. Matin eds., 100 Jahre archaeologische Feldforschungen in Nordost-Syrien - eine Bilanz/pp.167-179, 2013
  • Pudum Rotation List from Tell Taban and the Cultural Milieu of Ṭābatum in the Post-Hammurabi Period
    Yamada S.
    Revue d'Assyriologie/105/pp.137-156, 2013-01
  • An Adoption Contract from Tell Taban, the Kings of the Land of Hana, and the Hana-style Scribal Tradition
    Yamada S.
    Revue d'Assyriologie/105/pp.61-84, 2013-01
  • メソポタミアの歴史文書と旧約聖書の歴史書
    山田重郎
    『近代精神と古典解釈―伝統の崩壊と再構築』/p.144-162, 2012-03
  • The City of Tabatum and Its Surroundings: The Organization of Power in the Post-Hammurabi Period
    Yamada S.
    G. Wilhelm (ed.), Organisation, Representation and Symbols of Power in the Ancient Near East/p.589-600, 2012-01
  • 前2千年紀に川中流域におけるアムル人、アラム人とアッシリア
    山田重郎
    大沼克彦・西秋良宏編『紀元前3千年紀の西アジア―ユーラシア河中流域に部族社会の原点を探る』/p.129-137, 2010-03
  • Administration and Society in the City of Ṭābatum as seen in the Old Babylonian Texts from Tell Taban
    Yamada S.
    Al-Rafidan Special Issue: Formation of Tribal Communities: Integrated Research in the Middle Euphrates, Syria/p.247-252, 2010-01
  • History and Ideology in the Inscriptions of Shalmaneser III: An Analysis of Stylistic Changes in the Assyrian Annals
    Yamada S.
    I. Eph’al – N. Na’aman (eds.), Royal Assyrian Inscriptions: History, Historiography and Ideology. A Conference in Honour of Hayim Tadmor on the Occasion of His Eightieth Birthday. 2- November 2003/p.vii-xxx, 2009-01
  • The Cuneiform Texts from the 2007 Excavations at Tell Taban: A Preliminary Report
    Shibata; D.; Yamada S.
    Numoto H. ed., Excavations at Tell TAban, Hassake, Syria: Preliminary Report on the 2007 Season of Excavations, and the Study of Cuneiform Texts/p.87-109, 2009-01
  • タバトゥム市とその周辺―ポスト・ハンムラビ時代のハブル川下流域とユーフラテス川中流域における政治的・社会的・文化的諸相
    山田重郎
    前川和也編『シリア・メソポタミア世界の文化接触:民族・文化・言語』(特定領域研究「セム系部族社会の形成」平成20年度研究集会報告)/p.86-95, 2009-01
  • 2007年シリア、テル・タバン出土楔形文字文書
    柴田大輔; +山田 重郎
    平成19年度 考古学が語る古代オリエント―第15回西アジア発掘調査報告会報告集/p.16-19, 2008-01
  • Qurdi-Assur-lamur: His Letters and Carrier
    Yamada S.
    M. Cogan and D. Kahn (eds.), Treasures on Camels’ Humps: Historical and Literary Studies from the Ancient Near East Presented to Israel Eph’al/p.296-311, 2008-01
  • Preliminary Report on the Old Babylonian Texts from the Excavation of Tell Taban in the 2005 and 2006 Seasons: The Middle Euphrates and Habur Areas in the Post-Hammurabi Period
    Yamada S.
    Al-Rāfidān/29/p.47-62, 2008-01
  • イスラエルの王アハブとアッシリア
    山田重郎
    聖書の世界/16/p.7-15, 2007-01
  • 2005/2006年シリア、テル・タバン出土楔形文字文書
    柴田大輔; +山田 重郎
    平成18年度 考古学が語る古代オリエント―第14回西アジア発掘調査報告会報告集/p.128-131, 2007-01
  • 列王記とメソポタミアの歴史文書
    山田重郎
    CISMORユダヤ学会議―第2号(2006年)/p.6-15, 2007-01
  • 文書史料におけるセムの系譜、アムル人、ビシュリ山系
    山田重郎
    セム系部族社会の形成(文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」)Newsletter/2/p.8-13, 2006-01
  • The City of Togarma in Neo-Assyrian Sources
    Yamada S.
    Altorientalische Forschungen/33/p.223-236, 2006-01
  • Assyrian Trading Posts on the East Mediterranean Coast: An Aspect of Assyro-Greek Contact
    Yamada S.
    『ギリシアにおけるポリスの形成と紀元前8世紀の東地中海世界』(平成14~16年度科学研究費補助金・基盤研究(B)(2)研究成果報告書;研究代表者:桜井万里子/p.109-122, 2006-01
著書
  • ネブカドネザル2世―バビロンの再建者
    Yamada Shigeo
    2017-01
  • Cultures and Societies in the Middle Euphrates and Habur Areas in the Second Millennium BC Scribal Education and Scribal Traditions
    Yamada Shigeo; Shibata Daisuke
    2016-09
  • Ancient West Asian Civilization: Geo-environment and Society in the Pre-Islamic Middle East
    Yamada Shigeo
    2016-08
  • アッシリア帝国の拡大 世界史史料1:古代オリエントと地中海世界
    山田 重郎
    世界史/pp.52-53, 2012-7
  • シリアにおける内部対立(ザクル碑文)
    山田 重郎
    世界史史料1:古代オリエントと地中海世界/pp.85-86, 2012-7
  • アッシリア帝国による東地中海交易支配
    山田 重郎
    世界史史料1:古代オリエントと地中海世界/pp.76-80, 2012-7
  • アッシリア帝国の大量住民交換
    山田 重郎
    世界史史料1:古代オリエントと地中海世界/pp.48-50, 2012-7
  • アラム・ダマスクスとイスラエル、ユダ王国の戦い(テル・ダン碑文) 世界史史料1
    山田 重郎
    史料/pp.79-80, 2012-7
  • アッシリアの地方行政
    山田 重郎
    世界史史料1:古代オリエントと地中海世界/pp.84-85, 2012-7
  • アッシリア王センナケリブによるエルサレム包囲(センナケリブの年代記)
    山田 重郎
    世界史史料1:古代オリエントと地中海世界, 2012-7
  • カルカルの戦い 世界史史料1:古代オリエントと地中海世界
    山田 重郎
    世界史史料1:古代オリエントと地中海世界/pp.78-79, 2012-7
  • The Royal Inscriptions of Tiglath-pileser III (744-727 BC) and Shalmaneser V (726-722 BC), King of Assyria, The Royal Inscriptions of the Neo-Assyrian Period, Vol. 1, Winona Lake, Indiana, 2011, 211 pp
    Tadmor H.; Yamada S.
    2011-11
  • P.ビエンコウスキ、A.ミラード編著『大英博物館版 図説古代オリエント事典』
    池田裕; 山田重郎
    2004-01
  • 歴史学の現在:古代オリエント(共著)
    山田 重郎
    2000-01
  • The Construction of the Assyrian Empire : A Historical Study of the Inscriptions of Shalmaneser (]G0003[)(859-824B. C. )Relating to His Campaigns to the West
    山田 重郎
    2000-01
  • Assyrian King List: Editorial History and Historical Value
    山田 重郎
    1992-11
  • H. ヤーヘルスマ『旧約聖書時代のイスラエル史』
    山田 重郎
    1988-01
会議発表等
  • Is Yasin-Tepe identified with Atlila/Dūr-Aššur?
    Yamada Shigeo
    Workshop: “Neo-Assyrian Empire, Tell Taynat and Yasin Tepe”/2017-03-02
  • 西アジアの文字文化と社会:その源流と伝播
    Yamada Shigeo
    シンポジウム西アジア文明学の創出2:古代西アジア文明が現在に伝えること/2017-03-04
  • 楔形文字学、西アジア文明研究と現在の我々
    Yamada Shigeo
    人文社会系研究発信月間2016ファイナル・シンポジウム「脱皮する人文社会科学」/2016-12-10
  • 新アッシリア時代のエポニム表とエポニム年代誌:内容・形式の変化とその歴史的・思想的背景
    Yamada Shigeo
    第59回シュメール研究会/2016-06-19
  • Calendars and Festivals of Tabatum/Tabetu and its surroundings in the second millennium BC
    Yamada Shigeo; Shibata Daisuke
    Conference: Culture and Societies in the Middle Euphrates and Habur Areas in the Second Millennium BC: Calendars and Festivals/2016-03-23--2016-03-24
  • Excavations at Tell Taban: Culture and History at Tabatum/Tabetu during the Second Millennium B.C
    Yamada Shigeo; Hirotoshi Numoto; Daisuke Shibata
    International Syrian Cngress on Archaeology and Cultural Heritage/2015-12-5
  • 古バビロニア時代のタバトゥム(テル・タバン)の書記教育
    山田 重郎
    日本オリエント学会第57回大会/2015-10-18
  • 新アッシリア王碑文の編年記録―スタイルの変化とその背景について
    山田 重郎
    第58回シュメール研究会/2015-06-28
  • Neo-Assyrian Eponym Lists and Eponym Chronicles: Stylistic variants and their historical-ideological background
    山田 重郎
    Melammu Symposium 9: Conceptualizing Past, Present and Future/2015-05-19
  • テル・タバン出土学校文書
    山田 重郎
    シュメール研究会/2013-5-12
  • ティグラト・ピレセル3世碑文―形式的・歴史記述的特徴
    山田 重郎
    第54回日本オリエント学会/2012-11-25
  • Inscriptions of Tiglath-pileser III: Stylistic-Historiographic Features
    Yamada Shigeo
    Conference: Assyrian Scribal Art: Assyrian Royal Inscriptions and Library texts/2012-5-10
  • 「2007年シリア、テル・タバン出土楔形文字文書」(柴田大輔と共同)
    山田 重郎
    第15回西アジア発掘調査報告会/2008-03-15
  • テル・ダン碑文:発見とその後の研究
    山田 重郎
    日本聖書学研究所例会/2007-05-21
  • 「楔形文字文書の世界―メソポタミアの洪水伝説」
    山田 重郎
    中近東文化センター附属図書館主催・語る会/2007-02-17
担当授業科目
2017-04 -- 2017-08西洋史研究演習V A筑波大学
2017-04 -- 2017-08西洋史研究演習III A筑波大学
2017-04 -- 2017-08地中海・西アジア研究演習I A筑波大学
2017-04 -- 2017-08地中海・西アジア研究演習IV A筑波大学
2017-04 -- 2017-08地中海・西アジア研究演習V A筑波大学
2017-04 -- 2017-08地中海・西アジア研究演習III A筑波大学
2017-10 -- 2018-02地中海・西アジア研究演習IV B筑波大学
2017-10 -- 2018-02西洋史研究演習III B筑波大学
2017-04 -- 2017-08西洋史研究演習IV A筑波大学
2017-10 -- 2018-02西洋史研究演習II B筑波大学
一般講演
  • Two Hana-style contracts from Tell Taban and its historical implications
    Yamada; S.; +山田 重郎
    Special lecture at University of Muenchen/2012-01-31
  • Old Babylonian Texts from Tell Taban and the City of Tabatum in the Post-Hammurabi Period
    Yamada; S.; +山田 重郎
    Special lecture at University of Heidelberg/2012-01-24
  • Continuity and Tradition of Local Tradition at Tabatum/Taberu (Tell Taban) during the second millennium BC
    Numoto; H.; Shibata; D.; Yamada; S; +山田 重郎
    100 Jahre archäologische Feldforschungen in Nordost-Syrien – Eine Bilanz/2011-07-22
  • New Adoption Contract from Tell Taban and the Hana-type scribal tradition
    Yamada; S.; +山田 重郎
    57th Rencontre Assyriologique Internationale/2011-07-06
  • The Reign and Inscriptions of Tiglath-pileser III: An Assyrian Empire Builder (744-727 BC)
    Yamada; S; ; +山田 重郎
    Special conference at College de France, Paris, 2011. 3.25/2011-03-25
  • Geographical Circumstances of Tabatum from Post-Hammurabi Period to the Middle Hana Period
    Yamada; S.; +山田 重郎
    Fourth SAKURA-Meeting: “The Region of Euphrates and Habur seen from Tabatum and Mari,”/2011-03-23
  • テル・タバン出土養子縁組文書
    山田重郎
    第52回オリエント学会/2010-11-07
  • Pudum at Tabatum
    Yamada; S.; +山田 重郎
    Third SAKURA-Meeting: “Geography and Culture on Habur and Euphrates”/2010-10-10
  • テル・タバン出土養子縁組文書といわゆるハナ文書の伝統について
    山田重郎
    第53回シュメール研究会/2010-05-09
  • Mesopotamian Royal Genealogical Lists and the Narrative Expansion of the Bible: A Reflection on the Assyrian King List Tradition
    山田 重郎
    「近代精神と古典解釈:伝統の崩壊と再創造」研究会/2008-08-07
  • “Hana-type Adoption Contract from Tell Taban: New evidence for the Relations between Tabatum and Hana”
    山田 重郎
    2nd Meeting of SAKURA Project/2010-03-17
  • 「前1千年紀におけるアッシリア帝国と東地中海世界―フロンティアにおける交易・行政拠点を中心に―」
    山田重郎
    アコリス考古学プロジェクト発表会/2008-03-02
  • 「テル・タバン出土文書資料から見た部族」(沼本宏俊[国士舘大学]と共同)
    山田 重郎
    特定領域研究「セム系部族社会の形成」研究会/2008-02-16
  • 「ポスト・ハンムラビ時代のユーフラテス中流域とハブル流域における政治的・社会的・文化的様相」
    山田 重郎
    特定領域「セム系部族社会の形成」研究会「シリア・メソポタミア世界の文化接触」、/2008-01-27
  • The Old Babylonian Tablets from Tell Taban: The Middle Euphrates and Habur Areas in the Post-Hammurabi Period
    山田 重郎
    ペンシルバニア大学博物館公開講演会/2007-10-25
  • テル・タバン遺跡出土古バビロニア時代文書
    山田 重郎
    特定領域研究会議/2007-03-25
  • 「イスラエルの王アハブとアッシリア」
    山田 重郎
    聖書考古学資料館(TMBA)第13回聖書考古学セミナー/2006-10-23
  • 「楔形文字学:過去の文明と現在の我々」
    山田 重郎
    開成学園卒業生講話会/2006-09-30
  • 「文書史料におけるセムの系譜とビシュリ山系」
    山田 重郎
    特定領域研究シンポジウム/2006-03-17
  • 「セムの系譜とビシュリ山系」
    山田 重郎
    特定領域研究研究会話題提供/2005-12-17
  • 「中アッシリア時代のテル・タバンとその周辺」
    山田 重郎
    第48回シュメール研究会/2005-05-07
  • “Assyrian Trading Posts on the East Mediterranean Coast”
    山田 重郎
    古代シリア研究会特別講演会/2005-03-29
  • “Assyrian Colonies on the Mediterranean Coast: An Aspect of Assyro-Greek Contact”
    山田 重郎
    The First Euro-Japanese Colloquium on the Ancient Mediterranean World/2005-03-18
  • 「新アッシリア・新バビロニア研究:近年の論点」
    山田 重郎
    日本オリエント学会公開講演会/2004-10-09
  • “The City of Togarma in Neo-Assyrian Sources”
    山田 重郎
    第3回「古代西アジアの都市と生活」コロキアム:『古代アナトリアにおける文化の継続と断絶』/2004-03-14
学協会等委員
-- (現在)日本オリエント学会理事・編集委員
-- (現在)歴史人類学会運営委員

(最終更新日: 2017-05-11)