現在地

山田 重郎(ヤマダ シゲオ; Yamada, Shigeo)

所属
人文社会系
職名
教授
研究分野
アジア史・アフリカ史
研究キーワード
楔形文字アッカド語歴史文書研究
研究課題
文献学・考古学の協働による紀元前18~8世紀の上メソポタミアの歴史研究2016-04 -- 2021-03山田重郎日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)
Interaction, interplay and combined use of different sources in Neo-Assyrian studies: Monumental texts and archival sources2014-12 -- 2014-12山田重郎/日本・フィンランド2国間交流事業共同セミナー
古代西アジアの文字文化と社会―前2千年紀におけるユーフラテス中流域とハブル流域2012 -- 2017-03山田重郎/日本学術振興会/新学術領域研究
テル・タバン出土楔形文字文書による紀元前2千年紀ハブル川流域の歴史研究2010 -- 2014山田重郎日本学術振興会/基盤研究(B)11700000
テル・タバン出土の楔形文字アッカド語文書の研究2006 -- 2009山田重郎日本学術振興会/基盤研究(B)11070000
アッシリア帝国の支配と領域に関する総合的研究2005-04 -- 2009-03山田重郎日本学術振興会/基盤研究(C)3500000
学歴
-- 1982筑波大学 第一学群人文学類 史学(西洋史)卒業
1982-04 -- 1988-09筑波大学 歴史・人類学研究科単位取得満期退学
1985-11 -- 1993-08エルサレム・へブル大学 アッシリア学修了
-- 1998エルサレム・ヘブル大学 古代中東学科 アッシリア学修了
取得学位
博士(Ph.D.)エルサレム・ヘブル大学
人文学修士筑波大学
1992-11修士(アッシリア学)エルサレム・へブル大学
所属学協会
-- (現在)日本オリエント学会
-- (現在)日本西アジア考古学会
-- (現在)歴史人類学会
論文
  • Archaeological Investigations at Grd-i Tle in the Ranya Plain, Iraqi Kurdistan
    Atsunori Hasegawa and Shigeo Yamada
    Al-Rafidan/37, 2016-03
  • 楔形文字文書にみるメソポタミアのビールとワイン
    山田 重郎
    公開シンポジウム要旨集.古代西アジアの食文化~ワインとビールの物語~/pp.12-16, 2014-12
  • Terqa Final Report 2. The texts of seasons 5 to 9 (Library of Mesopotamica 29)
    Yamada Shigeo
    ZEITSCHRIFT FUR ASSYRIOLOGIE UND VORDERASIATISCHE ARCHAOLOGIE/104(1)/pp.107-112, 2014-06
  • Inscriptions of Tiglath-pileser III: Chronological-Literary Styles and the King's Portrait
    Yamada Shigeo
    Orient/pp.31-50, 2014
  • Excavations at Tell Taban: Continuity and Transition in Local traditions at Tabatum/Tabetu during the Second Millennium BC
    Yamada Shigeo; Numoto Hirotoshi
    D. Bonatz and L. Matin eds., 100 Jahre archaeologische Feldforschungen in Nordost-Syrien - eine Bilanz/pp.167-179, 2013
  • Pudum Rotation List from Tell Taban and the Cultural Milieu of Ṭābatum in the Post-Hammurabi Period
    Yamada S.
    Revue d'Assyriologie/105/pp.137-156, 2013-01
  • An Adoption Contract from Tell Taban, the Kings of the Land of Hana, and the Hana-style Scribal Tradition
    Yamada S.
    Revue d'Assyriologie/105/pp.61-84, 2013-01
  • メソポタミアの歴史文書と旧約聖書の歴史書
    山田重郎
    『近代精神と古典解釈―伝統の崩壊と再構築』/p.144-162, 2012-03
  • The City of Tabatum and Its Surroundings: The Organization of Power in the Post-Hammurabi Period
    Yamada S.
    G. Wilhelm (ed.), Organisation, Representation and Symbols of Power in the Ancient Near East/p.589-600, 2012-01
  • 前2千年紀に川中流域におけるアムル人、アラム人とアッシリア
    山田重郎
    大沼克彦・西秋良宏編『紀元前3千年紀の西アジア―ユーラシア河中流域に部族社会の原点を探る』/p.129-137, 2010-03
  • Administration and Society in the City of Ṭābatum as seen in the Old Babylonian Texts from Tell Taban
    Yamada S.
    Al-Rafidan Special Issue: Formation of Tribal Communities: Integrated Research in the Middle Euphrates, Syria/p.247-252, 2010-01
  • タバトゥム市とその周辺―ポスト・ハンムラビ時代のハブル川下流域とユーフラテス川中流域における政治的・社会的・文化的諸相
    山田重郎
    前川和也編『シリア・メソポタミア世界の文化接触:民族・文化・言語』(特定領域研究「セム系部族社会の形成」平成20年度研究集会報告)/p.86-95, 2009-01
  • History and Ideology in the Inscriptions of Shalmaneser III: An Analysis of Stylistic Changes in the Assyrian Annals
    Yamada S.
    I. Eph’al – N. Na’aman (eds.), Royal Assyrian Inscriptions: History, Historiography and Ideology. A Conference in Honour of Hayim Tadmor on the Occasion of His Eightieth Birthday. 2- November 2003/p.vii-xxx, 2009-01
  • The Cuneiform Texts from the 2007 Excavations at Tell Taban: A Preliminary Report
    Shibata; D.; Yamada S.
    Numoto H. ed., Excavations at Tell TAban, Hassake, Syria: Preliminary Report on the 2007 Season of Excavations, and the Study of Cuneiform Texts/p.87-109, 2009-01
  • Qurdi-Assur-lamur: His Letters and Carrier
    Yamada S.
    M. Cogan and D. Kahn (eds.), Treasures on Camels’ Humps: Historical and Literary Studies from the Ancient Near East Presented to Israel Eph’al/p.296-311, 2008-01
  • Preliminary Report on the Old Babylonian Texts from the Excavation of Tell Taban in the 2005 and 2006 Seasons: The Middle Euphrates and Habur Areas in the Post-Hammurabi Period
    Yamada S.
    Al-Rāfidān/29/p.47-62, 2008-01
  • 2007年シリア、テル・タバン出土楔形文字文書
    柴田大輔; +山田 重郎
    平成19年度 考古学が語る古代オリエント―第15回西アジア発掘調査報告会報告集/p.16-19, 2008-01
  • 列王記とメソポタミアの歴史文書
    山田重郎
    CISMORユダヤ学会議―第2号(2006年)/p.6-15, 2007-01
  • イスラエルの王アハブとアッシリア
    山田重郎
    聖書の世界/16/p.7-15, 2007-01
  • 2005/2006年シリア、テル・タバン出土楔形文字文書
    柴田大輔; +山田 重郎
    平成18年度 考古学が語る古代オリエント―第14回西アジア発掘調査報告会報告集/p.128-131, 2007-01
  • Assyrian Trading Posts on the East Mediterranean Coast: An Aspect of Assyro-Greek Contact
    Yamada S.
    『ギリシアにおけるポリスの形成と紀元前8世紀の東地中海世界』(平成14~16年度科学研究費補助金・基盤研究(B)(2)研究成果報告書;研究代表者:桜井万里子/p.109-122, 2006-01
  • 2005年テル・タバン出土楔形文字文書について
    柴田大輔; 山田重郎
    平成17年度今よみがえる古代オリエント―第13回西アジア発掘報告会報告集/p.63-66, 2006-01
  • 文書史料におけるセムの系譜、アムル人、ビシュリ山系
    山田重郎
    セム系部族社会の形成(文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」)Newsletter/2/p.8-13, 2006-01
  • The City of Togarma in Neo-Assyrian Sources
    Yamada S.
    Altorientalische Forschungen/33/p.223-236, 2006-01
  • Karus on the Frontiers of the Neo-Assyrian Empire
    Yamada S.
    ORIENT: Reports of the Society for Near Eastern Studies in Japan/40/p.56-90, 2005-01
著書
  • Cultures and Societies in the Middle Euphrates and Habur Areas in the Second Millennium BC Scribal Education and Scribal Traditions
    Yamada Shigeo; Shibata Daisuke
    2016-09
  • シリアにおける内部対立(ザクル碑文)
    山田 重郎
    世界史史料1:古代オリエントと地中海世界/pp.85-86, 2012-7
  • アッシリアの地方行政
    山田 重郎
    世界史史料1:古代オリエントと地中海世界/pp.84-85, 2012-7
  • アッシリア王センナケリブによるエルサレム包囲(センナケリブの年代記)
    山田 重郎
    世界史史料1:古代オリエントと地中海世界, 2012-7
  • アラム・ダマスクスとイスラエル、ユダ王国の戦い(テル・ダン碑文) 世界史史料1
    山田 重郎
    史料/pp.79-80, 2012-7
  • カルカルの戦い 世界史史料1:古代オリエントと地中海世界
    山田 重郎
    世界史史料1:古代オリエントと地中海世界/pp.78-79, 2012-7
  • アッシリア帝国による東地中海交易支配
    山田 重郎
    世界史史料1:古代オリエントと地中海世界/pp.76-80, 2012-7
  • アッシリア帝国の拡大 世界史史料1:古代オリエントと地中海世界
    山田 重郎
    世界史/pp.52-53, 2012-7
  • アッシリア帝国の大量住民交換
    山田 重郎
    世界史史料1:古代オリエントと地中海世界/pp.48-50, 2012-7
  • Assyrian King List: Editorial History and Historical Value
    山田 重郎
    1992-11
  • H. ヤーヘルスマ『旧約聖書時代のイスラエル史』
    山田 重郎
    1988-01
  • 歴史学の現在:古代オリエント(共著)
    山田 重郎
    2000-01
  • The Construction of the Assyrian Empire : A Historical Study of the Inscriptions of Shalmaneser (]G0003[)(859-824B. C. )Relating to His Campaigns to the West
    山田 重郎
    2000-01
  • P.ビエンコウスキ、A.ミラード編著『大英博物館版 図説古代オリエント事典』
    池田裕; 山田重郎
    2004-01
  • The Royal Inscriptions of Tiglath-pileser III (744-727 BC) and Shalmaneser V (726-722 BC), King of Assyria, The Royal Inscriptions of the Neo-Assyrian Period, Vol. 1, Winona Lake, Indiana, 2011, 211 pp
    Tadmor H.; Yamada S.
    2011-11
会議発表等
  • Calendars and Festivals of Tabatum/Tabetu and its surroundings in the second millennium BC
    Yamada Shigeo; Shibata Daisuke
    Conference: Culture and Societies in the Middle Euphrates and Habur Areas in the Second Millennium BC: Calendars and Festivals/2016-03-23--2016-03-24
  • Excavations at Tell Taban: Culture and History at Tabatum/Tabetu during the Second Millennium B.C
    Yamada Shigeo; Hirotoshi Numoto; Daisuke Shibata
    International Syrian Cngress on Archaeology and Cultural Heritage/2015-12-5
  • 古バビロニア時代のタバトゥム(テル・タバン)の書記教育
    山田 重郎
    日本オリエント学会第57回大会/2015-10-18
  • 新アッシリア王碑文の編年記録―スタイルの変化とその背景について
    山田 重郎
    第58回シュメール研究会/2015-06-28
  • Neo-Assyrian Eponym Lists and Eponym Chronicles: Stylistic variants and their historical-ideological background
    山田 重郎
    Melammu Symposium 9: Conceptualizing Past, Present and Future/2015-05-19
  • テル・タバン出土学校文書
    山田 重郎
    シュメール研究会/2013-5-12
  • ティグラト・ピレセル3世碑文―形式的・歴史記述的特徴
    山田 重郎
    第54回日本オリエント学会/2012-11-25
  • Inscriptions of Tiglath-pileser III: Stylistic-Historiographic Features
    Yamada Shigeo
    Conference: Assyrian Scribal Art: Assyrian Royal Inscriptions and Library texts/2012-5-10
  • 「2007年シリア、テル・タバン出土楔形文字文書」(柴田大輔と共同)
    山田 重郎
    第15回西アジア発掘調査報告会/2008-03-15
  • テル・ダン碑文:発見とその後の研究
    山田 重郎
    日本聖書学研究所例会/2007-05-21
  • 「楔形文字文書の世界―メソポタミアの洪水伝説」
    山田 重郎
    中近東文化センター附属図書館主催・語る会/2007-02-17
担当授業科目
2016-10 -- 2017-02中東・北アフリカ研究演習III-B筑波大学
2016-10 -- 2017-02中東・北アフリカ研究演習II-B筑波大学
2016-10 -- 2017-02地中海・西アジア研究演習V B筑波大学
2016-10 -- 2017-02地中海・西アジア研究演習IV B筑波大学
2016-10 -- 2017-02地中海・西アジア研究演習III B筑波大学
2016-10 -- 2017-02地中海・西アジア研究演習II B筑波大学
2016-10 -- 2017-02地中海・西アジア研究演習I B筑波大学
2016-10 -- 2017-02西洋史研究演習V B筑波大学
2016-10 -- 2017-02西洋史研究演習IV B筑波大学
2016-10 -- 2017-02西洋史研究演習III B筑波大学
一般講演
  • Two Hana-style contracts from Tell Taban and its historical implications
    Yamada; S.; +山田 重郎
    Special lecture at University of Muenchen/2012-01-31
  • Old Babylonian Texts from Tell Taban and the City of Tabatum in the Post-Hammurabi Period
    Yamada; S.; +山田 重郎
    Special lecture at University of Heidelberg/2012-01-24
  • Continuity and Tradition of Local Tradition at Tabatum/Taberu (Tell Taban) during the second millennium BC
    Numoto; H.; Shibata; D.; Yamada; S; +山田 重郎
    100 Jahre archäologische Feldforschungen in Nordost-Syrien – Eine Bilanz/2011-07-22
  • New Adoption Contract from Tell Taban and the Hana-type scribal tradition
    Yamada; S.; +山田 重郎
    57th Rencontre Assyriologique Internationale/2011-07-06
  • The Reign and Inscriptions of Tiglath-pileser III: An Assyrian Empire Builder (744-727 BC)
    Yamada; S; ; +山田 重郎
    Special conference at College de France, Paris, 2011. 3.25/2011-03-25
  • Geographical Circumstances of Tabatum from Post-Hammurabi Period to the Middle Hana Period
    Yamada; S.; +山田 重郎
    Fourth SAKURA-Meeting: “The Region of Euphrates and Habur seen from Tabatum and Mari,”/2011-03-23
  • テル・タバン出土養子縁組文書
    山田重郎
    第52回オリエント学会/2010-11-07
  • Pudum at Tabatum
    Yamada; S.; +山田 重郎
    Third SAKURA-Meeting: “Geography and Culture on Habur and Euphrates”/2010-10-10
  • テル・タバン出土養子縁組文書といわゆるハナ文書の伝統について
    山田重郎
    第53回シュメール研究会/2010-05-09
  • Mesopotamian Royal Genealogical Lists and the Narrative Expansion of the Bible: A Reflection on the Assyrian King List Tradition
    山田 重郎
    「近代精神と古典解釈:伝統の崩壊と再創造」研究会/2008-08-07
  • “Hana-type Adoption Contract from Tell Taban: New evidence for the Relations between Tabatum and Hana”
    山田 重郎
    2nd Meeting of SAKURA Project/2010-03-17
  • 「前1千年紀におけるアッシリア帝国と東地中海世界―フロンティアにおける交易・行政拠点を中心に―」
    山田重郎
    アコリス考古学プロジェクト発表会/2008-03-02
  • 「テル・タバン出土文書資料から見た部族」(沼本宏俊[国士舘大学]と共同)
    山田 重郎
    特定領域研究「セム系部族社会の形成」研究会/2008-02-16
  • 「ポスト・ハンムラビ時代のユーフラテス中流域とハブル流域における政治的・社会的・文化的様相」
    山田 重郎
    特定領域「セム系部族社会の形成」研究会「シリア・メソポタミア世界の文化接触」、/2008-01-27
  • The Old Babylonian Tablets from Tell Taban: The Middle Euphrates and Habur Areas in the Post-Hammurabi Period
    山田 重郎
    ペンシルバニア大学博物館公開講演会/2007-10-25
  • テル・タバン遺跡出土古バビロニア時代文書
    山田 重郎
    特定領域研究会議/2007-03-25
  • 「イスラエルの王アハブとアッシリア」
    山田 重郎
    聖書考古学資料館(TMBA)第13回聖書考古学セミナー/2006-10-23
  • 「楔形文字学:過去の文明と現在の我々」
    山田 重郎
    開成学園卒業生講話会/2006-09-30
  • 「文書史料におけるセムの系譜とビシュリ山系」
    山田 重郎
    特定領域研究シンポジウム/2006-03-17
  • 「セムの系譜とビシュリ山系」
    山田 重郎
    特定領域研究研究会話題提供/2005-12-17
  • 「中アッシリア時代のテル・タバンとその周辺」
    山田 重郎
    第48回シュメール研究会/2005-05-07
  • “Assyrian Trading Posts on the East Mediterranean Coast”
    山田 重郎
    古代シリア研究会特別講演会/2005-03-29
  • “Assyrian Colonies on the Mediterranean Coast: An Aspect of Assyro-Greek Contact”
    山田 重郎
    The First Euro-Japanese Colloquium on the Ancient Mediterranean World/2005-03-18
  • 「新アッシリア・新バビロニア研究:近年の論点」
    山田 重郎
    日本オリエント学会公開講演会/2004-10-09
  • “The City of Togarma in Neo-Assyrian Sources”
    山田 重郎
    第3回「古代西アジアの都市と生活」コロキアム:『古代アナトリアにおける文化の継続と断絶』/2004-03-14
学協会等委員
-- (現在)日本オリエント学会理事・編集委員
-- (現在)歴史人類学会運営委員

(最終更新日: 2016-07-27)