現在地

谷口 陽子(タニグチ ヨウコ; Taniguchi, Yoko)

face
所属
人文社会系
職名
准教授
生年月
1974-02
Fax
029(853)4043
研究分野
文化財科学・博物館学
研究キーワード
考古科学
保存科学
壁画の技法材料・製作技術研究
研究課題
西アジア文化遺産の材質と保存状態に関する自然科学的な研究2012 -- 2017日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)
シルクロード・キジル石窟壁画の絵画材料・絵画技術の研究2012 -- 2015日本学術振興会/基盤研究(B)7020000
西アジアにおける社会の複雑化と都市の起源2010 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(A)31200000
茨城県ひたちなか市虎塚古墳の保存に関する総合的研究2011 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(B)9100000
油彩技法の起源に関する東西壁画の技法材料の比較研究2009 -- 2012日本学術振興会/若手研究(B)5272770
シルクロード・キジル石窟壁画の材料・技法の研究2009 -- 2011日本学術振興会/基盤研究(B)17030000
古民家の土壁を活用した造形教育プログラムの開発-土壁フレスコ(仮称)技法の確立2008 -- 2010日本学術振興会/基盤研究(C)4550000
新たなアフガニスタン壁画保存の展開-高松塚・キトラ古墳を遡る保存と修復-2007 -- 2009日本学術振興会/基盤研究(B)8450000
ジェルクリーニング剤を用いたセッコ壁画表面の保存処理法に関する研究2006 -- 2008日本学術振興会/若手研究(B)780000
職歴
1998-04 -- 1999-03ゲティ保存研究所 グラデュエートインターン
1999-09 -- 2001-10東京芸術大学 大学院美術研究科文化財保存学システム保存学 (非常勤講師)
2001-11 -- 2004-06マルタ国立修復センター 調査科学部 助手
2004-07 -- 2008-03独立行政法人文化財機構東京文化財研究所 文化遺産国際協力センター 特別研究員
2008-04 -- 2013-03筑波大学 大学院人文社会科学研究科歴史・人類学専攻 助教
2013-04 -- (現在)筑波大学 人文社会系歴史・人類学専攻 准教授
学歴
1992-04 -- 1996-03筑波大学 第一学群 人文学類卒業
1996-04 -- 1998-03東京芸術大学 美術研究科 文化財保存学(保存科学)修了
取得学位
2010-04博士(文学)筑波大学
免許資格等
1996-03-31学芸員
2013-02-06エックス線作業主任者
所属学協会
1996 -- (現在)日本文化財科学会
1996 -- (現在)文化財保存修復学会
1998 -- (現在)日本情報考古学会
2001 -- (現在)International Institute for Conservation of Historic and Artistic Works
2004 -- (現在)International Council of Museums
2008 -- (現在)歴史人類学会
2014-12 -- (現在)日本イコモス国内委員会
2017-07 -- (現在)仏教芸術学会
受賞
2012-03筑波大学 SS 評価教員
2010-06-13文化財保存修復学会奨励賞
2002-03日本情報考古学会論文賞
論文
  • Scientific Research for Conservation of Rock hewn church, Üzümlü (Cappadocia) in 2015
    Taniguchi Yoko; Koizumi Keigo; Iba Chiemi; Watanabe Kunio...
    38th International Symposium of Excavations, Surveys and Archaeometry 23-27 May Edirne/pp.525-544, 2017-05
  • Lead soaps in paintings: Friends or foes?
    Marine Cotte; Emilie Checroun; Wolt De Nolf; Taniguchi Yo...
    Studies in Conservation/62(1)/pp.2-23, 2016-10
  • Thin-sections of painting fragments: opportunities for combined synchrotron-based micro-spectroscopic techniques
    Pouyet Emeline; Fayard Barbara; Salomé Murielle; Taniguch...
    Heritage Science, 2015-01
  • DIGITAL NON-METRIC IMAGE-BASED DOCUMENTATION FOR THE PRESERVATION AND RESTORATION OF MURAL PAINTINGS: THE CASE OF THE ÜZÜMLÜ ROCK-HEWN CHURCH, TURKEY
    Ryo Higuchi; Tamaki Suzuki; Mina Shibata; Taniguchi Yoko;...
    Virtual Archaeology Review/7(7)/pp.31-42, 2016-06
  • Re-examining the Chronology of the Kizil Caves Based on 14C Analysis and Architectural Style
    室伏 麻衣; Taniguchi Yoko
    龟兹石窟保护与研究国际学术研讨会论文集/pp.287-295, 2015-12
  • Scientific research for conservation of the rock hewn church of Uzumlu, Cappadocia
    Taniguchi Yoko; Keigo Koizumi; Chiemi Iba; Jennifer Porte...
    37. International Symposium of Excavations, Surveys and Archaeometry, Erzurum 11-15 May 2015/pp.361-378, 2016-05
  • METHODOLOGY OF HIGH-RESOLUTION PHOTOGRAPHY FOR MURAL CONDITION DATABASE
    Ryo Higuchi; Mina Shibata; Tamaki Suzuki; Taniguchi Yoko
    ISPRS Annals of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, Volume II-5/W3, 2015 25th International CIPA Symposium 2015, 31 August – 04 September 2015, Taipei, Taiwan/pp.105-110, 2015-08
  • 蛍光X線分析による関東地方の遺跡から出土した古代ガラスに関する考古化学的研究
    澤村 大地; 加藤 千里; 松崎 真弓; 柳瀬 和也; 谷口 陽子; 中...
    分析化学/64(8)/pp.637-642, 2015-08
  • CONSERVING MURAL PAINTINGS AS INTERMEDIATE LAYERS BETWEEN IMMOVABLE AND MOVABLE HERITAGE: CASE STUDIES FROM CENTRAL AND EAST ASIA
    Taniguchi Yoko
    Japan-German Colloquium, 17th-20th February 2010, 2010-06
  • Characterization of binding media in Egyptian Romano portraits using Enzyme-Linked Immunosorbant Assay and Mass Spectrometry
    Mazurek Joy; Svoboda Marie; Maish Jeffrey; Kawahara Kazuk...
    e-Preservation Science (e-PS)/(11)/pp.76-83, 2014-09
  • 茨城県つくば市桜塚古墳、甲山古墳出土ガラスの蛍光X線分析データから見た古代ガラスの流通と組成的変遷に関する一考察
    澤村大地; 松崎真弓; 加藤千里; 谷口 陽子; 中井泉
    日本文化財科学会第30回大会研究発表要旨集/pp.60-61, 2013-07
  • 土器新石器時代テル・エル・ケルク遺跡(シリア)出土のマンガンを用いた生体アパタイト製青色ビーズの発色機構
    谷口 陽子; 北原圭祐; 沼子千弥; 島津美子; 常木晃
    日本文化財科学会第30回大会研究発表要旨集/pp.224-225, 2013-07
  • 中央アジア・バーミヤーン仏教壁画の分析(2)-GC/MS, ELISA法による有機物質の同定―
    谷口 陽子
    『国立歴史民俗博物館研究報告』/177/pp.81-106, 2012-11
  • 中央アジア・バーミヤーン仏教壁画の分析(1)-シンクロトロン放射光を用いたSR-μFTIR, SR-μXRF/SR-μXRD分析―
    谷口 陽子
    『国立歴史民俗博物館研究報告』/177/pp.29-79, 2012-11
  • 「油彩画」の起源と展開について ―中央アジア仏教壁画の彩色技法・材料から―
    谷口 陽子
    ≪色彩に関する領域横断シンポジウム≫報告  きらめく色彩とその技法  工房の実践プラクティスを問う―東西調査報告からみる色彩研究の最前線―」『大阪大谷大学文化財学科調査研究報告書  第1冊』/pp.115-141, 2013-03
  • 東関東地域の縄文土器の混和材について:数量化3類を用いたテクスチュアルアナリシスの試み
    谷口陽子
    情報考古学/5(2)/p.11-32, 1999-03
  • 縄文土器に含まれる粗粒物質のテクスチュアル・アナリシス―製作地と製作技法解明への一試論―
    谷口陽子
    帝京大学山梨文化財研究所研究報告/(9)/p.303-331, 1999-12
  • Technical examination of a German illuminated manuscript: a case study in the identification of materials
    Scott; D.A.; Khandekar; N.; Schilling; M.; Khanjian; H.; ...
    Studies in Conservation/(46)/p.93-108, 2001-01
  • The verisimilitude of verdigris: a review of the copper carboxylates
    David Scott; Yoko Taniguchi; Emi Koseto
    Reviews in Conservation/(2)/p.73-91, 2001-01
  • Archaeological Chemistry: a case study of a Greek polychrome Pelike
    David A. Scott; Yoko Taniguchi
    Color in Ancient Greece: the role of color in Ancient Greek Art and Architecture (700-31 B.C.): Proceedings of the conference held in Thessaloniki, 12th-16th April, 2000./p.235-244, 2002-06
  • THE FIRST FAKE? : Imitation Turquoise beads recovered from a Syrian Neolithic site, Tell el-Kerkh
    Yoko Taniguchi; Yoshimitsu Hirao; Akira Tsuneki
    Studies in Conservation/(47)/p.175-183, 2002-01
  • Ethnoarchaeological research on a modern pottery workshop in Qamishli, Syria.
    Yoko Taniguchi
    Berytus/(47)/p.143-165, 2003-03
  • マルタにおける臨海環境のもたらす石造文化財への影響について:巨石神殿遺跡ハジャール・イムを中心に
    谷口陽子
    海と考古学/(7)/p.1-14, 2004-04
  • 第2章 壁画の製作年代と下塗り層に含まれる藁スサについて
    谷口陽子
    バーミヤーン仏教壁画の編年:放射性炭素による年代測定(アフガニスタン文化遺産調査資料集 第2巻)/p.29-31, 2006-01
  • バーミヤーン仏教壁画の材質分析(1)-クロスセクションによる彩色技法の調査-
    谷口陽子; 大竹秀実; 前田耕作
    保存科学/(46)/p.1-8, 2006-03
著書
  • Scientific Studies on Conservation for Üzümlü Church and Its Wall Paintings in Cappadocia, Turkey: vol. 2 Annual report on the activities in 2015-2016
    Taniguchi Yoko
    2017-03
  • Do Archaeological and Conservation Sciences Save Cultural Heritage?: Cultural Identity and Reviving Values After Demolishment
    Taniguchi Yoko
    Ancient West Asian Civilization/pp.179-197, 2016-08
  • 第4章 会合
    谷口 陽子
    掠奪されたメソポタミア/pp.109-147, 2016-06
  • 第5章 キジル千仏洞の壁画に関する彩色材料と技法調査:69窟、167窟、224窟を中心に
    谷口 陽子
    シルクロード・キジル石窟壁画の絵画材料と絵画技術の研究(日本学術振興財団科学研究費補助金【基盤研究(B)海外】平成24-27年度成果研究報告書/pp.30-44, 2016-03
  • Scientific Studies on Conservation for Üzümlü Church and Its Wall Paintings in Cappadocia, Turkey: vol. 1 Annual report on the activities in 2014
    Taniguchi Yoko
    2015-03
  • 西アジアの文化遺産をまもる
    谷口 陽子
    西アジア文明学への招待/pp.240-257, 2014-12
  • 虎塚古墳壁画の表面の凝集化とみられる現象に関する検討
    谷口 陽子; 中村賢介; 犬塚将英; 稲田健一; 矢島國雄
    『虎塚古墳の保存科学的研究』(平成23年度~25年度日本学術振興会(JSPS)科学研究費補助金研究成果報告書 基盤研究(B)課題番号:23300326「茨城県ひたちなか市虎塚壁画古墳の保存に関する総合的研究」)/pp.39-46, 2014-03
  • 虎塚古墳壁画の製作技法と材料:断片資料の分析から
    谷口 陽子; 犬塚将英; 矢島國雄; 高嶋美穂; 島津美子; Joy Ma...
    『虎塚古墳の保存科学的研究』(平成23年度~25年度日本学術振興会(JSPS)科学研究費補助金研究成果報告書 基盤研究(B)課題番号:23300326「茨城県ひたちなか市虎塚壁画古墳の保存に関する総合的研究」)/pp.23-38, 2014-03
  • 虎塚古墳壁画の劣化現象について
    矢島國雄; 犬塚将英; 谷口 陽子; 忽那敬三; 稲田健一; 中村賢介
    『虎塚古墳の保存科学的研究』(平成23年度~25年度日本学術振興会(JSPS)科学研究費補助金研究成果報告書 基盤研究(B)課題番号:23300326「茨城県ひたちなか市虎塚壁画古墳の保存に関する総合的研究」)/pp.7-14, 2014-03
  • Conserving the Buddhist wall paintings of Bamiyan in Afghanistan: practical issues and dilemmas
    谷口 陽子
    Art of Merit: Studies in Buddhist Art and its Conservation/pp.125-140, 2013-12
  • Wissenschaftliche Untersuchungen der KizilWandmalereien
    Taniguchi Yoko
    Auf Grünwedels Spuren: Restaurierung und Forschung an zentralasiatischen Wandmalereien/pp.183-185, 2012-03
  • バーミヤーン仏教遺跡の彩色技術に関する研究
    谷口 陽子
    2010-04
  • 出土遺物の応急処置マニュアル(ディビッド・ワトキンスン、バージニア・ニール)
    谷畑美帆; 宮代栄一; 瀧瀬芳之; 谷口陽子
    2002-11
  • バーミヤーン仏教壁画の編年:放射性炭素による年代測定(アフガニスタン文化遺産調査資料集 第2巻)
    山内和也 編; +谷口 陽子
    2006-01
  • アフガニスタン流出文化財の調査-バーミヤーン仏教壁画の材料と技法-(アフガニスタン文化遺産調査資料集 第3巻)
    山内和也 編; +谷口 陽子
    2006-05
  • Radiocarbon Dating of the Bamiyan Mural Paintings, Recent Cultural Heritage Issues in Afghanistan 2
    Kazuya Yamauchi (ed.); +谷口 陽子
    2006-08
  • Materials and Techniques of Displaced Cultural Properties from Afghanistan, Recent Cultural Heritage Issues in Afghanistan 3
    Kazuya Yamauchi (ed.); +谷口 陽子
    2006-11
  • シルクロードの壁画 東西文化の交流を探る
    (独)文化財研究所東京文化財研究所文化遺産国際協力センタ...
    2007-03
  • Mural Paintings of the Silk Road: Cultural Exchanges between East and West
    Kazuya Yamauchi; Yoko Taniguchi; Tomoko Uno (eds)
    2007-03
  • Auf Grünwedels Spuren: Restaurierung und Forschung an zentralasiatischen Wandmalereien
    Toralf Gabsch; Staatliche Museen zu Berlin (eds); +谷口 陽子
    2012-03
会議発表等
  • Evaluation of the biodeterioration activity of lichens in the cave church of Üzümlü (Cappadocia, Turkey)
    Municchia Annalaura Casanova; Bartoli Flavia; Taniguchi Y...
    2nd European Conference on Biodeterioration of Stone Monuments/2016-11-17--2016-11-18
  • Scientific Research for Conservation of Rock hewn church, Üzümlü (Cappadocia) in 2016: Chapel of Niketas the Stylitis in Red Valley
    Temur Hatice; Taniguchi Yoko; Yalçınkaya Uğur; Açıkgöz Fa...
    39th International Symposium of Excavations, Surveys and Archaeometry/2017-05-22--2017-05-26
  • カッパドキア、レッドバレーにおけるウズムル教会(聖ニキタス聖堂)の壁画彩色技法およびヴァンダリズム
    Taniguchi Yoko
    「ビザンティンのカッパドキア」シンポジウム/2016-03-27--2016-03-27
  • イスラームの国々でプレ・イスラームの遺跡をまもること
    谷口 陽子
    シンポジウム 「西アジア文明学の創出2:Facilitating the Study of West Asian Civilization 古代西アジア文明が現代に伝えること」/2017-03-03--2017-03-04
  • ラックレジンを用いたアジア壁画・想定復元へ向けての色見本
    中神敬子; 谷口 陽子
    第二回ラック研究会・講演会「ラックを科学する」/2016-11-03--2016-11-03
  • シルクロードの壁画にみられる有機赤色について:ラックレジンの検討
    谷口 陽子; 北川美穂; 室伏麻衣; 島津美子; 中神敬子
    第二回ラック研究会・講演会「ラックを科学する」/2016-11-03--2016-11-03
  • Mass spectrometry of collagen and casein in the remains of the 5th to 7th century Bamiyan Buddhas
    Nakazawa Takeshi; Kawahara Kazuki; Fukakusa Shunsuke; Kar...
    64th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics, San Antonio, TX, 2016/2016-06-05--2016-06-09
  • カッパドキア岩窟教会外壁の劣化抑制に関する研究-現地の環境計測による劣化要因の推定
    吉岡瑞穂; 伊庭千恵美; 谷口 陽子; 小泉圭吾; 渡辺晋生; 朴春...
    日本文化財科学会第33回大会/2016-06-04--2016-06-05
  • ELISA(酵素結合免疫吸着法)を用いた文化財中の膠着剤の検出
    高嶋美穂; 谷口 陽子
    日本文化財科学会第33回大会/2016-06-04--2016-06-05
  • キジル千仏洞壁画の彩色材料と技法:69窟、167窟、224窟
    谷口 陽子; 室伏麻衣
    日本文化財科学会第33回大会/2016-06-04--2016-06-05
  • カッパドキア・ウズムル岩窟教会壁画の安定化処置および岩窟躯体の保護について
    谷口 陽子; 小泉圭吾; 伊庭千恵美; 渡辺晋生; 佐野勝彦; 朴 ...
    文化財保存修復学会第38回大会/2016-06-26--2016-06-27
  • Re-examining the Chronology of the Kizil Caves Based on 14C Analysisi and Architectural Style
    室伏 麻衣; Taniguchi Yoko
    龟兹石窟保护与研究国际学术研讨会/2011-08-06--2011-08-13
  • Scientific Research for Conservation of Rock hewn church, Üzümlü (Cappadocia) in 2015
    Taniguchi Yoko
    38th International Symposium of Excavations, Surveys and Archaeometry/2016-05-23--2016-05-27
  • SCIENTIFIC RESEARCH FOR CONSERVATION OF THE ROCK HEWN CHURCH OF ÜZÜMLÜ, CAPPADOCIA
    Taniguchi Yoko; Keigo Koizumi; Chiemi Iba; Jennifer Porte...
    37th International Symposium of Excavations, Surveys and Archaeometry/2015-05-11--2015-05-15
  • 常陸日下ヶ塚古墳(鏡塚古墳)出土ガラス小玉の製作技法と化学的組成
    加藤千里; 村串まどか; 久永雅宏; 中井 泉; 谷口 陽子
    日本文化財科学会第32回大会/2015-07-11--2015-07-12
  • キジル千仏洞69 窟壁画の技法材料:様式の差との関係
    谷口 陽子; 室伏麻衣; 李博; 木島隆康; 佐藤一郎
    日本文化財科学会第32回大会/2015-07-11--2015-07-12
  • カッパドキア岩窟教会外壁での表面処理が壁体内部の含氷率分布に与える影響の検討
    伊庭千恵美; 吉岡瑞穂; 鉾井修一; 谷口 陽子; 小泉圭吾; 渡邊...
    日本文化財科学会第32回大会/2015-07-11--2015-07-12
  • 含浸硬化系保護剤を用いたカッパドキア岩石保護の検討
    佐野勝彦; 谷口 陽子; 渡邊晋生; 小泉圭吾; 伊庭千恵美
    文化財保存修復学会第37回大会/2015-06-26--2015-06-27
  • 高分解能 MALDI 質量分析計を用いた膠の原料動物種の同定
    谷口 陽子; 島津美子; 釘屋奈津子; 柴田みな; 樋口 諒; Jenn...
    文化財保存修復学会第37回大会/2015-06-26--2015-06-27
  • カッパドキア・ウズムル岩窟教会壁画の保存修復:彩色材料と保存状態
    谷口 陽子; 島津美子; 釘屋奈津子; 柴田みな; 樋口 諒; Jenn...
    文化財保存修復学会第37回大会/2015-06-28
  • METHODOLOGY OF HIGH-RESOLUTION PHOTOGRAPHY FOR MURAL CONDITION DATABESE
    Ryo Higuchi; Mina Shibata; Tamaki Suzuki; Taniguchi Yoko
    ISPRS Annals of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences, Volume II-5/W3, 2015 25th International CIPA Symposium 2015/2015-08-31--2015-09-04
  • CONSERVING MURAL PAINTINGS AS INTERMEDIATE LAYERS BETWEEN IMMOVABLE AND MOVABLE HERITAGE: CASE STUDIES FROM CENTRAL AND EAST ASIA
    Taniguchi Yoko
    World Heritage for Tomorrow: What, How and For Whom?/2010-02-17--2010-02-20
  • キジル壁画の技法材料に関する分析調査
    谷口 陽子; 室伏 麻衣; 李 博
    キジル石窟調査報告会/2014-12-13--2014-12-13
  • キジル石窟壁画の描画方法と材料について-2013‐2014年の現地調査をもとに-
    室伏 麻衣; 李 博; 谷口 陽子
    壁画の技法材料研究に関する現状と動向/2014-12-11--2014-12-12
  • バーミヤーン仏教壁画の技法材料とその周辺地域
    谷口 陽子
    壁画の技法材料研究に関する現状と動向/2014-12-11--2014-11-12
作品
  • インド・アジャンター壁画保存修復事業
    谷口 陽子
  • アフガニスタン・バーミヤーン遺跡保存事業(ユネスコ文化遺産保存日本信託基金)
    谷口 陽子
  • 中国・敦煌莫高窟壁画の保護に関する共同研究
    谷口 陽子
  • エジプト・大エジプト博物館保存修復センタープロジェクト(JICA)
    谷口 陽子
  • タジキスタン・国立古物博物館蔵壁画片の保存修復事業
    谷口 陽子
  • ルーマニア・ホレズ修道院壁画の技法材料調査
    谷口 陽子
  • 中国・キジル千仏洞壁画の技法材料調査
    谷口 陽子
担当授業科目
2017-04 -- 2017-08先史学・考古学研究II A筑波大学
2017-04 -- 2017-08先史学・考古学研究V A筑波大学
2017-04 -- 2017-08先史学・考古学研究I A筑波大学
2017-10 -- 2018-02先史学・考古学研究III B筑波大学
2017-10 -- 2018-02先史学・考古学研究II B筑波大学
2017-10 -- 2018-02先史学・考古学研究V B筑波大学
2017-10 -- 2018-02先史学・考古学研究IV B筑波大学
2017-10 -- 2018-02先史学・考古学研究I B筑波大学
2017-10 -- 2018-02考古学演習II筑波大学
2017-10 -- 2018-02先史学・考古学演習Ib筑波大学
授業以外の教育活動
2009-06 -- 2009-06東京藝術大学美術学部 非常勤講師学外
2010-05 -- 2010-05茨城大学大学院人文科学研究科 非常勤講師学外
2010-06 -- 2010-07東京藝術大学美術学部 非常勤講師学外
2011-06 -- 2011-07東京藝術大学美術学部 非常勤講師学外
2012-06 -- 2012-07東京藝術大学美術学部 非常勤講師学外
2013-04 -- 2013-09茨城大学大学院人文科学研究科 非常勤講師学外
2013-06 -- 2013-07東京藝術大学美術学部 非常勤講師学外
2014-04 -- 2014-09東京成徳大学 非常勤講師学外
2014-07 -- 2014-07東京藝術大学美術学部 非常勤講師学外
2016-09 -- 2016-11東京藝術大学美術学部 非常勤講師
一般講演
  • Conserving Cultural Heritage of Bamiyan, Afghanistan
    Yoko Taniguchi
    Lectures on the Archaeology and Cultural Heritage of Iran and Beyond, Research Center for West Asian Civilization, University of Tsukuba/2012-06-01
  • Conserving Bamiyan’s wall paintings: practical issues and dilemmas
    Yoko Taniguchi
    Buddhist Art Forum/2012-04-13
  • 放射光利用によるバーミヤーン壁画研究
    谷口陽子
    SPring-8文化財研究会第1回講演会(SPring-8ワークショップ:放射光と文化財科学)/2011-09-12
  • バーミヤーン仏教壁画の保存修復と調査
    谷口陽子
    龍谷大学創立370周年 国際シンポジウム「人類の至宝アフガニスタン~バーミヤーンから世界をみる~」/2010-03-06
  • Conserving mural paintings as intermediate layers between immovable and movable heritage: case studies from Central and East Asia
    Yoko Taniguchi
    World Heritage for Tomorrow: What, How and For Whom? A Japanese-German Symposium/2010-02-18
  • Painting materials and techniques of the Bamiyan Buddhist murals: micro-analysis using combination of synchrotron-based X-rays and GC/MS
    Yoko Taniguchi
    JSPS-IIAS Joint International Symposium on Conservation Technology for Cultural Heritages/2009-10-29
  • Bamiyan after the Taliban: Saving the Wall Paintings of One of the World’s Greatest Buddhist Sites
    Yoko Taniguchi
    Discoveries in Conservation, Courtauld Institute, Research Forum/2007-03-13
  • バーミヤーン仏教壁画の保存とその課題
    谷口陽子
    第29回文化財の保存・修復に関する国際研究集会「シルクロードの壁画が語る東西文化交流」/2006-01-01
  • 世界遺産を探る-アジア編-:アフガニスタン・バーミヤーンの世界遺産
    谷口 陽子
    平成20年度茨城県弘道館アカデミー県民大学講座/2008-12-11
  • バーミヤーン仏教壁画の色と技術
    谷口陽子; マリーン・コット; ジョイ・マズレック
    International Workshop on History of Color in Asia:アジアの彩色材料の歴史を文化財に残る具体的な資料の分析を通して探る 龍谷大学古典籍デジタルアーカイブ研究センター 2008年度研究集会/2009-03-19
学協会等委員
2016-06 -- (現在)日本文化財科学会日本文化財科学会学会誌編集委員会
2009 -- 2012International Institute for Conservation of Historic and Artistic WorksMurals Stone and Rock Art Working Group (assistant coordinator)
2008-11 -- 2012-10水戸市史跡等整備検討専門委員
2012-07 -- 2018-10常陸大宮市教育委員会泉坂下遺跡保存委員
その他の活動
2008-04 -- 2016-03JICA大エジプト博物館保存修復センター(GEM-CC) 人材育成事業彩色文化財専門家
2008-04 -- 2016-03国立文化財機構東京文化財研究所客員研究員
2008-11 -- 2018-10茨城県水戸市史跡等整備検討専門委員
2010-04 -- 2013-03人間文化研究機構国立歴史民俗博物館共同研究員
2012-10 -- (現在)茨城県常陸大宮市泉坂下遺跡保存委員
2013-03 -- (現在)龍角寺古墳群調査整備委員
2016-04 -- (現在)文化庁埋蔵文化財発掘調査体制等の整備充実に関する調査研究委員

(最終更新日: 2017-07-18)