現在地

小野 基(オノ モトイ; Ono, Motoi)

所属
人文社会系
職名
教授
生年月
1958-11
研究分野
中国哲学・印度哲学・仏教学
研究キーワード
ヴァスバンドゥ
仏教論理学
因明
インド哲学
ダルマキールティ
ディグナーガ
プラジュニャーカラグプタ
研究課題
インド仏教論理学の東アジアにおける受容と展開2015-04 -- 2018-03護山真也日本学術振興会/科学研究費基盤研究(B)1000000
仏教学新知識基盤の構築2015-04 -- 2019-03下田正弘日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(S)1200000
チベット仏教教学の形成過程ーカシミールを中心とする周辺地域との交流の視点からー2011 -- 2014吉水千鶴子日本学術振興会/基盤研究(B)200000
国際連携による仏教学術知識基盤の形成 ― 次世代人文学のモデル構築2010 -- 2013下田正弘日本学術振興会/基盤研究(A)650000
ディグナーガ論理学の再構築2009 -- 2011桂紹隆日本学術振興会/基盤研究(C)520000
インド宗教思想の多元的共存と寛容思想の解明2007 -- 2009釈悟震日本学術振興会/基盤研究(A)
ジネーンドラブッディ『集量論複注』の批判的校訂2005 -- 2008桂紹隆日本学術振興会/基盤研究(C)260000
インド・チベット仏教における中観派による論理学批判の解明2004 -- 2006吉水千鶴子日本学術振興会/基盤研究(C)
インド仏教哲学文献のネットワーク型テクスト・データベースの構築2004 -- 2005小野基日本学術振興会/萌芽研究2400000
中世インドの学際的研究2002 -- 2004前田専学日本学術振興会/基盤研究(A)
取得学位
1985-03文学修士筑波大学
1993-05Dr. phil.ウィーン大(オーストリア)
受賞
1997日本印度学仏教学会賞
論文
  • 『如実論』について
    小野 基
    印度学仏教学研究/65(2)/pp.905-912, 2017-03
  • 過類(jāti)をめぐって : ディグナーガに至るvādaの伝統の解明への一視点(第66回学術大会パネル発表報告)
    小野 基
    印度學佛教學研究/64(2)/pp.769-768, 2016-03
  • プラマーナの定義―プラジュニャーカラグプタの解釈をめぐってー
    小野 基
    印度学仏教学研究/62(2)/pp.964-970, 2014-03
  • pramāṇabhūtaの意味の変遷
    小野 基
    印度学仏教学研究/61(2)/pp.934-938, 2013-03
  • インド仏教論理学におけるparārthānumānaの概念の変遷 : その起源をめぐって
    小野 基
    印度學佛教學研究/60(2)/pp.1012-1007, 2012-03
  • Pramāṇavārttikālaṃkāra, Parārthānumāna章の研究―校訂テクストと和訳・訳註―(7)
    小野 基
    『哲学・思想論集』/36/p.41-69, 2011-03
  • 相違決定(viruddhāvyabhicārin)をめぐって
    小野 基
    インド論理学研究/1/p.125-143, 2010-09
  • Pramāṇavārttikālaṃkāra, Parārthānumāna章の研究―校訂テクストと和訳・訳註―(6)
    小野 基
    『哲学・思想論集』/33/p.49-78, 2008-03
  • Pramāṇavārttikālaṃkāra, Parārthānumāna章の研究―校訂テクストと和訳・訳註―(5)
    小野 基
    『哲学・思想論集』/(32)/p.37-56, 2007-03
  • Pramāṇavārttikālaṃkāra, Parārthānumāna章の研究―校訂テクストと和訳・訳註―(4)
    小野 基
    『哲学・思想論集』/(31)/p.35-51, 2006-03
  • プラジュニャーカラグプタの唯識説―潜在印象(vāsanā)説をめぐって―
    小野 基
    「インド仏教哲学文献のネットワーク型テクスト・データベースの構築―Prajñākaragupta著 Pramāṇavārttikālaṃkāraを事例として」平成16年度~平成17年度科学研究費補助金(萌芽研究)研究成果報告書/p.26-52, 2006-03
  • Pramāṇavārttikālaṃkāra, Parārthānumāna章の研究―校訂テクストと和訳・訳註―(3)
    小野 基
    『哲学・思想論集』/(30)/p.17-40, 2005-03
  • 「他者のための推理」(parārthānumāna)の概念の変遷―インド仏教論理学の中世的展開の一断面―
    小野 基
    『中世インドの学際的研究』(平成14-16年度科学研究費補助金(基盤研究(A)(2))研究成果報告書/p.171-183, 2005-03
  • Pramāṇavārttikālaṃkāra, Parārthānumāna章の研究―校訂テクストと和訳・訳註―(2)
    小野 基
    『哲学・思想論集』/(29)/p.61-82, 2004-03
  • Pramāṇavārttikālaṃkāra, Parārthānumāna章の研究―校訂テクストと和訳・訳註―(1)
    小野 基
    『哲学・思想論集』/(28)/p.67-99, 2003-03
  • Dharmakīrti on asādhāraṇānaikāntika
    Ono Motoi
    Dharmakīrtis Thought and Its Impact on Indian and Tibetan Philosophy./p.301-315, 1999-01
  • A Reconsideration of the Controversy about the Order of the Chapters of the Pramāṇavārttika - the Argument by Indian Commentators of Dharmakīrti
    Ono Motoi
    Proceedings of the 7th Seminar of the International Association for Tibetan Studies/(]G0002[)Wien/p.701-716, 1997-01
  • 仏教論理学派の一系譜-プラジュニャーカラグプタとその後継者たち
    小野 基
    哲学・思想論集/(21)/pp.142-162, 1996-03
  • 仏教論理学者ジャヤンタの引用するクマーリラの偈について
    小野 基
    印度學佛教學研究/45(1)/pp.339-334, 1996-01
  • プラマーナ・ヴァールッティカ章順問題再考ー宗教学派の議論ー
    小野 基
    宗教研究(日本宗教学会)/(303)/pp.214-215, 1995-03
  • ダルマキールティ註釈者の一系譜ー宗教学派の人々ー
    小野 基
    宗教研究(日本宗教学会)/(299)/pp.182-183, 1994-3
  • プラジュニャーカラグプタによるダルマキールティのプラマーナの定義の解釈 : プラジュニャーカラグプタの真理論
    小野 基
    印度學佛教學研究/42(2)/pp.885-891, 1994-01
  • ニヤーヤ学派の主張命題の学説に対するダルマキールティの批判について
    小野 基
    印度學佛教學研究/36(2)/pp.896-900, 1988-01
  • ダルマキールティのおける疑似論証因論の展開
    小野 基
    宗教研究(日本宗教学会)/(271)/pp.203-205, 1987-03
  • サンスクリット文献の索引作成に関する大型計算機の応用 (シンポジウム「インド学仏教学におけるコンピュ-タ利用」について)
    小野 基; 小田 淳一
    印度學佛教學研究/35(2)/pp.p862-859, 1987-03
著書
  • 第5章 真理論ープラマーナとは何か
    桂紹隆; 小野基
     『シリーズ大乗仏教 9 認識論・論理学』/pp.155-188, 2012-01
  • Keyword In Context Index to Jinendrabuddhi's Viśālāmalavatī Pramāṇasamuccayaṭīkā Chapter I
    Ono Motoi; Takashima Jun
    2006-03
  • インド仏教哲学文献のネットワーク型テクスト・データベースの構築―Prajñākaragupta著 Pramāṇavārttikālaṃkāraを事例として–
    小野基; 稲見正浩 宇野智行 永崎研宣
    2006-03
  • 仏教論理学派における「内遍充」と「外遍充」―プラジュニャーカラグプタを中心に―
    龍口明生; 小野基
    神子上恵生教授頌寿記念論集/pp.457-492, 2004-03
  • Prajñākaraguptas Erklärung der Definition gültiger Erkenntnis (Pramāṇavārttikālaṃkāra zu Pramāṇavārttika II 1-7) Teil I, Sanskrit-Text und Materialien.
    小野 基
    2000-01
  • 項目執筆(ダルマキールティ、シャーンタラクシタ、一切智、神の存在証明[インド]、観念論[インド]、詭弁[インド]、原子論[インド]、全体と部分[インド])
    廣松渉 他; 小野基
    岩波哲学・思想事典, 1998-03
  • ダルマキールティ梵文テクストKWIC索引
    小野基; 高島淳
    1996-01
  • An Index to the Pramāṇavārttikasvavṛtti
    Ono Motoi; Jun'ichi Oda
    1994-03
  • 項目執筆
    江島惠教 他; 小野基
    Index to the Saddharmapuṇḍarīkasūtra. fascicle VII., 1990-03
  • 項目執筆
    江島惠教 他; 小野基
    Index to the Saddharmapuṇḍarīkasūtra. fascicle VI., 1989-03
  • 項目執筆
    江島惠教 他; 小野基
    Index to the Saddharmapuṇḍarīkasūtra. fascicle V., 1988-03
会議発表等
  • On the Sanskrit Reconstruction of the Verses in the Jāti Section of the Nyāyamukha and some Related Problems
    Ono Motoi
    《因明正理門論》密集講座/2017-05-11--2017-05-12
  • On the Rushi lun (如實論) – Its Original Title, the Issue of Its Incompleteness, and Its Authorship
    Ono Motoi
    Der Vortrag des Institutes für Südasien-, Tibet- und Buddhismuskunde, Universität Wien/2017-03-10--2017-03-10
  • On the Rushi lun (如實論) – Its Original Title, the Issue of Its Incompleteness, and Its Authorship
    Ono Motoi
    Conference: Indo-Chinese Cultural Relations through Buddhist Path of Transcendence (held at Fudan University, Shanghai, 10-11. December 2016)/2016-12-10--2016-12-11
  • 『如実論』について
    小野 基
    日本印度学仏教学会第67回学術大会/2016-09-03--2016-09-04
  • On the Importance of a Sanskrit Manuscript of Chapter 6 of the Pramāṇasamuccayaṭīkā in Research on the Buddhist Vāda Tradition
    Ono Motoi
    The 6th Beijing International Seminar on Tibetan Studies./2016-08-02--2016-08-04
  • 『論軌』の過類論に対するディグナーガの批判
    小野 基
    日本印度学仏教学会第66回学術大会 パネル発表/2015-09-20
  • On pramāṇabhūta - the Change of its meaning from Dignāga to Prajñākaragupta
    Ono Motoi
    The fifth International DharmakIrti conference/2014-08-26--2014-08-30
  • プラマーナの定義―プラジュニャーカラグプタの解釈をめぐってー
    小野 基
    日本印度学仏教学会第64回学術大会/2013-08-31--2013-09-01
  • pramāṇabhūtaの意味の変遷
    小野 基
    日本印度学仏教学会第63回学術大会/2012-06-30--2012-07-01
  • インド仏教論理学におけるparārthānumānaの概念の変遷 : その起源をめぐって
    小野 基
    日本印度学仏教学会第62回学術大会/2011-09-07--2011-09-08
  • Prajñākaragupta on parārthānumāna
    Ono Motoi
    The 10th Seminar of the International Association for Tibetan Studies./2003-09-08--2003-09-12
  • Dharmakīrti on asādhāraṇānaikāntika
    Ono Motoi
    The third International DharmakIrti conference/1997-11-04--1997-11-06
  • 仏教論理学者ジャヤンタの引用するクマーリラの偈について
    小野 基
    日本印度学仏教学会第47 回学術大会/1996-09-05--1996-09-06
  • A Reconsideration of the Controversy about the Order of the Chapters of the Pramāṇavārttika - the Argument by Indian Commentators of Dharmakīrti
    Ono Motoi
    The 7th Seminar of the International Association for Tibetan Studies./1995-06-18--1995-06-24
  • プラジュニャーカラグプタによるダルマキールティのプラマーナの定義の解釈 : プラジュニャーカラグプタの真理論
    小野 基
    日本印度学仏教学会第44回学術大会/1993-05-22--1993-05-23
  • ニヤーヤ学派の主張命題の学説に対するダルマキールティの批判について
    小野 基
    日本印度学仏教学会第38回学術大会/1987-06-06--1987-06-07
  • サンスクリット文献の索引作成に関する大型計算機の応用 (シンポジウム「インド学仏教学におけるコンピュ-タ利用」について)
    小野 基; 小田 淳一
    日本印度学仏教学会第37回学術大会/1986-06-14--1986-06-15
  • ダルマキールティにおける主張命題の定義について
    小野 基
    日本印度学仏教学会第36回学術大会/1985-06-15--1985-06-16
担当授業科目
2017-09 -- 2017-09比較思想学IV演習 (5) B筑波大学
2017-10 -- 2018-02比較思想論b筑波大学
2017-10 -- 2018-02東洋宗教思想史演習IIb筑波大学
2017-10 -- 2018-02宗教思想史I演習(5)B筑波大学
2017-04 -- 2017-08宗教思想史I(5)A筑波大学
2017-10 -- 2018-02宗教思想史I(5)B筑波大学
2017-04 -- 2017-08東洋思想a筑波大学
2017-10 -- 2018-02卒業論文(宗教学)筑波大学
2017-04 -- 2017-08卒業論文(宗教学)筑波大学
2017-04 -- 2017-08宗教学演習IIIa筑波大学
学協会等委員
2010 -- (現在)一般財団法人 人文情報学研究所理事
2000 -- (現在)日本印度学仏教学会評議員
2000 -- (現在)筑波大学哲学・思想学会評議員
2004 -- (現在)日本宗教学会評議員
学内管理運営業績
2014-04 -- (現在)人文学類教育課程委員会委員長
2014-04 -- (現在)人文学類FD委員会委員長
2014-04 -- (現在)全学学群教育課程委員会委員
2014-04 -- (現在)人文・文化学群教育課程委員会委員
2014-04 -- (現在)人文学類学生委員会委員

(最終更新日: 2017-05-24)