You are here

Sakai Yuki

Affiliation
Faculty of Engineering, Information and Systems
Official title
Professor
Research keywords
Studies on relationship between characteristics of strong ground motions and damage to structures and its application to earthquake damage mitigation
Research projects
甚大な建物被害を引き起こす震源と地盤構造パラメータの解明2016 -- 2018境 有紀Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4550000
Studies on relationship between characteristics of strong ground motions and damage to structures and its application to earthquake damage mitigation -- (current)/
繊維細強セメント複合材料を用いた超小型模型試験体による簡易震動実験手法の開発2005 -- (current)Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3600000
入力地震動をパラメータとした実大在来木造建物の振動実験2013 -- 2015境 有紀Japan Society for the Promotion of Science/基盤研究(B)18070000
Career history
2003-03 -- (current)筑波大学 機能工学系 助教授
2010-04 -- (current)筑波大学 大学院システム情報工学研究科構造エネルギー工学専攻 教授
Academic background
-- (?)The University of Tokyo
-- (?)Graduate School of Engineering, The University of Tokyo
Degree
Doctor of Engineering
Academic societies
-- (current)日本コンクリート工学協会
-- (current)ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN
-- (current)SEISMOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN
-- (current)Japan Association for Earthquake Engineering
-- (current)Japan Concrete Institute
Articles
  • 2016年熊本地震で発生した地震動と建物被害
    境有紀・汐満将史・神野達夫
    日本地震学会2017年度秋季大会予稿集, 2016-10
  • 発生した地震動と木造被害の関係
    Sakai Yuki
    2016年熊本地震による木造建築物の被害調査報告会, 2017-01
  • 建物被害の観点から見た地震動の性質
    Sakai Yuki
    第44回地盤震動シンポジウム「2016年熊本地震で何が起きたか」, 2016-12
  • 等価線形化手法における等価減衰の検討
    白井周・境有紀
    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2016-08
  • 深部地盤構造が建物被害に与える影響
    中澤駿佑・境有紀
    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2016-08
  • 高靱性繊維補強セメント複合材料を用いた超縮小模型試験 体による簡易振動実験手法の開発 (その 22)入力地震動 をパラメータとした振動実験
    小森寛之・境有紀
    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2016-08
  • 木造建物を対象とした入力地震動と建物耐力をパラメータ とした振動実験と地震応答解析 その 2 一自由度系地 震応答解析による実験結果の再現
    汐満将史・境有紀・五十田博・ 荒木康弘・松森泰造
    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2016-08
  • 木造建物を対象とした入力地震動と建物耐力をパラメータ とした振動実験と地震応答解析 その 1 入力地震動と 建物耐力をパラメータとした振動実験
    境有紀・汐満将史・五十田博・ 荒木康弘・松森泰造
    日本建築学会大会学術講演梗概集, 2016-08
  • Damage Investigation of Surroundings of the Seismic Stations in the 2014 Northern Nagano Earthquake and Correspondence of Damage to Buildings with Strong Ground Motions
    汐満 将史; 境 有紀; 毛塚 幹人; 長尾 尚; 北島 郁実
    Journal of JAEE/16(10)/pp.10_127-10_145, 2016
  • RESIDUAL SEISMIC PERFORMANCE OF WOODEN HOUSES WITH PLYWOOD LOAD-BEARING WALL AFTER EARTHQUAKE
    橋本 靖宏; 五十田 博; 荒木 康弘; 汐満 将史; 境 有紀; 松田...
    Journal of Structural and Construction Engineering (Transactions of AIJ)/81(728)/pp.1683-1690, 2016
  • 高靱性繊維補強セメント複合材料を用いた超縮小模型試験体による簡易振動実験手法の開発 (その21)付着力の高い鉄筋の開発と振動実験による紡錘形の復元力特性の再現
    小森 寛之; 境 有紀
    日本建築学会大会学術講演梗概集/pp.97-98, 2015-09
  • 建物の損傷度判定を目的とした自由振動を捉える方法と建物固有周期を推定する方法の検討
    中井 久美子; 汐満 将史; 境 有紀
    日本建築学会大会学術講演梗概集/pp.973-974, 2015-09
  • 主要動継続時間が長い地震動で建物被害が小さくなる原因
    毛塚 幹人; 境 有紀
    日本建築学会大会学術講演梗概集/pp.387-388, 2015-09
  • 極短周期地震動によって木造建物が大きな被害を受けない原因に関する研究
    宮崎 裕史; 境 有紀
    日本建築学会大会学術講演梗概集/pp.389-390, 2015-09
  • 建物被害を引き起す特定のパルスに関する研究
    長尾 尚; 境 有紀
    日本建築学会大会学術講演梗概集/pp.199-200, 2015-09
  • 21100 Research for Specific Pulses causing building damage
    長尾 尚; 境 有紀
    Summaries of technical papers of annual meeting/2015/pp.199-200, 2015-09
  • 21194 Cause of the Overestimate of Heavy Damage to Houses in the case of Ground Motion with Long Duration
    毛塚 幹人; 境 有紀
    Summaries of technical papers of annual meeting/2015/pp.387-388, 2015-09
  • 21487 Judge free oscillation to evaluate degree of damage of building and estimate natural period
    中井 久美子; 境 有紀; 汐満 将史
    Summaries of technical papers of annual meeting/2015/pp.973-974, 2015-09
  • 21531 Equivalent damping factor to evaluate damage to buildings and houses
    仙葉 香織; 境 有紀
    Summaries of technical papers of annual meeting/2014/pp.1061-1062, 2014-09
  • Energy input of strong ground motions by The 2011 off the Pacific of Tohoku Earthquake and building damage of surroundings of the seismic stations
    中村 友紀子; 境 有紀
    Summaries of technical papers of annual meeting/2012/pp.687-688, 2012-09
  • 23222 Development of A Simplified Shaking Table Test Method Using Ultra-Small Scale HPFRCC Models : Part XX The iterative attachment test of processed bars
    樋口 咲恵; 境 有紀
    Summaries of technical papers of annual meeting/2013/pp.457-458, 2013-08
  • 21121 Simplified method to evaluate ground surface amplification based on observation records of big earthquakes
    額田 弘隆; 境 有紀
    Summaries of technical papers of annual meeting/2013/pp.241-242, 2013-08
  • 21137 Method for Estimating with a Pulse of Strong Ground Motion
    渡辺 和貴; 境 有紀
    Summaries of technical papers of annual meeting/2013/pp.273-274, 2013-08
  • 21605 Proposal of Damage Level from Actual Damage of Wooden-Houses considering the Strength of its Cluster around Strong Ground Motion Observation Point
    林 佑樹; 境 有紀
    Summaries of technical papers of annual meeting/2013/pp.1209-1210, 2013-08
  • Development of A Simplified Shaking Table Test Method Using Ultra-Small Scale HPFRCC Models : Part XIX Relation between shear strength and fiber volume fraction
    樋口 咲恵; 境 有紀
    Summaries of technical papers of annual meeting/2012/pp.149-150, 2012-09
Books
  • 3.3茨城県の地震動
    境 有紀
    東日本大震災合同調査報告 共通編1 地震・地震動/pp.137-141, 2014-03
  • 鉄筋コンクリート建物の終局強度型耐震設計法
    境 有紀
    1990-01
  • 地震荷重-地震動の予測と建築物の応答
    境 有紀
    1992-01
  • 多次元入力地震動と構造物の応答
    境 有紀
    1998-01
  • 地震の事典
    境 有紀
    2001-01
  • 鉄筋コンクリート造建物の耐震性能評価指針(案)・同解説
    境 有紀
    2004-01
  • 最新の地盤震動研究を活かした強震波形の作成法
    境 有紀
    2008-01
Conference, etc.
  • 2016年熊本地震で発生した地震動と建物被害
    Sakai Yuki
    日本地震学会2017年度秋季大会
  • 高靱性繊維補強セメント複合材料を用いた超縮小模型試験体による簡易振動実験手法の開発 その19 せん断耐力と繊維混入率の関係,
    境 有紀
    日本建築学会大会学術講演会
  • 高靱性繊維補強セメント複合材料を用いた超縮小模型試験体による簡易振動実験手法の開発 その18 異形鉄筋並みの付着力を有する丸鋼の加工
    境 有紀
    日本建築学会大会学術講演会
  • 大地震時の室内被害推定のための非線形フレームモデルの構築
    境 有紀
    日本建築学会大会学術講演会
  • 被害率0%の実被害データを含む被害関数の構築
    境 有紀
    日本建築学会大会学術講演会
  • 地震被害推定のための木造建物群モデルにおける周期分布の検討
    境 有紀
    日本建築学会大会学術講演会
  • 強震動予測手法に関するベンチマークテスト その11:統計的グリーン関数法におけるばらつきの検証(ステップ1~4)
    境 有紀
    日本建築学会大 会学術講演会
  • 地震被害推定を目的とした斜面崩壊と相関を持つ地震動の周期帯の検討
    神田和紘; 境有紀
    ____837-838/2010-09
  • 震度と木造建物の全壊する耐力の関係
    林佑樹; 境有紀
    ____1071-1072/2010-09
  • 2009年駿河湾の地震における瓦屋根被害による地震動強さ分布の推定 その2 推定計測震度分布図の作成
    境有紀; 新井健介
    ____1043-1044/2010-09
  • 2009年駿河湾の地震における瓦屋根被害による地震動強さ分布の推定 その1 瓦被害率分布図の作成と瓦被害率の被害関数の構築
    新井健介; 境有紀
    ____1041-1042/2010-09
  • 年代別被害関数を用いた木造建物の経年劣化の推定
    鈴木達矢; 境有紀
    ____529-530/2010-09
  • 建物に取り付けた単一加速度センサーから大地震時の建物損傷度を判定する方法に関する研究 その3 実大木造建物振動実験データを用いた地震前後の周期の伸びによる最大変形角の推定
    汐満将史; 境有紀
    ____1017-1018/2010-09
  • 曲線型復元力特性モデルを用いた剛性の変化が大加速度地震動下の構造物の応答に及ぼす影響
    飯塚裕暁; 境有紀
    ____979-980/2010-09
  • 超縮小木造模型の復元力特性に関する研究(その3)めり込みのスケール効果の関係に着目した縮小模型の作成
    赤松勝之; 境有紀
    ____291-292/2010-09
  • 地震による斜面崩壊と地震動の周期帯の関係の検討
    神田和紘; 境有紀
    ____/2010-11
  • 地震被害推定のための汎用型復元力特性モデルの開発
    飯塚裕暁; 境有紀
    ____/2010-11
  • 構造種別や層数を考慮した建物内人口を用いた地震被害推定
    新井健介; 境有紀
    ____/2010-11
  • 高靭性繊維補強セメント複合材料を用いた超小型模型試験体による簡易震動実験手法の開発(その16)省力化を行った試験体の有効性の検証
    鈴木達矢; 境有紀
    ____/2010-11
  • 単一の加速度センサーを用いた地震前後の周期の伸びによる建物損傷度の推定
    汐満将史; 境有紀
    ____/2010-11
  • 強震動予測に用いる手法のベンチマークテスト ―その1:概要―
    久田嘉章; 永野正行; 加藤研一; 吉村智昭; 川辺秀憲; 釜江克...
    ____/2010-11
  • 高靭性繊維補強セメント複合材料を用いた超小型模型試験体による簡易振動実験手法の開発(その17)製作の省力化を行う試験体の再検討
    新保華奈子; 境有紀
    ____211-212/2011-09
  • 超縮小木造模型の復元力特性に関する研究(その4)復元力特性のばらつきを抑えた縮小模型の作成と振動実験
    赤松勝之; 境有紀
    ____105-106/2011-09
  • タブレット端末を用いた効率的な地震被害調査システムの開発
    汐満将史; 境有紀
    ____935-936/2011-09
  • 強震観測点周辺における木造建物群の実被害データの補正(その2)耐力分布の作成と平均的な耐力分布を持つ建物群を対象とした全壊率の算出
    林佑樹; 境有紀
    ____903-904/2011-09
Intellectural property rights
  • 建物損傷度判定装置および建物損傷判定方法
    境 有紀
Works
  • 2008年岩手沿岸北部地震被害調査
    境 有紀
Teaching
2017-10 -- 2017-11Basic Laboratory of Energy Engineering IIUniversity of Tsukuba.
2017-07 -- 2017-08Basic Laboratory of Energy Engineering IIUniversity of Tsukuba.
2017-11 -- 2018-02Basic Laboratory of Energy Engineering IIIUniversity of Tsukuba.
2017-04 -- 2017-06Basic Laboratory of Energy Engineering IUniversity of Tsukuba.
2017-04 -- 2017-06Basic Laboratory of Environmental Development Engineering IUniversity of Tsukuba.
2017-04 -- 2017-06Advanced Vibration AnalysisUniversity of Tsukuba.
2018-01 -- 2018-02Architectural Design and Planning IIIUniversity of Tsukuba.
2017-10 -- 2017-12Architectural Design and Planning IIUniversity of Tsukuba.
2017-04 -- 2017-08Architectural Design and Planning IUniversity of Tsukuba.
2017-11 -- 2018-02Structural Mechanics IUniversity of Tsukuba.
Talks
  • 近年発生した地震被害と身近な防災対策
    境有紀
    日立市市民生活安全フェスティバル/2008-09-27
  • 強震波形から非線形地震応答解析により建物被害を求める木造建物群モデル
    境有紀
    日本建築学会大会/2008-09-01
  • 最近の大地震で発生した地震動の性質と被害の対応
    境有紀
    第36回地盤震動シンポジウム, 度重なる被害地震から設計用入力地震動を考える -新・入力地震動作成手法の使い方と検証(その2)-/2008-12-01
  • 構造種別や層数を考慮に入れた建物群の構築
    境有紀
    日本地震工学会大会/2008-11-01
  • 地震動と構造物被害のこれまでとこれから
    境有紀
    金井 清先生 追悼シンポジウム/2009-04-01
Professional activities
2008-12 -- (current)気象庁震度に関する検討会
2008-04 -- (current)建築研究所国際地震工学研修・普及会議
2007-04 -- 2009-03Japan Association for Earthquake Engineering会誌編集委員会委員
2005-04 -- 2009-03Japan Association for Earthquake Engineering編集委員会委員
2001-04 -- (current)ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN地盤震動小委員会委員地盤震動小委員会委員
2008-04 -- (current)建築研究所国際地震工学研修カリキュラム部会
2002-04 -- (current)Editor, Editorial Board, Regulations for Seismic Design A world list

(Last updated: 2017-06-28)